マスコミが言わない日中合意の真実 - 尖閣問題での譲歩と米国の関与

c0315619_1512229.jpg今回の日中合意の4項目について、日本のマスコミはそれを玉虫色だと言っている。玉虫色というのは、見方や立場によっていろいろな解釈ができるという意味で、政治や外交の文書では一般的な慣行とテクニックであり、日米の首脳会談でも同様の細工は毎度のようにやっている。文書の表現を具体的な語にせず、多義的に曖昧にして、合意した双方が自己に都合のいいように語義を解釈できる方法だ。だが、今回の合意文書については玉虫色という評価は全く当を得ていない。逆である。具体的だ。どこが具体的かというと、特に第3項である。「双方は、尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し、対話と協議を通じて、情勢の悪化を防ぐとともに、危機管理メカニズムを構築し、不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた」とある。尖閣問題について、これだけ具体的な文言がドキュメントに入り、外交上の課題と対策が明記されているのに、これを玉虫色と言って意味を矮小化するのは、あまりに曲解と欺瞞が過ぎるのではないか。まず、何より重要な点は、「尖閣諸島」という文字が公式文書に残ったことである。そこに「緊張状態が生じている」問題が確認され、その認識において日中双方に「異なる見解」があることが合意されている。尖閣の問題が日中の外交文書に入ったのは初めてのことだ。この事実の意義はきわめて重い。ごまかさずに正視しなくてはいけない。 



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1514555.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-11-11 23:30 | Comments(1)
Commented by ヒムカ at 2014-11-12 02:32 x
中国の「礼儀作法」

アジア太平洋経済協力会議(APEC)では、安倍晋三は冷遇された。
11月11日「朝日新聞」夕刊に、「人民日報報道」が紹介されている。
首脳会談では、招待国代表が会談相手国首相と記念写真をとるのが慣例。
他国と違って、日本国首相安倍晋三のみが差別待遇を受けていたという。他国と違って、安倍首相の場合のみ背景に国旗が無い。他の首脳との握手の写真の解説には「会談した」との一言の説明。しかし、日本の場合「日本の求めに応じて会談した」とある。中国は芸が細かい!

その後、人民日報系国際情報紙に、>「礼儀作法にならった」として、>「中国側は、首相に『礼』を与え、同時に(約束を守るという)『義』を求めた」と紹介されている。まさに、この図は「冊封体制」下の《礼》の作法。つまり、周主席は、朱子学〈孔子〉の教えにのっとって君主として振舞ったと世界に見せたのである。戦略としては、安倍さん劣性ですね。
それを、年内解散総選挙をにらんでいるという。どこまでも国民を愚弄する国粋主義者である。倫理よりも「経済」と邁進していった岸伸介の亡霊が背後に見える。
みなさん!今度こそ挙って潰しにかかりましょう。


カウンターとメール

最新のコメント

特定秘密保護法、安保法案..
by 私は黙らない at 04:05
安倍総理の顔が、元気のな..
by はちみつ at 22:18
蓮舫戸籍問題、民進のネト..
by 長坂 at 13:16
>>実はその行動には、唯..
by ポー at 16:20
北欧旅行もあるでしょうが..
by ポー at 16:25
安倍の腐臭を放つ政治に、..
by ともえ at 23:46
フェイクニュースといえば..
by 一読者 at 19:35
公明党山口代表が、憲法改..
by ネット受信料を払うの? at 00:01
元エリート官僚による..
by 七平 at 09:10
19時のニュースで九州豪..
by アン at 00:26

Twitter

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング