どうして安保法を阻止できなかったのか - 戦略の検証と敗因の分析

c0315619_145044.jpg安保法が国会を通過して成立した。予想していたとおり、9月14日の週の採決と可決成立となった。9/10頃だったか、朝日が1面記事で9/16委員会、9/17本会議の日程予想を出していたので、おそらく野党に譲歩を示す形で、本会議のラストは9/18だろうと予測を述べたが、そのとおりになった。昨日(9/21)、朝日が9/21-20に実施した世論調査の結果が出ていて、それによると安倍晋三の支持率は35%で、前回(9/12-13)と較べて1ポイントしか落ちていない。あの強行採決の蛮行を挟んで、そして国会前デモの中継と共に法案反対を唱えたマスコミ報道を挟んで、支持率は1ポイントしか落ちなかった。衝撃的なのは、安保関連法への「反対」が減り、「賛成」が増えていることだ。強行採決を挟んで、「反対」が54%から51%に減り、「賛成」が29%から30%に増えた。毎日の世論調査でも安倍晋三の支持率は35%で、前回8月の32%と較べて3ポイントも上がっている。官邸は独自に世論調査をやっていて、世論の動向を把握していたから、あのように躊躇なく予定どおり強行採決を打ってきたのだろうが、それにしても、この結果を見ると、われわれは安倍晋三に掠り傷ひとつ負わせることができなかったと認めざるを得ない。泰山鳴動してネズミ一匹。屈辱的な敗北だ。マスコミが「反対デモの盛り上がり」をどれほど喧伝しても、数字は冷徹な現実を突きつけている。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_14513366.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-09-22 23:30 | Comments(8)
Commented by 長坂 at 2015-09-22 20:41 x
安保法制攻防の最中の山形市長選、反自公候補の楽勝と思いきや、アッサリ負けてしまった。毎日デモのニュースで盛り上がり、日本人が「民主主義に目覚めた」らしいが、選挙してみればこの結果。
長年「反基地」「反原発」闘争している人や、知る権利を守るため情報公開訴訟で闘ってる人、税金の不正使用がないか絶えずチェックしているオンブズマンの人、内部告発でクビになった人、日本の戦争被害者の救済や和解に尽力している人などなど、全くスポットライトの当たらないところに平和や民主主義の担い手がいる。デモに行ったからって(私自身のこと)これがデモクラシーと言うのは、余りにも恥ずかしい。
過剰警備に不当逮捕。これに抗議の声を上げるのは許されず、「警察disるな」「逮捕された方が悪い」というデモは御免。一歩間違えたら、ヒトラーユーゲントになりかねない。
Commented by おっさん at 2015-09-22 21:27 x
支持率を諦めて視聴率に走ったのがメディアでした。
期待した視聴率は取れたのかしら?

シールズ関係者の絵で印象に残ったのは、まず女の子の顔・顔・顔…
そこに絶叫と汗と涙、最後に肩を抱きあって泣く女の子達がけなげに
「負けていません。これからが始まりです。」と訴える絵は、はて?
さすが甲子園中継を何十年もやってるテレビ局という他ないですよ。

三島はかつて、大人が若者に求めるのは肉体のみと喝破したが、
この若者たちはその自覚が少しでもあっただろうか。
舞い上がった当事者から少しだけ離れた支援者・シンパの若者、
君たちはどうだったのか、マスコミ・政党・大人たちとの距離を
感じなかったはずがないが、率直な意思表明ができたのか。
周辺から煽って神格化とカルト化を助長しただけではなかったか。
シールズを安全圏から煽った「ネトサヨ」に自省はあるのか。

「デモ」自体は在特会もやってきたし、素人っぽさではあっちが完勝。
シールズ、源流のSASPLEはしばき隊肝いりの政治団体。
本質的に「デモ」を潰す暴力の要素を内在させているのが皮肉な点だ。

また中高年よ!組織動員にはせ参じた君らはなぜこんなことを言う?
「私の頃と違って今の若い人は・・」の後に続くのは説教が鉄則だ。
卑下と依存心がミエミエの若者賞賛ほど見苦しいものはなかった。

そういえば「デモなんかで世の中が変えられると思ったら大間違いだ」
と桜井誠に言い放った橋下徹に拍手喝采したのも、あいつらしばき隊でしたなあ。
Commented by 京都の一市民です at 2015-09-22 22:05 x
はじめまして。
たぶん、私は安保法案賛成ですから、あなたと立場が異なりますが、
反対意見も知りたいと考え、少し前よりこちらのブログやツイッターを
拝読させてもらっています。

最終の結論部分は、今でも変わりませんが、
あなたの発信する情報は、ありがちな感情論、情緒に流されない
論理的、かつ数字をとても冷徹に精査されている印象で、
私の勝手なイメージとお叱りを受けるかも知れませんが、政権の挙げ足をとることに躍起、自分たちの主張にとって都合の良い数字は拡大解釈するリベラルと呼ばれる方々と異質の真っ当さ、誠実さを感じます。

残念なのが、わたしの感じるあなたの誠実さを、
同じ主張のはずの方々が素直に受け取っておられないと感じる点です。

くり返しますが、わたしは今回の安保法案は賛成ですが、
一番危惧するのが世の中が一色に染まることであると考えています。

その意味でも、あなたには今の現状に倦まずに、
わたしのような左右両方のデモ、集会に参加したことのない市民に、真っ当なリベラルのスタンスを発信していただきたい。

あなたのように冷静で、ときには自説にとって不利益になることも、それが事実であるならはっきりと提示する誠実な姿勢こそ、ぼくたち市民が、耳を傾けてみようと思うきっかけになる一番大切なことではないでしょうか。

テレビを含めた最近の左系メディアの報道は、主義主張以前に、
ヒステリックにしか感じませんし、それに気が付いてしまった時点で
身構えてしまい、耳を傾ける気など、起こるはずがないのに、
どうして、そこに気がつかないのでしょうか。

リベラルの皆さんは、一度頭を冷やして、このブログを読めばいいのに。もっと腰の据わった運動ができるはず。

安保賛成のわたしでも、それがわかるのに・・・不思議です。
Commented by 私は黙らない at 2015-09-23 03:46 x
京都の一市民様、

あなたのコメントを読んで、感動のあまり涙ぐみながら書いております。立場の違いを超え、相手の意見に真摯に向き合う姿勢に大変心打たれました。

私は、安保法制には絶対反対の立場です。でも、あなたのような方であるならば、感情的にならず誠実な議論ができると思います。

私は正直申しまして、安保法制が可決されてから、大変な無力感にさいなまれておりました。国会の中というものは、国会の外とは全く別の力学によって動いており、いかに選挙で一票を投じようとも実はビクともしないものなのではないかと思っておりました。

しかし、今日は、あなたのような誠実な賛成派もおられるのだと知り、大変勇気づけられました。又、賛成派のコメントもアップしてくださったブログ主様の誠実さにも感謝いたします。国会内の議員さんたちに必要だったのは、京都の一市民さんのように反対意見にも真摯に向き合う姿勢だったのではないかと思います。

どうもありがとうございました。
Commented by ijkl at 2015-09-23 05:04 x
憲法学者の行動の第2弾は、違憲立法審査制の改訂にあったのではないかと思います。私も今ごろ気付いて申し訳ないのですが。Wikipediaの「違憲審査制」の項目から、リンクが張られている諸橋氏の「違憲審査制の論点」という論文が秀逸で、これまで議論され、提案されてきた、抽象的規範統制を現行の憲法81条の変えないままで何らかの形で最高裁に組み入れることができないかについての経緯が述べられています。

この論文の中では、抽象的規範統制がややもすると政治の裁判化を招くとの批判もあるとされていますが、もともと大陸型(ヨーロッパ型)の憲法裁判所は、独裁権力の抑制・ファシズムの防止(特にドイツ)のために設けられていることを考えると、現在早急に取り組まなければならないのは、最高裁による抽象的規範統制の仕組み作りではないかと思われます。具体的に、目の前に独裁政権が出てきているのですから。

実際の法曹界に関わる人と議論をさせて戴く機会がありましたが、日本の裁判所は人事的に上意下達的な硬直した組織になっており、これを何とか変える必要もあわせてあるのではないかということでした。

小林節氏を中心として、集団違憲訴訟を展開するようですが、現状では判例ベースで考えると、具体的規範統制の枠組みの中でしか可能でありません。個別の事件性が必要となってしまいます。なかなか裁判所に相手をしてもらい、良い判例を出してもらうのは難しいのではないかと思われます。ただ、その取組みの中から、遅まきならがら抽象的規範統制の仕組み作りを法曹界と共に考えるべき時期にあると思われます。

三権分立と立憲主義を担保するための憲法裁判所の仕組み作りを怠ってきてしまい、今回の違憲立法を許してしまったことは、独裁政権の出現を考慮してこなかった我々日本人の平和ぼけ・政治ぼけのツケを取らされているような感じがあります。
Commented by maruちゃん at 2015-09-23 07:19 x
民主政権時代、
鳩山が攻撃され小澤が検察の餌食になり政権が潰され、その後誰が見ても有能とは思えないアベが二度目の椅子に就いた目的は今回の法律制定に有ったと思えるわけです。
当時の政治スローガン「決められる政治」が、マスコミで喧伝された
背景には「お前等何ヤッテイル!早く決めろ!」というアーミーの厳しい指示があったのでは?と想像します。
憲法無視の政権党であっっても
建前上、来年には参議院選挙があり現状から言って過半数は絶望です
何を仕出かすか?、本当に怖い面があります、
中国か韓国を相手に海上での小競り合いを仕掛ける、死者がでる、
マスコミに大騒ぎさせて国民を脅かす、、票を集める、
これくらい平気で実行するだろうと思います、
有権者はマスコミを信じてその気になる、
ズルズルと引きずられて、、最後は狂気の暴走特急
日本列島は昔からこんなモンでしたね、

Commented by 若葉 at 2015-09-23 13:10 x
大多数の国民にはやっていることを巧みに隠して、大多数の国民が反対するであろうことを裏で勝手にドンドン進めてしまう、というのが現政権のやり方ではないかと思います。
今回の安保法案にしても、条文の文言が相当に分かりにくく、まして法理論的に違憲かどうかなど、大多数の国民にはまず分からないと思われます。
憲法学者に違憲と言われたのは、現政権には想定外の作戦ミスでしょう。
とはいえ、いったん成立してしまった安保法案の大幅な改正や削除は、少なくとも当面の間は無理でしょう。
今後は、現政権が安保法案を口実に中国や中東で自衛隊に戦闘行為に踏み切らせる、という企みをどうすれば防げるのか?ということが重要な課題になるかと思います。
現政権の衆愚政とも言えるやり方はかなり巧みであり、戦後70年が経過して戦争の記憶が薄れ首相を始めとして社会の中心が戦後生まれの人によって占められている現在では、困難なことではあるとは思いますが。
とにかく、日本が自衛隊が海外で戦闘行為にまで突入してしまえば、憲法第9条は名実ともに廃棄されてしまう可能性が極めて高いでしょう。
Commented by Emmylou at 2015-09-24 04:50
>SEALDsではなく、憲法学者を中核に置かなくてはいけなかった由縁は、一つにはイデオロギーのバランスの問題がある。この点は、誰も指摘していないが、今回の政治を解読する上で重要な問題点に他ならない。憲法学者(小林節・長谷部恭男・石川健治・木村草太)の中に左翼はいない。基本的に保守のスタンスだ。だから、市民は憲法学者に積極的にコミットしたのである。市民の政治ニーズがそこにあった。

この分析に同意いたします。
かつての連立政権、日本新党の細川護熙政権も保守中道でしたし、また民主党も、中道の鳩山由紀夫、市民運動出身の中道リベラル菅直人の二人に、自民党の中枢で活躍した保守本流の小沢一郎が加わることで政党自体が構造改革型の保守中道系政党というイメージが出来上がることにより、政権奪取にまでつながりました。
日本人の大多数がのぞんでいるのは穏健で平和主義の保守政治で、まさに護憲の憲法学者はその象徴的代弁者だったのでしょう。
安倍が保守政治の保守たる根幹である憲法・法律を遵守するという日本人が望む安定性をかなぐり捨てて、暴力的に法律をないがしろにする姿を見て、一般国民は怒ったのだし、これはやばい、とも思ったのでしょう。
ただし、木村草太などは果たして護憲派と言えるのか。たとえば憲法24条の「両性の合意」を同性同士にも適用させようとするような解釈改憲をしようとする言論は、護憲派の中から排除しなければならないと思います。


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング