不安定な「ヘイトスピーチ」の定義 - 規制立法に「迫害」の用語を

c0315619_18322482.jpgいわゆる「ヘイトスピーチ」について、前の法務大臣だった松島みどりは、9/3の就任会見の席上、「定義がはっきりしているのか疑問」だと語っている。この見解は松島みどり個人のものではなくて、法務省、つまり日本政府の現在の立場の表明と言える。「ヘイトスピーチ」を法規制せよという声は、国内外から高まりを見せていて、特に国際社会からの要請に応える必要という点からは、もう一刻の猶予もない現状であることは間違いない。だが、一方、法規制する上においては、どうしても法律上の定義を明確にする必要があり、その定義が将来にわたって妥当し、この国で有効に適用されるものでなくてはならず、矛盾をきたしたり、すぐに手直しするような不具合が生じたりしては使いものにならない。司法当局の慎重な - すなわち消極的な - 姿勢は、それなりの理由がある。ネットを一瞥したかぎり、「ヘイトスピーチ」規制の立法化について日弁連のガイドラインが見当たらない。日弁連がこういう条文の立法措置をすべきと、そうコンセプトを具体的に明示すれば、国民の議論のたたき台になるのは確実だが、今のところその提案は示されていない。各政党は法案を検討作業中だけれど、意外なことに、社民党や共産党からの試案は未だ提出されていない。昨年の赤旗記事を見ると、共産党は「検討・議論が必要」と言うに止まっていて、規制立法の青写真について発表していない。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_18335290.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-10-29 23:30 | Comments(3)
Commented by 三隈 at 2014-10-29 21:58 x
本来名前から受ける自分の印象では「私戦予備及び陰謀罪」などは「朝鮮征伐」などと本気で考え活動している人々に適用するものではないのか。「殺せ」「出て行け」などは殺人教唆、脅迫ではないのか。元来既存の法律で十分対処できるはずのものが放って置かれていることが異常に思える。例えば学校のいじめなどはその内実を見れば傷害、器物破損、名誉毀損等の合成されたもので外の私人間では法の裁きを受けるものが「いじめ」という用語で包まれることによって異質化され大人世界での自分が被害者となれば当然に憤怒するであろう臨場感を取り去り他人事な概念として切り離しているように思う。であれば現在起きている一部の民族への苛烈な攻撃もそのように個別に対処するべきではないのか。繰り返すが今ある法律でも放置されているのが異常なのだ。たとえば個人相手ではないということで逃げられないよう特定の企業の社員に対して同じことをしたらという思考実験をするとそのままで済むだろうか。多数の訴訟と罪に問われるのではないのか。そのような本質を見つめる作業をしなければ新しい法律を作っても変わらないだろう。呼びかけとしての効果を期待する自己満足に終わるのではないか。何より運用するのは今の政府になるのである。結局権力が庶民を抑圧する道具にされる気がしてならない。
Commented by あつい at 2014-10-29 23:43 x
在特会がやっているような活動は、新たにヘイトスピーチ規制しなくても現行法で既に法に触れている場合が多い。

威力業務妨害や、脅迫行為などの立件をきちんとやって行く事が先決。

ヘイトスピーチの法規制は、今の安倍政権では、ろくな立法にならない可能性が高いので、海外からの要求が強くても、
あまり積極的に求めようとは思わない。
 
Commented by 国民拘束 at 2014-10-30 05:38 x
>古くから積み重なる問題で、関東大震災のときに大虐殺があった同じ問題が復活しただけ


その通り根深いと思います、根底は。差別感情に枯棒杭に火を着けるのが狙いだった。差別を知る者にとって韓流ブームなんて夢のような物でした。アジアに経済共同体ナンか作られちゃ困る、囲い女が他所の…と出来ちゃうのも困る。
国際的背景もあるとはいえ、現行法で充分取り締まれる問題を敢て放置し以って社会問題化させ政権専一で(外国の望む日本人)規制立法を作る。この手法、警察に擁護させナチを擡頭させた旧ドイツ権威主義的反動の時代の手法と同じで、アメリカにも世界じゅうの大衆操作政権にも引継がれている通りです。(松島はこれで?辞めさせられた?)

新しい規制法、これは安倍戦争準備ファ政権が創る!秘密保護法や集団的自衛権、歴史修正主義抬頭(従軍慰安婦・南京大虐殺)問題と全く同じ文脈の、勝者「歴史」の大本流、20億の中朝韓日をどう支配するのかと云う主客モメントの演出を抜きに考える事は新しい物を見逃す畏れを妄惧。


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング