歴史認識をめぐる言論への違和感 - 反中嫌韓が常態の日本のリベラル

c0315619_1611999.jpg昨夜(3/15)のニュースで、李克強が歴史認識の問題で発言する場面があった。全人代閉幕後の記者会見で、「一国の指導者は、先人が成し遂げたものを継承するだけでなく、過去の犯罪行為に伴う歴史の責任も負うべきだ」と言い、日本に対して村山談話を継承するように求めている。今日(3/16)の朝日の7面にも記事が出ていた。「罪の歴史責任 継承を」「中国首相 安倍談話念頭か」と見出しで紹介され、「中日関係の根源は、先の戦争や歴史認識に正確な認識を持ち続けることができるかどうかにある」「今年という重要な時は、中日関係にとって試されるとともに、チャンスでもあると思う」「日本の指導者が歴史を直視すれば、中日関係を改善・発展させる新たなきっかけになり、中日経済貿易関係の発展によい条件となる」と言っている。きわめて至極当然の議論だ。当然のことを言っているのだが、NHKのニュースでは、安倍晋三の戦後70年談話を牽制するものかという、恰も不当な内政干渉のように不審視する論調で報道された。一週間前(3/8)の王毅の発言を報じた毎日の記事もそうだが、中国の指導部が歴史認識について何か言うと、「牽制」だの「挑発」だのと不当視した表現で説明される。頭からそれを否定する決めつけで紹介される。 



c0315619_16112343.jpg王毅が具体的にどう発言したかを見ると、「人に害を与えた責任を加害者が忘れない場合のみ、被害者のかつて受けた傷の癒える可能性が生まれる。これが歴史問題を取り扱う上での正しい態度だ」「日本の今の政治指導者は、どうすべきかまず胸に手を当てて考えてほしい」とある。至極当然の発言であり、正論だ。こうした意見そのものは、特別編集委員の岸井成格がNEWS23やサンデーモーニングで毎度言っていることであり、安倍晋三を批判する主張としては全く同じ言論だ。だが、今の日本のマスコミは、どれほど中国指導部が歴史認識の問題で正論を言っても、それを正論として認めない。正論として評価する報道をしない。そのことは韓国の指導者の発言についても同様で、朴槿恵が日本の歴史問題について発言していることは、慰安婦問題にせよ何にせよ、基本的に真っ当な正論なのだけれど、日本のマスコミはそれを必ず歪曲した形で報道する。日本への誹謗を言っているように捉え、襟を正して聞く必要や価値のないものとして切り捨てる。それは、最近では、マスコミ報道だけでなく、ネットの左翼リベラルでも同じ反応が常態化していて、中国や韓国からの日本に対する発言をありのまま受け止めず、否定的に矮小化し、それを反日の言説だとして無視している者が多い。

c0315619_16113541.jpgもしもメルケルが同じことを言い、米国の高官なり、英米のマスコミが言ったなら、左翼リベラルは涙を流して大喜びし、Twで拡散し合い、ニューヨークタイムズがこう言った、ガーディアンがこう言ったと、蜂の巣をつついたような大騒ぎの反応をするだろう。日本の歴史問題について、欧米が正論を言えば、それを正論として認める。中国や韓国が正論を言っても、それを正論として認めない。戦後70年談話の政治情勢を見ながら、私が悲観的になるのは、日本の言論を覆うこうした病理と偏向があるからだ。左翼リベラルも、テレ朝やTBSも、中国や韓国を頭から否定する視線では同じであり、中国や韓国からの日本への認識や主張に対して、それを反日として否定的に捉えている点では右翼と同じ構図なのだ。中国や韓国からの日本への正しい批判や忠告を、まともに捉える理性を喪失している状況は、もはや全体主義社会と言っていい水域に達していて、それに抵抗する言論を吐いている者が日本中探しても一人も見当たらない。中国や韓国の言っていることの方が正しいと、逆風の中で屹然とそう言い張る者が一人もいない。そういう思想状況で、果たして村山談話を守るということができるだろうか。今の日本の左翼リベラルの言論はきわめて悪性に屈折していて、矛盾と欺瞞に満ちている。

c0315619_16115329.jpg安倍晋三の極右路線に反対しつつ、歴史認識での中国と韓国の立場の正当性を認めようとしない。もし、日本のマスコミの半分が中国や韓国の立場を認め、歴史問題で共通認識だという合意を示し、日本の左翼リベラルがその立場に立ち、中国政府や韓国政府と共闘すれば、安倍晋三と日本の右翼は孤立する。安倍晋三と日本の右翼は包囲され、四面楚歌となってどこにも逃げ場がなくなる。繰り返すが、李国強が言っていることも、朴槿恵が言っていることも、日本の左翼リベラルが言っていることも、東アジアの歴史認識の問題としては同じ正論なのだ。それは村山談話の立場であり、謝罪と反省の立場であり、日本国憲法の平和主義の立場である。中韓の正論と日本の左翼リベラルの正論との間に、どこにも差異や齟齬はない。平和憲法の精神が歴史認識の言葉になったのが村山談話であり、中国と韓国は村山談話を尊重していて、日本も村山談話を変えないで守ってくれと要求している。それが、日中間・日韓間の関係を安定的に発展させる基礎だと言っている。正しい主張だ。それなのに、日本の左翼リベラルは、どうして中国や韓国の主張にまともに頷くことができないのだろう。こうした発言をすることは、ネットの無名の市民としてでも、今ではとても勇気の要ることで、面倒に感じて仕方のないことだ。左翼リベラルそのものが、反中嫌韓の観念に染まっていて、つまりはナショナリスティックになっている。

c0315619_161245.jpg安倍晋三や右翼に対しては、平和憲法を守れとか、村山談話を守れとか言い、正論を言うのだけれど、同じ主張を中国や韓国が日本政府に対して発するときは、それに呼応しようとせず、逆に中国や韓国の粗探しをする。日本の侵略戦争と植民地戦争によって被害を受けた当事者は、まさに中国と韓国ではないか。米国やドイツではないのだ。歴史問題については、中国や韓国の言うとおりじゃないかと、慰安婦問題については韓国の言い分が正しいと、だから中国や韓国と連携して安倍晋三を包囲しようじゃないかと、そう説得する日本のリベラル論者がどうしていないのだ。どうしてそこで中国や韓国に難癖をつけ、留保をつけるのだ。20年前、村山談話が出たときは、日本の左翼リベラルの中でそのような反中嫌韓の色のついた者はいなかった。そもそも3月の全人代での中国幹部の発言は、米国議会における1月の大統領の予算教書のようなイベントで、1年の国家の方針が示される重要な機会だ。世界の政治と経済に大きな影響を与える情報発信体である。また、中国は日本の最大の貿易相手国であり、世界第2位の経済大国である。どうして、日本のマスコミもリベラルも、オバマの予算教書には内在的な視線を向け、積極的に評価して注目し、それを賑々しく宣伝するのに、中国の全人代にはどこまでもネガティブな姿勢で終始するのだろう。おかしなことだ。

c0315619_16122180.jpg勇気が要ることと書いたが、正確に言えば、あまりにもかかる意見に対して共感する者が少ないことへの絶望感というか、気後れというか、心の重さというか、問題提起をする気力が失せる挫折感である。右を見ても、左を見ても、反中と嫌韓ばかり。こんな現実の中で、村山談話を守れるはずがない。村山談話というのは、何度も書いているが、そもそも韓国を意識した文書だ。中国に対しては、謝罪と反省を1972年の日中共同声明で明記した。大平正芳と田中角栄が歴史認識を示した。それは、石橋湛山以来の自民党(ハト派)の宿題の達成だった。が、韓国についてはそれを言っておらず、80年代以降、韓国の民主化が進む中で、日韓の国家関係の基礎となる指針の定立が必要だったのだ。1995年、戦後50年の節目の年に、ようやく村山談話を出し、日韓の信頼関係の構築へ踏み出すことができた。まさに、真の意味の日韓国交正常化が成された瞬間だった。両陛下がすでに訪中を果たしているのに、訪韓が未だ実現していないのは、実はその問題に関わる。両陛下の訪中は1992年。日中共同声明から20年、日中平和友好条約から15年の年で、日中友好は円熟の時期を迎えていた。中国と日本は蜜月のパートナーだった。1995年の村山談話の後、日本では右翼の強烈なカウンターが始まり、「新しい教科書」の醜悪な運動が始まり、マンガ右翼が売れ、右翼が権力を掌握してゆく。

両陛下の韓国訪問は困難な情勢になった。1995年までの戦後の歩みを概観すれば、私は、日本がドイツと比べて特に歴史問題で遅れていたとは思わない。確かに、ドイツのように戦争の加害責任を自らの手で追及して明確にするということはしなかったが、その代わり、日本は平和憲法を制定して9条を守ってきた。軍隊を否定し、軍隊を海外に出さなかった。日本らしい方法で名誉を回復し、世界から信頼を得ることに成功していた。途上国のお手本になった。私なりの言い方をすれば、戦後日本は、右翼や左翼(脱構築)が自虐するような国家ではなかった。7年ほど前までは、このブログにも、日本語のできる中国の人がコメントを書き込んでくれていた。自画自賛のつもりはなく、敢えて言えば、私も、その中国人も、日中友好の蘇生と復活の希望を捨てず、意思を持ち、そのための努力を必死でやっていた。日本の左翼リベラルの転向には本当に呆れる。
 

c0315619_16123817.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-03-16 23:30 | Comments(8)
Commented by swissnews at 2015-03-16 19:18
日本の左翼リベラルは何をさすのかわからないが、海外にくる日本人知識人の中にも無意識か意識的か中国人や韓国人を見下す言葉やニュアンスをそれが当たり前のように付け足し公に話す人が多い。「アッ」とこちらの人は息をのむ。半世紀前、日本で、女性の社会解放を訴える進歩的知識人が、「おめかけさん」を抱えていて疑問を持たなかったことと似ているのではないか。・・なすび・・・
Commented by 長坂 at 2015-03-16 21:57 x
もう本当に仰る通りです。
TEDのスピーチでザンビア人の女性経済学者ダンビサ・モヨが、殆どが一日1ドル以下生存がやっとの国では、何はなんでも自由だ民主主義だという欧米先進国より、インフラ整備雇用創出をプライオリティーに考える中国モデルが必要だと力説してます。アジアインフラ投資銀行、いいじゃないですか。取り敢えず評価してみれば?なのに問題山積だの課題ばかりだの。
リパート駐韓米大使が襲撃されたことを受けて、「やはり韓国はダメ(ライシャワーだって日本人に刺されただろう)日米関係が今以上に重要になる」とネトウヨの寝言のような専門家のコメント。リベラルのはずのインテリが、事が中国韓国になるとネガティブな事しか言わないのはもはや病気のレベル。今迄下に見ていた人達が、気付いたら自分を越そうとしているのが許せないのか、くやしいのか。
とにかく、シンゾー談話はNo Thank You!
Commented by ロシナンテ at 2015-03-16 23:46 x
好きとか嫌いとか、とは関係なく、
戦前日本は遅れて現れた帝国主義であり、領土拡大を狙って戦争をしかけた、のはどうにも取り繕えない事実。
その事実よりも嫌韓、嫌中の感情が前に出るのはなぜか。
戦後の取りこぼした政策や、13億人が本気で働きだした事への脅威や、アジアトップへの羨望や、様々な思いが混ぜこぜになっている。
事実を事実として受け止めてこそ、正しく物を言える外交に立てる。
同じことは、アメリカに向かっても言える事だと思います。


Commented by 半覚醒状態 at 2015-03-17 00:08 x
いつもありがとうございます。私の祖父は戦時中軍属として陸軍と共に中国にわたり、南京大虐殺の光景(例えば、民間女性の女性器に銃剣を突き刺して殺害したなど)を実際に見たまま私に語ってくれた。ある人物が自分の暗い側面に目を瞑り否認すれば、人格の成熟は止まるでしょう。人には明るい側面だけでなく暗い側面が必ずある。スポーツ選手がポジティブなイメージトレーニングにより勝利を得ようとするが、その前の段階では自分に欠けている部分を見つけ出し、修正するための苦しい努力を必ずしている。その上でのイメージであり、ネガティブな部分の認識と修正がなければ、ただの病的で誇大的空想や妄想でしかない。
Commented by KISA at 2015-03-17 02:27 x
本当に同感です。李首相の発言は正論である上に、出来る限り批判のトーンを抑制して、両国間の関係改善の希望を捨てていない、というシグナルを、言葉通り伝えてきたとさえ私には思えました。なぜか日本のマスコミはこういう場合、特に中・韓の場合は「経済面での裏事情が言わせている」(つまり本音ではないという)的な捕捉を必ずつけますが、外交なのですから一つの言動に複数の意図があったとしても当たり前。それはアメリカでもヨーロッパでも日本でも同じです。しかし、歴史認識という一点、日中韓三国の関係改善については、加害者である日本が、自ら、指導者が変わるたびにでも、まず謝罪と反省を明確な言葉で示すべきだと思います。その上で経済や文化の活発な競争や交歓をやればいい。中国・韓国とも、その順序を守ってもらいたいとシンプルに願っている人は多いはずです。
日本側はすぐに「未来志向で」と言うけれど、それは傷つけた側から言う言葉じゃない。失礼極まりない。もし自分の祖父が虐殺されていたり、祖母が慰安婦にされていて、その国から「いい加減過去より未来の話をしましょうや」と言われたら、果たして孫の自分はどう思うか?そう置き換えることはそれほど難しいことでしょうか。これはかねがね思っていたことです。自虐だろうがなかろうが、私たちはまず謝罪の気持ちを持たねばならない。それだけの酷いことを、私たちの国はやったのだから。
道徳の時間に愛国心を教え込むのも結構ですが、その前にまず、相手の立場になって考えられるよう教えるのが先。真摯に反省できる人間は、自虐的どころか本当の大人になれることを教えるべきです。
Commented by 愛知 at 2015-03-17 04:48 x
ひとつ前の旅券のビザだと99年1月ですが、村山談話よりも前だったので、見つけられないその前の旅券のときだったかと。日本に出稼ぎ中、事故死された50代韓国人男性のご遺族と示談交渉のため訪韓。釜山に数名遺されたお子さん、そのお子さんの一部を養育されておられた元配偶者とお会いして、請求権者一本化のための委任状の取り付けと、18歳の末子さんの後見人の選定(日韓の成人年齢の差から)、現地の裁判所で認めてもらうというような、いわば死亡させ勾留中の加害者の代理でした。在日本韓国領事館で本当のことを説明、ビザの請求をしたところ前例がないと却下され、3時間の話し合いで入国目的は「その他」となりました。役人根性はどこでも同じだなと。ソラボルというビジネスホテルでご遺族数名と面談。長男は精肉卸業の方で、日本で言えば魚河岸の大将。威勢がよくテーブルに灰皿を叩き付けられました。詳細は省きますが、亡くなられた韓国人男性には微塵の落ち度もなく、ご遺族の立腹は当前。ご遺族の代理人も強烈で、日本語は堪能、旧日本軍の軍人で、戦後は米軍関係の仕事をされていると。身長180の私より一回り大きな方でした。長時間の話し合いの末、代理人から侵略責任を追及されたため、ソラボルのエントランスで土下座し、祖父、父がご迷惑をおかけした罪について土下座。私も若く、演技などではなく本心からの行動でした。代理人は祖父、父の代の非礼を引き継い詫びたことは立派という評価となり、目的はあっけないほどに達成されました。翌朝、日本に報告したところ、稟議も揚げずに土下座したことを責められ、業務命令違反ということに。この件はスピード解決でしたが、やはり業務命令違反に。通訳は5社以上、断られました。その後、同じような仕事で何度も訪韓。繰り返し個人的な小さな話で恐縮です。謝罪した後に交渉が当然。安倍は祖父の罪について土下座して謝罪すべき。韓流ブームも嫌韓ブームも下々の実務者には無縁です。
Commented by いちご at 2015-03-18 14:58 x
憶測ですが客観的に今の日本の現状を見ると反中嫌韓にする事で得をする何か大きな勢力が資金を出して世論操作しているように思います。特にネットではネトウヨを中心に反中嫌韓が叫ばれていますが、大半がネット工作会社のアルバイトにしか見えませんから資金を出してでも日本が中国・韓国と平和的な関係では都合が悪い人が居るのではないでしょうか。また同様に隣国では反日の世論操作がされているでしょう。またリベラルな方々には嫌がらせなどされる事も推測できます。先日他の記事に湯川さんブログの権力者との写真と鳩山さんクリミア訪問の一件から政府・マスコミ・ネットはいつも同じ方向に世論を煽る事を述べさせて頂きましたが反中嫌韓も同じ状況な訳です。一般的な日本国民であればこの事実を認識した上でマスコミやネットを利用しないと危険です。と言うか既にドップリ洗脳されていると感じますので目覚めるべきです。テレビのニュースではゴシップ的な話題は長々報じられ、呑気な芸能・食・流行などの話題で目眩ましされ政治ネタは一瞬で終わる。注意して観察すると中でもZEROは酷い。番組が始まる11時から前半はゴシップ呑気ネタ。スポーツを挟んで番組終了間際に政治系の話題を一ネタ数秒で報じる。知られたくない話題はみんなが寝た頃に短くコソッと。巧妙に平和ボケになるように仕組まれていますので、普通に生活していたら気づかない。私の場合イスラム国事件が切っ掛けで不信感を抱いて今に至ります。様々な事を調べれば調べる程呑気に生活してた私は背筋がゾッとしました。今更そんなの常識だよと思われる方も居ると思いますが大多数の方が気付いてない訳で一人でも多くの方に気付いて頂きたい。もし誰かが去年までの私に現状を言ってきたら「またまたぁー!わっはっは!」で終わったかもしれませんが日本や世界の歴史、今の世界の流れなども学び直し、知人・友人に言ってみました。大抵の人が今の日本は何かおかしいと言い現状を伝えるとみんな私同様ゾッとし真剣に聞いてくれました。今は明治時代とは違い誰でもネットで様々な情報を仕入れる事が出来ますので、ご賛同頂ける方は身近な方と「今のおかしな日本」を話題に老若男女問わず会話して頂きたい。おそらく鳩山さんは批判という形で一斉に話題になる事を計算の上、それを利用し洗脳発言したのだと思いました。一人でも現状に気付く人が増える為に。
Commented by いちご at 2015-03-18 14:59 x
※つづき
話がずれましたが最後に。本来であれば、常識的に考えても隣国には過去の過ちは謝罪しそれぞれの国の特性なども踏まえた上で上手にお付き合いし友好的な関係が築かれるべきだと思います。そうしないならば大きな勢力が戦争したいのだと思います。


カウンターとメール

最新のコメント

論駁一刀両断、見事なり!..
by 駄夢 at 15:41
浜矩子さんや宮前ゆかりさ..
by 長坂 at 20:26
記事で引用された山口二郎..
by 愛知 at 22:33
1983年っていうのは、..
by 目黒駅は品川区 at 14:09
ここまで来たら、暴力を行..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 21:26
今、自民党に投票している..
by 中選挙区で多様性を at 23:59
米国で小選挙区制を導入し..
by Runner at 07:27
何主義であろうと、あ..
by 七平 at 11:34
ロシア革命から100年、..
by 長坂 at 23:42
いつも拝見していますが、..
by takahashi at 16:01

Twitter

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング