反動のプロパガンディスト池上彰と視野狭窄な水島宏明の朝日叩き

c0315619_16192920.jpg池上彰について、そのプロパガンダを批判する記事をこれまで2本書いている。2本とも2010年のことだ。この頃、テレビで売り出して今の地位に固まった。4年前、私はこう書いている。「池上彰のプロパガンダ放送というのは本当に悪質で、政治洗脳としてこれ以上ない窮極の姿がある。普天間問題の回もそうだったが、池上彰が話す中身は客観的に公平な時事解説の提供ではなく、政治的に偏向した立場からの一方的な問題の単純化であり、親が幼児に『あれは悪い、これは正しい』と出鱈目を教え込んでいるのと同じだ。その一方的で偏向的な政治主張に対して、お笑いタレントたちが『なるほど』『へえそうか』と頷いている。そういう『教室空間』が模擬されて娯楽番組になっている」。我ながら当を得た的確な指摘だと思う。が、時間が経つ毎に、飼い慣らされてこの批判意識を失っている。池上彰が朝日に載せているコラムを、朝日の購読者の私は一度も読んだことがないけれど、基本的にそのコラムは、品質も属性も水準も4年前の「学べるニュース」と同じだろう。一言で言えば、反動が大衆を洗脳する愚劣で粗悪なプロパガンダである。つまり、日本の言論の4年間の退化と劣化は、朝日新聞が民放のお笑い洗脳番組になったという事実で象徴的に総括される。悲惨というほかない。左翼やリベラルの立場で言論をしている者は、せめて、上に並べた私の池上彰論を共通認識にして欲しいし、この意見にまさか反論はあるまい。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_16212483.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-09 23:30 | Comments(14)
Commented by 旅マン at 2014-09-09 21:00 x
これだけ騒いでも、ナベツネ新聞がいくら世界一の部数を誇っても、クオリティペーパーとしての評価はいまだ成されないのはなぜか?
それには新聞社としての批判精神の欠如と答えておきたい。読売は自民党の犬っころである。それ以上でもそれ以下でもない。
黒田のオッチャン退社後の読売なぞ、金の無駄である。
連の朝日のバカぶりには腸が煮えくり返る思いだが、これで過去の日本の悪行がなかったことに確定される展開、少なからずとなりつつある。
しかし、ヒロポンひとつとっても、元を辿れば日本のおぞましき悪行があってのこと。
朝日がグダグダなら、私たちが情理を尽くして極右のデマを打ち負かすしかない。
コンビニ、駅売、書店…至る所に極右のデマと『愛国無罪』的な煽り言葉が満ち満ちている過酷な状況下ではあるが、すれ違う赤ちゃん連れなどを見ると、世になんとかしてはいけぬと考え直す。
Commented by haku at 2014-09-09 23:07 x
朝日新聞が認めたのは、吉田氏が証言した従軍慰安婦強制連行の事実が裏付けられなかった、ということだけで、これを以てその他の従軍慰安婦に関する事実が何か証明された訳ではないでしょう。雑誌の中吊り広告が目に入ると「そこまで言えるのか?!」と正直、その論理性のなさと明らかな便乗に対して笑いを禁じ得ません。
Commented by tokyoletter at 2014-09-10 00:23 x
連中は、都合のよい政治音痴だなと思いました。いよいよサヨクが「馬鹿なふり」をして、翼賛する機会を探しはじめたなと思います。70年など一日のようです。本来、政治的な思惑がうずまいているときに、正論を正論として立てるには、大変な思考がいるものだと思います。消されたブログ記事で、辺見庸氏は、神奈川新聞の社説に支持を表明していましたね。
Commented by たく at 2014-09-10 00:47 x
歴史修正主義が好んで主張する吉田証言の信憑性に問題が有る事や、慰安婦が高額な給与を貰っていたと言う見解はクマラスワミ報告に記載されている。彼らが声高に騒げば騒ぐほど、国連が吉田証言にのみ依拠して強制連行を判断した訳ではない事が明らかになるだろう。即ち、朝日が慰安婦問題の全ての元凶という根拠が崩壊する。
また、マクドゥーガル報告に明確に記載されている『14万5千人の朝鮮人性奴隷がレイプされた挙句殺害された』という日本を辱める妄言が、元自民党国会議員である荒船清十郎氏の発言であることも明らかになるだろう。
Commented by kokoron at 2014-09-10 00:52 x
本当に、現代日本のメディアと
ジャーナリストのお歴々にはがっかりさせられます。
本来、彼らには「権力を監視する」という使命がある。
自分たちのフィールドのメンバーを叩く時間と誌面があるなら、
政治面でも経済面でも取り上げなきゃいけないことが
今の日本にはたくさんあると、一般人の私でさえ思います。
特定秘密保護法の施行が見えてきてから、
本当に各メディアは目に見えて、国民の知る権利に関わる
重要なテーマを追及しなくなった。嘆かわしい限りです。
その一方で、こうした足の引っ張り合いのような
キャンペーンには我も我もと加わる。
朝日叩きで売り出しているメディアと
そこに名を連ねているジャーナリストたち、
あなたがたはわかってやっているのだろうが、
それこそ仕事に恥じる気持ちはないのか。
一番重要な自分の責務はそっちのけ、しらばっくれて
朝日を叩いてお金をもらう、
サークル活動みたいなことが仕事でいいのか。
それでジャーナリストを名乗って恥ずかしくないのか。
一度、真面目に聞いてみたいです。
Commented by てんてん at 2014-09-10 21:10 x
上にあるコメントにもあるように
朝日は「吉田証言」の裏付けが取れなかったと確認したにすぎない。
「裏付けが取れない」のと「虚偽である」のとはちがいます。
まして仮に吉田証言が虚偽であったとしても
今や、慰安婦問題は吉田証言によらない直接、間接の証言、証拠文書
がたくさん発掘されています。
吉田証言が信憑性に乏しい?だからなに?
なのです。

この違いに一切言及せず、一挙に「慰安婦問題は捏造だ」と
一挙に結論づけるほど、日本の言論界は劣化しているのでしょうか。

朝日新聞の報道姿勢を、私は必ずしも支持しません。
けれど、これは放置しておけない由々しき問題です。
朝日新聞の報道姿勢を論ずるとき、あの忌まわしき
「赤報隊事件」に言及しないのは片手落ちだと思います。
(続く)
Commented by てんてん at 2014-09-10 21:11 x
(続き)
連投失礼します。

私の年代では朝日新聞と聞けば「赤報隊事件」が浮かぶのですが
すでに若い人々の中にはこの事件を知らない人がいるのですね。
朝日新聞阪神支局襲撃事件において、朝日の社員二名が殺傷された
にもかかわらず、この事件は2002年に未解決のまま時効を迎えました。
この事件以来、朝日新聞は右からの攻撃に対して、すっかり
腰が引けてしまいました。
今回の、今さらな「吉田証言検証」のウラにもこうした右からの
有形無形の攻撃、恫喝があることは容易に想像できます。

こういう暴力による言論の圧殺を許していていいのでしょうか。

「慰安婦問題」だけではありません。
元日本兵の中で「南京事件」についての証言(虐殺などを「見た」
「やった」)をする人々がいるのですが
彼らの証言が公表されると、必ず歴史修正主義者が
執拗な恫喝、攻撃をかけてくるそうです。
(旧日本兵の方から直接聞いた話です。)

「日和った朝日新聞だから攻撃されても仕方がない」というのは
間違っています。
明日は我が身です。これがまかり通ればいずれ
「言論の自由」はなくなります。
有形無形の暴力による「言論テロ」をゆるしてはならない。
Commented by りょう at 2014-09-11 05:21 x
河野談話・村山談話撤回はおそらく無いとは思いますが、仮になされた場合、深刻な外交的敗戦となることは確実です。

戦前の国連脱退の「わが代表堂々退場す」の愚行をもう一度繰り返してしまうことになります。
Commented by 遠野物語 at 2014-09-11 05:33 x
朝日新聞は論点、反論を整理して、朝日新書などで出版しなければならない。「慰安婦問題 核心は変わらず」! 売れると思うし。
Commented by 旅マン at 2014-09-11 14:07 x
極右学者の國學院大学の学者が、その昔、
朝まで生TV、本番中に南京事件の生き残りだったかの被害者男性に『どこの部隊のだれがやったんたんだ(怒)!』とブチキレていたの思い出した。
吉田証言が嘘八百ならば、もう全ての慰安婦ネタはデタラメ確定なのか?
そんなバカな話はありえない。
極右の手口は、この大原某そのまんまであり、被害者側にはガキの喧嘩みたいに『何時何分何秒』に至るまでの突っ込みをかまして責めたて、なかった、なかったと騒ぎ立てる。日頃は被害者さまさまと、加害者を問答無用に叩きのめす世論なるものは、
戦争ネタになると途端にこの回路を停止してしまう(笑)。
それにしても毎日新聞、なんだあの検証記事?橋下通がほくそ笑みそうな大特集(怒)!
しかしその一方で、不思議なことに朝日も毎日もガーディアンのあの記事を、ただのベタ記事にすら載せてない。
さらに言えばTV報道では、大人なのにモザイク扱い(笑)。
東京中日新聞ではモザイクなしで、普通に伝えていたぞ!
Commented by ワットタイラー at 2014-09-11 14:40 x
従軍慰安婦問題に「強制」の二文字を冠せることで、女性・他民族への人権侵害のみならず、日本による朝鮮半島の植民地支配は不当であったという事実認識・価値判断が暗黙のメッセージとして込められている。根底に不当な植民地支配があり、「奴隷狩り」のようなかたちで慰安婦が徴集されたわけではないにしても、「強制」という言葉を使うことで日本側は自国の過去に対する反省を示しているのである。
なので、慰安婦問題から「強制」の文字を削除するということは、「植民地支配は止むを得なかった」さらに進んで「日本による半島支配はそんなに悪くなかった」とする過去の行為の相対化・正当化につながる。単なる言葉使い、表現の問題ではなく「強制」の否定は、周辺諸国のみならず国際社会への挑発とみなされる。
報道バラエティー番組で、政治家や自称ジャーナリスト・評論家どもが歴史問題で軽々しい暴言を放ち、それに視聴者が「本音トーク」としてヘラヘラ笑って喜んでいるが、これこそが「平和ボケ」の醜悪な光景である。
Commented by 日本は孤立 at 2014-09-11 22:35 x
従軍慰安婦の本質は「軍人が直接、女性に銃や刀を突きつけたか」ではない。女性が絶対に断れない状況が、日本軍の力を背景として作られていたから、「強制」なのである。
この点は、ブログ主様が、とうの昔に「レミゼラブル」のアンハサウェイを例に挙げて指摘していらっしゃる。
 つまり、今回の「吉田証言」が誤報であっても、事の本質は変わらない。国際社会が従軍慰安婦問題を免罪する事など絶対にあるはずがない。
 むしろ、こんな屁理屈で従軍慰安婦問題を正当化しようとしている事によって、更に日本に対する批判は強まり、結果、中国・韓国の国際的地位は向上する。
 右翼の連中に聞くが、やくざに「肝臓をください」と優しく頼まれ、金を受け取って肝臓を差し出した人は、直接の暴力を受けてさえいなければ、強制ではないと言うのか。経済活動として、自ら進んでやった事だというのか。
 そうする以外に生きていけない社会の状況を作っておきながら、体を売る女性に対し、「自分の意志でやった」「金のために好きでやった」などと言うのは、きわめて卑劣であり、武士道に反する。恥を知れ。
Commented by ヒムカ at 2014-09-12 03:23 x
「李下に冠を正さず」といいますが…

悪夢か、悪戯か…現在の日本のマスコミの野蛮状態には、嘔吐感をもよおしてしまう。
ブログ主さんご指摘の通りと思います。>「狡猾な池上彰が、ここぞとばかり機を狙い、朝日叩きの挙に出て、内幕を暴露して騒ぐ作戦を仕掛けたのである」

池上から朝日新聞は、27日に原稿を受領して、翌28日、朝日が「修整の余地」の検討のお願いをするも、>「9月4日の帰国後に改めて」と相成った。が、何故か?9月1日夜、池上彰は外部にリークしたという。しかも、日本のマスコミが騒然としたときには、すでに海外出張。用意周到に計画し、かつ「連携プレイ」したのだ。
正義のための審判者と装って、「富の偏在」や「格差社会」に陥った人々の絶望的な怒りに点火して、日本を一挙にファシズムに誘導しようとしている。

『丸山真男の思想』に書かれている警句。人々の政治の拒否=無関心は、「最も悪しき者」(つまり、政治の権力者を)助長し、やがて、>「諸君のひたすら依拠する個性と内面性の最後のひとかけらまで圧殺してしまう」
私たちは、立場の限界を認識した上で、「精神のうちに内部的な抵抗」を持ち続ける以外にはないように思います。
Commented by やより at 2014-09-12 10:27 x
東京電力の吉田所長、なにを勘違いして、大言壮語してんでしょうか?
「アホみたいな国」とか「ばかやろう」とか自分の発言がすこしまげて伝えられたことに対して、調子付いて偉そうに言ってますね。
その「あほみたいな国とあほみたいな政治家」にカネばら撒いて、できた原発で給料もらいながら、なんの反省もなく原発の所長してたんでしょ。
あなたも、あの多くの人々の故郷と、多くの住民への被曝を一瞬で生み出した事故の、「まぎれもない、第1級の責任者の一人だよ」、と教えてあげたいな。


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング