「ヘイト」の概念を混乱させ在日差別を助長するしばき隊の横暴と利敵

c0315619_11131983.jpg憲法学者の長谷部恭男は、「ヘイトスピーチ」の法規制に対して、憲法の表現の自由の立場から反対の意見を上げている。今年7月の朝日の対談記事にこうある。「表現の内容に基づく規制は、表向きは正当な理由、立法目的を掲げているものの、経験的に言って、政府の側に特定の党派や思想を抑圧しようとする不当な動機があって導入される蓋然性が高い。そうすると、思想や情報の流通がゆがめられ、思想の自由市場がうまく機能しなくなる。だから、表現の内容に基づく規制は、原則許さない、というのが憲法学のオーソドックスな考え方。ヘイトスピーチも表現活動であり、その規制は表現の内容に基づく規制ということになる。やはり、慎重の上にも慎重に、規制の必要性や合理性を考えねばならない」「ヘイトスピーチと言われるものがたとえば、特定の個人や団体に、人格権の侵害や業務妨害という形で、回復困難で重大な損害を与える場合、現行法でも、差し止めや損害賠償を請求することは十分可能。現に実例もある。日本の現行法はそうした害悪に柔軟に対処できる懐の深さを備えている」「ヘイトクライムとヘイトスピーチは区別すべきだと考える。ヘイトクライムを重く処罰することは憲法学から見ても、問題は少ない。ただ、そのことと、ヘイトスピーチについて、どのように対処すべきかは、別のことだと考える」。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_11143681.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-12-05 23:30 | Comments(2)
Commented by 愛知 at 2015-12-06 22:34 x
「ヘイトスピーチ」の概念をコンフューズさせている―――貴下ご指摘には大きく頷きました。前々回の記事でも、個人的に、古い表現ですが、ディレクトリのミラーリング、ご指摘の右左両派による言論暴力は八紘一宇への復元作業と見えるという意味のことを書きましたが。

ヘイトで普通に思うのは、南アのアパルトヘイトです。今回、辞書を引くまで、それがアフリカーンス語というオランダ語の派生語であるとは知りませんでした。さらに日本で言えば「差別」でしょう。貴下ご指摘の通り、ビジネス界隈では誰しも、反射的に首をすくめる語です。それがストックホルダーあるいは、ストックシェアーであった吾身含めた凡人の感想です。

ところで水平社宣言では、差別もヘイトも用いられていません。「長い間、虐められてきた兄弟」です。誤解のなきよう。私はずっと人として貴下ブログの人へのやさしさに触れてきた立場としての発言です。暴力は、言論含めて許せません。貴下何度も言及された虐めです。

「そうして人の世の冷たさが、どんなに冷たいか。人間を勦る事が何であるのかよく知ってゐる吾々は、心から人生の熱と光を願求禮讃するものである。水平社はかくして生まれた。人の世に熱あれ、人間に光あれ。」(水平社宣言より)
Commented at 2015-12-23 18:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


カウンターとメール

最新のコメント

続)もうひとつ、カズオ・..
by NY金魚 at 11:40
サーロ節子さんの拡張高い..
by NY金魚 at 11:38
100万部とはびっくりで..
by T at 23:48
「君たちは」の醍醐味でも..
by 長坂 at 00:53
報道は中立であるべきなの..
by ワイドショーでも大切に at 14:43
(2の2) 日本の将来..
by 七平 at 02:26
(1の2) 小生は..
by 七平 at 02:25
宮崎駿が次回長編タイトル..
by NY金魚 at 07:08
ヨニウムさま、どうも始め..
by ふーくん at 17:34
論駁一刀両断、見事なり!..
by 駄夢 at 15:41

Twitter

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング