復興したのは東京だった - 被災地を置き去りにした4年間の土建バブル

c0315619_1827401.jpg震災から4年と言いつつ、風化が進んで無関心になっていることを感じる。NHKは番組で上っ面だけ追悼ムードを演出しているが、国民の気分と関心は、津波災害からも原発事故からも驚くほど離れてしまっている。前回の記事で、3/8のTBSサンデーモーニングに小言を垂れた。私はてっきり関口宏が被災地に出て、気仙沼なり石巻なり、あるいは福島第一原発近くの屋外から中継するものとばかり考えていた。関口宏と橋谷能理子の二人が揃って東京のスタジオから出演したのは意外だった。今週のカレンダーは追悼と回想の期間であるはずだ。週明け、昨日(3/9)発売されたAERAを見ると、「今の勉強ではもう通用しない」のコピーが表紙に踊り、教育と受験の特集になっている。週刊朝日は本日(3/10)発売のはずだが、新聞に広告が載ってなかったのは、大学の合格発表の特集のため日程を遅らせたからだろうか。週刊誌は売らないといけない。大衆の生の関心を逃さず捉え、市場の需要に合致した商品作りに徹することが求められる。商売の論理に正直なAERAの編集を見ていると、大衆の関心が4年前の震災にないことが察せられる。率直なところ、私自身もその例外ではないのだが、心のどこかにその態度は倫理的に不純だと感じる意識があり、風化への生理的な嫌悪と反発が起きて、震災から4年の意味を掘り下げようとする思考に導かれる。



c0315619_18275150.jpg震災直後の写真の数々を見ていると、否応なく心は4年前に引き戻されるし、筆舌に尽くせない大きな悲劇が起こったことをあらためて痛感させられる。また、心を揺さぶられる大きな勇気と感動のドラマがあったことも、立ち合った者は思い出さなくてはいけない。言葉で言い表せない大きな悲劇と不条理、そこに言葉をあてがうことを、十分にやってこなかったわれわれが、4年経った今、中途半端なままの課題も放り出し、赤信号を皆で渡るように風化現象に順応し埋没するのは、どうにも心苦しく抵抗を感じることだ。左翼リベラル方面のTwを見ると、昨日(3/9)から今日(3/10)にかけて、訪日したメルケルの話題で持ちきりになっている。メルケルが安倍晋三の歴史認識にクギを刺してくれたと手を叩き、欧州の指導者の良識と知性に感銘の声を上げている。朝日の紙面も、2面、6面、10面(講演全文)、11面、14面(社説)、38面と特集で埋められている。別に悪いことではない。講演に招待したホストの朝日としては、この総力報道は当然のことだろう。だが、左翼リベラル方面の喝采と溜飲は、何か一過性のネタ的で、井戸端会議風の空疎な感じがしないでもない。この界隈のTwの話題や議論というのは、まさに風が流れるように「つぎつぎとなりゆくいきほひ」の漂流と堆積なのだ。問題意識の持続性がなく、検証と内省の契機がなく、マスコミと同じく一瞬で風化する。

c0315619_1828137.jpgTwのせいなのか、ネットのせいなのか、グローバル資本主義のせいなのか、よく分からないが、何もかもが風化しやすくなった。出来事の記憶が弱くなり、事件経過の整理が疎かになり、忘れやすく移ろいやすくなっている。川崎中1殺害事件の記事を書き、少年犯罪が凶悪化し多発化しているという主張をして江川紹子への批判に及んだ際、書きながら、あの名大生の事件(逮捕)が1月末だったという事実に気づいて愕然とさせられた。もっとずっと前のことのように、少なくとも3か月くらい前の事件のように錯覚していたからだ。すると、2月初めの中村桜州のことも忘れてますよね、という意味のコメントがあった。はて、中村桜州って誰だっけと不覚にも刹那きょとんとしてしまった自分がいて、恥ずかしながら二度も狼狽する顛末になった。風化しやすくなった。風化にSNSが関係し影響していることは疑いない。日本のSNSは、4年前の震災と原発事故を契機に市場を確立させ、生活習慣として定着したが、そのSNSが、震災と原発事故の記憶の風化に一役買っている。今の人々の意識は、マスコミの奴隷以上にTwとLINEの奴隷だ。中毒患者のようにTwにへばりつき、刻々と流れるTLに精神を拘束されている。論理と理性で検証と意味づけをし、一つ一つの事件を概念整理して格納するのではなく、TwのTLの漂流に任せ、テレビの映像でイメージし、マスコミの撒くセンチメントで観念を染めて先へ流している。

c0315619_18281241.jpgマスコミ報道によると、2011年度から2013年度までに計上した復興予算25兆円のうち、何と9兆円が未消化で使われおらず、そのことが繰り返し言われている。その理由について、資材価格の高騰と工事人員の不足が指摘されている。一般論として、この説明で間違ってはいないだろう。だが、マスコミや政府が言う工事集中による資材価格の高騰と人員不足という問題は、単純な市場経済の自然現象として受け止めてよいのだろうか。人災の側面はないのだろうか。特に東京に住む者は、この現実について何も倫理的な内面の呵責や痛痒を感じることなく、需要と供給のバランスの問題だから仕方ないと、そういう認識と納得で済ませてよいのだろうか。土木工事の資材と人員という問題に注目してネットを検索すると、幾つかの容易ならざる情報に出くわした。地上52階の虎ノ門ヒルズが完成開業したのは、昨年6月のことだったが、祝賀式典に出た安倍晋三を喜ばせようとしたのか、NHKのNW9がアベノミクスの宣伝の文脈で大きなニュースとして賑々しく放送した。総事業費2340億円。大林組が手がけた巨大ビルは2011年4月に着工して2014年5月に竣工、3年で建っている。この再開発に合わせて都は地下にマッカーサー道路のトンネルを掘っていて、日経の記事では1.4キロ区間の事業費は2700億円とある。森ビルは、今後10年でさらに1兆円を投資して港区内の大型開発を進めて行く方針なのだそうだ。ビルは2011年から2014年の間に建った。

c0315619_18282394.jpg蒼井優がCMで宣伝している三井不動産の日本橋再開発は、コレド室町2のビルが2011年11月に着工して2014年4月に竣工、コレド室町3のビルが2012年8月に着工して2014年1月に竣工。施工者は清水建設。今後、三井不動産は日本橋と八重洲で再開発を進め、2017年からは6000億円を投じて東京駅八重洲口に地上50階の超高層ビル2棟を建てる計画だと言う。日本橋がおしゃれな街に生まれ変わったのは、本来、東北の被災地復興に回さなくてはいけない資材と人員を、大手不動産とゼネコンが日本橋に集中させたからだった。三菱地所の丸の内再開発の後、われもわれもと不動産屋と土建屋が東京の再開発に熱中している。日本橋は三井不動産、虎ノ門は森ビル、渋谷は東急不動産。どれも80年代の堤清二の手法を猿真似して規模を大きくしたものだ。バブルの臭いがプンプンする。総事業費1000億円の渋谷ヒカリエが建ったのは2012年3月、東横線と副都心線が繋がってテレビで宣伝したのは2013年3月だった。東武による押上のスカイツリーの完成開業は2012年2月。東日本大震災後の4年間、東京では名所となる新しいランドマークが幾つも誕生し、東京の景観を変えて行った。「アド街ック天国」の説明では、2020年の五輪に向けて東京の再開発の勢いはさらに拍車がかかっていて、豊洲市場、新宿駅南口、目黒駅東口、田町駅東口、六本木一丁目、泉岳寺JR新駅など枚挙にいとまがない。丸の内に隣接する大手町一帯での絢爛豪華な新ビル建設のラッシュもなお続いている。

c0315619_18283599.jpg大型の土建プロジェクトは地上だけでなく地下でも行われていて、中央環状線の大橋JCTー大井町JCT間9.4キロが開通したのは4日前の3/7のことだ。総事業費3100億円。工期は7年半で、半分の4年間が震災後の4年間と重なっている。多くの資材と人員が投入されたことだろう。この4年間、東京での道路建設や高層ビルの工期が遅れ、完成が延期されたということはなかったはずだ。どのプロジェクトも、予定どおり計画どおりに進捗している。それは要するに、ゼネコンが発注した資材と人員がそのまま調達され、工事現場に投入されたということを意味する。東京の景観を変えた4年間の土建プロジェクトは、都の予算で賄われていたり、国の補助金が入っていたり、割合の大小にかかわらず税金が使われていて、公共工事の性格を持ったものがほとんどだっただろう。本当なら、この国の4年間の土建工事全体に投入される有限の資材と人員を、被災地の復興を最優先にして、東北の現場に回さなくてはいけなかった。震災復興が政策の最優先課題であるということは、2012年の衆院選でも2013年の参院選でも同様に言われ、党派を超えた共通の選挙公約だった。国民の合意として念押しされた政策原則だった。東京の道路建設も、東京の街の再開発も、後回しにしてよく、そこに政治権力が介入してゼネコンを指導し、資材と人員を東北に送りこむべきだった。国交省の省令か、大臣示達か、内閣の閣議決定か、国会での法律か、法令形式はともあれ、土建工事の資材と人員の配分に着目して行政介入するべきだった。

3.11から4年、被災地を置き去りにして、街全体がピカピカに「復興」したのは東京ではないか。さらに、被災地の復興を阻害し、そこに資材と人員が入るのを抑止しているのは、2020年の五輪開催で新規の土建プロジェクトを氾濫させている東京ではないか。復興したのは東京だった。復興したのは、バブルのときの土地転がしで巨額の不良債権を発生させ、20年前のバブル崩壊で一度は破綻して瀕死となったデベロッパー資本、不動産屋と土建屋だった。どこまでも国民の税金を食いものにして。


c0315619_18293239.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-03-10 23:30 | Comments(21)
Commented by NY金魚 at 2015-03-10 21:11 x
悪魔の国からオニの国のあなたへ! 
四年前の原発事故直後に、田中優が「7年後から、子どもから順に倒れていきます」と淡々と話していたが、その時はまさかこんなに無責任な国とは、考えもしなかった。それでも「それからではもう遅いのだ!」と海のむこうから叫びつづけているが、4年が経ち、なにも進展しないままに、反原発の同志と臍を噛む。

司馬遼太郎が、明治憲法のもとで「統帥権」が鬼っ子のように生まれ、軍部の暴走を招いたことを「鬼胎」(鬼の子を孕む)と書かれたが、明らかに新しい鬼っ子がその国の主導権をとりはじめた。政治の不毛には違いないが、ひょっとしたらそれはあのいやらしい為政者たちではなく、国民みんなの心のなかに生まれてしまった「鬼」かもしれぬ、と思いはじめている。
Commented by カプリコン at 2015-03-10 22:22 x
〈震災直後の写真の数々を見ていると、否応なく心は4年前に引き戻されるし、筆舌に尽くせない大きな悲劇が起こったことをあらためて痛感させられる。〉

震災後の3月に沿岸地域の避難所になっている学校にボランティアに行きました。津波から命からがら逃げたおばあさんの話や、震災直後、家庭とも連絡が取れなかったためほぼ全校児童と一晩過ごした先生方の話し、涙を溜めながら「この人亡くなったど、さっき見つかったど。」と安否情報の張り紙を見にきて話してくれたおばあさん。家の中に突っ込んだ車、道路に打ち上げられた漁船、跡形もなく壊れてしまった家々、避難所で朝から寝るまでずっとおんぶやだっこをせがむ幼い子どもたち。避難所での人々の姿や被害の様子が頭から離れなくなり、震災の年は、ほぼ毎週末、ボランティアバスに乗り沿岸地域に行きました。でも2年目は2、3回行き、3年目・4年目は1回も沿岸地域にすら言っていません。

岩手県の教育現場では全県をあげて復興教育をする取り組みがなされています。風化させないようにと副読本も作っています。それでもやはり内陸の学校と沿岸の学校とで温度差があります。私も沿岸地域の深刻さは実際にいったので想像はできますが、人々の生活の切実さは実感としてとらえることができないでいます。

盛岡から新幹線で東京に行くより陸前高田や久慈に行く方がずっと時間がかかります。岩手県は本当に広いです。今月、7日ようやくJR山田線の復旧工事の着工式があったそうです
Commented by ロシナンテ at 2015-03-10 23:28 x
あの震災の日、工場から4時に帰宅指示がでた。
電車は止まっており、金沢文庫から浦賀まで自転車で帰った。
約5時間、歩いて帰途に向かう群衆と一緒に帰った。
夜7時には、浦賀半島全体が停電状態になった。
全ての灯りが消えた街並みの中、道を歩く群集に、
核爆弾が落ちた後に避難行列する群衆、なイメージが重なった。
山の中での真の闇も経験してるが、都市全体が真の闇に包まれた空間は
今でも異常な世界だったのを覚えている。

東京にも同じ緊張感を味わわせてやりたい、

震災翌日から始まった原発報道が、
わずか1週間で通常営業に戻った東京TVキー局に心底怒りを覚えた。
計画停電の枠外に置かれた東京が許せなかった。

少し位の放射線で東京人がガタガタぬかすな、と思う。
培養シャーレの中で生活してる東京人が、
根拠の無い特権意識を持ってるのは事実である。
Commented by ふ~ at 2015-03-11 07:12 x
東京って、その期間そんなに開発されていたんですね。震災地が後回しにされているのが現実だとは知りませんでした。素敵になっていく東京をみるのは、心躍るけれど、震災地のことを考えると、やはり同じ日本人としてはまずは震災地の復興を第一にしてほしい。

それに近年東日本だけではなく、あちこちで自然災害があって、避難所で暮らしている人がいる。困っている人、苦しんでいる人がいる中で、同じ日本に住んでいてどうして幸せになれるんだろうか。明日はわが身かもしれないのに。

一方で苦しむ人、一方で浮き立つ人。
日本が、躁鬱状態で健康に成長するわけないじゃないか。
Commented by まゆ at 2015-03-11 09:38 x
東北に住んでおられる人々のお気持ちは理解しようと思うけれど、本当に自分は分かっているのか?いつももどかしさに苛まれる。安倍晋三は、今日新たな支援の枠組みを.....と発表したが、またほら吹きが始まったと思った。こんなに嘘をつきながら平気な顔をしている事に呆れ果て怒りがこみ上げる。祈る事しか出来ない私。その歯がゆさが正直政府への怒りに向かっている。
Commented by インコ at 2015-03-11 10:41 x
アベノミクス「第2の矢」も2020年東京五輪への準備とともに、首都圏集中となりそうですね。
「第1の矢」金融緩和でも、実感できたのは富裕層(特に首都圏の)が主で、今後は地方へも波及させると言っていますが、最優先課題の被災地復興がおざなりでは、まったく信用できませんね。
『国民のことを考えている』と言いながら、国民というのは自分と関わりがありかつ自分への見返りがある人のことだけで、『日本のため』と言うのは、自分が見ている範囲のことだけみたいですね。

Commented by インコ at 2015-03-11 10:55 x
先のコメントに大事なひと言を忘れました。
大きくなったツケを払うときだけ、その『国民』の中に、それまでは眼中になかった『その他大勢』を含めるんですよね。
“ 預金封鎖 ”ですか? ああ、恐ろしい!!!!!
Commented by at 2015-03-11 17:50 x
福島県にいると、復興という言葉を耳にしたくなくなります。他人も自分も騙し、滅ぼす言葉です。放射能が基準値以内なら安全だという悪魔のような言葉も、誰の口からも聞きたくありません。嘘のデータも。
既に私の周りから沢山の人々が、年齢にあわぬ病をえて永遠に去っていきました。
目をそらしても、死からは逃れられません。
私もあの頃、居てはいけない外におり、見えない匂いのない放射能プルームに包まれ、飲んではいけない水を飲み、食べてはいけないものを食べ、吸ってはいけない空気を吸ってしまいました。
それが取り返しのきかない事だったと、やがて死に至る病になってから気がつきました。
汚染地帯から離れても、もうもとの身体にも生活にも戻れません。
これから出来る事は、この事を出来るだけ多くの人々に語るだけです。
東京の復興も偽物です。目をそらすのをやめ、少し調べれば、絶望的な現実が見える筈です。
今も出続ける汚染された空気、水、雨、食べ物…西の果てまで広がっています。
どうかすべての人々が、はやく気がついてほしいです。
時計は止まってなどいません。
取り返しのつかない未来に向かうのをとめてください。
Commented by 農家 at 2015-03-11 19:21 x
この4年間は肺がんが死因のトップ
それまでは大腸 胃がん
300km前後までは爆発時 全核種が凄いレベルで飛散しました。計測不能
自分は2011年春 白血球異常 鼻血半年
300km前後の親戚1人寝たきり、3人不調

いずれ日本中住めなく成ります。
経済破綻か環境放射能汚染
Commented by まゆ at 2015-03-11 19:51 x
芽さんの悲痛な叫び声が、政府に届いているのでしょうか?この地獄のような現実に目を向けて欲しい!怒りが頂点に達しています!許せない!本当に許せない!でもどうすれば良いのか、どうすれば良いのでしょうか?
Commented at 2015-03-11 21:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by シンプル at 2015-03-12 01:41 x
福島だけでなく、日一日と日本は目に見えない放射能に汚染されています。『アンダーコントロール』とほざいていた馬鹿総理…。総理がアメリカにコントロールされてんじゃねぇか!
既に環境破壊がされているにもかかわらず【再稼働】を連合する馬鹿安倍晋三は人間じゃない。
早く死んでくれと願う日々だ。
Commented by serenatalouvre at 2015-03-12 11:15 x
茅さん、農家さん、許してください。 私たちはこの60年弱の間に、こんな小さな日本に54基もの原発を建設してきてしまいました。 いわゆる繁栄と明るい未来のために。 全部嘘でした。犠牲になった数十万のあなた方を見て、いまだに反省しない政府、そして国民でさえも長いものに巻かれています。オリンピックも返上し、あらゆる公共事業を凍結して被災地復興と、被害に遭われたあなた方へのせめてもの手厚い永劫の支援に、国は舵を取らなければなりませんでした。

私は東京在住です。福一の爆発、ベントのあと、文科省がスピーディを止めてしまいました。知人に妊婦も乳幼児も多かったので、ネットで海外の情報を探り、ヨーロッパの国の気象庁のスピーディにたどり着き、放射性物質が少なくとも一日に一度は関東方面に流れていることを知りました。

知人に警告しても時すでに遅く、7月に産まれた子供には明らかな障害があり、一年後に手術を余儀なくされました。

茅さん、農家さん、どうぞ心が折れませんように。 このブログ主さんは、何度も心を折られ、傷だらけになって、闘っておられます。

非力ながら、私たちは声をあげていきます。
Commented by エドガーアランポー at 2015-03-12 14:47 x
ツイで、スピーチした女性を称えておられましたが、彼女について鬼女板にスレが立っています。そちらも参考になさったほうがいいでしょう。嫉妬や僻みではなく、それなりに客観的な意見がありました。彼女はおぼかたのように悪事を働いたわけではありませんが、少し気になります。
Commented by serenatalouvre at 2015-03-12 16:45 x
海外の友人から先ほど届いたメールです。
’Yesterday we saw the ceremony for the Tsunami tragedy and we could see how Abe can tell lies! The emperor expressed his pain sincerely but not Abe (we could see from the expression of his face!) We hope the Japanese people will soon understand what Abe really is, before it is too late. '
Commented by dolphin at 2015-03-12 22:48 x
安倍首相は税金の使い方を間違っていますよね。
側近も日本政府も、もっと国民の立場に立って考えて頂きたいです。
日本政府は日本国民をもっと大切にして頂きたいです。
外国から良く見られたいなどという欲を捨てて頂きたいです。
やるべきことをきちんとする、これが一番大事です。

うちは計画停電の地域に指定されていましたが、
準備して構えていたのに1度も停電はしませんでした。
少し離れていた所に、大手銀行の電算センターがあったからだと云われています。
日本政府は計画停電を経験せず、庶民感覚も理解できないようです。
日本が北朝鮮みたいな国にならないことを祈ります。
Commented by zzpenguin at 2015-03-13 02:17 x
自分の勤務先の入っているビルの名前も出ているだけに、余計に東京の「原罪」の深さを感じる・・・。
そもそも福島に東京の電力を賄う原発があったこと、事故によって生じた汚染土を福島(等)に集積しようとしていること、その根っこには福島をはじめとする東北地方や、沖縄といった地域を一種の「植民地」「属国」としてみなしている意識が潜んでいるのではないかと感じる。地方出身者の僻みと言われればそれまで。しかし、地方出身者だからこそ見えてくるもの、感じるものがあるのも確かだと思う。
Commented by 東京湾岸部の千葉だって at 2015-03-13 14:21 x
東京まどなりの浦安は、復興したのはディズニーエリアだけです。あちらは公共事業ではないから早く復興できたのです。
舞浜、新浦安の住宅地は4年前から時間が止まっているところがまだまだあります。
公共事業は落札から契約までものすごい時間がかかり、3年目に入ってやっと住宅地の下水管補修にとりかかってるのです。
福島ももちろん最重要課題ですが、
優先順位が下がった浦安や茨城が、すっかり風化されてしまい、さらにはこの記事をよんで福島が酷いんだから東京が贅沢してるんじゃないという、震災問題を福島ピンポイントでしかTwしない輩がでてくることに憤りを感じます。

Commented by りんりん at 2015-03-13 16:51 x
いつも拝読させてもらっているのですが
記事を読むたび主様の洞察力には頭が下がる思いです。

「被災地の復興」と大声を上げながら、肝心の金、資材、人員は東京に回す。
この矛盾は同じ日本人としてただただ呆れるばかりです。

弱者ばかりが傷ついていくこの国をどうしたらいいか。
それにはやはり国民のひとりひとりが声を上げていく事が
大事なのではないでしょうか。
Commented by まゆ at 2015-03-13 19:34 x
皆さんがおっしゃる通り、1人1人が声を上げてゆく!大事な事ですね!私は無党派ですが、公明党の方に自民党の暴走を止めて憲法9条は絶対に絶対に改正しないようにと念を押しておきました。ラジオでも自民党寄りの発言があると苦情で電話をしています。小さな声でも集まれば大きな力になると思っています。平和の為に。
Commented by 佐藤 at 2015-07-14 12:59 x
良い記事ですね。
嫌いな部類に入る某経済学者がこんな趣旨の指摘をしています。
・災害にあったとき、お互い様の精神で支えあいがなければ復興など出来ない。
・このまま東京一極集中が続き、地方が疲弊する中で東京で大災害が発生したときに、被災者を支えられる人が存在するとは限らない。
・災害大国の島国であることを前提とした経済効率の追求でなくては意味が無い


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング