オバマの広島訪問

c0315619_13231154.jpgオバマの広島での演説について、マスコミがこぞって礼賛報道をしているのを見て、とても違和感を覚える。植民地的な反応だと感じて憂鬱になる。「核のない世界」など真っ赤なウソではないか。欺瞞そのものだ。昨夜(5/27)の報ステが映像付きで紹介していたように、米国は今後30年かけて1兆ドル(110兆円)を投じ、核兵器を開発し続ける計画を策定している。核ミサイルをよりスマート化し、戦術核として実戦で自在に使えるように技術開発している。その軍事政策を決定し推進している最高責任者がオバマなのに、どうしてその男が「核なき世界」の理想の持ち主だとか提唱者だという話になるのか。倒錯もいいところだ。米国の大統領が広島に来るなら、被爆者とテーブルで向かい合って話を聞き、その場で頭を下げて謝罪するのが当然ではないか。たとえば日本国の首相が南京を訪れる機会を持ったとき、そこで謝罪することなく、戦争と平和の一般論について偉そうな演説を垂れるなどということがあるだろうか。そんなことが許されるだろうか。中国人が許すだろうか。あり得ない話だ。原爆投下は南京大虐殺と同じ戦争犯罪である。無辜の民を大量虐殺した非人道的な戦争犯罪だ。どのような理屈をもってしても正当化できない。



c0315619_13232367.jpg日本人が今やっていることは、日本国首相が南京に来て謝罪をせずに偉そうな演説をするのを、中国人が涙を流してありがたがって聞き、勇気ある行動だと絶賛してお祭り騒ぎするような、謝罪などしなくて来ていただけただけで結構ですと言うような、そういう倒錯した話ではないか。広島の被爆者の気持ちは尊重しなくてはいけない。謝罪すべきだという人もいれば、謝罪を無理強いするとそれを訪問しない口実にされるからと配慮する人もいるし、来ていただけただけで感激だという人もいるだろう。被爆者には言うに言えない重い人生があり、苦難があり、一人一人の心や言葉について私などが横から踏み込むことは到底できない。だが、日本人の一人として、これでいいとは決して思わないし、眼前の光景は異様なものだ。オバマは、本当に戦争犯罪を犯した虐殺者の側の代表なのか。例えば、ドイツの首相がイスラエルを訪れて、あの日、収容所の天井から毒ガスが転がり落ちてきて、などと、恰もそれが自然現象のようだったように言い、戦争の惨禍の一般論を他人事のようにスピーチするなどと、そんなことが許されるだろうか。イスラエルの国民がそれを許すだろうか。ありがたがって随喜するなどあり得るだろうか。

c0315619_13233441.jpg被爆者は高齢で、長く生きられる人はどんどん少なくなる。米国の大統領は、どこかで、必ず、被爆者の前で頭を下げて謝罪をしなくてはいけない。この国が日を追う毎に米国の植民地になり、日本人の精神が植民地根性そのものになり、引き返せないところにまで至っていることを、私はとても残念に憂鬱に思う。とても主権国家の国民ではない。謝罪せよという声は少なく小さく細く、謝罪を要求してはいけない、するべきではないという自粛の声のみが大きく強かった。マスコミはそれ一色で、ネットの右翼も左翼も国民の正論を言わなかった。1945年の8月6日と8月9日に焼き殺された人たちは、天国から下界を見下ろしながら、私たちの植民地的積極自粛行為を許すだろうか。今回、マイケル・ムーアが原爆投下を半ば正当化するような発言をしているのを見つけてショックだった。あれほど、オリバー・ストーンやピーター・カズニックが、戦争を終わらせたのは原爆が理由ではなくソ連の参戦だったと説明しているのに、その正しい歴史認識がマイケル・ムーアの中に定着していない。昭和天皇はどこまでも戦争を続ける気だったのであり、戦争終結(講和)はソ連の仲介頼みの戦略だったのだ。ポツダム宣言受諾は、昭和天皇にとって晴天の霹靂だったソ連の満州侵攻を受けて決断したのだ。

c0315619_1323449.jpg昭和天皇は駆け引き上手のスターリンに騙されたのであり、溺れる者藁をも掴むの妄動で、スターリンを無理に信じようとしてしまったのだ。スターリンを信じたというより、ソ連仲介策を立てて固執した自分の判断を盲信したということだろうか。参謀本部からは、欧州の出先の諜報を通じて、ソ連軍がシベリアを東に移動していることが正確に報告されていて、そのことは数年前のNHKが終戦の日の特集で報道していた。独裁者が溺れる者藁をも掴むの心境になり、客観情勢を伝える報告を無視して自己の戦略判断に妄執することは、あの戦争でスターリン自身が経験していたことだ。ヒトラーが独ソ不可侵条約を破ってソ連領に侵攻するバルバロッサ作戦への対処がそうである。ヒトラーは独裁者の心理をよく心得ていて、スターリンを手玉にとった。スターリンは、自分がヒトラーにやられたことを昭和天皇にやり返したのである。見事に成功した。だから、マイケル・ムーアに言い返してやれば、ソ連軍が8月9日未明に侵攻せず、作戦を数ヶ月遅らせていれば、君の父親は日本のどこかで本土決戦で死んでいたかもしれないよということになる。その間、米軍は広島・長崎に続いて12個の原爆を日本国内に投下する準備に入っていて、ルメイなら迷いなく次々と決行しただろう。

c0315619_13235565.jpg逆に言えば、ソ連軍の満州侵攻が7月30日だったら、広島への原爆投下は避けられたかもしれない。ソ連侵攻から終戦の詔勅まで6日。昭和天皇の決断は早くて、8月10日には聖断を下している。昭和天皇のもとには、これまたNHKが暴露報道をしていたが、参謀本部を通じて、米国がテニアン島から新型爆弾を搭載したB29が広島を標的にした攻撃に来ることを暗号分析した諜報が届けられていた。参謀本部もそれなりの諜報はやっていて無能ではなかったのだ。さすがに日本。ここからは政治分析の領域だが、昭和天皇は、原爆が米国によるソ連への脅しだということを了解していて、わざと、意図的に、米国へのプレゼントとして、広島を原爆の生贄にした可能性がある。日本を単独占領してくれて、自分の身を守ってくれる米国のために、広島と長崎を差し出し、ソ連に原爆の威力を見せつけ、日本本土に近づいたらこうなるぞと(米国と共同歩調の)メッセージを送った可能性がある。広島・長崎の戦争犯罪は、米国の戦争犯罪であると同時に、昭和天皇の不作為の責任によるものだ。その責任者を、日本人は責めることなく平和の英雄に祭り上げた。今回のことはそれによく似ている。同じパターンが繰り返されている。


c0315619_1324966.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2016-05-28 23:30 | Comments(6)
Commented by からから at 2016-05-29 04:03 x
正論有難うございます。見栄だけのオバマ大統領、安倍首相を見抜けない国民。有色人種大統領が白人社会(金持ち)に気をつかわず政治は出来ず、8年間の無為無策は当初から明らか。変化と叫んだのは出来ないこその遠吠え。安倍首相も一緒、米中露ほかの動静からみて平和は祈念してだけでは訪れない維持出来ないのも自明の時代、人口爆発に経済成長が追い付かず、富の奪いあい、守ろうと必死の各国各国民、個人の事だけに盲信する各国為政者。
度量を持った日本の為政者を探し出さねばなりません。
Commented by NY金魚 at 2016-05-30 05:36 x
人生の半分以上を、原爆を落した加害国の住人として過してしまった身には、今回のオバマ訪ヒロシマのスピーチを、実に複雑な気持ちで受けとめています。
◆ アメリカの大統領がヒロシマに来たというだけで浮かれてしまい、日本のメディアは政権と宗主国に順応してヒロシマでのオバマの言葉に絶賛。おおぜいの日本人がそのメディアの解説をそのまま受け入れ、まことに浅ましい属国根性、という世に倦む氏にまったく同感です。
◆ 唯一、被爆者代表の坪井さんがオバマに「あんたもノーベル平和賞を取ったんだから、遊んどったらダメですよ」というユーモアまじりの一撃が痛快でした。
◆ オバマの行くところどこでも、核のフットボールと呼ばれる「通信機つきの核起動装置」が大統領専用機にもちこまれるようですから、当然ヒロシマにも「核」を持って行ったと考えます。
◆ 今週末は、戦勝国アメリカが祝う「メモリアルデイ」=戦没将兵追悼記念日(5月30日)という大きなお祭りで、街には軍服と水兵服がいっぱい。おまけにことしはテロ警戒のため、多くの警官たちに加え、迷彩服に身に纏った兵士たちが大きな自動ライフルをかかげ、雑踏のなかに威張っている姿があふれ、ああやはりここは「戦争大国」なんだ、という感慨(?)に耽っています。
◆ フォーブス・ジャパンによると、アメリカの国籍離脱者が過去最多に達したそうです。米国市民権を放棄して外国へ移住するには、パスポート返納時に$2000以上を支払わなければならないにも関わらず、昨年市民権を放棄した国籍離脱者数は約4300人。今年第1四半期で1158人の過去最高を記録。いまも米国民の4人に1人が「共和党の指名を獲得したトランプ氏が大統領になれば、市民権放棄を検討する」と答えたそうです。僕もそろそろ潮時か、と思いますが、わざわざ属国に帰ってもねぇ。
Commented by 愛知 at 2016-05-30 23:44 x
28日(土曜日)からSNSのアベ倒せ系の会、少なからぬ方がオバマ大統領の行動を支持され、異様でした。批判的な書き込みをすれば「黒人差別主義者」「弱い者いじめ」だと激しい苦情を賜り。個人批判をしたわけではなく、米軍産複合体の批判をしているにも関わらず、まるで筋違い、感情的な抗議が。まるで左側ではなく、ルメイに勲一等旭日大綬章を与えた勢力のように恐ろしく感じられ。ご教授の通り、多くの被爆者の複雑なお心の内まで踏み込むことなど到底叶わぬこと乍ら。それは別としてですが、いまだネット世論の脆弱さが信じられぬ思いです。 

貴下の正鵠を得られた記事のアップに感謝いたします。貴下著作が手元に届きました。表紙カバーの質感も素晴らしく、文字も非常に読みやすく、眼の弱い身乍ら、今、どんどん読み進んでおり、また感想も寄せて頂かせればと思います。強固な軍需産業の町の片隅より記事のアップと併せ、御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。
Commented by 七平 at 2016-05-31 03:54 x
(1の2)
オバマ大統領が原爆投下に関して、日本に謝るべきかの質問をすると、米国人10人中9人は、先に手を出したのは日本側、謝る必要もないし、日本軍のアジアでの悪行や昨今の日本(安倍晋三)の言動を視るにつけ、謝るべきでは無いと答えるでしょう。 日本の首相が戦争反対を唱え、平和を望む等と言いながら、着実に軍備を整え軍需品の輸出まで始めている事実は世界が認知するところです。

安倍晋三が 日本の再軍備強化を欲し、時を同じくして、米国はアジアでの中国に対する傭兵としての価値を日本にみいだし、米国は表面的には日本の変貌を歓迎します。日本の国民が歯止めを駆けないと、日本はそちらの方向に進むと思います。 しかし、表面上の日米関係が良く映っても日英関係の様な信頼関係に発展を遂げる事はないと思います。 米国が 安倍晋三の報道統制や他の暴言も日本の新聞社以上に熟知していると思います。 民主主義を踏みにじんで平気な首相を選び続ける国をどこまで信用するでしょうか? 伊勢志摩サミット、オバマの広島訪問後の英、仏、米の新聞社やはっきりとアベノミクスの行き詰まりと日本の右傾化を指摘しています。

”謝り” も ”愛国心” と同じで、強要されたり懇願されて得られたのであれば何の価値もありません。謝られた側のメンツを立てるだけです。 相手が自らの良心の呵責に耐え兼ねて自発的に誘発されるべきものであると考えます。 さて、 日本自身相手にそのような誘発を促すほど、モラルのHigh ground に立っているでしょうか? 私は過去そう思っていましたが、 例の 人質事件を通して私の認識は変わってしまいました。 自国民を捨て駒扱いにする、 そんな政府が今でも君臨しているとの認識です。自国民の生命を粗末に扱う様な政府が 他国に ”謝れ”等と言えるでしょうか?
Commented by 七平 at 2016-05-31 10:48 x
(2の2)
私はオバマは現役大統領としては、広島訪問を通してできるだけの進歩を実現したと評価しています。もし、オバマ大統領が日本の願う様な謝りをしていたら、米国の世論は猛烈に反発し、オバマを叩いたでしょう。 その影響は次期大統領選挙に及び、共和党、即ち Trump 選出を確定する事になり兼ねません。

戦争はその大小を問わず、残酷、残忍です。 別に米国のモラルを弁護する気はありません​。 私自身祖父の妹が広島に嫁いでおり、家族、三世代が​全滅しています。 しかし、もし​当時の​​ 日本が 核爆弾を先に開発していたら、日本のモラルは高くて同様に使っていなかったと言えるでしょうか? 事実、満州で 生体実験を行い、生物兵器を 使っていた日本軍です。

もし、原爆投下に対する価値ある”謝罪” を求めるのであれば、日本が本当にAmish や Quaker の様なPacifistにならねば、Moral High Ground には立てないと考えます。安倍政権の進行方向は全くその逆です。

オバマ大統領が個人的に​又、​道徳的な悔いはあっても、現役大統領としては前述の説明通り、Apology は口にできなか​っ​​たと考えます。

将来、日本が核​兵器の開発に着手すると発表したり、同様のリークがあったりすると。 今までの被爆者の訴えも水の泡となり、 日本と言う国は哲学無き便利主義な国である、との自己証明になってしまいます。 米国から”謝り”を引き出すモラル グラウンドが吹っ飛んでしまいます。 民主主義​を​受け入れ​た​後71年​経っていますが、​、日本の政治は相変わらずの土着システム、世襲議員が世襲既得権にしがみついている料亭政治とそれに甘んじる国民として見受けられます。 何らかの形で新陳代謝を促し、新鮮な空気を通さねば、日本が精神的に化石化していくように​感じ、一筆させていただきました。
Commented by 私は黙らない at 2016-06-01 03:14 x
「植民地根性」、よく言ってくださいました。オバマと被爆者の感動的な抱擁?オバマは広島に降臨した平和の使者ですか。じゃぁ、傍らの核のボタンは一体何ですか。何たるアイロニー。それをなぜありがたがるのか、私にはわかりません。私が被爆者だったら、「アンタ、謝罪もなしに、ここへ一体何しに来た。」と言います。
今、こちらのブログで以前紹介されていた「昭和天皇の終戦史」を読んでいます。自らのうちに無意識に刷り込まれてきた昭和天皇像に改めて疑問をなげかけているところで、こちらのブログ後半の内容に相照らすものがあります。


カウンターとメール

最新のコメント

続)もうひとつ、カズオ・..
by NY金魚 at 11:40
サーロ節子さんの拡張高い..
by NY金魚 at 11:38
100万部とはびっくりで..
by T at 23:48
「君たちは」の醍醐味でも..
by 長坂 at 00:53
報道は中立であるべきなの..
by ワイドショーでも大切に at 14:43
(2の2) 日本の将来..
by 七平 at 02:26
(1の2) 小生は..
by 七平 at 02:25
宮崎駿が次回長編タイトル..
by NY金魚 at 07:08
ヨニウムさま、どうも始め..
by ふーくん at 17:34
論駁一刀両断、見事なり!..
by 駄夢 at 15:41

Twitter

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング