安倍晋三の政局勝利 - 後藤健二美化に耽溺して政局を忘れた左翼

c0315619_1751998.jpg 「イスラム国人質事件」は明らかに一つの政局だったが、どうやら安倍晋三の勝利に終わりつつある。昨日(2/9)、マスコミ各社によるこの事件に関する世論調査が発表された。NHKの数字では、この事件での安倍内閣の対応について、「評価する」が51%、「評価しない」が42%の結果となっている。内閣支持率は先月より4ポイント上がって54%になった。テレビ朝日の数字では、「政府の対応が適切だった」とする回答が37%、「適切だと思わない」とする回答が27%となった。内閣支持率は、先月よりやはり5ポイント上がって51%になった。NHKとテレ朝が、ほぼ同じ世論調査の結果を出した。詳しく言うまでもなく、NHKはこの問題で必死で安倍晋三を擁護する報道に徹してきた局であり、逆にテレ朝は舌鋒鋭く安倍晋三を批判し政府の責任を追及してきた局だ。結果が同じになっていることを見て、不自然にも思うし、裏に官邸からテレ朝への圧力が働いて数字が操作されていることは十分に想像できるが、こうして放送で公表した以上、数字は数字であり、世論は世論である。既成事実が固められたのであり、簡単に言えば、報ステ(古館伊知郎)は敗北したのだ。昨夜の報ステのスタジオは、秋風五丈原の空気が微妙に漂っていた。機を合わせて発表された川内原発の問題のBPO意見書を受けて、惠村順一郎は引責降板の仕置きになるかもしれない。



c0315619_175336.jpg週末(2/7)、他社に先駆けての読売新聞の世論調査の発表があり、自己責任論が強調される結果が出ていて、何やら不吉な予感がしていたが、NHKとテレ朝の世論調査でだめを押された感がする。またしても敗北。あれほど古賀茂明や金平茂紀が毅然と論陣を張り、安倍晋三の人質対応の失態を糾弾する正論を吐いたにもかかわらず、世論はその正論に頷くことなく、安倍晋三の言い分に与し、「自己責任」と「テロとの戦い」に軍配を上げる顛末となった。古館伊知郎や惠村順一郎からすれば、やんぬるかな(已矣哉)の落胆と無念の心境だろう。こちらも歯噛みの気分だ。世論調査の形で「総括」を出され、事件を幕引きする流れが固まり、国民の注目と関心も「イスラム国人質事件」から離れる傾向を見せている。Blogへのアクセスも先週の半分以下となった。結局のところ、安倍晋三が人質対応の疑惑追及を押し返し、官僚のプチ造反を鎮圧し、マスコミの反対分子を制圧して、さらに強力な独裁体制を固める結果となったと言える。逆境だったはずのこの事件で、支持率を5ポイントも上げる焼け太りとなった。このことは、間違いなく、今後国会で審議される安保法制の攻防に影響し、自衛隊の海外派遣の恒久化法や、スパイ防止法の制定やJ-NSAの創設という流れが作られていく条件になるだろう。

c0315619_1754416.jpg安倍晋三にとっては、意外な奇貨と天佑と神風の環境整備となった。どうして、このような政治的結果になってしまったのか。それは、結論を一言で言えば、安倍晋三を追い詰める中核部隊とならなければいけなかった左翼が、後藤健二美化の束(fascio)の中に埋もれ、ひたすら後藤健二を崇拝するプロモーション・イベントに漬り、思考停止に陥って政局を忘れていたからだ。これは政局だった。衆院選の後、予期せず好機到来した政局であり、事件(動画公開)が発生した1/20の時点で、「奇貨」はどちらの手に転ぶか分からなかった。否、十中八九、安倍晋三に不利な展開に転ぶことが確実な、政権に命取りの打撃を与えると思われる偶然の政局の出現だった。繰り返すが、イスラム国は11月に後藤健二の妻にメールを送りつけ、身代金を要求していたのであり、外務省はその交信に対応して、イスラム国と安倍晋三との間で右往左往していたのだ。何度も繰り返すが、妻が一存で当該相手に返信などできない。イスラム国に日本人が人質になったという事実とそれへの対策は、国家の安全保障上の重要事項であり、だけでなく、同盟国である米国に即座に通報して認識を共有しなくてはいけない問題だ。イスラム国に返信した文面は、すべて安倍晋三の指示と裁可の下での外務官僚の文責であり、安倍晋三は11月からの経緯を全て知っている。

c0315619_1755711.jpgそしてまさに、われわれにとっての奇貨と言うべきか、1/20の直後に、事情を知る「政府関係者」が匿名リークの証言を始め、安倍晋三にとって決定的に不都合な情報をボロボロとマスコミに流し始める事態が起きた。マスコミにリークができる外務官僚というのは、かなりの大物幹部で、平職員や中間管理ではこんな真似はできない。最近は絶えて無かった、官僚の安倍晋三に対する造反劇だった。ところが、その一方で、政府とマスコミは、毎日毎日、後藤健二を聖人化するキャンペーンを繰り広げ、神格化の情報と言説を洪水のように流し、後藤健二を英雄にし神に祭り上げる刷り込みを重ねて、後藤健二をアンタッチャブルな存在にすることに成功した。神となった後藤健二に対して、その疑惑を追及することは困難になり、昨年の10/22-10/29の一週間の行動の謎に迫る者はいなくなった。特に、後藤健二の母親がマスコミに登場して以降は、(これまた奇貨たる)その反原発と平和主義の言動で、左翼は彼女を救世主の出現のように昂奮して歓迎するようになり、左翼が率先して後藤健二の神格化のムーブメントに拍車をかける構図が出来上がる。本来、検証の対象になるべき後藤健二は、左翼の絶対神として聳立する(子どもと平和と博愛の)シンボルとなり、後藤健二とその身辺への観察と検証は左翼が体を張って阻止する政治となった。政府とマスコミの思う壺に嵌まったと言える。

c0315619_176844.jpg事件の謎は、後藤健二と外務省とのパイプを明らかにし、昨年の後藤健二の潜入行に関与した人間を洗い出すだけで見えてきたはずだ。だが、世間は後藤健二への賛美と崇拝で一色となり、事実過程を冷静に分析する理性を完全に失っていた。左翼は、後藤健二への美化に耽溺して自家中毒の状態となり、これが政局だということを完全に忘失した。事件が1/20に発生し、この政局が終わったとき、われわれは、内閣支持率を5ポイント下げて40%にしなくてはいけなかった。ところが、政局を忘れた左翼が政府とマスコミのキャンペーンに狂躁したために、有効な追及ができないまま時間を無駄にし、安倍晋三に巻き返され、内閣支持率を逆に5ポイント上げる最悪の始末になってしまった。巷間、この事件で安倍晋三の失態は三点あったと整理されている。(1)11月からイスラム国の身代金要求を受けながら対応を放置していたこと、(2)人質を取られているのに中東へ行ってイスラム国を挑発したこと、(3)現地対策本部をトルコではなくアンマンに置いたこと、である。野党と(反安倍の)マスコミはこの3点を衝いて攻めたが、管見を言えば、(2)と(3)は決定打になるものではない。急所にあらず。(2)は確かに問題はあるが、イスラム国側が巧く口実に利用した面があり、安倍晋三を支持する保守派には批判の説得力として効かない論点だ。急所は(1)なのだ。嘘の説明で塗り固めている11月からの対応の問題こそアキレス腱だった。

c0315619_1761930.jpg野党の国会での追及も、単にポーズだけで、まともに論議で安倍晋三を屈服させようとする気迫もなく、答弁の進行で矛盾を露呈させて立ち往生させる戦略が設計されてなかった。何と言っても、国会質疑での追及に欠かせない爆弾(暴露情報)の仕込みがなかった。マスコミ論者が番組で垂れている安倍晋三への批判の一般論を、国会の場でそのままコピペして反復していただけだ。知恵も工夫もなかった。これでは内閣支持率が下がる政治にはならない。どうして爆弾を仕入れようとしなかったのか。外務省とNHKに手を回さなかったのか。安倍晋三の首獲りに出なかったのか。おそらく、原因を推察するなら、そこに聖化された後藤健二のシンボルがあり、それが障壁となって躊躇した可能性が考えられる。10月と11月の経過の解明は、否応なしに後藤健二のシンボルの失墜に繋がる。後藤健二が政府のエージェントだったという真相が浮かび上がる。共産も民主もそのタブーに切り込むことは全く考えず、表面的な安倍批判 - 3点の失態の指摘 - を軽く言うだけで、事件の真相に迫ろうとしなかった。11月に妻の対応窓口をしていた外務省の職員の名前を聞き出さなかった。10月からアンマンに置いたという「現地対策本部」の報告記録を提出させようとしなかった。「現地対策本部」など嘘八百もいいところだが、11月にメールを受けた外務省が、身内を救うべく何らか動きをしていたことは間違いない。身代金を払おうと右往左往し、それを安倍晋三に妨害されていたのだ。

周知のとおり、官僚は法規と文書で動く生きものだ。常に自分の行動が法規と文書の上で正当化され、最終的に保護されるという確信がないと不安になり、その前提がないと素っ裸でいるような気分になる。つまり、官僚(外務官僚)は、11月からのイスラム国との交信と対応について記録を残している。その記録の中には、当然、安倍晋三の名前も登場するだろう。役所の文書らしく、日付と場所が入り、具体的な指示内容が入った生々しい記録があるだろう。山崎豊子の「運命の人」のように、その記録の写しさえ入手していれば、国会質疑の爆弾ハプニングで安倍晋三の首は飛んでいた。


c0315619_1763320.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-02-10 23:30 | Comments(22)
Commented by まゆ at 2015-02-10 18:31 x
安倍政権が支持率を操作しているはずです。国民やマスコミの意見を自分達で操作するなんてもってのほかです。私は諦めません。安倍政権を信じません。皆さんも声を上げて戦争反対!を叫び続けてゆきましょう!自分の名を残したいだけの安倍晋三に、この平和な日本を預けてはいけないとまた強く思います。
Commented by ロシナンテ at 2015-02-10 19:24 x
私の戯れ言を少し書きます。
この事件の本質はまさに(1)に有ったと考えています。
安倍は、やってはならない工作を仕掛け、それを踏み台にしようとした。
湯川、後藤が何者であるかなどは二の次で、人質を作らせ、いずれ公になるのを見越し、政局に利用しようとした。
思惑が外れたのは、1月20日、まさかこの時にばらされるとは考えていなかった。

脅迫声明を聞いた時、2億ドル、72時間とは現実的でないな、変だな?と感じてた所に安倍の演説から出た数字と分かった。
もう、その時に、これは交渉決裂後の最終声明だと直感しました。
そして、あちこち読んでいる内にこちらの存在を知った所です。

(1)を安倍は完全に塞ぎ込めたか?
いや、パスポート返納という強権発動は、安倍の手の届かない場所がある事を、安倍自身が知っているからだ。
IS側から人質交渉の詳細が出る事を、今の安倍は恐れている。

可能性はゼロではない。
海外ジャーナリストのコンタクトという手段もある。
英文ブログを拡散させ、IS側から言わせる手もゼロではない。

目的と手段を見失った安倍を、放置して済む事ではない。
Commented by はぐるべ at 2015-02-10 19:27 x
ブログを拝見し、ずっと違和感を感じてきた事件に回答の一例を見いだすことができました。そもそも選挙後にアベノミクスがほぼでてきません。憲法云々が出されたときに、狙いにやっと気づかされ、もちろんアベ支持はしていませんでさたが、選挙権をバカにされた感じで気分を害しました。これからもブログときおり拝見します。これから
Commented by mj22 at 2015-02-10 19:48 x
世論調査の数字はどの層に質問するか母数をどう取るかなど、いくらでも操作は可能です。
本当に多くの国民が政権の対応を支持していると思いこむ必要はないと思います。
政府から圧力がかけられている節が確かにあるなら、そう思っていない国民が無視できないほど居るからなのでしょう。
今回の人質事件について多少なりともネットで追った人なら、政府のやっている事に微塵も疑念や不信感、恐怖を感じない方が普通ではない。声をあげる勇気の出ない人がほとんどだと思います。ネトウヨは動員されて大声を上げてるから目立つだけです。blog主様の主張に無言でエールを送っている者がきっと大勢います。
Commented by あんそーる at 2015-02-10 19:50 x
何故野党は徹底的に追及しないのでしょうか。安倍の失政は計りしれなく大きいのです。今からでも遅くない。山本太郎氏にくらいついてほしいです。この大失態の責任をとらせないといけない。私は諦めません。必ず安倍が責任をとって辞任するまで。
改憲及び戦争は何があっても阻止しないといけない。そうならぬよう世論を喚起せねばなりません。
Commented by シンプル at 2015-02-10 20:00 x
このblog大好きです。世のニュースより判りやすく、今の日本に納得します。私達は冷静かつ常に疑いの眼差しでないといけませんね。

日本のテロリスト
安倍晋三!
Commented by 半覚醒状態 at 2015-02-10 21:12 x
世論調査の結果を見た時には、「あほかいな…」という気持ちと「やっぱりな。」という気持ちが同時に胸のなかで起こり、不快感と虚脱感が去来した。この国のかなりの数の方たちは、恰かも頭のなかが砂糖漬けにでもなってしまったかのようにその動向や思っていることが私には了解不能であり、それはまた安部首相の企てや背後の組織や真の中心人物の思惑が見えにくい事と似通っている。自分自身を振り返って、自らがこの状況下において何をすべきか、何が出来るかを真剣に考えないといけないなと。安易で短絡的でなく、それなりに効果的な方法… そんなものって、あるのだろうか。
Commented by tokyoletter at 2015-02-10 23:15 x
今の政権は,何事も,人を黙らせるだけの勢いをもって実行します.誰でも,悪行を<公然と勢いを持って>行われると,呆然自失になることがあります.その瞬間,無理やりに<傍観者>とされてしまいます.傍観者はこのようにつくられる.いまの世論調査は,その結果だと思います.自失から回復できれば,跳ね返せると思っています.

小泉や石原ほどのある種の愛嬌すら持たない,人間的魅力を欠いたヲタク男が権力を握る姿を見て,かつての左翼セクトのリーダーの姿に似たものを感じます.ノンセクト同士が意思疎通をして呆然自失ないようにしていることが大事だと思えてきます.この度の行動に感謝いたします.
Commented by 長坂 at 2015-02-10 23:19 x
取り敢えず11月にシンゾーが何をしていたか、首相動静をチェックしてみました。前半はAPECやASEANやオーストラリアG20。16日オバマと20日アブドラ国王と首脳会談。
ちょっとバタバタするのが23日午前0時に菅と西村内閣危機管理官が公邸に。25日は防衛省、公安、外務省欧州局長や飯島。
12月は14日迄選挙応援。15日キャメロン16アボット17オバマ18バイデンに電話。19日斎木や中東和平担当特使、中東アフリカ局長、国際情報統括官。やっと人質交渉やってますふうに。お暇でしたら、10月と1月もどうぞ、何かが見えるかもしれません。
Commented by てんてん at 2015-02-10 23:29 x
安倍氏は人間と言うものをひどく甘く見ていると思う。
ボクがこうすればこうなる、ボクがこういえばこう動く。
安易に考えているのではあるまいか。
危ういヒトであると思う。
国民はそれほどバカではないぞ!と思いたい・・・です。
Commented by NY金魚 at 2015-02-11 02:02 x
8日付けのNYタイムズの漫画:「ISISは日本の平和主義を捨てさせるか」 http://urx2.nu/hcYn
人力車<憲法改定>号に乗ったアベは、ISISをちらつかせ、日本国民である車夫を脅かしながら走らせる。アメリカから見てると、だれにでもこのように見えますが…
Could ISIS Push Japan to Depart From Pacifism?
After the killing of Japanese journalist Kenji Goto, President Shinzo Abe called for revenge.

Commented by tyabo at 2015-02-11 06:02 x
「ゴトウケンジは正義感溢れる有能なるジャーナリストだった」
オバマ大統領が速攻で哀悼の意の声明とは出来すぎではないかと思う
事件の経過も検証していないのにどうして断定できるのか?
アメリカ大統領は全能なんだろうか、
オバマ声明の真意を平たく言えば「オマエ等、政権の追究は程ほどにしろよ」と日本の国会議員に言っていると読みます、
小泉政権発足時疑問視する勢力がいる時「竹中平蔵を支持する」といったアメリカ政府偉いさんが居たけど、構図は同じだ、
政権を利用する勢力が言わせている、、
Commented by バンシルー at 2015-02-11 12:48 x
世論調査の結果を見て、気が重くなりました。
確実によくない行き先に向かっていそうな雰囲気なのに、運転手が強く明るく「大丈夫ですよ。ご心配要りません。この道は安全です!」と根拠はないが自信満々な顔で言うし、周りの客も大丈夫だろうという顔をしている。だからそのまま流されて乗っていよう。きっとこの先も悪い停車駅には着かない。そんなのあり得ない。だから深く考えてもしょうがない…はい、次いってみよう!!
と、これは例えですが、今の国全体の雰囲気がなんだかそんな風に見えてしまい、もどかしいです。

停車駅で降りてみて初めて「ヤバイ所に来てしまった!こんなハズではなかった」では遅いのです。
「正常性バイアス」「多数派同調バイアス」とかいう言葉があるようですが、心理的にそんな状態にあるように思えてなりません。

私はこのブログで、ニュースや新聞等を通して与えられる情報が本当に正しいとは限らないという事。また主体性を持ち自分で考え調べていく事が、いかに大切な事かを教えてもらっています。少し調べてみただけで、現政権が国民の幸せを願っているのではなく、自分の利得の為に国民を利用しようとしているというのがよく分かりましたし、世の中を見る目が一気に変わりました。
そういう意味では負けではなく、勝ちなのではないですか?今後もそういう人が増えて行く事が遠回りのようですが近道のように思います。考えるヒマを与えずに突き進めようとしている政権にとっては、問題提起する人、よくよく考えさせようとする人は脅威の存在かと。

これからも拝読させて頂きます。

「明日地球が滅びるとも
今日君はリンゴの木を植える。」

子どもじみた文章ですみません。
これからも応援しています!
Commented by うさぎ at 2015-02-11 16:47 x
総理が人質を見捨て、尚且つその死を政治利用する鬼の目論見はわかっています。だからこそこの総理に退陣していただかなくてはなりません。日本が再び戦争という過ちを犯すスイッチを入れようとする現政権は絶対に倒さなければなりません。ずっと批判していきます。
Commented by KISA at 2015-02-11 16:54 x
BS1で昨日放映されたドキュメンタリー「強いられた沈黙」を視ました。9.11以降の米国社会での、言論弾圧と監視強化の恐るべき実態を暴いた、今の日本にとって正にタイムリーな作品でした。安倍晋三が、いかにアメリカのたどって来た黒い道をそのままなぞろうとしているかが如実にわかります。
脚本、演出、小道具にいたるまで、今の官邸のしていることは、すべてアメリカの非情さ・狡猾さだけを丸写し。崇高な理念も節度もない日本の代表が情けなく思えました。今回の事件の検証委員会は、総理も幹事長も外相も、その言動について一切検証させることを許さないという。それ以外の糸クズみたいな事実関係でさえ、「機密保護の観点から公開は限定的」というのだからこれは何も調べませんというのと同じ。限度を知らぬ厚顔ぶりには吐き気がします。
このようなモンスター官邸を誕生させ、批判どころか急激な肥大化に手を貸している呑気な野党、そして私たち国民の罪は大きい。沖縄、福島を見殺しにした報いで、いよいよ自分たちに火の粉がかかります。目を覚まそう、と諦めず声をあげなくてはいけない。何度潰されても。
敬愛して止まない米国のロックシンガー、パティ・スミスの「People Have the Power」を聴きながら、思いを新たにしています。
Commented by ふ~ at 2015-02-11 22:06 x
私も世論調査を見て、「ええーー?」と思いました。これが真実なの? ちょっと無理があるような気がするんですが、それで、右へ習え的な日本人の気性を利用して多数派はこっちだから、お前も同意しないと生活しづらいぞ、、みたいになってみんな翻弄されていくんでしょうか。
KISAさんの番組、ぜひ、みたいですね。大変興味があります。
今、「IS映像の男 米英と特定狙う」という記事がでてきたんですけど、こんなことってそれほど記事にすることだろうか。「米英」と「日本」が、と来ると、またこの者どもは、次の共同製作済みのドラマを流し始めているような気がする。ふん、この男を捜索して、、、それで、、次の話の続きはなにが出てくるだろうか。楽しみだ。

ところで、ドイツの新聞で、「後藤、湯川」時の黒服の男はすでに「ジハーディ(聖戦戦士)・ジョン」ではない別人だという調査結果がでたと報道された。
なお、警察庁科学警察研究所は過去の殺害映像に登場した男の声と「同一と判断できる」と、またお墨つけている。。。
Commented by mako at 2015-02-12 02:48 x
オバマは「イスラム国」への軍事力行使の承認を米議会に求めたとのことです。安倍の人質見殺しは米国のためだったようですね。911の時は、米国はイラク国内に大量破壊兵器があるという疑惑を自らでっちあげましたが、さすがに今回は同じことができないため、攻撃の口実作りに日本を利用したのではないかと思いました。おまけに、これでアメリカは日本に仇を取ってやったと恩を売ることもできます。

---引用---
オバマ政権はこれまで、「イスラム国」に対し、新たな議会の承認を得ずにイラクやシリアで空爆をしてきた。だが、議会の上下両院で多数を占める共和党が、「イスラム国」への攻撃について議会の承認を得るよう要求。オバマ氏も攻撃の正当性を国内外に示す必要があるとみて、1月の一般教書演説で議会承認を求める考えを示していた。
(朝日新聞デジタル 2月12日(木)0時12分配信)
Commented at 2015-02-12 11:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まゆ at 2015-02-12 12:21 x
政府が秘密保護法で国民に情報を公開しないとなると、知らず知らずのうちに戦いに参加する道を歩まされてしまいます。(怒)ならば日本を知るために世界を見るのも良い方法ですね。確かに他国の情報をニュースで見て、日本政府の動きを読み取る事が大切ですね!
Commented by 太っちょねずみ at 2015-02-12 19:02 x
大変興味深く拝読いたしました。
いわゆる右派は主張が情緒的であるのに対し、左派的主張の方々の多くが
とても理論的だと以前からなんとなく感じていましたが、その印象を強くしました。
改憲は安倍氏の悲願と言われていますが、本当にそれだけでしょうか。
それは通過点に過ぎないのではないか、私はどうもそんな気がして仕方がありません。
何なのかは分かりませんが、もっと途方もないものを手に入れようとしている気がします。
『国家予算を自由にする権限』とか『議事堂の4つ目の台に自分の像を乗せたい』
とか、そういう非常識で図々しくて我が儘な欲望を持っている
ただの我が儘坊ちゃんにしか見えないだけかもしれなせんが。
世論調査の結果にもたいそうがっかりしました。
数字を操作している、と仰るのも確かにそうなのかも知れません。
世の中は、私たち一般市民が考えているよりもずっと複雑なようですし。
Commented by てんてん at 2015-02-12 21:07 x
湯川氏が殺害されたとする動画が「イスラム国」によって
公開されたあと、
共産党の志位委員長が、同党の池内議員の政権批判Twitterに
ついて「政府が全力を挙げて取り組んでいる最中だ。
今あのような形で発信することは不適切だ」と非難し
池内氏がそのtweetを削除したことが、いわゆる「左派」の
大きな流れを変えてしまった。

共産党はいつから翼賛政党に成り下がったのか。
あの志位発言は万死に値する。
Commented by Ken at 2015-02-15 17:09 x
具体的な行動が必要です。(1)を白日の下に晒すために、どのような方策があるでしょうか?「粛清された」政府関係者=外務官僚は誰なのか?内部文書をリークさせることはできるか?ISILは一連のイベントの真相を知っているのだから、ISIL側から「爆弾発言」とその証拠を取ることはできないか?他の手だてはないでしょうか?安倍を失脚に追い込むことのできる切り口は、もう他には残っていないように感じます。この事件を風化させず、徹底的に検証して真実を明らかにしなければ、来年夏の参院選で日本は後戻りのできない所に行ってしまうと思います。


カウンターとメール

最新のコメント

私は3月18日の世に倦む..
by 福寿草 at 21:15
冷静に考えて今回の証人喚..
by キヌケン at 16:43
地球の裏から日本のニ..
by 七平  at 10:03
こんにちは。今の世の中の..
by r_tta at 15:29
辺見さんの「こころの時代..
by 長坂 at 10:47
籠池泰典のロンダリングを..
by 愛知 at 03:35
頓馬な稲田朋美の百人斬り..
by 和田啓二 at 15:37
「邦人保護のため、海自艦..
by 愛知 at 02:53
現天皇は ”愛国心は..
by 七平 at 05:37
福島原発事故を当時担当し..
by 愛知 at 03:30

Twitter

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング