奇怪な喜納昌吉の知事選出馬劇 - 背後に見える小沢派の蠢動と思惑

c0315619_16445052.jpg先週(9/16)、民主党沖縄県連の決定で喜納昌吉が知事選への出馬に走り、その動きを植草一秀や山本太郎が援護して問題になっている。喜納昌吉の言い分によると、本命候補である翁長雄志が辺野古埋め立ての承認撤回を公約しておらず、そのため支持できないので自らが立候補するのだそうだ。これを聞いて、喜納昌吉の動機に思いを巡らせたとき、最初に思い浮かんだのが、2月の都知事選での左翼の選択と行動だった。すなわち、組織の維持と保全のためではないか、という着眼である。翁長雄志は保守と革新の両方から幅広く支持を受けていて、公明の票も取り込む情勢になっている。普通に考えれば、民主党の沖縄県連の態度としては、翁長雄志の支持に回り、正式な推薦はしなくても陣営の末端に参じ、当選後は県政与党の一角を占めるものだ。今、沖縄には民主党の国会議員が一人もいない。もともと、本土と較べて共産や社民(社大)が強い沖縄では、新参の民主の地盤が脆弱だ。喜納昌吉も、2012年の衆院選での落選後は浪人の身で、2013年の参院選にも出馬できなかった。政治家というものは、選挙に出ておかないと有権者に忘れられてしまうのだと、以前、とくらさんが語っていた。国政選挙は2年後の2016年までない。今度の知事選は沖縄を揺るがす大きな政治になる。ここで何もせず、出番もなく、指をくわえて後ろから見ている役割になると、弱体な民主の地盤はさらに干からびる。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1646474.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-24 23:30 | Comments(5)
Commented by あつい at 2014-09-25 06:29 x
>維新に流れていた極右票が、次はごそっと田母神新党に流れる。

しかし田母神もチャンネル桜の水島とかなりゴタついている。

チャンネル桜の映像に出てるが、水島はこの局面での新党結成にかなり強く反対した様子。

それで結局は田母神は「頑張れ日本! 全国行動委員会」の会長を降りたし、
逆に水島は田母神の後援会?の幹事を降りている。

さらに田母神は日本ダイアモンドクラブとかいう非常に怪しげな団体の顧問になったがそれも水島の反対で降りている。

左翼の内ゲバではなく右翼の仲違い、という状況。
 
Commented by かまどがま at 2014-09-25 09:26 x
喜納昌吉と下地幹郎の立候補は政治活動をやっているというただのアリバイ作りという説に同意です。
翁長雄志の当選が承認撤回に直結しないという可能性は承知の上で、それでも、「腹六分目、オール沖縄で反対」の姿勢は、
辺野古の浜やゲート前、高江の座り込みに来たのか来ないのか不明のまま承認撤回や県民投票を主張する喜納や下地の不誠実よりもよほど信頼できる。耳に心地よい、大きな事を公約し、当選後に覆す今までの沖縄の議員にはもううんざりしている。
9.20の県民行動で観衆の中に一人座っていた鳩山由紀夫に、地元へ詫びる姿勢、反新基地建設の意志が感じられる。
Commented by MK at 2014-09-25 22:29 x
喜納昌吉氏の立候補。瞬間、都知事選の悪夢が甦りました。そして、リベラル派に発信力をもつ山本太郎氏の援護射撃。耳を疑いました。「どこまでおめでたいんだ」「状況はもう待ったなしだ」と。100%の理想論より「選挙に勝つ」。ここで勝たねば終わりです。真っ当な人格者は決して政治にならないのを見てもわかるように、政治は理想論では語れません。おっしゃるように、勝つために、広告的発想で周到な戦略を練らねばなりません。現在の左派・リベラルにはそれが欠けており、安倍政権にはある。だから、左派・リベラルは負け続け、日本は極右政権に牛耳られてしまった。沖縄で、票が割れ仲井真弘多氏が勝ってしまったらどうなるのか・・・いくら仲井真氏が不人気とはいえ、おっしゃるようにに、勝敗は1票差で決まる。日本の未来へのかすかな希望を潰さないでほしい、と祈るような日々です。
Commented by なぜ翁長を無防備に信じるのか? at 2014-09-26 01:05 x
 
翁長と仲井間の対立は、自民党による自作自演という可能性がある。
賛成派の仲井間を支持する一方で、移設反対派には翁長という内通者を送り、
あたかも自民党分裂の争いに見せかけておきながら、実は両者ともに賛成派という出来レース作戦かもしれない。
郵政選挙と同じく、争点を自民党の争いに切り替え、他の野党候補を蚊帳の外にしようとしているのだ。
そうなれば、どちらが当選しても、辺野古移設ができるからである。
 
 
「まさか、そんなことは……」という楽観的な考えは危険である。
今まで何度も「まさか」なことを実行し続けてきたのが自民党なのだ。
植草氏は、その罠に気づいたからこそ、喜納氏を支持しているのだと思われる。
 
Commented by トム吉 at 2014-09-26 02:40 x
いつも拝読しています。
菅→小沢→喜納は考えたくないです。希望観測的に。

都知事選の結果にはほんとうに打ちのめされ、あのとき、宇都宮氏に走った人たちの危機感のなさに失望しました。以来、極右のやりたい放題に絶望感がつのります。

今回の喜納氏の行動によって、また同じことが起きたらどうしよう……ただ、沖縄の人たちは都民よりははるかに賢いし、現実を真剣に見ているはず。甘いでしょうか。

山本氏が将来的に小沢派と組むというのは、むしろあってもいいのではないかと思います。左翼系の党に極右に対抗する信念も選挙力もないんだとわかってしまった以上、どこかに受け皿が欲しいと願っている、ココロはサヨク人間は結構いるんじゃないかとも思います。

そういう人たちを、小沢氏が最後の力を振り絞って救い取ってほしい。
こんなことを考えるとは、都知事選以前は考えもしなかったけれど。

小沢派のなかには三宅雪子氏のような人もいます。たしか、参院選でも彼女と太郎は一緒に演説していましたよね。落ちちゃったけど。彼女はいいな。twitterを読むだけでも、こういう人に将来、日本初の女性首相になってほしいと思う。妄想ですかね。



カウンターとメール

最新のコメント

ここまで来たら、暴力を行..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 21:26
今、自民党に投票している..
by 中選挙区で多様性を at 23:59
米国で小選挙区制を導入し..
by Runner at 07:27
何主義であろうと、あ..
by 七平 at 11:34
ロシア革命から100年、..
by 長坂 at 23:42
いつも拝見していますが、..
by takahashi at 16:01
 宮崎駿の次の新作になる..
by NY金魚 at 12:16
専門的な研究や読書をした..
by 七平 at 02:31
見事なブログ、何度も読み..
by 長坂 at 00:09
志位さんは上機嫌らしい。..
by medemensen at 00:11

Twitter

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング