昭和天皇の戦争と安倍晋三の戦争 - 右翼批判をしない脱構築リベラル

c0315619_17145795.jpg日本が中国と戦争を始めたら、全面戦争に発展し、総力戦になり、核戦争になり、最終的には戦争を始めた日本が負ける。そのとき、もし中国の占領下に入る結末になれば、70年前に米国の占領下に入ったときのような幸運に恵まれることはなく、もっと厳しい運命が待ち受けている。司馬遼太郎が予言したように、列島の地べたの上に生きている人々はいても、それは日本人と呼べる存在ではないという未来になると想像する。戦争に勝って日本を占領した中国は、今度ばかりは容赦なく徹底的に、飽きずに二度も中国に戦争を仕掛けた右翼思想の根絶を図ってくるだろうし、それが確実に奏功し、中国の将来にわたる安全が確認されるまでは、用心深く、この国の再独立を認めることはないだろう。一つだけ、私が確信していることは、中国による日本の占領政策を熱狂的に支持し、その過激な推進に協力するのは、今、2ch等で中国共産党打倒を絶叫している右翼たちだということだ。中国に対する戦争を扇動し、安倍晋三の手先となってPRC殲滅に狂奔している連中が、中国に占領された瞬間、真っ先に恭順して中国共産党万歳を喚き、靖国神社を毀壊する工事人足となり、日本の再独立は要らないと言い、東海自治区にしてくれと懇請するだろう。あの映画「少年H」で原田泰造が役を演じた軍事教官のように、仇敵を救世主のように崇めて媚び諂うだろう。日本の滅亡は彼らによって積極的に担われるのだ。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1716764.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2015-01-06 23:30 | Comments(3)
Commented by kokoron at 2015-01-06 21:41 x
幸か不幸か安倍晋三の暴挙による
衆院選という最大最後のチャンスを迎えても、
世に軌道修正の機運が見られずむしろ悪くなるばかり。
暗澹たる気分拭えず、こちらのブログを拝見することも
苦しく、しばらく遠ざかっていました。
しかし今日再び拝読して、頭をどやされた気分です。
私はリベラルと呼ばれるほどの思考力も洞察力も
持ち合わせておりませんが、方向性としては左派であり、
そしてブログ主様ご指摘の通り自身を
「右でも左でもない」と称し、
「右翼を右翼と呼んで批判」することを避けてきたからです。
今年40歳になりますが、基礎的な教養も思考力もないこと、
またそれらを今から少しでも積み上げることの
難しさを痛切に感じています。
楽を選びショートカットすることに慣れ過ぎています。
しかし改憲、そして開戦がより現実に近づきつつある今、
泣き言は言わずもう一度努力することを始めようと思います。
今年も本ブログの拝読を楽しみにしております。
Commented by NY金魚 at 2015-01-07 10:19 x
本論から少しはずれますが、最初の原爆投下計画の候補地が京都だったという話は、キーン先生の著作に多く登場します。ちょうど(頃合いの?)大盆地だから、人類初の原爆の効果がわかりやすい、という理由だと、対談のたびに先生がめずらしく語気を荒げられている感じが伝わってきます。
キーン先生が日本永住の引っ越しの直前にいただいた本「戦場のエロイカ・シンフォニー」には、広島に落す直前まで京都が第一候補地で、それを当時のヘンリー・スティムソン陸軍長官が猛反対したと。ほかに仏教仏像専門のラングドン・ウォーナーもトルーマンに反対を進言をしたそうです。
スティムソンが止めたという話を広めたのは、キーン先生の親友で、戦後は同志社にいたオーティス・ケーリさん。スティムソンが昭和5-6年ごろ、夫人と京都を訪れ、都ホテルに泊り、京都の街に深い感銘を受けたことを立証されました。京都を東京大空襲のように破壊したら、道義的に米国がなにを言われるか、そして日本人の心に何を残すか、スティムソンは見極めていたし、またそのときのかれに充分な権力があったことは誠に幸いでだった、と書かれています。
トルーマンのことを野蛮人というのはしょうがないですが、戦時のアメリカ人にも心あるひとがいたことをひと言。でもほんとに京都に原爆が落ちていたら、まさに日本文化の完全滅亡だったでしょう。
Commented by NY金魚 at 2015-01-07 11:21 x
…続… ここから少し本論に近づけますが、よくわからんのは、二都市を原爆で壊滅させられて、いまだに核戦争にこだわる右翼日本の姿。ぼくが子どものころ、第五福竜丸事件から、主婦が提示した核廃絶の署名運動が三千万の署名を集め、「核アレルギー国家」という名称を誇りに思ったもんです。

 昨年の「憲法九条にノーベル賞を」は、候補にはなったもののネット込みでやっとこさ署名60万票。おまけにFaceBookのコメント欄はネトウヨの罵詈雑言で埋められ、護憲派の市民は意見も言えずにおたおた。署名サイトには古色蒼然たる「戰争放棄」の大文字。いわんとするのはどんな運動にもセンスがいい方が勝ち、ということです。センスがよければみんな署名する。これだけダサい右翼が蔓延し、社会が右傾化しているのは社会のセンスが最悪なんじゃないか。市民の生活が苦しくなっただけで、あれだけセンスがあったファッション大国、CM大国が、観るも無惨なことですわな! どうしてなんだろー、海の向うから首を傾げています。


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング