しばき隊とは何か - 予備的考察としてのスターリンの人格形成

c0315619_17534261.jpg新潟日報記者の事件を、辺見庸はどう思って見ただろうか。同業の人間が起こした事件であり、関心を持たないはずがないと思われる。おそらく、内容を知って絶句したことだろうし、辺見庸が考えるファシズム論に新たな地平を拓く材料になったというか、確証となる一撃を与えたに違いない。事件を起こした坂本秀樹は地方紙の記者である。朝日や読売など大新聞の記者ほどには腐って崩れてないと想定されるところの、地方紙の記者であり、しかも政治的な立ち位置は辺見庸とほぼ同じ、反安倍の、すなわち左翼リベラルに属する一員だ。しかし、暴言のおぞまじさは2chに跋扈するネット右翼以上に狂暴かつ凶悪で、気が滅入るほどグロテスクで、病的な狂気と錯乱に満ちている。精神に異常を来しているとしか言いようがない。地方紙の報道部長の要職にあった左翼の新聞記者が、匿名Twで何年もこんなことを書いていたという事実を、辺見庸がどう論評するか興味深い。辺見庸にとって、衝撃というか憤激や落胆をそそるのは、この男の狂乱の罵倒ツイート群よりも、事件について何も真実を報道せず、本人の酔ったはずみでの不祥事に解消し、動機と背景を隠蔽しているマスコミの姿勢であり、事件について正しく調査検証して説明責任を果たすこともせず、当人を懲戒解雇の厳罰処分にもせず、記者は実名でTwするべきなどと話をスリカエてゴマカシている新潟日報だろう。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1755632.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-11-29 23:30 | Comments(5)
Commented by 愛知 at 2015-11-30 01:20 x
かつてはデリケートと、昨今ではセンシティブと表される禁忌への解明に感謝します。一連の、そして今回また始められた解析に懐旧の念を強くします。大袈裟ではなく、貴下記事にクロード・シャノンの影を見る思いです。窮屈極まりない情報エントロピーの最小化を願います。

一連貴下論評の対立はRAIDの一種と感じておりましたが、不勉強な吾身の念には政治学的論証が必要だと感じていた矢先でした。次回のご教授に大いに期待いたします。

追いつく間もないほど、ヨーロッパ(支配者ら流に言えば世界)の戦乱が伝えられます。始められたオペが、医師言うところの「開け綴じ」ではなく、紀元前23世紀からシリアの地で続く、人類5000年の疫病の患部の摘出になればと願います。悪性腫瘍の早期摘出は、一般的医療科学の一意と思う立場です。

つづくの後、ヴロンスキー大尉の轍となられんことを信じてお待ちします。
Commented by ライジングさん at 2015-11-30 08:05 x
右も左も関係無く。というか、右や左のイデオロギーを利用して、ただ暴力を行使したい。というのはイスラム国と同じです。
テロリストは、脅して、殴って黙らせる。それでも駄目なら殺す。最低です。

あと、「差別や憎しみを煽動増長するのは、平和の敵、社会悪」ですよね
欧米でイスラム教徒が、世間から嫌われるように工作してますよね。似たことを在日でやってる人がいます。

以前、池上彰か森田実か別の誰かが言ってましたが
「牢獄のような全体主義はいらない。
されど、欲望の暴走した獣の荒れ地のような個人主義もいらない
宇宙から地球全体を見渡すような人間主義を」

こんな思想が、今の世界に求められていると思います
Commented by mujinamiti at 2015-12-01 01:16
在日ヤクザと野間易道との関係性、地雷を踏む危険性は充分ご理致します。が、ここを避けてはの考察・論証は野間易道を安全地帯に停めてしまいます。
反在特会の義憤から自発参加したヤクザは極まれな一部でしょう。彼らの実体暴力が背景にあるからこそ、ネット言論での誹謗・中傷・罵声を浴びせる輩、尻馬に乗る連中が跋扈してるものと考えます。

野間のカリスマ性に惹かれて在日ヤクザが集った。
これは絶対にあり得ない事象だと考えております。
資金源の問題を抜きにして、しばき隊分析は不可能と考えております。
Commented by トモエ at 2015-12-01 13:31 x
野間という人をあまり知らないでいたので、スターリンの生い立ちを読みながら頭に浮かんだのは橋下徹です。三つ子の魂100までとは、実に深い言葉だと再認識しました。幼児期に愛情を知らずにしかも暴力を真近にして育った人間が頭がきれると恐ろしいことになる。暴力は知らなくてもエセ愛情(御教育)で育った人間は、人々を裏切って自分だけエラクなったり、何人もいましたね(笑)。このブログを読みだしてから、5年ほどになりますが、無意識のうちに“どうせいつか裏切られるだろう”という思いがあったことに途中で気が付きました。いろんな場面で何度もそういう思いをしてきたからです。でもこのブログは裏切らない、と途中でつくづく感動したのを覚えています。そして今、渾身の記事を書いてくれている、深い愛情のなかで育まれたに違いない人間性と努力によって培われた知性に心から敬意を表します。
Commented by むじな道 at 2015-12-02 02:21 x
来年、参院選を前に野間易通は潜伏するだろう。それを許してはいけない。あの手この手の手段を用いて、衆人の場に立たせ何かを言わせておかねばならない。シイルズが逃げるのは折込済みだが、野田を逃がしてはならない。弁護士会が動いて欲しい。 


カウンターとメール

最新のコメント

私は3月18日の世に倦む..
by 福寿草 at 21:15
冷静に考えて今回の証人喚..
by キヌケン at 16:43
地球の裏から日本のニ..
by 七平  at 10:03
こんにちは。今の世の中の..
by r_tta at 15:29
辺見さんの「こころの時代..
by 長坂 at 10:47
籠池泰典のロンダリングを..
by 愛知 at 03:35
頓馬な稲田朋美の百人斬り..
by 和田啓二 at 15:37
「邦人保護のため、海自艦..
by 愛知 at 02:53
現天皇は ”愛国心は..
by 七平 at 05:37
福島原発事故を当時担当し..
by 愛知 at 03:30

Twitter

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング