次の焦点は7月末の丹羽仁史の中間報告 - 予想される下村博文の介入

c0315619_14301341.jpg集団的自衛権の閣議決定があり、報道がその話題で埋まった先週、騒動に紛れるような形で小保方晴子事件に動きがあった。理研が小保方晴子への懲戒処分を棚上げし、「STAP細胞」の「再現実験」をさせることを決定、7/2に相澤慎一が会見で発表していた。同日、入院中で絶不調のはずの小保方晴子がタクシーで理研に出勤、報道陣に絵を撮らせるサービスを提供した。見た感じ、体調不良に苦しむ入院患者とは思えない。また、同日、Nature誌が「STAP細胞」関連の論文2本の取り下げを正式に発表している。小保方晴子の「再現実験」開始とNatureの論文リトラクトが同時だったことは、偶然ではなく示し合わせた動きだろう。姑息なことをやっている。遠藤高帆の告発があり、日経サイエンスの記事があり、最早、「STAP細胞」は存在せず、それは小保方晴子の捏造の所産であり、ES細胞にすり替えていたことが明白になっている。であるにもかかわらず、理研は捏造の事実を糾明するのではなく、捏造をした小保方晴子に「再現実験」をさせるという異常な行動に出た。本来、4/1の調査委の最終報告で論文不正が確定されていて、規程ではそのまま懲戒委で処分が下されることになっているにもかかわらず、自らルールを破り、超法規的措置で論文不正の調査結果を白紙化した。小保方晴子が11月に「STAP現象の発見に成功しました」と言ったら、論文不正の懲戒処分は一体どうなるのだ。 



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_14313732.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-07-07 23:30 | Comments(17)
Commented by 通りがかり at 2014-07-07 23:01 x
政治における早稲田閥は大勢力。
マスコミにおける早稲田閥も大勢力。
だが科学分野では、早稲田の勢力は弱い。
なので正論が通る。
Commented by ブランデンブルグ徹一 at 2014-07-07 23:06 x
これだけ多くの捏造の証拠が揃いながら何の厳罰を下すわけでもない理研と早大にはあきれ返っている。再現実験も何も、再現すべきものすらないじゃないか。税金の無駄以外の何ものでもない。犯罪者をかばうのも立派な犯罪なのだよ。

こうしたことを平気で行えるのは、相澤慎一や竹市雅俊、野依良治にしろ、関係者があまりにも老い過ぎているからだ。一丁上がりの気の抜けた爺さんが寄り集まったところで、最先端科学ではさらに素晴らしいものなんて生まれやしませんよ。

理研はもはや老い過ぎた。 解体するべきだろう。

Commented by れん at 2014-07-08 00:09 x
一部の政治家が小保方の処分に反対しているという。
誰が言っているのか。そしてその理由を堂々と言うべき。
処分に反対している政治家と、検証実験を指示した文科大臣が研究費と小保方の給与を支払うべき。
Commented by そら豆 at 2014-07-08 00:43 x
小保方晴子は真理を追求する「科学者」ではなくて、世間から「科学者として見られたい」だけ。

その他の偉いさん方は、世間からそれぞれの立場の「役目を果たしていると見られたい」だけだと思いますね。

ほとんどの日本人は「世間の眼」に動かされていると思います。

つまり「本物」ではなくて「格好」ですね。
Commented by わたる at 2014-07-08 01:00 x
stap論文は2012年にscience誌に投稿した際、ES細胞が混じっている可能性を指摘されたそうですね。
理研の内部資料に残っているそうで。
この頃から既に捏造とは…もうあきれ果てて言葉もありませんが…。

それで却下されてnatureでこの大惨事、税金でやりたい放題やって国も加担しているなんて、もはや絶対に黙っているわけにはいきません!


理研内部の研究者の皆様へ。
こんなこと放置しておいていいのでしょうか。
良心と良識ある方々には、高橋氏に続きぜひ立ち上がってもらいたいです!
Commented by オウンゴール at 2014-07-08 05:22 x
小保方さんの擁護者たちの、STAP細胞や小保方さんに対する執着・思い入れも理解に苦しむものがありましたが、政治の力で崩れ去った「幻想」を無理矢理延長させようとする今の展開に比べればまだしもです。

>「STAP細胞」を永遠に「あるかないか分からない」状態に迷宮化させる意図なのだ。

科学的・客観的事実によってではなく、政治の力でこれを成功させてしまったらまさに錬金術でしょう。
もっとも、憲法解釈を用いて憲法を無効化してしまった先例がすでにありますから、第三者的には不可解きわまる結末もあり得ないとは限りませんが。
Commented by えりり at 2014-07-08 09:25 x
終わりましたね、この人。
よほどご自身にとって不都合な事実が書かれていたに違いありません。

>正確さを第一として

って、不正に関して正確な情報を出してこなかった人間が言うか、と。
それまでの実績がどれほどであろうとも、こういう汚いことをやると、信頼というのは全て一瞬で吹き飛ぶということを、あの御歳になっても学んでいらっしゃらなかったと見える。
科学コミュニティはもちろん、心ある一般の人たちもこの人物のことは<二度と>信用しないでしょう。

STAP論文問題:竹市センター長 調査報告の一部削除(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140708k0000m040132000c.html

あと、Nature の撤回理由書を勝手に書き換えたのは誰?
誰かがSubmit ボタンを押しているはずでしょう?
Commented by 古希古希古希 at 2014-07-08 14:31 x
司馬遼太郎流に言えば、この国のかたち、というのだろうか。鉄槌を下されないとわからないが、鉄槌を下されるとは毛頭考えない。鉄槌を下されても、鉄槌を下されたことを理解できない。そういう人たちがリーダーとして君臨し、そういう人たちの暴走を止められない。
Commented by れん at 2014-07-08 23:42 x
他でも書いたことだけど、腹の虫がおさまらないので・・・・・・

時系列はこう。
6/17 :下村大臣が「小保方氏抜きで検証不可能」と発言
6/26:竹市氏が「実験で決着すべきだ」と述べ
6/30:nature誌が論文の撤回予告をした&小保方氏本人による検証実験を行うと理研が発表
7/1  :小保方氏本人は出勤せず
7/2  :小保方氏出勤&相澤氏の会見&論文撤回理由書が書き換えられてnature誌が正式撤回

さてさて6/17~6/30に何があったんだろうか。
7/2にnatureが正式撤回した(誰かが改ざんして)ことによって検証実験の理由付けはできたか?
Commented by T.KUDO at 2014-07-09 08:42 x
兵庫県のののむら号泣県議は疑惑が出てからまもなく辞職に追い込まれるようです。政治の世界での追求はそれなりに早いですね。

しかし、同県内にはそれよりもはるかに多くの税金を使い込み、世界に迷惑をかけ恥をさらした連中が一切のお咎めも受けず、いまだにタクシー通勤を堪能している。

日本はかつて経済は一流、政治は三流などと言われていたが、科学はそれよりも遥かに下の水準に堕ちたようだ。一国民としてもう尊敬など出来ない。こうした状況を放置する同業者も含めて、私は深く軽蔑する。こんな“科学技術立国”など、税金を使ってやってもらう必要は一切ない。
Commented by ノンノ at 2014-07-09 16:00 x
T.KUDOさんと同じく、兵庫県議の政務活動費不正使用疑惑。
批判の電話、報道によって一気に追い込まれている。
県議会はすぐに方向性を決定し、説明責任が果たせなければ辞職勧告を告げている。

この件は、一般的にも内容がわかりやすかった。一個人が起こした件に対する所属先の対応で、本人もそれに従う旨の発言をしており、ノーマルな感じがする。

かたや、数か月に及ぶ事件。決着が付かないのは、一般にわかりにくい専門的なことが大きいが、個人と所属先、それに絡むさまざまな機関や(大学・研究所・国・企業・コンサル会社など)人物によって問題が複雑化していてわかりにくいからのように思う。
例えば建築なら、傾いたのはなぜか?杭が足りなかったからだなどと、誰の目にも見える現象が起こり、真実がわかりやすい。

やはり、複雑な事件を切り崩す一番の方法は、理研が出した黒塗りの情報公開資料の解明からではないかと思えてならない。(今回もマスコミは県議会に行って支出を全部写しているが、黒塗りなどになっていない。)
世論が動けば、政権は多少逃げ腰になり、笹井ビルが必要か、特定法人に相応しい研究機関か等が動いてくるのではないかと思う。
Commented by ノンノ at 2014-07-09 16:17 x
続き

他サイトで証券業界のプロの考察というサイトの紹介があった。
研究不正もそうだが、その業界のプロから見ると、明らかにおかしい点が如実にわかってしまうのだということがよくわかる。
こういう違う切り口を教えていただけることに感謝だ。

素人ながら、stap細胞と小保方氏を取り巻いてさまざまな問題がつながっているようで、バラバラに散乱しているように見えて不可解で仕方がないのだが、わざとそう仕組まれているのかも知れない、解明は国を超えての共同捜査が必要なのかもと思えてきた。


(追記、7月4日)
Knoepfler Lab Stem Cell Blogを読んでいたら、このコメントを見つけた(3月31日付、内容の真偽は不明である)。

Obokata and Vacanti are likely funded by GLG indirectly, and thus the show must go on. Obokata and Vacanti will not allow a retraction to happen (their employers/investors will not allow it).


記事詳細:
http://sonarmc.com/wordpress/site01/2014/03/18/%E5%B0%8F%E4%BF%9D%E6%96%B9%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%81%A7%E6%9A%B4%E9%A8%B0%E3%81%97%E3%81%9F%E6%A0%AA/
Commented by T.KUDO at 2014-07-11 07:48 x
内容が文科系の新聞記者らには取りつきにくいということでしょうか。

しかし、小保方らに関しては論文の捏造や剽窃の事実が明白です。
これが作家や一般の大学教授ならば社会的な地位はもちろん、職も失うのが普通です。ののむら議員も、やっていることは基本的に小保方と類似していますが、号泣会見は世界で物笑いになっています。

何故ここまで特別扱いしなくてはならないのか?これではもうまともな若者は科学など志さなくなるでしょうし、そのほうが良いのかも知れません。いっそ理研はグラビアアイドルに科学の真似事をさせて金を集める芸能プロにでも転換したらどうでしょうか。もちろん税金の投入は一切なしですが、お爺さん幹部の欲望にもかなうことでしょう。
Commented by 猫のしっぽ at 2014-07-12 17:47 x
週刊現代のネット記事ではありますが、私、そしてコメント欄での皆さまの問題意識と同じです↓
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39745

理研内部の声も出ていますが、本当にこのようなヤバイ状況として捉えられているのでしょうか?

刑事告発、望みます。

Commented by HIDE at 2014-07-13 07:46 x
初めてコメントします。
小保方の研究不正について調べていてこちらのブログを知りました。
皆さんのコメントに概ね同感ですが、上で「小保方なんて小物のいくらかの研究費不正やタクシー代なんて些細なこと」と書かれているのには
一寸心外です。3月14日の理研の会見で小保方に給与800万以上に
研究費1000万、人件費1000万の合計約3000万円支払っていると
明らかにしています。この金額が些細なことなのでしょうか。

本当に将来世の中の役に立つ有益な研究ならともかく、小保方のインチキ研究は詐欺だと私も思います。
私のように毎日汗水垂らして働いている低所得者から絞り取った税金が小保方のインチキ研究を支えていると思うと本当に口惜しいです。

是非損害賠償の民事訴訟されることを期待しています。
Commented by 梅子 at 2014-07-14 08:27 x
全くHIDEさまがおっしゃるとおり。以前もどうも科学畑と思しき人が「日本の科学の信用が失墜していることが問題なのであって税金のことなど瑣末なこと」と書かれていて私は黙っていたが大変な違和感があった。
今確信している。
そういう科学畑の人たちの思い上がり勘違いがこの事件を生んだのだ。国民の血税を何と心得ている。思い上がりも甚だしい。日本で一番思い上がっているのは野依であるが。実行犯は小保方であるが、全ての思い上がった日本の科学者が従犯である。
T.KUDOさまがおっしゃるとおりである。
>こんな“科学技術立国”など、税金を使ってやってもらう必要は一切ない。

日本の科学が潰れても世界は続く。日本の科学の信用が失墜したのは小保方一人のせいではない。自業自得であろうが。国民の血税である科研費や国からの多額の補助金を端金とは何と言う思い上がりであろうか。恥を知れ。
Commented by BCS at 2014-07-14 18:01 x
HIDE さま
> 合計約3000万円支払っていると
> 明らかにしています。この金額が些細なことなのでしょうか。

ひとつの研究室を運営する立場なら、研究費が潤沢なら人件費を含めて数億円の予算を扱うことが珍しくないと思います。
それに比べたら、3000万円だとしても大して多くはない、というのが「些細なこと」という記述の意味ではないでしょうか。
大型実験機器などは1セットで1億円以上かかることも多いですし。
再生医療のような大型プロジェクトなら、見えないところでで何億の税金が使われているのかと恐ろしくなります。

当然金額が少ないからといっても税金から払われた予算をこんな異常な使い方をすることは許されませんが。
小保方氏のような、研究者になる資質がないどころかエア実験だった可能性があるような人物に研究室リーダーの権限を与えたのがそもそも異常事態の始まりです。
私も決して裕福な身分ではないので許せない気分です。

週刊ポストに損害賠償とかの記事が載ってます。ぜひ追及して頂きたいです。


カウンターとメール

最新のコメント

週刊新潮、私も購入。文芸..
by 愛知 at 03:38
(2の2) 豊田真..
by 七平 at 00:02
(1の2) 以前、..
by 七平 at 00:00
>究極のポピュリストで、..
by liberalist at 02:53
自民党の河村元官房長官が..
by ポー at 19:44
twitterに豊田の桜..
by ポー at 15:25
地方在住者で、東京都民で..
by きく at 00:19
橋下徹が安倍内閣に入った..
by エドガーアランポー at 17:57
今度の都議会選挙は小選挙..
by liberalist at 00:03
一番問題なのは、逮捕状ま..
by 私は黙らない at 07:13

Twitter

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング