桂勲のヘラヘラした詭弁会見 - 小保方晴子への免責と若山照彦への批判

c0315619_14252582.jpg昨日(12/26)、外部の有識者で構成する理研の調査委が「STAP細胞」について報告する会見があり、ネット動画での生中継をずっと見守った。その中味は、NHK毎日日経の記事に出ているとおりで、「STAP細胞」の正体がES細胞であった事実が突き止められ、そのことが科学的に詳しく証明されたものである。「STAP細胞」がES細胞である疑惑は、事件が発覚した2月当初から指摘されていた。6月には遠藤高帆によるゲノム解析の結果が提示され、6/16には小保方ラボの冷凍庫から「ES」とラベルが貼られた容器が箱ごと大量に発見された件がNHKの報道で暴露され、ほぼ間違いない事実となっていたが、今回の調査報告で確定的なものになった。「STAP細胞」なるものは存在せず、「STAP細胞」と呼んでいたものはES細胞だった。遅きに失した調査と結論だが、報告の検証内容は秀逸で、「STAP細胞」とその「実験」がどのようなものであったか、謎だった事象の科学的内実を白日の下に曝している。理研のサイトに報告資料があり、そこにPPTのスライドが載っているが、そのP.7の「理研によるゲノム解析結果」がキーポイントであり、問題の全貌が構造的に解明されて一表の下に総括されている。実に科学的で論理的な分析と証明であり、簡潔で明瞭な表現に唸らされる。科学のレポートはこうでなくてはいけない。これこそが、まさにわれわれが知りたかった終着点であり、「STAP細胞」の科学的真実に他ならない。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_14331246.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-27 23:30 | Comments(20)
Commented by たま at 2014-12-27 19:50 x
自分にあまり直接関係のない事件ながら、これほの残念と思わされ、騙された感を与えられたものは例を見ません。
やはりすごい発明ということで、何かしら見えない力で操作され、本当のことを言えないようなものかあるのだと、調査結果が出るまで極力疑わないように様子を伺いました。

しかし、やはりというか黒。
様々なこの細胞に期待したであろう病気のかたなどの残念な気持ちも相当なものでしょう。
犯罪者です。 色々な方面にも迷惑をかけ、失望させた。
うやむやにさせてはならなく、誰にでもわかるような罪の償いをしなければなりません。

この記事を多くの方に読んでもらい、賛同を受け、事件を風化させない力になってもらいたいものです。
Commented by ccc at 2014-12-27 21:53 x
調査委員の内容は、実は、かなり割愛されたものであることをまず初めにお伝えしたい。そこで消された事実に、初めから、若山ラボのメンバーを騙そうという詐欺の手口があった。小保方は2011年10月ごろ、STAP細胞ができた後、頑なにラボメンバー研究員の再現実験を拒んだが、翌年3月。ラボメンバー 3人からの強い要請で作成方法を教えた。しかし、彼らはことごとく失敗。研究室では簡単にできないのではと言った雰囲気が生まれた。だが、時をおかずして、学生の一人が小保方に習い、簡単に作成できたとなった。ここで雰囲気は一変、皆学生でもできるのだと、信じることになった。実は、この細胞も学生がつくったはずの細胞ではなく全く別物の細胞、系統すら違うものであったことが、今回の調査で判明している。後、ワカヤマ自身も小保方にマンツーマンで教えてもらい作成し、できたのだが、もちろんそれもes細胞であった。確実に研究室のメンバー全員を信じ込ませる手口が実この時点でおこなわれていたのであるが、その事実は、調査報告書から抜き取られている。
若山の責任はこの事実から見ると、ラボメンバー共々完璧に細胞が存在すると信じ込まされたのである。騙され信じたことが罪となれば、詐欺にあった被害者も罪になるであろう。また、報告書にある、和歌山からのプレッシャーは、和歌山には聞き取り調査はされておらず小保方に本人の捏造の言い訳にすぎないことも付け加えておく。報告書は調査委員の作ったもの全てではない。一旦理研に提出され、文科省も経由し、こうして人目にさらされたことを覚えておいて欲しい。

Commented by まるっこ at 2014-12-27 22:33 x
とても良い記事だと思いました。
小保方氏はもちろんですが、理研も調査委も何か絶対におかしい、腑に落ちない、納得できない、誤魔化してる、バカにしてる …科学素人の私でもそういう印象を持ちます。
でも私にはそれを理路整然と言葉にして表す能力がないのですごく悔しいんです。
この記事の内容に心から共感します。言ってやりたいことが全て書いてあります。きっと多くの人が賛同すると思います。
汚いずるい人間たちに正義が下されますように。
Commented by 都民 at 2014-12-27 23:42 x
ヘラヘラしていたのは小保方氏をかばうと言うよりバカバカしい茶番に付き合わされた意味かと思います。
強制捜査権が無いため、科学の調査委員会としては犯人特定は無理でしょう。第三者が混入させた可能性が否定出来ません。
但し会見を聴く限り99.99%小保方氏である事は分かります。
Commented by 内野 at 2014-12-28 00:28 x
小保方晴子というぺてん師に、早稲田大学や理研が手玉に取られた恥ずべき事件であり、税金を掠め取る詐欺に加担させられ、命まで投げ打った人物があわれでならない。
彼女は、学問に対する誠実さや真摯さは微塵もない。
200回成功しましたと記者会見で言い放った時、誰もがぺてん師と感じたはずだ。
Commented by hm at 2014-12-28 09:36 x
若山研のメンバーが刑事告発すべきだと思う。
若山研でスタップ実験に成功した研究者がES細胞を混入したとは考えられないので、
小保方さんの混入が明らかになると考えられます。
ただし、小保方擁護関係者から相当な圧力があるでしょう。(裏取引も考えられる)
Commented by kuma at 2014-12-28 10:39 x
単純が故にだまされた。現場を知る者として言うが、室長レベルが材料の入れ替えをするなど、考えもしないだろう。しかも、それが素晴らしい結果なら、内部で不正の疑いを持つことはむずかしい。小保方は、あれが「くせ」なのだ。深い思惑や野望があったわけではない。ひとつの捏造を認めたそうだが、それでわかる。正常な神経なら、そのひとつさえしない、できないのだ。そのひとつができたことが、すべてをやったことを示している。すべての犯罪とおなじく、ひとつやれば、いくつでもやれる。それが普通になる。
Commented by 梅子 at 2014-12-28 14:38 x
身内に研究者をしているものがいるのですが、この事件に関し「ハーバードという名前に(若山教授が)騙されたな」と言っていました。小保方の話を少し聞いていればどれほどの研究者かわかりそうな気がするのですが、早稲田大学博士、ハーバードの有名な教授の片腕などという「肩書き」が目を曇らせたのでしょう。小保方の清純そうな容姿も影響したかも知れません。今でも必死で小保方を擁護している人たちもいますし。
ところでその小保方擁護派ですが、今年何となくわかってきたことがあります。福島の原発事故後、私はネット上で「御用学者」リスト作りに参加していました。私の考えでは原発推進御用学者というのは当然、経産省、電力会社などからカネや地位を貰いそれらに都合が良いことを地位を利用して広め一般大衆の洗脳に努めていた旧帝大を中心とした学者たちのことだったのですが、その過程で大きな勢力となったのが「エア御用批判派」とでも言うべき人たちでした。その人たちが批判しているのは菊池誠氏(大阪大学教授)を始めとする彼らが「エア御用」と呼んでいる人たちであり、その中には今回のスタップ細胞事件でよく名前を聞くことになった野尻美保子氏や片瀬久美子氏が含まれていました。当時は真に敵に回すべき倒すべき巨悪よりそのような人たちを批判する不思議な人たちだという思いでした。その「不思議な人たち」はスタップ事件では小保方擁護派にまわった人たちと重なっていました。
さらに私は今年ある病気であることがわかり今も闘病中ですが、不思議な人たちはその病気に関し近藤誠医師らを信奉している層とも重なっていること、さらにそれが小沢一郎支持者と重なっていることも知りました。やっとこの期に及んで私は小沢一郎支持者をあれほど批判する人たちがいるのがなぜなのかわかってきたような気がします。(今頃か!と怒る人がいそうですが)
ともかくこの小保方事件は人となりについてのリトマス試験紙の役をした事件でした。
Commented by とむとむ at 2014-12-28 15:25 x
調査報告書では若山さんに指導責任があったかのように語られていますが、学生ではなく研究者としていたのであれば「指導」はむしろ非礼では・・・・。共同研究者として研究内容の確認が不足していたというのなら分かりますが、それは他の共著者全員に言えるのでは。
Commented by 詐欺事件の真相究明を at 2014-12-28 23:10 x
小保方が理研をやめた件について「かわいそうだ」という者が、私の職場にいて驚愕した。小保方が、笹井氏や若山氏をはじめとするエラい人たちに、利用されたのだそうだ。
曲がりなりにも大学を出ている者が、この期に及んでまだこんなことを言うのである。

ES細胞の混入が不作為ではあり得ない以上、意図的なものなのだから、問題の核心は「だれが行ったか」である。その点を解明しない調査など無意味だ。

共著者や指導者の責任、さらには論文を採用したネイチャーを批判する声まであるが、STAP事件が、間違いや失敗ならそのとおりかもしれないが、意図的な詐欺=犯罪なのだから、騙された者たちを批判するのはおかしい。

確信犯である小保方を絶対に逃がしてはならない。

ブログ主さんの批判する「脱構築の相対主義」とは、私から見ると、つまりこういうことだ。
「しあわせはいつも自分のこころがきめる」 ???
この言葉の危うさは、「自分が幸せだと思っていれば、それでいいじゃないか」と受け取れる点にある。
カルトに騙され、財産を奪われ、不自由を強いられ、それでも本人が幸せだと思っているならそれでいいと言うのか?!
客観的な正しさを追求する姿勢が欠けている。

現在の日本社会に蔓延している「自分の気持至上主義」は、前近代への退行であり、カルトと同義である。STAP事件は、この国の知性の劣化を象徴する。オウムが日本全体に薄く広がっているような恐怖を感じる。
Commented by genome at 2014-12-29 02:02 x
世に倦む日日さんとは異なり、桂さんの言葉の端々には「能力と権限の限界」によって、自供に追い込むことができない口惜しさが滲み出ていたと感じました。cccさん、貴重なコメントありがとうございます。世に倦む日日さん、若山さんに辛辣ですね。普通の研究者が会見で上手にしゃべれないのは、しかたないと思いますよ。ただcccさんのコメントを見て、私自身は細胞が専門ではありませんが、細胞のプロであるならば、細胞の「顔」を見ただけで由来や違いがわからないものなのかな、とは思いましたが。
Commented by HIDE at 2014-12-29 08:26 x
上のcccさんのコメントに「確実に研究室のメンバー全員を信じ込ませる手口」と
ありましたが、小保方は連日夜遅くまで熱心に実験していたそうでその日常に接して
いれば「性善説」をとる研究者が騙されるのは無理もないと思います。
事前に研究不正を見抜いて欲しかったが、共著者の中で最初に論文撤回を呼び掛けた
若山氏は誠実な研究者であると私は思います。

しかしこの小保方という人物は許せないですね。都合が悪くなると体調が悪いと逃げる、
科学的な説明は一切なくチャラチャラした言い訳に終止したあの反論会見なるばか騒ぎ
を思い出すと今でも腹が立って来ます。
今後理研懲戒委で「懲戒解雇相当」の処分が出るそうですが、既に退職している小保方
には痛くも痒くもないわけでこれにも腹が立ちます。

理研は処分決定の後研究費返還の訴訟をするべきで、少なくとも本年4月からの
実験室改装費用を含めた検証実験費用全額を弁済させなければならないと思います。
Commented by takashi1987a at 2014-12-29 12:03
論文発表1ヶ月で不正の疑いが出たのは良かった。
シェーンではもっと掛かっていた。
細胞にストレス与えると癌化する事が解っていいるので、初めの発表で疑ってた。
Commented by tm-revolution at 2014-12-29 19:19 x
小保方を無罪放免にした勢力は何だ。 これをはっきりさせなければ この小保方問題を解決したことにはならない。
ES細胞を混入できたのは 小保方以外にはない。 こういう場合にさえ「無い」ことを証明するのは難しいのだろうか。
客観的に見たら小保方以外に考えられない。
岸委員長の近辺の人が 小保方を降格させるのがやっとだった、と言っていたそうだ。(小保方降格の時点で) どういう圧力があったのだろう。 文科省との関係はどうなのか。 大きな疑獄事件なのではないか、という疑念が残ったままだ。 この 虚構の実験のために使われた税金の返還を求める訴訟はできないのだろうか。 日本国民として。
Commented by KEN at 2014-12-29 23:39 x
STAP騒動の一番の犠牲者は笹井芳樹氏の遺族だろう。STAP細胞のからくりが明白になった今、遺族の心情はいかばかりであろう。遺族にとってはES細胞混入者は殺人にも等しい犯罪者である。断罪されなければならない。
Commented by tanaka at 2014-12-30 11:01 x
>小保方を無罪放免にした勢力は何だ。

「早稲田」以外にありえないでしょう。STAP発表時の早稲田閥のはしゃぎっぷり。あれが完全に逆方向に作用することになる。
そして無罪放免にすることのできる力を有しているのも、理研の寄親である所管省庁のトップ文科相(をはじめ多くの政治家)を送り出している早稲田以外に有りえない。

敵は早稲田です。
Commented by sasaki at 2014-12-30 20:57 x
STAP問題を正しく評価しようとすれば、本件ブログのような辛辣な批判を加えてもまだ足りないくらいで、彼女を擁護する勢力には腸が煮えくり返る。これで調査が終結で総括できたと考えることほど世間を馬鹿にしたものはほかにない。STAPは捏造であって、でっち上げであり、いかさまで、ペテンで、公金横領であり、不法行為であって、世界的研究不正である。理研、早稲田、ハーバードのペテン師たちとその弁護人たちが1月から繰り広げていた茶番劇ほど滑稽な芝居はまたとない。体細胞にストレスを与えた結果は、その細胞の死かがん化以外に生命誕生以来もたらされたことはなく、ましてや初期化、万能化などとは全くありえない法則であり、摂理である。体細胞でストレスを一切受けていないものはこの宇宙に一つも存在しない。生命誕生以来に体細胞が受けてきた多種多様なストレスの中で、一度も初期化したなどとは絶対にあったためしはない。イモリの手足を切断すると同じものが再生するが、これは人体の皮膚が怪我をした後に治癒する原理の延長であって、ストレスによる体細胞の初期化ではなく、両者は全く無関係であり、全く原理が異なる。STAP現象の入り口の観察の部分で既に取り違いがある。STAPの総括が正しくされない以上、科学の発展に有害であって、この先、STAP信者が巷に溢れかえったままになる。科学上の真理の追求と、事件の真相の解明は社会の発展にとって不可欠である。研究に莫大な税金が投下され、全く無駄に浪費された以上、今のままの曖昧な終結は先進国ではありえない。解明手段の一つは、当事者を国会に喚問すること、あの姉歯物件の騒ぎのときみたいに、もう一つは、ペテン師を刑事司法および民事司法の法廷に引きずり出して、国家の手で強制力をもって事案の真相に迫ることである。
Commented by moringo at 2014-12-31 13:14 x
神戸地検に告発、そういう流れになることを望みます。
あの号泣県議でさえ、会見してその時は、嘘でごまかしていましたが、やはり空出張と判明し、公金も返済しましたよね。
会見中、誰もが嘘ついてるなとはわかりましたが、やはりこのように解決しないと誰もスッキリしません。

小保方さんも、逃げ回っていること自体が黒ですが、自分にやましい所がなければ逃げる必要性は在りません。

ここまで調査されたのだから、次は捜査です。本当に隠されていること、何の罰も与えずに保護されてることが腹立たしい。何故?と思う。子供でもわかる。 ズルしてもいいと子供がこの事件を見て思わないように、しっかりと解決して欲しい。
どれだけの公金を使って、ズルしていたのか解明して、小保方には返済させないといけないと思う。
共著者は、もちろん責任あると思うが、詐欺に引っかかった人を責めるのは、少し違うと思う。一番、悪いのは小保方だ。そして、悪を隠そうとしている人たちだ。悪いことは必ずばれる!
Commented by 若手研究者 at 2015-01-06 14:41 x
上のcccさんのコメントはかなり重要だと思うのですが。小保方さんが混入したことがほぼ確実になるような証言だと思います。
Commented by ksm at 2015-01-14 18:19 x
若き日本の研究者が世紀の大発見したという。本当に感動しながらあのテレビ会見で見守ったのが丁度1年前。その後次々に疑義がでて来たが、すぐさま世界中で追試が行われるのは当然。最初はそんな馬鹿な偽造を何のために?と科学に疎い私は半信半疑であった。然し小保方の会見では「剽窃、切り貼りについて」いけない事という認識がなかった。
様々のの疑義も「ただのうっかり間違え、未熟さのせい。」と全て言い訳に終始した。科学者らしい反論反証は全く示されなかった。 この時点で完全に小保方を疑った。科学者と言う前に危険な人間にみえた。 そして、ほぼ全ての人が考えていた通り、スタップ細胞は再現できなかった訳であるが、「魂の限界、、困惑」などという相変わらず小保方節をはいて退職。ES細胞も限りなく小保方が混入したと考えるのが自然である。これは確信的犯罪だとおもう。
このままうやむやにすべき事ではないと私も強く思う。


カウンターとメール

最新のコメント

「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01
一部の半島専門家は年初か..
by おにぎり at 10:22
プーチンは「あの戦争(ア..
by 愛知 at 06:12
スノーデンのTWによると..
by 長坂 at 00:05
常識的に考えると、アメリ..
by jdt01101 at 10:56
【続き】内藤氏は、シリア..
by tenten at 20:55
「内戦に勝利目前のアサド..
by tenten at 20:34
実にラディカルな推論に心..
by NY金魚 at 16:51
一旦、軍需産業が発達して..
by 七平 at 11:40

Twitter

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング