「湯川機関」の謎 - マスコミはなぜ湯川遥菜と田母神俊雄の関係を隠すのか

c0315619_1554055.jpg湯川遥菜について、相変わらずマスコミ報道が全くない。広島の土砂災害があった影響もあるけれど、誰が考えても不思議なほど、この事件についての情報が少ない。特に、湯川遥菜と田母神俊雄の関係を指摘する報道が皆無で、これには本当に驚かされる。田母神俊雄とのツーショット写真がテレビで紹介されない。昨日(8/24)のTBSの番組で、この事件が取り上げられる場面があったが、居並ぶコメンテーターの中で、湯川遥菜と田母神俊雄の疑惑について論じた者は一人もいなかった。事件の背景を知る上で、現時点で最も重要な手がかりとなる大きな事実であり、ネットの中では、湯川遥菜と田母神俊雄とは切っても切れない関係として認識が定着している。黒幕ではないかと疑いの目が向けられている。誰もが追跡と続報を期待しているのに、マスコミがこの事実を隠して伏せたまま、ネットの外で関心が広がるのを止めている。まるで腫れ物にでも触るように、この問題を避けて蓋をしている。昨日の目加田説子のコメントには、何かそういった、言いたくても言えない微妙な葛藤の雰囲気が察せられた。放送前に岸井成格から出演者に訓告があり、田母神俊雄の件は禁句だと指示されていたのだろうか。パールのネックレスが似合う目加田説子は素直でかわいい。純粋な心が顔に出て、今のマスコミ世界では希有な人材だ。もし、岸井成格による事前の「禁止通達」の統制があったとして、それに対して目加田説子は抵抗を試みたのだろうかと内情を想像する。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1582248.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-08-25 23:30 | Comments(6)
Commented at 2014-08-25 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by neco at 2014-08-26 01:38 x
改めて彼のブログを読んで見ると、まとめサイトがネタにしているようなトレーニングの生温さよりも、度重なる政治家・外交関係者との接触の頻度と濃度(田母上氏が述べているような、単なるイベントにおける有名人との挨拶ではなく、それなりの場所でそれなりの扱いを受けている)や、金銭的援助の程度(数十キロになるという装備を準備し、3日前に突然インドやらに行くといって普通に航空券を取れる予算の余裕)に、唖然とさせられるばかりです。確かに、感想から伺われる本人の動機は浅はかそのものですが、だからといって、それだけでこれだけのことができるわけではない、と確信させるに十分な記述です。何の評価をせずにこれを報道するだけでも、事実をして語らしめるに十分なものなのに。
Commented by 匿名 at 2014-08-26 08:20 x
行動保守の人たちの間では、湯川さんは、安倍さんを貶める為の在日韓国人!とか工作員だということになっています。
けど、不必要に隠しまくろうとするマスコミや政府の対応を見ると、かえってなにかあるんじゃなかろうか?と。
それと彼は田母神さんと水島社長としっかり握手していますね。
これ、チャンネル桜や頑張れ日本の幹部でも、なかなか社長と会話したり握手したりなんてできないのです。
つまり特別待遇。
あとニュースで、湯川さんのお父さんのインタヴュー流していましたが、ネットニュースと内容がずいぶん違っていて、音声の編集相当やった模様。

真実を知りたいので、野党の先生方にはぜひとも頑張って欲しい所ですが・・・。安倍さんを国会証人とか
Commented by 特定秘密 at 2014-08-26 21:55 x
湯川遥菜のPMCジャパンには、特定秘密保護法が適用されている。
なるほど、ブログ主様の指摘を採用して、こう考えれば、マスコミの不自然なまでの情報の少なさが納得できる。この国はもうその段階にまできているのだろう。
田母神をはじめとする安倍一派と湯川との関係を右翼がどれほど隠そうとしたところで、湯川のブログを見さえすれば、クライアントの存在は明白だ。
安倍は本当に戦争したくて仕方がないのだ。そのきっかけ作りを既にはじめているのである。そして既に日本は戦争状態なのだ。
戦争とは、後から振り返って初めて「既にあの時は戦争だった」と気づくのである。それは、我々が歴史から学んだ初歩であるはずだ。
政局大歓迎。対立軸大歓迎。がんばれ石破さん。この国はまだ北朝鮮じゃない。
Commented by kokoron at 2014-08-31 15:02 x
まだ湯川遥菜の存在が表面化していない7月初旬、
あるメディア企業のOBの方のお話を伺う機会があり、
特定秘密保護法について非常な懸念を示していらっしゃったことが
印象に残っております。
恐らく検察は摘発第1号の検討を進めているだろう、
しかし現在のメディアの状況では論戦を張って
ターゲットを守ることは難しいだろう、とのことでした。
それからわずか1、2か月、まさにこの方の懸念が
形になりつつある事態に、肌が粟立つような恐ろしさを覚えます。
特に、国や(一部というよりは発言者数が多い)一般市民の、
左傾傾向のあるメディアへの攻撃性は驚くほどで、
西山事件によって毎日新聞が潰れたような事態が
再度起こるのではないかという気がしてなりません。
民主主義を謳いつつ、実際のところ
この国の民主主義は崩壊しつつあります。
政治はもちろん経済も、一般の人間が
一部の富める者に魂も体も差し出さねばならぬ
状況になりつつあるのに、多くの一般人は
むしろそれを喜んでやりそうなきらいさえあります。
いったい自分に、選挙に行く以外に何ができるのか…
日々、悶々としています。
Commented by 荻原 理 at 2014-09-02 00:04 x
写真の湯川氏の横に写っていた、國安正昭氏の名前が載っている日本戦略研究フォーラムのURLが以下に掲載。{日本戦略研究フォーラム (平成22年12月31日現在 敬称略)で、検索して下さい。 } しかし、現在(そのまま、日本戦略研究フォーラムで、検索して下さい。)の委員「名簿」には掲載されていません。名前を連ねている人達を観るだけでも嫌に成りますが、ここに載っている名前の1人が石破氏である事は、ここ約1ヶ月前、東京・朝日新聞、週刊誌「FRIDAY」で取り上げられた、組織・日本会議にも名前が載っている事を考えると、「人気のある」彼どころの問題では無く、論外の人物です。石破氏は「国家安全保障基本法案の成立」を持論としている様ですが、この過去記事→http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140604/stt14060423170010-n1.htmは、彼が糸を引いている感がします。要は、「海江田降ろし」にも加担していると考えられるので、自由民主党にとっては、何も困りません。

(追伸)検索指示は、そのままURLを載せても、コメント拒否扱いに成るので上記を記しました。


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング