閔妃暗殺と明治国家 (3) - 「謀殺と侵略の日本史」の自己認識

c0315619_18534287.jpgヤマト(倭・大和)とは、もともと奈良盆地の東南地域を指す呼称で、大和政権の拡張と共に征服した領域をその名で呼ぶようになり、さらに列島全体の国号となったものである。王権が出発したもともとの国の名が、支配を拡大した全域を指すようになるのは、秦や宋など中国の歴代王朝のパターンと同じだ。沖縄の人々は、本土の人間をヤマトンチューと呼ぶ。大和人。その後、7世紀に国号をヤマト(倭)から日本に変えた。閔妃暗殺の問題に考えを集中させると、どうしても、古代以来のこの国家と民族の歴史に思いを馳せざるを得ない。日本は、長い歴史の中で、何度か国家滅亡もしくは分裂の危機に瀕してきた。その最も近い経験は、69年前の1945年のことで、このとき歴史上初めて外国軍に全土を占領され、天皇制の存続も危うい事態になる。70年前の今ごろ、1944年の10月とかは、この国の誰もが、日本は滅びるのではないかと漠然と思ったことだろう。日本人も絶えてなくなる、民族が絶滅すると、そういう不安に苛まれていたはずだ。663年、白村江の戦いに敗れた直後、天智朝が近江京の要塞に逼塞して「本土決戦」を覚悟していた当時も、まさにそういう恐怖と焦燥にかられていた時期だっただろう。そろそろまた、同じカタストロフに直面する時節ではないかと、私はそう感じている。そして、今度こそ、国家(日本)と民族(日本人)が滅びるのではないかと、悲観の念を強くしている。その根拠はと言えば、司馬遼太郎が逝く前にそう予言を残していたからだ。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1855887.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-10-17 23:30 | Comments(4)
Commented by ゆたか at 2014-10-17 23:49 x
>吉野と熊野。good field の吉野は、safety zone の意味であり、devil field の熊野は、dangerous zone の意味と読み解ける

こういう話は面白いですね。
地名を目先の商業主義などで迂闊に変えると、この種の歴史認識もできなくなりますね。
Commented by 新羅三郎義光 at 2014-10-18 18:15 x
倭=古代日本では決して有りません。山形明郷氏の名著
「卑弥呼の正体」「古代史犯罪」を、是非御読み下さい。
Commented by ろうのう at 2014-10-18 20:55 x
桃太郎と言えば童謡の後半

そりゃ進め そりゃ進め 一度に攻めて攻め破り つぶしてしまえ 鬼が島

おもしろい おもしろい のこらず鬼を攻めふせて 分捕物を えんやらや

ばんばんざい ばんばんざい お伴の犬や猿 雉は 勇んで車を えんやらや

うーん やはり残酷なものがありますね。
Commented at 2014-10-21 20:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


カウンターとメール

最新のコメント

私は3月18日の世に倦む..
by 福寿草 at 21:15
冷静に考えて今回の証人喚..
by キヌケン at 16:43
地球の裏から日本のニ..
by 七平  at 10:03
こんにちは。今の世の中の..
by r_tta at 15:29
辺見さんの「こころの時代..
by 長坂 at 10:47
籠池泰典のロンダリングを..
by 愛知 at 03:35
頓馬な稲田朋美の百人斬り..
by 和田啓二 at 15:37
「邦人保護のため、海自艦..
by 愛知 at 02:53
現天皇は ”愛国心は..
by 七平 at 05:37
福島原発事故を当時担当し..
by 愛知 at 03:30

Twitter

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング