「山田洋次監督と平和を考える」会の報告 - 三つの映画のエピソード

c0315619_18275814.jpg12/4、大宮のソニックシティで「山田洋次監督と平和を考える」会があった。主催したのは埼玉弁護士会で、入場無料。貧乏人にはありがたい機会なので、電車を乗り継いで聴きに行くことにした。山田洋次の話を聴くのは初めてのこと。テレビで見るのと全く変わらない風貌と語り口だった。山田洋次は83歳。先週、81歳の菅原文太の訃報があり、そのことも講演会に出かける一つの動機となった。これが最後になるかもしれない。菅原文太の話は一度も聞いたことがなかった。こうなってみると、2月の都知事選での、大雪が降る中の銀座の演説などは、路上の聴衆の一人として立ち合っておけばよかったと、そういう残念な気分にかられる。誰もがいつまでも元気で生きているわけではない。あとで後悔しないように、尊敬する知識人の声に直に接した体験を残しておこうと、その気持ちが先に立ったことは間違いない。けれども、そういう動機とは全く釣り合わないほど、山田洋次は元気で、淡々としていて、大ホールの演壇に座って話す姿が、実物というよりスクリーンの絵のようであり、動画というより静止画のようで、ハプニング的要素のない静かな講演だった。思えば、山田洋次も全く年をとらない人で、イメージに時間に伴う異同のない人だ。思想にも揺るぎがない。まさにインテリの理念型の姿を示している。だが、当日は、講演でしか聞けない特別なメッセージを準備していた。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_18254763.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-08 23:30 | Comments(2)
Commented by tokyoletter at 2014-12-08 22:56 x
山田太一氏が、11/14「戦後70年 語る・問う」 の講演で意味深いことをいってますね。主催者アップのyoutube でみることができます。

山田太一 南海地震だとか、広大な地震がおこるっていうのに、原発やめませんでしょう。ああいうのって、「ここまでやったら戦争になるぞ」「いやならないだろう、ならないだろう」っていって、本当になっちゃうみたいな。(いまの私たちの社会は)「高くくり社会みたいな」ところがあって、それがとても怖いと思います。
(51:00 ごろから)

ちなみに最後のほうに、山田洋次との関係を述べています。

戦後の庶民のくらしを形つくってきた、表現者達の老いた体が警笛を響かせている。
Commented by NY金魚 at 2014-12-09 01:45 x
自分の映画のなかですべてを語り、ふだんはとても寡黙な雰囲気をもつ山田洋次監督の講演は、とても聴いてみたい気持ちに駆られました。黒澤明の講演には「乱」が公開された年だから、1985年にSan Francisco のPalace of Fine Artで聴きました。すばらしい思い出です。かわいい思春期の少年だった野村萬斎をつれて。
日本の映画知識人たちが、歴史のなかで鋭い反骨の精神を示したお話はとても痛快です。二月の都知事選で細川の応援に立った文化人の人びとに、いまでも大きな期待をしていますが、その多くが高齢で、考え込んでしまいます。
一日早くジョンの降霊祭の原稿を書いたら、湯川れい子氏に拡散していただきました。
これから暗い時代を迎えようとしている日本を歯止めするのは、天国にいる魂たちではなく、次世代の文化人だと、痛烈に期待します。


カウンターとメール

最新のコメント

週刊新潮、私も購入。文芸..
by 愛知 at 03:38
(2の2) 豊田真..
by 七平 at 00:02
(1の2) 以前、..
by 七平 at 00:00
>究極のポピュリストで、..
by liberalist at 02:53
自民党の河村元官房長官が..
by ポー at 19:44
twitterに豊田の桜..
by ポー at 15:25
地方在住者で、東京都民で..
by きく at 00:19
橋下徹が安倍内閣に入った..
by エドガーアランポー at 17:57
今度の都議会選挙は小選挙..
by liberalist at 00:03
一番問題なのは、逮捕状ま..
by 私は黙らない at 07:13

Twitter

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング