追悼 菅原文太 - 再掲 2012年1月のETV『自由民権 東北で始まる』

c0315619_10134438.jpgNHK-ETVが放送しているシリーズ『日本人は何を考えてきたのか』、偶然に見た1/8の第1回が出色の出来で、中江兆民の思想的意義を浮上させた説得に大いに啓発された。その昂奮のまま、先週はルソーの「人民集会」(peuple assemblé)からOWS(general assembly)を考察する記事を書いた。NHKにもまだ人がいる。第2回の予告では、案内役で菅原文太が登場、東北の自由民権の歴史を旅して歩くという触れ込みだったので、さらに期待していたが、実に期待に違わぬ見事な作品に仕上がっていて満足させられた。菅原文太が素晴らしかった。本格的な知識人の姿だ。仙台一高出身。今の日本に最も必要な言葉を菅原文太が発していて、われわれの心情を率直に代弁している。番組の解説には、色川大吉と樋口陽一という碩学の大物二人が出演、色川大吉の監修の下で取材と編集が行われていることを窺わせ、二人の説明も当を得た過不足ないものだったが、番組に命を吹き込み、感動を与えた主役は菅原文太であり、最初から最後まで菅原文太が視聴者を魅了していた。冒頭、「自由民権のどんなところに惹かれたのでしょうか」と問う三宅民夫に対して、菅原文太がこう答える。「さあーって...」。「何度も何度も、人間は平等だ公平だと言われ続けながら、そうなってないじゃないですか、未だに」。



c0315619_1014323.jpg「そのことが、彼らが、自由民権の側で自分の身を犠牲にして死んで行った者たちが、絶えず問いかけてきたことじゃないかと、そう思って旅を続けて参りました」。明らかに、菅原文太の言葉と態度は、三宅民夫の欺瞞を衝く意思が垣間見えた。お前のような反動の権力者に自由民権を語る資格などあるのかと、そう言いたげな微妙な間合いをカメラの前で見せた。早大の後輩だ。番組中、東北に対する差別や仕打ちに菅原文太が何度も憤るところがある。それは、明治政府の方針に対する怒りであると同時に、それを引き継いでいる今の日本政府への告発でもあり、あまりのストレートさに驚かされ、そして共感させられる。まるで、明治の東北の草の根の民権活動家が甦ったかのように、その末裔のように、各地を旅する菅原文太が言葉を発していた。沖縄ほどではないにせよ、東北が近代日本の発展の犠牲にされ、踏みつけにされ、後回しにされてきた事実は歴然だ。東北の官尊民卑は尋常でなく、全てが官直轄で民間資本の育成がなく、明治国家の内地植民地のような性格で近代史を紡いできた。官と東京の直轄支配。東北は国鉄のみで私鉄がない。天明や天保の大飢饉の犠牲の話が出たが、世界恐慌で生糸の値が暴落し、娘を身売りする悲劇に見舞われるのも東北であり、戦後もまた、冬場の出稼ぎ労働力を首都圏へ送り続けたのは東北だった。

c0315619_10141581.jpg今でも差別はある。優先順位の低さがある。あの大津波の被害が東海や関西なら、西日本の沿岸なら、瓦礫の処理ももっと迅速に進み、復興予算も多く早くついたのではないか、政府の遅延や怠慢を批判する情報発信が多く出て、監視の機能が強く、行政へのフィードバックに威力があったのではないかと、そういう感覚を抱かざるを得ない。政府は、東京は、東北を軽んじ侮っていて、その忍耐強い気質と習性を逆手に取っている。番組の前半、福島の自由民権に光が当たり、浪江町の民権運動家の苅宿仲衛が紹介された。知らなかった名前だ。高校の日本史で出るのは河野広中だけ。当時の福島が自由民権の拠点であり、県令の三島通庸によって凄絶な弾圧を受けた件は、教科書でも触れられていたが、いわゆる喜多方事件における県令側の謀略の事実とか、検挙された者の中で拷問で殺害された者がいたという生々しい歴史には、今回初めて接することができた。小林多喜二の虐殺事件とか、大杉栄が殺された甘粕事件とか、その前の幸徳秋水の大逆事件とか、それらに連なる暗黒の歴史が、明治15年の時点ですでに始まっている。三島通庸は福島の自由党を壊滅させた論功で内務省土木局長(現在の国交大臣)に出世、最後は警視総監になった。SPEEDIの情報隠蔽を指示した枝野幸男は、経産相となり、将来の首相候補として朝日に推されている。

c0315619_10142888.jpg今回の番組の日本政治思想史としてのハイライトは、やはり植木枝盛の憲法草案(『東洋大日本国国憲案』)の紹介だっただろう。特に2点、抵抗権・革命権の規定と、連邦制による地方自治の思想である。第70条「政府国憲ニ違背スルトキハ日本人民ハ之ニ従ハザルコトヲ得」。第71条「政府官吏圧制ヲ為ストキハ日本人民ハ之ヲ排斥スルヲ得」「政府威力ヲ以テ擅恣暴逆ヲ逞フスルトキハ日本人民ハ兵器ヲ以テ之ニ抗スルコトヲ得」。第72条「政府恣ニ国憲ニ背キ擅ニ人民ノ自由権利ヲ残害シ建国ノ旨趣ヲ妨クルトキハ日本国民ハ之ヲ覆滅シテ新政府ヲ建設スルコトヲ得」。高知市の自由民権記念館を訪れた菅原文太が、植木枝盛の憲法草案の展示コーナーの前に立ち、その「特色」と題されたパネルの第4番目の項目を読み上げる。「抵抗権・革命権の規定がある」。これについて、高知近代史研究会の公文豪が、当時の世界の人権思想の到達点を憲法草案に採り入れたのだと解説する。実際に1776年のアメリカ独立宣言にはこの規定がある。もう一つの地方自治については、第7条で、日本を70の州に分け、第9条に「日本聯邦ハ日本各州ニ対シ其州ノ自由独立ヲ保護スルヲ主トスヘシ」、また第13条に「日本聯邦ハ日本各州ニ対シテ其一州内各自ノ事件ニ干渉スルヲ得ス、其州内郡邑等ノ定制ニ干渉スルヲ得ス」とあり、完全な連邦国家が構想されている。

c0315619_10144241.jpg国家の基本原理で中央集権を廃し、ここまでラディカルな地方自治を採用したのは、植木枝盛が、政治の単位は小さければ小さいほど民主主義が徹底できると考えたからだった。まさに、ルソーのコミューン思想が生きている。代議制と政党政治が行き詰まり、地方分権が言われ、そしてOWSの挑戦と模索が新しい可能性を示唆していると思わせる今日、植木枝盛の憲法草案は説得的で、その意義の大きさにあらためて気づかされる。自由民権は地方自治の理想を求め、自治政府の連合体としての日本国家を構想していた。9条を別にして、植木枝盛の憲法草案と比較したとき、日本国憲法は妥協的であり、民主主義の憲法として中途半端であると言わざるを得ない。冨が全て東京に集中し、資本の生産と流通が東京で一元化されている現代、地方自治と民主主義の理想を具体化するにはどうすればよいのか。一つヒントになるのは、マコーマックが元日の夜に沖縄について論じた言葉だろう。「日本で最も民主主義が発達した地域が沖縄である」という指摘。意思と理想を持って戦うということ、中央の暴政に抵抗するということ、そこに未来があり、可能性がある。常に自分たちの生き方と暮らし方の理想を持ち、理想を共有する単位で結合するということだ。その土地には、50年、100年の長い共同体の夢がある。歴史と反省と悲願がある。広島と長崎にもある。福島と三陸もそうなる。

c0315619_10145540.jpgこれまで、政治学者も政治評論家も、政策と政局ばかりにフォーカスし、政治運動という問題に関心を払わず、研究を向けることがなかった。民主主義は制度ではなくて運動だと丸山真男は言ったが、その言葉は廃れてしまっている。自由民権は運動である。自由民権によって何か理想が形として歴史に残ったということはない。だが、その運動は後世の日本人に大いなる政治の財産を残している。われわれがするべきは、後世の日本人に政治の財産を残すことだ。OWSのように民主主義の運動を作ることである。この30年ほど、自由民権は積極的に顧みられることはなかった。むしろ、否定的に扱われ、忘却されるままになっていた。NHKがこれほど大きく前向きに取り上げるのを見て、正直なところ驚く気分を隠せない。自由民権への視線が30年間も冷淡だったのは、戦後にそれに注目した勢力の衰えによる。例えば、家永三郎が植木枝盛を担ぎ、丸山真男は福沢諭吉を担いでいる。丸山真男は自由民権にネガティブで、明らかに諭吉のエリート主義に傾いている。それには理由があり、河野広中の晩年を見ても分かるとおり、日比谷焼打事件を起こしたり、玄洋社の頭山満と亜細亜義会を設立したりと、日本の大陸侵略と右翼ショービニズムを鼓吹する役割へと転轍して行ったからである。自由民権の闘士論客たちは、日清日露戦争を経て、『三粋人経綸問答』の中の「豪傑君」の類型に収斂して行くのだ。それがあり、福沢諭吉と自由民権という構図では、常に福沢諭吉が花形だった。

c0315619_101579.jpgそして、自由民権を担いだ革新勢力が政治的に退潮し、ますます自由民権は歴史の彼方に姿を消す一方だった。今回のNHKのシリーズで、第3回が「田中正造と南方熊楠」だが、この30年間、脱構築主義の蔓延の中でひたすら脚光を浴び続けたのが南方熊楠である。今回のシリーズでは、第4回に「幸徳秋水と堺利彦」が特集されている。これなど、今日のNHKの反動を思うと信じられない企画であり、世の右翼は顔面蒼白の事態だろう。さらに、第7回には「河上肇」が登場する。講座派と労農派の日本資本主義論争が紹介されるだろうし、『蟹工船』の世界が取り上げられるに違いない。この30年間、明治の実像はすっかり視界から消え、日本の近現代史は暗黒に塗り潰されていた。脱構築主義の南方熊楠で語られるか、司馬遼太郎の『坂の上の雲』の一面性か、あるいは東大法の官僚たちが、やたら後藤新平を担ぎ、戦前の二大政党制の政権交代は素晴らしかっただのを言い、右翼の歴史認識をサポートする時代が長く続いた。石川啄木の『時代閉塞の状況』が映す明治末の世界が消えていた。鍵は幸徳秋水だろう。最後に、番組の中で菅原文太が、25歳の植木枝盛があのような画期的な憲法草案を書いたエネルギーはどこから来たのかと色川大吉に質問した場面があった。きっと、菅原文太の中には同意して欲しい解答があったのだ。色川大吉は話題を逸らしたが、答えは龍馬である。先輩の半平太と龍馬と慎太郎だ。兆民も枝盛も辰猪も、龍馬が生きていたらこうしたと思う行動をしたのである。

枝盛の「憲法草案」は龍馬の「船中八策」だ。連続しているのであり、二人とも革命家なのだ。


これは、2012年1月16日に上げた記事です。故人のご冥福を心よりお祈りいたします。

c0315619_10155435.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-02 23:30 | Comments(4)
Commented by NY金魚 at 2014-12-02 11:04 x
今年2月の都知事選で細川陣営の応援に駆けつけた菅原文太氏に強い共感を持ちました。元気全開とはいえなかったなかったけど、このひとのこのことばに動かされた人は多かった。演説抜粋:https://www.youtube.com/watch?v=pyIAV83Y9xc
もうひとつ、妻文子さんのコメント:『落花は枝に還らず』と申しますが、小さな種を蒔いて去りました。1つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。もう1粒の種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした。すでに祖霊の1人となった今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。
Commented by 梅子 at 2014-12-02 12:50 x
本当に本当に惜しい方を失くした。
真に「かっこいい」方だった。
心からご冥福をお祈りし、ご遺志を継いでいくことを誓いたい。

Commented by 長坂 at 2014-12-02 16:43 x
この奥様のコメントを読んだ時、思わず泣いてしまいました。存じあげませんでしたが、息子さんを亡くしていらっしゃるんですね。毎日のサイトに、文太さんが在日の方の老人ホーム建設に尽力され、孤児の里親になられていたと言う記事が出てます。(これも奥様のアドバイスがあったようで)
文太さんのような方もいれば、慰安婦や被爆者や被災者に対しここ迄冷淡になれるのかと思う程、人の命を何とも思わない政治家もいる。人間って一体何なんでしょう。
改めてご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Commented by カプリコン at 2014-12-02 22:00 x
仙台に住んでいた時の下宿のおじさんが仙台一高で同学年に菅原文太がいたことを何度もうれしそうに話してくれたことを思い出しました。私も突然の訃報に驚いています。謹んでご冥福をお祈りいたします。
今から2年前のNHKの番組なんですね。また、見たくなりました。再放送してくれないかなぁ。
東北の震災復興なんて、もうすっかり忘れられています。東北(特に岩手)は蝦夷とずっと蔑まれてきました。分かりやすいのはディオジャパンや大雪りばぁねっとなど被災地を食い物にする会社などだけど、いつまでも仮設住宅に住まわせるこの国の政治のありかたやパフォーマンスで被災地に来る安部も同じようなもんです。どいつもこいつも自分のために人々の不幸を利用している。

『やりきれない』という気持ちを通りこして『どうでもいい』になっているような気がしてなりません。


カウンターとメール

最新のコメント

続)もうひとつ、カズオ・..
by NY金魚 at 11:40
サーロ節子さんの拡張高い..
by NY金魚 at 11:38
100万部とはびっくりで..
by T at 23:48
「君たちは」の醍醐味でも..
by 長坂 at 00:53
報道は中立であるべきなの..
by ワイドショーでも大切に at 14:43
(2の2) 日本の将来..
by 七平 at 02:26
(1の2) 小生は..
by 七平 at 02:25
宮崎駿が次回長編タイトル..
by NY金魚 at 07:08
ヨニウムさま、どうも始め..
by ふーくん at 17:34
論駁一刀両断、見事なり!..
by 駄夢 at 15:41

Twitter

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング