北朝鮮の「ミサイル発射」報道と政府反応の異常 - 開戦時の予行演習

c0315619_1854130.jpg昨日(2/7)、いつものようにサンデーモーニングを見ていたら、一週間の出来事の紹介が終わり、天気予報を伝える前にカメラが外に出て季節の生きものを紹介する時間に入った途端、急にニュース速報のテロップが入り、北朝鮮の「ミサイル」発射の報道に切り替わった。9時35分頃のことだ。別室の報道デスクが進行を仕切り、ソウルのTBS支局に画面が移り、韓国国防省からの第一報が伝えられ、すぐに官邸前からのレポートに変わり、安倍晋三が公邸から官邸に移動していることを伝えた。さらに、丹東のホテルの窓から、鴨緑江を挟んだ向こう側の北朝鮮領の上空に白い尾を引いて打ち上がる「ミサイル」を捉えた映像まで出た。エッ、こんなの撮ってたのと驚くのも束の間、何と、韓国の群山から黄海を背景にしたTBSの記者が現地レポートを始め、韓国海軍がここから海に落下した破片品を回収に出るのだと説明を始めた韓国の群山(クンサン)というのは全羅北道にある港湾都市で、ソウルから車で2時間半もかかる辺鄙な場所だ。こんなところにTBSの記者とカメラマンが待機していて、生中継のためにネクタイと背広姿でスタンバイしていた。前日から泊まり込んで、わずか1分間ほどの現地中継に備えていたのだ。



c0315619_1855124.jpg丹東から撮影した「ミサイル」映像といい、群山からの現地レポートといい、何から何まで、あまりにもお膳立てが整いすぎていて、予め準備されていた「情報」が次々と画面に登場するので、テレビを見ながら不気味な気分にさせられた。普通、臨時ニュースの事件が発生して生放送となるときは、スタジオと現場が混乱しつつ情報が交錯するものなのだけれど、今回はそれがなく、予定のシナリオどおりに秒刻みで報道が進行しているように窺われた。明らかに、午前9時過ぎに「ミサイル」発射があることを前提とした報道態勢が組まれていて、きっちりマニュアルに従った映像と報告がテレビ局から茶の間に送り届けられている。TBSの報道があまりに異常なので、他のチャンネルに回すと、NHKも他の民放もTBSと同じことをやっていた。どの局も、空に打ち上がった「ミサイル」の映像を出している。よく見ると、その映像は同一のものの使い回しではなく、テレビ各局が別々に独自に撮影していることが分かった。絵が違う。TBSとフジは鴨緑江沿いの丹東のホテルの窓から、NHKとテレ朝は丹東から南西に45キロ離れた鴨緑江河口の東港のホテルの窓から撮影している。

c0315619_186071.jpg東港からの映像の方が鮮明だったが、いずれにせよ、全てのテレビ局が、カメラマンと記者を中国遼寧省の現地に派遣して張り付かせ、「ミサイル」が打ち上がる生の絵を待ち構えて撮っていたわけで、その事実に気づかされて愕然とさせられた。丹東・東港からは東南東の方角にある東倉里の上空にカメラをセットして、飛翔体の姿を捉えようとしていたのだ。9時42分頃、官邸に入った安倍晋三が1階ロビーでぶら下がりの会見を始めた。その場には、平日と同じ数の官邸記者団が平日と同じ服装で詰めかけている。事前にぶら下がりをやることを予告していて、日曜朝に全員集合させ、シナリオどおりに報道陣に仕事させているのだ。安倍晋三の会見は、発射から13分後のことだった。発射から7分後には公邸の玄関を出ていたことになる。その頃には、NHKのスタジオには黒い背広を着た元海将の金田秀昭が座っていて、テレ朝には元防衛研究所職員の武貞秀士が、やはり黒い背広姿で陣取っていた。「ミサイル」発射から10分後に、すでに解説の軍事専門家が口を回していた。金田秀昭や武貞秀士がこんなに早く生放送にスタジオに顔を出せるのは、出番のために予め局に詰めていたからである。

c0315619_186946.jpg民放の臨時編成の特別番組は、午前10時前には終わったが、NHKはずっとダラダラ続けていた。スタジオで解説していた高野洋という記者は、司会のアナウンサーとの問答で常に下を向き、机の上の原稿を棒読み口調で読み上げていた。おそらく、内容が頭に入ってなかったわけではなく、政府から回された原稿を一字一句間違えてはいけないという義務感で、視線を原稿から離さないよう注意したのだろう。読み上げていた長い長い分量の原稿が、9時31分以降にNHKの記者によって書かれたものとは到底思えず、予め準備されていたことは明白だ。菅義偉の政府公式声明の発表は、発射からわずか22分後の9時53分だったが、その後も、今度は官房長官会見の質疑応答の形で、NHKの記者が言っていたのと同じことを新聞記者とのやりとりで繰り返していた。韓国政府の公式反応は、私が見たかぎり、午後10時30分以前には出ていない。最初に、9時35分頃にTBSの番組で第一報が伝えられ、ソウル支局の部屋にカメラ映像が移ったとき、記者の背後の壁に韓国のテレビの画面が幾つも並んでいるのが見えたが、どの放送も通常の番組を流していて、「ミサイル」の特別報道番組に切り替わったのは午前10時以降だった。

c0315619_1862094.jpg丹東からの「ミサイル」映像を撮影した韓国のテレビ局はあったのだろうか。韓国政府の公式コメントとして確認できたのは、朴槿恵が午前10時半に青瓦台で国家安全保障会議を招集して、その中でテレビに撮らせたものが初めてで、つまり、発射から1時間後の発言である。日本政府の動きは韓国と較べて異常に早く、マスコミの報道態勢も不気味に早く、事前の計画に沿った一列整列のものだった。北朝鮮が発射予告日程を1日前倒しし、天候条件的に2/7が最も打ち上げに適当な環境が確保され、さらに燃料注入も前日から始まっていたため、日本政府は2/7だと目星をつけたのだろう。北朝鮮の事前通告では、発射の時間帯が午前7時半から午後0時半の間と設定されていたため、そこから考えれば。2/7の日本政府の対応やマスコミの準備も特に不思議なこととは言えず、何か特別な諜報工作が機能したとは言えないかもしれない。それにしても、あまりに政府とマスコミの対応が一体化しすぎているし、騒ぎと準備が大袈裟でありすぎる。そして、露骨に国策報道にすぎる。マスコミの総動員体制はまるで戦時そのものだ。テレビを見ながら恐怖に感じたのは、これは南シナ海で始まる中国との軍事衝突の予行演習ではないかということだった。

c0315619_1863145.jpgイラク戦争を始めたときの米国のテレビ報道が、こんな感じだった。北朝鮮は、何も日本を標的にして大型「ミサイル」の発射演習をしたわけではない。あくまで米国に対する示威の外交カードとして、そして中国に対する牽制として、人工衛星の打ち上げを強引に断行し、長距離弾道ミサイルの技術水準をパフォーマンスしただけだ。その行為は、国連安保理決議違反であり、国際社会への不埒な挑発に違いないけれど、もう何度も経験して慣れっこになっている問題であり、どうして日本国内でこれほど大騒ぎする必要があるのか分からない。そもそも、PAC3を沖縄に運んで迎撃態勢を整える措置と、そのことを執拗にマスコミ報道すること自体が、何を目的にしたものか定かでなく、住民を守るためのものではなく、不安を掻き立てたり、北朝鮮への恐怖を煽り立てることが狙いではないかと思われる。記憶では、2012年に発射されたときは、政府もマスコミもそれを「飛翔体」と呼び、「ミサイル」だと決めつける表現は避けていた。ミサイルなのかロケットなのかという定義と認識の問題があり、政府とマスコミは慎重に「飛翔体」と呼ぶ立場を探り、聞き慣れない言葉で対処するところが日本人らしかったし、公的機関らしい言語態度に思えて悪い感じがしなかったものだ。

テレビ報道では、辺真一を始めとして、今回の北朝鮮の発射実験の狙いは、何としても人工衛星を宇宙軌道に乗せ、地上基地と宇宙空間との間で交信を成功させ、それを世界に証明することだと解説していた。だとすれば、客観的物理的に、今回の発射実験が人工衛星の打ち上げだったことは間違いない。たとえ、行為の裏側に弾道ミサイルの誇示という軍事的思惑があったとしても、そのことは、ロケット開発をしている諸国においては基本的に立場は同じだ。核実験とは少し性格が違う。まして、今回の大型ロケットの場合は、兵器転用する場合は米国を攻撃対象に据えたもので、近距離の日本を標的にしたものではない。どうして日本がこれほど過剰反応する必要があるのだろう。まるで、米国の代わりに騒いでいるのと同じではないか。無意味としか言いようがない。


c0315619_1864451.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2016-02-08 23:30 | Comments(1)
Commented by 長坂 at 2016-02-09 00:34 x
今朝(2/8)の朝日、2 、3、4、6、7、35面と北朝鮮ミサイル関連ニュース。さっきの報ステじゃ20分以上も割いていた。今日見たCCTV、KBS、BBC、CNNでは、一応北のサテライト(ロケット)関連はトップニュースだが、台湾の地震に春節に大統領予備選もそれなりに重きを置いて報道していた。明らかに日本の報道姿勢はおかしい。戦意高揚!今、辺見庸の「1*9*3*7」を読んでいるが、国民精神総動員実施要綱の「指導方針」には、「挙国一致」「国民ノ決意」という言葉が並び、「思想戦」「宣伝戦」が、国策遂行上不可欠だと。メディアは積極的に協力ね。私にとって、中国大陸で繰り返し、繰り返し行った皇軍の残虐行為をなかった事にしたい日本人の方が、北朝鮮のミサイルより数百倍恐怖。


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング