Nスペ『STAP細胞 不正の深層』 - 小保方晴子は若山研からES細胞を盗んでいた

c0315619_16412443.jpg昨日(7/27)のNHKスペシャル「STAP細胞 不正の深層」は、よく出来た良質のドキュメンタリー番組だった。制作スタッフの鋭気と執念がよく伝わった。おそらく、安倍晋三や下村博文からのNHK上層部を通じた圧力は凄まじいものがあり、現場に脅しや妨害が入っていたに違いないが、そうした厳しい環境の中で、よくあれだけの作品に仕上げたものだと拍手を送りたい。番組にはNHKらしさがあり、NHKらしい特集報道のオペレーション・エクセレンスが感じられた。並々ならぬ意気込みは、山根基世がナレーションを担当したことからも察せられた。NHKが日曜夜9時放送のNスペに山根基世を起用するということは、その番組に格別の重みを置いたことを意味する。山根基世があの口調で語ると、視聴者の心に響く説得力がまるで違う。今後、官邸や自民党からNHKに不当な横槍が入るだろうが、NHKにはそれに屈せずに取材と報道を続けて欲しいと思うし、Nスペでのこの事件検証の続報を期待したい。本の出版もお願いしたい。私の想像だが、おそらく、藤原淳登ら取材陣は、6月末に理研から懲戒処分の決定が下され、事件が大きな山を越えると想定、その楽観的な見通しを前提に、夏休み向けの教育啓蒙番組としてこの特集を企画していたのだろう。状況が変わり、政権が全面的に小保方晴子を支援する姿勢に固まり、ネットとマスコミ他社が小保方擁護に旋回したため、このジャーナリズムはタフなチャレンジとなった。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_16423715.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-07-28 23:30 | Comments(23)
Commented by 希望の街 at 2014-07-28 19:25 x
山根基世さんは、籾井会長の退陣を求めるNHKOB/OGの会で活発に発言なされている。その山根さんをナレーションにもってきたのは、現執行部に対する批判意識の現れだろう。山根基世さんは、戦後NHKを代表する女性アナウンサー。政治学の丸山真男、野球の王・長島といったところ。安倍政権下のNHKをめぐる闘争、内外で本格化してきている。
Commented by ynlib07 at 2014-07-28 20:01 x
このパソコンで他の番組を見ながらテレビをかけていたので、放送前にはNHKなのであまり期待せず録画もしませんでした。再放送がないか今確認した所、7月30日の深夜(7月31日の午前0:40からあるそうです。番組を見なかった人には是非見てほしいとおもいます。
Commented by kotatuneko at 2014-07-28 22:23 x
ynlib07さん、ありがとうございます。再放送必ず観ます。

安倍政権のお抱えメディアに成り下がったNHK中で、こうして権威に立ち向かっている人々がいることはこの世の希望です。このNHKの方々、報道特集の金子キャスター、モーニングバードの玉川リポーター、など、今、きちんと物を言ってくれる人は希少。ふだんは体制寄りな古舘ですら、原発報道で潰されかかっている今、このNHKチームが粛清されてしまわないか心配です。
Commented by にゃおたろ at 2014-07-28 22:45 x
朝日産経の若山教授へ疑惑を向ける偏向報道には腹が煮える思いだった。若山教授の解析結果は誤りで、GFPが挿入された染色体番号が違う、ネイチャーへ提出した文章は、若山教授が共著者に無断で改竄した、など。しかし、ブログ主さんがここに書かれているように、NHKスペシャルには、「マウスすり替え」は、確定的であったことがわかる。胸のすく思いだ。
さらに、論文執筆をした笹井氏については「キメラマウスの細胞にTCRの再構成がみられたかどうか、が最も重要なポイントであるはずなのに、曖昧な記載しかなされておらず」「優秀な笹井氏は、この研究の穴に気がついていながら看過していたのでは」との専門家からの疑問も投げかけている。
Commented by fussyvet at 2014-07-28 22:45 x
論文投稿と平行して国際特許の申請が進んでいたことも触れられていましたが、笹井氏、丹羽氏らが、捏造だと確信しながら検証実験という滑稽なパフォーマンスを行っているのは、捏造データで国際特許を申請したことが明らかになれば刑事罰に値し、両氏らもただでは済まない恐れがあるからではないでしょうか。検証実験の目的は「軟着陸」だと予想します。自供でもなんでも、不正だったと確定されれば、小保方氏のみならず、特許の申請に名を連ねた者全てが危ういのではないでしょうか。
Commented by 盗人猛々しい小保方 at 2014-07-28 22:48 x
盗作もやれば盗みもやる、完全に犯罪者。欲に目がくらんで笹井も共犯。のうのうと理研にて生き残っていることが腹立たしいですね。
Commented by 梅子 at 2014-07-29 08:20 x
先日のNスペで私が一番印象に残ったのはアメリカの研究不正についての取り組みです。全ての大学での実験記録を残したスパコン。具体例を挙げながらの研究倫理教育。それに引き換えわが国は・・・と愕然とする内容でした。早稲田の博士号が取り消されず、小保方の研究不正がうやむやにされ、国民が小保方を支持するようでは日本は世界の笑い者です。アメリカもパレスチナ問題など見れば充分おかしな国ではあるが、研究不正に対するこの国家挙げての積極的な取り組みなど見れば、国力の差であるか、研究の歴史の差であるかわからないが、大人と赤子ほどの違いがあることはわかりました。
Commented by 梅子 at 2014-07-29 08:20 x
理研CDBが神戸市の特区問題や数百の企業や国のカネに縛られてがんじがらめになっており、身動きもできない状態であることもわかりましたし。要は金を引っ張ってこられる学者が良い学者であり、そのためにはでたらめだろうがなんだろうが、うまく国民を騙せ国の予算や民間からの出資を引き出せればよしという風潮だったのでしょう。ペテン師が現れるはず、まして結果がすぐ出なくても良い、つまり騙しやすい再生医療などは。
かなり最近でも室井祐月が検証実験について賛成する根拠として「STAP細胞があったほうが私たちの医療のためにも科学の発展のためにも良いことだから」と言っていましたが、彼女のような人間がコメンテーターとして大声で発言し続けた結果でもあるかもしれないが、彼女はある意味騙された国民の典型であるとも言えます。
Commented at 2014-07-29 13:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shabby at 2014-07-29 17:50 x
偶然番宣を見てからとても楽しみにしていたところ、強引な取材で傷害事件騒ぎが起こり放送を危ぶんでいたが、無事視聴出来安心した。三木弁護士は傷害事件として起訴も辞さない様子を見せるが、それはないと思われる。ホテル内でもカメラを回していたのが本当なら、傷害罪が成り立つかどうか映像に残されていることになり、そこまでの事はなかったと思うのが妥当である。
実際自局のニュースで扱わず、謝罪は大阪の報道局長と記者で済ませ、番組のプロデューサーはメールのみのようである。恐らく実体をよく理解しているからであろう。今日になって会長が謝罪したと報道があるが、現場と意思疎通していないのが窺える。

この番組からNHKの特ダネ源が若山氏と遠藤氏である事がよく分かり、ブログ主氏の読み通りである事が分かった。当初若山氏は若山研の学生が小保方にES細胞を渡したとコメントしていたと記憶するが、番組内では渡していないと証言していた。証言を翻したのであろうか。あるいはバーター取引か。。ここが一番のスクープだったので、音声のみならもっと突っ込んで取材、放送して欲しかった。或は次回作以降に取っておく作戦か。TS細胞の件もあり、とにかく続編を期待する。
Commented by 芝ちゃん at 2014-07-29 22:48 x
NHKテレビを見ていた一人です。
何ヶ月か前から、ブログ主様が克明に書いていらっしゃった通りに、報道されています。真相解明に近いという期待です。
処が、どうしたことか、小保方晴子に対し、取材中の障害事件が発生しました。これに対し、NHK会長が【責任者を処罰し、今後、事件の報道を全部中止するのでないか】の、懸念を抱いています。
つまり、安倍内閣(下村博文文科大臣)の意向を受けての、国民不在の幕引きです。
この懸念が、全く杞憂に終わることを念願しています。
Commented by 学士 at 2014-07-30 01:01 x
取材中の障害事件 と、報道されまくっていますが・・。
NHKが強引に追いかけ廻したのはあるけれど、基本は小保方氏が
エスカレーターを逆走して転んだ、って事でしょう。
日本分子生物学会、日本学術会議、早稲田有志教員といった学術側の
厳しい声に期待するところです。

今後は、STAP細胞が空想の産物だと分っていても擁護する人々の背景
についての追及も必要だろうと思います。
Commented at 2014-07-30 01:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はちきん at 2014-07-30 01:20 x
小保方代理人は早大博士論文不正問題調査委員長の、論文には多くの問題箇所はあるが早大規則の学位取り消し要件には該当しないとの報告を受け、小保方の学位剥奪はないと喜んだのも束の間、その支離滅裂な結論に対する研究者や専門家の批判や早大教員有志の異議表明や世論の猛反発を喰らい窮地に立たされた。
そこにNHK記者による暴力取材で小保方が負傷する(?)というトラブルが発生した。
代理人は形勢逆転のチャンスとばかりに権力に潰されそうになっている可哀想な被害者小保方を全面に打ち出し一般人の同情をひく作戦に出た。
ところがそのあまりに卑劣な手口は代理人の思惑とは逆に多くの善良な民衆の怒りを買ってしまった。
小保方圧倒的不利。後一手で詰みか。

という場面になると下村大臣登場するねんな。
Commented at 2014-07-30 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NY金魚 at 2014-07-30 16:03 x
また今回もアメリカでは無理か、と思っていましたが、中国経由の海賊版で、「NHKスペシャル 調査報告 STAP細胞 不正の深層」を観ることができました。
http://www.miomio.tv/watch/cc84991/ 
日本時間7月30日(水)午後3時現在、まだこのヴィデオは消されていません。
NHKも今回ばかりは(いい意味で)威信を賭けて体制に抵抗しているようなので、あえて消さないのかもしれない。
内容は、安倍総理と笹井の写真まで登場して、世に倦む日日氏の一連の主張を確実にしています。

それにしても著名ブロガーを含めたいわゆる小保方擁護派という人たちは、いったいなにを考えていたんでしょうか。ここまで追いつめた今回のNHKの取材に対しても、いままでの権力ごますり、捏造と欺瞞の報道憎し、ということで反発しているとしか思えません。
小保方祭りとして騒ぐことを非難する前に、かの女の眼から明らかな捏造を見極め、それを批判する眼をもてなかったということ。…続
Commented by NY金魚 at 2014-07-30 16:04 x
…続… いずれにせよ、これで、理研の自浄能力が改善し、一件落着というわけには決してならない。そこが薄汚れた権力の恐ろしいところ。
番組の最後に出ていた、九州大学の中山教授のいうように「これから日本の研究者の不正が増大し続出する。なんとかここでちゃんとした手を打たなければ」
せめてアメリカのORI研究公正局のような組織ができれば、と思います。

Commented by at 2014-07-30 16:19 x
今回は、すべて、安倍晋三が、政権浮揚のために、理研にエサをぶら下げ、けしかけた、茶番である。
この男を追放せよ!
Commented by ??? at 2014-07-31 00:17 x
何故、多くの人が今回の一番の決定打を見落としているの?
専門外だから?

今回の番組で最も科学的に強力なものは、
STAPを開発したハーバードのバカンティ(小保方の博士論文時の指導教官)の所に、同じハーバードの幹細胞研究の権威である別の教授が、共同研究を持ちかけ、バカンティが了承したこと、
その結果、バカンティの部屋の設備を使い、バカンティの指導を受けて何度も実験を行ったにも関わらず、再現出来ないということ。

科学の世界では、「出来る」と主張する人間の研究室で、そこの設備を使って、主張する人間の指示通りやっても出来ない場合、それは完全な嘘と言える。

STAP論文は小保方がバカンティの所で出したデータを元にNature, Cell, Science に蹴られたものが根源なのだから、バカンティの所で出来ないならSTAPは存在しない。
Commented by aaa at 2014-07-31 01:43 x
Nスペ拝見しました。非常にまとまっており、突っ込んだ取材もされたことがよくわかる番組でした。ESサンプルについても追求されており、拝見していて大変興味深い内容でした。ただ私は、留学生のコメントと若山研の引越しだけを小保方氏が盗難したように決定付けるのは疑問を持ちます。理研然り独法系の研究室には、様々な人が所属しています。大抵パートタイムのテクニシャンなんかがかなり人数存在しています。大抵の研究者は自分とこのテクニシャンを性善説をもって信頼して雇っているわけですが、自分を認めて欲しいがために、他の有能そうなテクニシャンなりポスドクなりを蹴落とす罠をしかける方も多々存在することもあります。私は決して小保方氏擁護ではありません。続きます。
Commented by aaa at 2014-07-31 01:53 x
改ざんされた写真が疑義と持たれた頃から、科学者として小保方氏には存在して欲しくないです。ただ現在ライフサイエンスに限らず、様々な理系の研究分野には、小保方的女子力の高い女子はかなりの影響力を持って存在しています。大抵ブランド物でかためていますが(物質的にも、人間関係にも)。一般的な意識なら嘘と見破れる嘘も研究者には、見破れないことなんて多々存在します。それで甘い汁吸って女性研究者なんて銘打って予算分捕っている研究者も存在しています。枕もアリです。それでもインパクトのある内容ならいいのですが、大抵何処かのえらい先生の息の掛かった内容か、結果は出やすく、再現性は取れない内容だったりです。日本では男女均等と銘打って久しいですが、未だに根深い男尊女卑が、影響していると思います。この辺払拭しないと優秀な頭脳は海外流出は、必然でしょう。
Commented by ムカ at 2014-07-31 21:17 x
aaaさん

留学生のコメントと若山氏の引っ越しだけで、盗んだと決めつけているわけでは、当然ありませんよ。
小保方は4月の記者会見で、ES細胞の混入の可能性を問われた時、ラボではES細胞を培養していなかったから可能性は無い、と断言していました。
ところが、6月の若山氏の会見の後、比較実験用のES細胞を若山氏からもらったと、前言を翻しました。
この時点で、STAP幹細胞から8番トリソミーが見つかって、STAP細胞=ES細胞という仮説が、ほぼ確定となりました。
さらに7月下旬、STAP幹細胞の遺伝子解析で、アクシロンGFPが埋め込まれた特殊なES細胞と、STAP幹細胞との遺伝子が、ほぼ一致しているという結果も出ています。
当然のことですが、若山氏から受け取ったと小保方が称する、生後一週間のマウスなどとは、系統も遺伝子も全く異なっています。
小保方側は、これら不都合な事実について、何ら釈明も説明も否定も反論もできていません。
これらすべての事実から考えると、小保方氏が若山氏のラボからES細胞を盗んだのでなければ、逆に説明がつかなくなってしまうと思います。
Commented by 日本の科学 文化はどうなるの at 2014-08-10 10:08 x
私は 自分の人生で最もつまらなく意義もない仕事を2年間たらたらとやった。 そしたら なんとこの仕事に文部科学大臣賞が与えられた。いったい誰がこんなこと決めるんだろうね。
小保方を下村文科大臣が後押しし援護するのは何故なのか。 これを追及すれば 大きな疑獄事件に発展するかもしれない。 小保方を援護しているのではなく 小保方に脅迫されているのではないか。 弱みを握られているのだ、としか思えない。 金目のことでね。
小保方に不利な状況になれば 即刻 下村大臣が援護していたのに笹井氏が自殺、というとんでもない大きな事件については 無言、何もコメントなし。 世界中がコメントしているのに 日本の文科大臣が何も言わない、って また世界中がそれを見ている。  日本の文科のこと少しは考えてね。 早稲田と幸福の科学と金目のことではなく。


カウンターとメール

最新のコメント

私は3月18日の世に倦む..
by 福寿草 at 21:15
冷静に考えて今回の証人喚..
by キヌケン at 16:43
地球の裏から日本のニ..
by 七平  at 10:03
こんにちは。今の世の中の..
by r_tta at 15:29
辺見さんの「こころの時代..
by 長坂 at 10:47
籠池泰典のロンダリングを..
by 愛知 at 03:35
頓馬な稲田朋美の百人斬り..
by 和田啓二 at 15:37
「邦人保護のため、海自艦..
by 愛知 at 02:53
現天皇は ”愛国心は..
by 七平 at 05:37
福島原発事故を当時担当し..
by 愛知 at 03:30

Twitter

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング