安倍晋三による露骨な選挙干渉 - それを不当な圧力と抗議しないマスコミ

c0315619_16295674.jpg解散決定から10日が過ぎ、投票まで残り2週間、選挙戦は後半戦に入った。議席の減少を最小限に食い止めようと、安倍晋三がなりふり構わぬ選挙干渉を行っている。最初に小言めいた提案で恐縮だが、Twで安倍晋三を叩いている者たちは、できれば選挙干渉という言葉を140字の中に使って欲しい。これは単なるマスコミへの圧力ではなく、政権による反対党への明確な選挙妨害の行為だ。選挙干渉という語は、主に歴史に登場する言葉で、現代の日常社会では接する機会のない政治用語である。明治期、民党(野党)に負けそうになった吏党(与党)が大がかりな選挙干渉をやった。第2回の帝国議会選挙では死者25人を出し、この語を日本史の教科書に残している。品川弥二郎という安倍晋三と同郷の人物の名前は、この不名誉な事件と共に一般に記憶されることとなった。選挙干渉という語に接したのは、私の場合は高校の日本史の授業が初めてだったが、歴史ではもう一つ、ドイツのナチスの例が有名である。ナチスが選挙で勝った要因を調べると、選挙干渉の暴力と弾圧が大きく奏効している真相に行き当たる。決して平和的な選挙での結果ではなかった。われわれが考えなくてはいけないのは、今回の安倍晋三の事件が、選挙干渉として歴史に記される第三の事例になるかもしれないということではないか。ナチスの方法に倣うというのは、安倍晋三たちの神聖なモットーであり、改憲の手口のみならず、在日への迫害扇動をはじめ、何から何まで類似している事実がある。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_16224576.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-11-28 23:30 | Comments(6)
Commented by あつい at 2014-11-28 20:14 x
知っているとは思いますが、萩生田光一は統一教会系の議員です。

週刊朝日とかで既に報道されていますが、ついこの前の10月25日にも八王子市芸術文化会館大ホールで「祝福原理大復興会」という統一教会の催しにも参加していたとの事。

安倍晋三はいうまでもなく祖父の岸信介からバリバリの統一教会の直系議員、安倍と萩生田光一のつながりも間違いなく統一教会ラインです。
 
Commented by 旅マン at 2014-11-28 22:49 x
繰り返すが、今回の選挙、小難しく考えることはない。一人でも自民党候補者を落選させる。ただし、次世代や維新の極右系の野党候補者のみは『干からびさせる』こと。
どうしても小選挙区で民主党候補者に投票するのがムカつくなら、その怒りを比例で護憲の政党に投票して鎮めればよい。
とにかく、選挙報道特番で奴らのにやけ顔を見たくないなら、小選挙区は民主党に入れるまで!
選挙干渉、その通り!あえてblog主の手先になろう(笑)。悪いやつには石を投げよう!
23で噛みついた晋三、私も見ていた。
ネトウヨの言いがかりそのもの。ムカつくより醜い、キモいって感じだった。
良くも悪くも首相とはキングだ。
王者の貫禄ゼロ。
恐らくこの戦、橋本龍太郎の敗北戦みたいになると見ている。
選挙制度に守られて(怒)、あそこまでの大敗はしないだろうが、晋三たちがいかにマスコミを恫喝しようが、銭金のネタだけは、右も左もないので(笑)予想外の負け幅もありうるのではないか?
アンチアベノミクス、これ一本でよい。
原発や平和ネタを語る人は、殆ど間違いなくアンチアベノミクスであり、アベノミクスに好意的なことを抜かす奴等は、悉く戦争万歳
、原発にも妥協的ではないか?その比は、民主党どころではない!
野党を野党らしく立て直させ、アンチ新自由主義で勝ち癖をつけさせる。
統一地方選で維新は必ず壊滅する。
リベラルの反撃、三年後の大勝負の前哨戦にしよう!

Commented by haku at 2014-11-29 07:06 x
ひどいもんです。今朝の新聞で「朝まで生テレビ」への荻上チキ氏と小島慶子氏の出演拒否の報。目の上のたんこぶを徹底してつぶしに来た感。まさに選挙干渉。オレ様ぶり発揮がどんどんエスカレート。取り巻きどころか、政調会長も幹事長も大勲位氏も彼を止められない。他人ごとではない。不幸なのは、こんな方を首相として君臨したつもりにさせているわれわれ国民。諸外国は、基本的なコードを守れずコミュニケーション不能なリーダーを持つこの国を警戒し、外しに掛かっている。孤立、国連脱退、戦争への道。
Commented by 長坂 at 2014-11-29 11:35 x
以前、選挙報道絡みで「ニュース・ステーション」が槍玉に挙がった事があったなと思いチェックしたら「椿事件」でした。もう20年以上前なんですねえ。Wikiを読んでいたら2003年にニュース・ステーションで民主党の菅直人の政権構想を好意的に報道したと抗議し、自民党議員のテレ朝出演を拒否したのが当時幹事長のシンゾー。そんな事もありました。さすが常日頃反社会的勢力と交友のある人の基本の"き"は恫喝と報復なんですね!
Commented by 一億総中流の復活を at 2014-11-29 22:56 x
ストップ・アベノミクス ストップ・格差拡大
 一握りの大金持ちや特権階級と、多数の貧困層が固定化する社会を作らせない。
ストップ・選挙干渉 ストップ・秘密保護法
 この国を独裁国家にしない。
ストップ・集団的自衛権 ストップ・安倍の暴走
 戦争を回避する。

ひとりでも多くの自民党議員を落選させること。そして安倍の力を削ぐこと。それが今回の選挙の目標。旅マンさんに同意。
野党が頼りなくても、民主の裏切りを未だに許せなくても、その件は、次の選挙で。
今回の選挙で安倍が勝てば、次はない。選挙干渉はもっと酷くなり、秘密保護を口実に報道管制が行われ、まともな選挙は二度とない。

共産党支持者の皆さんは、よく考えて欲しい。
このまま道徳が教科化され、成績評価の対象となれば、皆さんのお子さんやお孫さんが、どうなるかを。戦争が現実になれば、真っ先にスパイと呼ばれ、殺されるのは誰なのかを。
今回だけは、小選挙区の反安倍票を、ひとりの候補に集中するべきだと思いませんか。
Commented by 梅子 at 2014-11-30 09:14 x
安倍とその支持者たちは北朝鮮にでも移住して平壌中央放送で思う存分偉大なる領袖安倍様マンセーでも連日連夜放送してもらえばいいのではないか?それが彼らの理想だろう。
今回の選挙で自公を勝たせれば日本の北朝鮮化がさらに進み、NHK始め全ての日本の放送局が平壌中央放送になる日も近い。
自民党は自由も民主も捨てましたと自分で言っているようなものだ。
それを安倍と取り巻き以外の議員が恥ずかしいと思っていないのだったら自民党は完全に終わっている。

今回の選挙の争点は安部そのものでけっこう。
先日安倍の経済指南役本田悦朗が話しているのをテレビで見たが、アベノミクスは必ず失敗する。
本田が話す内容はまるでカルト、国民の気分が上がれば景気が良くなるそうだ、気分が上がれば輸出が増えるか?
実際円安になったにも関わらず輸出は増えていないが、それについては本田はスルーしている。
残るものは巨額の財政赤字ということに必ずなる。
多くの国民は非正規雇用と少子化で塗炭の苦しみを味わうことになる。
高い内閣支持率は株価が上がったことに目を奪われた多くの国民の「これから景気が良くなって生活が楽になる」という期待で持っている。
実際は外資ヘッジファンドの仕掛けによって株価が上がっただけ。
まあ自民党のやり方が上手で野党がどうしようもなく下手糞だったことは認めざるを得ないが。


カウンターとメール

最新のコメント

特定秘密保護法、安保法案..
by 私は黙らない at 04:05
安倍総理の顔が、元気のな..
by はちみつ at 22:18
蓮舫戸籍問題、民進のネト..
by 長坂 at 13:16
>>実はその行動には、唯..
by ポー at 16:20
北欧旅行もあるでしょうが..
by ポー at 16:25
安倍の腐臭を放つ政治に、..
by ともえ at 23:46
フェイクニュースといえば..
by 一読者 at 19:35
公明党山口代表が、憲法改..
by ネット受信料を払うの? at 00:01
元エリート官僚による..
by 七平 at 09:10
19時のニュースで九州豪..
by アン at 00:26

Twitter

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング