立憲主義としばき隊の政治暴力の正義論 - 神原元への懲戒請求の「付議」

c0315619_18415910.jpg長谷部恭男の岩波新書『憲法とは何か』の冒頭にこう書いてある。「本書は、憲法が立憲主義にもとづくものであることを常に意識し続けなければならないという立場をとっています。(略)この世には、人の生き方や世界の意味について、根底的に異なる価値観を抱いている人々がいることを認め、そして、それにもかかわらず、社会生活の便宜とコストを公平に分かち合う基本的な枠組みを構築することで、個人の自由な生き方と、社会全体の利益に向けた理性的な審議と決定のプロセスとを表現することを目指す立場です。(略)なぜ、立憲主義にこだわることが必要かといえば、根底的に異なる価値観が裸のままでぶつかり合ったとき、平和な社会生活や国際関係はきわめて困難となるからです」(P.ⅲ)。この立憲主義のイントロの説明は、今年の6月以降、長谷部恭男だけでなく小林節によっても会見や集会の場で諄々と語られてきた。いろんな考え方を持った人が世の中に生きていて、そして皆が不完全であるから、それぞれが認められ、人として権利を全うできるようにするのが立憲主義なのだと、小林節がその意義と要諦を噛んで含めて説いていた。説得力のある言葉として耳に入ったことを覚えている。今、しばき隊の「はすみリスト」の事件を前にしたとき、われわれが思い出すべきは、この立憲主義の原理と精神だろう。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1843864.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-11-12 23:30 | Comments(8)
Commented by マリモフィズ at 2015-11-12 20:06 x
連中は左派の印象が悪くなるようにわざとやってる気がする。
仲間のふりして腹の中でバカにしてるという仮定を立てるとしばき隊の存在の見通しがクリアになる。
権力やら既得権やら表面だけ叩いてアジって腹の中ではシンパをあざ笑ってて暴力を正当化して下品で…まるで橋下じゃん。
Commented by 半覚醒状態 at 2015-11-12 21:59 x
まあとにかく一番扱いや対応に困るのが、内省力の欠如した厚顔な『自称正義の味方』。議論や行動などで自分が優位な状況にあると情け容赦なく相手を叩きのめし、自分の不備が露呈しかかると感情的攻撃的な態度で相手を潰そうとするか、内的怒りや羞恥をニヒリスティックな振る舞いで否認する。こういう面の皮の厚いナルシシスティックな人間の代表が橋下徹でしょうが同じような方がいるんですね。こういう人はほとんど変わりようがないか、完全に追い込まれて逃げ道がなくなると未熟な本質が剥き出しになって全くの役立たずの可愛げのない赤ん坊になるだけですよ。誰も育て直しの役回りなどする気も起きません。
Commented by 愛知 at 2015-11-12 23:55 x
レイシストにも人権がある。ネトウヨにも人権がある。憲法によって守られている。―――勝手な想像では長年、それらの人々から迫害を受けてこられたであろう貴下の発言は重く、一方において清々しさを感じました。真に知的な記事のアップに深く感謝し、安堵しました。

記事で触れられた方々のお歳まで、それこそ調べる気もないのですが。1972年の浅間山荘事件を思い出してしまいます。ウィキで見たところNHKの報道特番の平均視聴率50.8%は40年以上経過した現在も視聴率日本記録だと。出典も記されていました。私を含め多くの人々の頭には「私刑」という言葉が今もこびりついています。くだらない行動は現政権の支持率を押し上げるだけの愚かな行為です。

今日のテレビは大本営(厚生労働省)発表のマタハラ一色。それが許されないことなど当然ですが。どこの局も同じことを。大本営に振り回され、戦争法を私たちの記憶から消し去ろうとしているようにしか感じられません。今こそ、現憲法の理念に学び、守るべき時だと痛感します。
Commented by Imagine at 2015-11-13 01:35 x
戦争法の廃止(廃止するための法案提出)に賛同される方々のSNSでのコメント、「ジジイ」「ババア」「死を」。自分に言われたら、どういう気がするでしょう。こういう人たちが海自が尖閣に哨戒機を、この類のニュース、これから増えるであろう開戦プロパガンダに接して、どう変わるのかと。ホントに心配です。
Commented by a student at 2015-11-13 12:11 x
私は政治的には中道を自負し、今まで政治・民族団体の争いには距離をとって傍観する立場でしたが、今回の漏洩事件には声をあげざるを得ないと感じています。
個人情報リストには非右派の一般市民の非公開情報も混ざっており、「無差別ネットテロ」と言っても過言ではないです。
善良なる一般市民の生活を現実に脅かす無差別ネットテロという手段は、私のような無党派層には受け容れられないですし、そういった手段の目的である主張も拒絶されてしまうでしょう。
誰の為にもならないので、規制する必要があると思います。
そういった点で、私は世に倦む日々さんに賛同します。
Commented by ライジングさん at 2015-11-13 12:42 x
レイシストにも人権はある。あくまで法が裁くものである。

本人が、勝手に逮捕されたり、牢屋など入るのは、各自の自由であり、自業自得である。
暴走した言動に対して、民主的な手段で、民事訴訟などで制裁を加えて抑える。ということもあるだろう。

だが、ネットテロという暴力手段に出たら、それはもはや、法では無く、己の感情が正義ということになります。
これでは獣です。こんなことするのは、イスラム国と同じです。地下鉄にサリン撒いたオウムと同じです。

イメージとしては、右派に、こういう人間が多い印象でしたが、
左も、何十年と子供を甘やかして育てすぎて、こんなものに賛同する連中が出てきてしまいましたね。
Commented by まっち at 2015-11-14 19:24 x
在特会というわかりやすい敵の出現やネット社会の進展で浮上してきただけで、彼らの本質は昔から変わりませんよ。
陰に陽に暴力を使い異論を排除する、すなわち自由と民主主義の敵です(もちろん敵だからと言って彼らの人権を侵害することは許されませんが)
Commented by mori at 2015-11-15 22:52 x
思想ありきということではなく、右だろうが左だろうがリベラル自認だろうが、ゴロツキはゴロツキだということです。逆に言えば、右だろうが左だろうがリベラルだろうが、真っ当な人間は真っ当なのでしょう(右に真っ当な人間なんて今現在いるでしょうか。遡れば昔はいたもんですが)。「彼ら」というのが左だからひん曲がっているのではないのです。本当に左巻きならもう少し真っ当な品性を持っているんじゃないですか。本当に右(保守)ならもう少し真っ当な仁義を持っているんじゃないか、というのと同様です。皆、思想ということに寄りかかりすぎて、人間性を喪失している。「彼ら」を批判する私たちもこの「思想」なるものに寄りかかってはいけない。
立場や思想や哲学の前に、人間としての骨格を持たなければ、スライムだか鵺だかのような獣になってしまう。過去に獣に化したひとたちがいたといっても、それら(右・左問わず)はその思想の本質ゆえに歪んでいるというよりも、その思想の矩を越えてしまったゆえに人間ではなくなったのだと思います。


カウンターとメール

最新のコメント

「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01
一部の半島専門家は年初か..
by おにぎり at 10:22
プーチンは「あの戦争(ア..
by 愛知 at 06:12
スノーデンのTWによると..
by 長坂 at 00:05
常識的に考えると、アメリ..
by jdt01101 at 10:56
【続き】内藤氏は、シリア..
by tenten at 20:55
「内戦に勝利目前のアサド..
by tenten at 20:34
実にラディカルな推論に心..
by NY金魚 at 16:51
一旦、軍需産業が発達して..
by 七平 at 11:40

Twitter

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング