しばき隊の暴力と狂気 - 独善と倨傲、権力欲と支配欲のカルト集団

c0315619_1654508.jpg被害者の衝撃の受傷写真が公開され、しばき隊をめぐるネット言論の空気は大きく変わった。写真は何よりの証拠であり、事件の真実を語る説得力となるものだ。福島瑞穂も見ただろうし、田中龍作も見ただろう。上野千鶴子は初めて見たのかもしれない。内田樹も見ただろう。佐藤圭とか津田大介とか池田香代子とか、しばき隊とべったり癒着しながら左翼リベラルの言論を仕切ってきた者たちも見ただろう。中野晃一も見ただろう。この、見るも無惨な人間の顔がしばき隊の暴力なのだ。人間の尊厳を貶めるしばき隊の暴力とは、この写真に撮されたものだ。普通の人間の顔をこのようにしたのは、しばき隊の政治暴力であり、しばき隊の憎悪と狂気の思想である。高島弁護士は、しばき隊はオウム真理教と同じカルトだと言った。私もその考え方に同感する。この受傷写真が公開されたとき、しばき隊の兵隊の入江亮が、「写真見ましたが、エル金さん、ようあそこまでで我慢しんしゃったですね。俺が同じ立場だったら、我慢出来ずに殺してますね」とツイートした。そのツイートに野間易通がからかいを入れて返している。これがしばき隊のコードとプロトコルなのだ。しばき隊という集団の狂気をよく示す場面である。



c0315619_165561.jpg関西学院大学教授の金明秀が5月19日に発したところの、被害者Mを脅し上げたツイートも、しばき隊の独善的で暴力的な人格性をよくあらわしている。「おまえ、自分を守ってもらっているという自覚はあるのか?自分の彼女を守ってもらっているという自覚はあるのか?」。金明秀と野間易通のTwでの言動は非常に類似性があり、自分が絶対に正しいという態度を崩さず、常に相手に対して威圧的に振る舞い、自己が優越者として上に立つ関係性を恫喝によって押しつける。それを他に(子分と周囲に)認めさせようとする。しばき隊の幹部にとって、リンチに遭い、さらに二次被害を受けている被害者の苦痛など何も眼中になく、加害を平然と続けている自分が正しく、自己正当化の強弁を吐き散らす。誰も文句を言わなければそれでいいのだ。反省や後悔などどこにもない。被害者の写真を見た多くの者は目を背ける気分になったに違いないが、野間易通やしばき隊の幹部はそうではないのである。日常が歪んだ傲慢な気分の中にあり、暴力と嗜虐の空気を吸って生きていて、痛めつけられ、屈服させられ、泣き寝入りさせられている者たちの苦痛や屈辱を餌にして生きている残忍で冷酷な野獣だからだ。

c0315619_16552114.jpg辛淑玉は事件直後に書いた文書でこう書いている。「私の手元には被害者Mさんの写真と、そのときに録音されたテープがあります。(略)写真を見て、胸がはりさけそうでした。これはリンチです。まごうことなき犯罪です。酒を飲んだ流れで、深夜に彼を呼び出し、一時間もの間殴り続け、鼻を骨折させ、顔面を損傷し、血だらけになったMさんを放置したまま宴会を続けている。その音声は狂気のようでした」。現時点で録音証拠は未だ公開されていない。が、リンチの進行現場の録音を聞き、その感想を上げた者は辛淑玉を除いて2名いる。1名は高島弁護士であり、もう1名は医師のKangKimである。KangKimは、ネットに公開される前に写真を入手して、医師としての正確な診断と所見を上げた者だ。録音を聞いた後の二人のツイートを見ると、リンチの凄まじさは、この写真を見て感じ取るものよりさらに激しい感情を人に呼び起こすものであることが窺える。おそらく、どこかの時点で録音も公開されるだろう。真実がすべて明らかにされるべきだとKangKimは言っていて、私もその意見に同感する。写真公開によってネット世論の空気は一変したけれど、録音公開はさらに大きな衝撃を与えるものになるに違いない。

c0315619_16553330.jpg被害者の凄絶な写真が公開された後でも、しばき隊の最高幹部の一人である五野井郁夫は、このリンチ事件を「単なる個人間の民刑事事件」だと言い、ネットで情報提供が相次ぎ、関心が集中している事実について、「悪意の第三者が過去の恨みや嫉みからネット炎上させただけ」と言っている。「悪意の第三者」とは誰のことで、「過去の恨みや嫉み」とは何のことだろう。私も高島弁護士も、李信恵やLKやBには会ったこともないし会話を交わしたこともない。この五野井郁夫の根拠のない言いがかりこそ、まさに悪意による誹謗中傷そのものだ。そして、この事件を「単なる個人間の民刑事事件」と断定する姿勢こそ、無責任で悪質なデマゴギーそのものである。この刑事事件が単なる私人間の喧嘩騒動か、それとも特定の社会運動団体における内部リンチか、その答えは最終的に次の司法の場で決着するだろうが、さしあたって、こでは加害者側の弁護士が2015年1月19日に被害者側の弁護士に送付した文書の書面を確認してみよう。こう書いてある。「当職は、2014年12月16日夜から17日未明にかけ、大阪市北区曽根崎新地内飲食店ビルにおいて、□□氏に対して長時間にわたって罵倒や暴行を加え、その結果、

c0315619_16554581.jpg□□氏に対して、鼻骨骨折、顔面打撲、頭部打撲、両耳介打撲、右下眼瞼挫創、口腔挫創等加療約3週間以上に及ぶ重傷害を負わせた□□□より依頼を受け、被害弁償と慰謝、その方法と調整のために依頼を受けた弁護士です」。つまり、暴行は一方的なもので、この文書は加害者が被害者に対して責任をとるための連絡と打診であり、私人間の喧嘩などではない。しばき隊は、この間一貫してリンチの事実を否定し、リンチではなく喧嘩だと言い張ってきたが、おそらくその最後の論陣を張っているピエロが五野井郁夫だ。また、2015年1月27日の辛淑玉文書でも、録音を聞いた辛淑玉が明確に「これはリンチです」と断定している。五野井郁夫は録音は聞いてないだろう。録音も聞いていない五野井郁夫が、辛淑玉の判断を否定して、リンチではなく私人間の喧嘩だと言い切ることができる根拠はどこにあるのだろう。辛淑玉は「これはリンチです」と言っているが、それなら五野井郁夫は、辛淑玉もまた「過去の恨みや嫉みから」単なる喧嘩をリンチと言っている「悪意の第三者」にするのだろうか。根拠のないデマを吐き、しばき隊の悪事を無理やり擁護しているのは誰なのか。この1か月間、しばき隊はリンチの事実を否定し続けてきたが、そのたびに新しい証拠が飛び出し、しばき隊側の虚勢は崩されてきた。

c0315619_16555975.jpg1年半前の大阪でのリンチ事件は、しばき隊において決して偶然の出来事ではない。必然の産物だ。暴行に加わった李信恵とLKとB、そして残り2名の集団は、血だらけの状態の被害者を放置し、酒宴を続け、被害者を罵倒して店を去って行った。そういう非道なことができた。そういうことができて、卑劣に開き直って立ち回ることができるのがしばき隊という集団だ。どうしてそんなことができるのか、どういう精神構造だからそんな異常な行動ができるのかは、平素の野間易通のTwを見ればすぐに理解できるし、しばき隊がネット上で敵に対して行っている攻撃の手法を見れば一目瞭然だろう。オウム真理教と同じなのだ。覚えておられる方も中にはいるかもしれないが、2014年の2月25日に私は『左翼の政治暴力 - 内ゲバのときに平常者が凶悪な暴徒に変身する』という記事を書いた。今から振り返って、我ながら何かとても予言的な感じというか、そういう印象を強く覚える。これは都知事選の政治についての分析だった。都知事選は2014年の1月から2月の出来事で、この1年後、大阪で大変な事件が起こり、辛淑玉やコリアNGOセンターやら、関西しばき隊周辺の学者たちがバタバタ騒動することになる。左翼の政治暴力が復活したことを指摘した記事だった。そして、しばき隊論である。

まさか、大阪で本当に半殺しのリンチ事件が起きることになるとは知る由もなく。


c0315619_16561865.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2016-05-31 23:30 | Comments(3)
Commented by 長坂 at 2016-05-31 23:03 x
「温かい湯が欲しい」と事務所に侵入、ポットの湯2リットル盗んだ友野深志容疑者、現行犯逮捕。ガスや電気を止められやむに止まれずお湯を盗んだ人が逮捕され、おまけに名前まで、、、なのにリンチの加害者は罰金刑と不起訴。納得できない。絶対おかしい!
御本読ませて頂いてます。豊富な語彙と的確なフレージング、凄いもう唸りっぱなしです。
Commented by 通りすがり at 2016-06-02 12:08 x
5段落目「この文書は被害者が加害者に対して責任をとるための連絡と打診であり」の部分、被害者と加害者が逆になっているのでは
Commented by ジョー at 2016-06-05 01:32 x
もはや半グレだな。少し前まで有名だったアウトロー連中はクラブ経営から有名大学(のイベサー)、芸能界、そして財政界に力を持っていったが、CRACは人権問題(ヘイトカウンター)から有名大学(の(左翼)教授)、法曹界に力を持ち、そして政界に進出し、日本の国政を支配(し、日本人を迫害)する一角に食い込むつもりなんだろうか?(笑)


カウンターとメール

最新のコメント

籾井が会長を退任してから..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 18:02
小沢一郎が自民党を離れた..
by foo at 21:08
進歩の理念を持つ人々のな..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 19:36
左派が、前原をほめるなど..
by 前原より小池 at 21:21
続き: ◆ 視点をアメリ..
by NY金魚 at 12:35
数カ月前の当ブログに「慰..
by NY金魚 at 04:11
細野氏の三島後援会の会長..
by 一読者 at 19:15
優れた日本型システム ..
by 優秀な日本型システム at 16:12
本当に仰る通りだと思いま..
by liberalist at 00:12
そうでした。「民主」と言..
by 長坂 at 23:45

Twitter

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング