閣議決定の前々日の大きな出来事 - 集団的自衛権に抗議の焼身自殺

c0315619_15405522.jpg昨日(6/29)、集団的自衛権の行使容認に反対する男性が、新宿駅前の歩道橋上で抗議の焼身自殺を図る事件が起きた。幸い一命はとりとめたが、全身火傷で全治1-2か月の重症と報道されている。思い出すことが二つあり、一つは1970年11月に起きた三島由紀夫の割腹自殺事件であり、もう一つは2005年8月の郵政選挙の公示日の朝に起きた事件である。長野からワゴン車を運転してきた50歳の主婦が、官邸の北門から敷地内に突入しようとして、警備陣に阻まれ、停止させられた車内で刃物で身体を刺して自殺した。車の中に小泉政権の政治運営に抗議するビラが残されていたと伝えられたが、メッセージの中味は不明のまま、全くマスコミの続報で説明されることがなかった。それどころか、本人の人物像も、事件の動機や背景についても、新聞でも週刊誌でも何も紹介されなかった。頭のおかしな中年の女が人騒がせな妄動に及んだというような、問題を不当に矮小化した報道が当日のテレビで流され、翌日からは情報が途絶え、誰も触れることなくそのまま忘れ去られて行った。それから12日後に行われた選挙では、小泉劇場の旋風を起こした自民党が圧勝する。選挙への影響を恐れた小泉純一郎が、具体的にはヒムラーの飯島勲が、報道管制を敷いて取材を封殺したことは間違いない。事件が起きたのが官邸だったため、一切を隠蔽することが可能だった。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_15421168.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-06-30 23:30 | Comments(11)
Commented at 2014-06-30 18:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by オウンゴール at 2014-06-30 20:29 x
>絵空事の妄想だと誰もが言うだろう。

妄想どころか、今アメリカには軍に就職する以外に選択肢のない若者が大勢いて、中東その他の戦場に派遣されている現実がありますからね。
ネット上の右派論客は徴兵制は現代戦では非論理的と唱えて、これに関する議論を避ける傾向があるようですが、他のあらゆる政策において論理的であったとは言い難い日本において、戦争においてのみ論理が優先されるなんてことがあるんでしょうか。ましてや安倍政権においてなら。

すでに書いたことですが、集団的自衛権行使容認は支持するが解釈改憲は認められないとする立場の人は相応にいるでしょうし、解釈改憲も認める立場でも、徴兵制復活には二の足を踏む人は多いでしょう。
同様に、徴兵制も厭わないが自主核武装には賛成できないとする人も少なくないのだとは思います。
しかし、権力の暴走を抑えるための「手続きと承認」が無効化されてしまった今日、もはや「ここまでは認める/ここからは認められない」などという主張や議論はまったく無意味と言うべきかもしれません。
Commented by かまどがま at 2014-06-30 21:18 x
どのような主張をされて焼身にいたったのか知ることはできませんが、沖縄には「命どう宝」という言葉があります。
生きるための戦いであり、死ぬためであってはならない。
テロリズムの欠点は自らの命を捨てる覚悟なので、当然認識として他人の命はそれより軽くなることにあると考えます。死ぬ覚悟は命の重さが軽くなる事なのです。
誤った政治のために命まで差し出すことにならないように戦うのです。死んではいけない。
Commented at 2014-07-01 01:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NY金魚 at 2014-07-01 03:29 x
焼身自殺の画像から連想するのは、ヴェトナム戦争時に仏教僧が<頻繁に>焼身自殺した歴史。群衆がまわりを取り囲み、僧の転生を観つめる。かれらの犠牲式はヴェトナム反戦意識の炎と変わり、全世界に拡がった。決して意味がなかったとは思えない。今回の「歩道橋の上」という舞台は、現代日本を象徴していて、より悲壮感が漂う。

上のかまどがま さんのコメント「命どう宝。誤った政治のために命まで差し出すことにならないように戦う。死んではいけない。」は正論です。しかし、この焼身自殺の画像を全マスコミが報道すれば、世論は大きく動くでしょう。いまの日本のマスコミにはその可能性の片鱗も考えられない。Huff Postは海外メディアの報道を比較。http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/29/abe-protester-sets-himself-alight_n_5542424.html
どこも「安倍政権への抗議のための焼身自殺」を明言しています。

世に倦む日日さんが訴えるように、安倍政権は、憲法を変えずにその解釈だけを変える、ヒトラーとおなじやり方を、着々と実行している。世界のマスコミはそのことを逐一観ています。気がつかないのはマスゴミに翻弄される日本の大多数の国民だけ。
Commented by NY金魚 at 2014-07-01 05:14 x
続… リンクされていた小泉郵政選挙の公示日の朝に起きた事件の、世に倦む日日記事 http://critic.exblog.jp/3391547/ を読み、ヴェトナムで焼身した仏教僧と、昨日の新宿の事件の三者が、明解に関連づけられました。
<昔、ヴェトナム戦争が始まった頃、南ベトナムの独裁者であったゴ・ディン・ジエムの妻が、戦争と暴政に抗議してサイゴンの街で焼身自殺を繰り返す仏教僧を見て、「人間バーベキューね」と言った。>
今朝のネットのなかを「新宿・焼身」で捜すと、さすがに<人間バーベキュー>という言葉は見当たらなかったが、自殺未遂の抗議者に対する(ほとんどおなじレベルの)誹謗中傷がわんさかあって、ほとほとウンザリ。

Commented by かまどがま at 2014-07-01 07:43 x
昨晩コメントを書きながらニュースを確認していたのですが、3万~4万人のデモが官邸前で抗議の声を上げ続けていたのに、NHKは今朝になっても全く無視。集まった人の数が曖昧なのは、動員ではなく自然発生的に集まり個人として声をあげているからではないでしょうか。それを無かったことにする。
今更ですが、ここまで報道を捨て去ったNHKに強く憤ります。
Commented by 長坂 at 2014-07-01 11:53 x
「京大医学部資料館から731部隊展示撤去」、こんな事があったんですね。2016年には中国大陸での加害経験者は、殆ど亡くなってるわけで、心置き無く又自衛の為の戦争ができますね。
9条のおかげで、数々の蛮行や残虐行為が許され、生まれ変わった日本として世界で立ち位置を固めてきたのに、いとも簡単に手放してしまった。そして、今度はアメリカのパシリで又加害者になる。アメリカはイラクで何をしました?アフガンで、アブグレイブ刑務所で?
実は乗せてもらえない船で救助される邦人の話に気を取られ、紛争で生じる多数の難民を引き受け、共存して行く覚悟なんてあります?
シンゾーはまず自分の爺さんが、満州で何をしたか、なんで戦犯なのか一から学び直せ!
Commented by 長坂 at 2014-07-01 13:13 x
すいません。よくよく考えたら、戦犯の爺さんを救ってくれたアメリカの恩に報いる為なら、日本人の命と財産を差し出すなんて、お安い御用でした。
Commented at 2014-07-01 23:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by オウンゴール at 2014-07-02 00:41 x
>アメリカの恩に報いる為なら、日本人の命と財産を差し出すなんて、お安い御用でした。

閣議決定後の記者会見での安倍首相の言葉によれば、「憲法が許すのは、あくまで我が国の存立を全うし国民を守るための自衛の措置だけ」「今回の閣議決定によって、日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」だそうです。

同盟国を守るために戦争するつもりがないのなら、集団的自衛権の意味がないのですが、「今後の日本は日本人の命と財産を失うリスクを負ってでも国際平和に貢献する」とでも言った方がまだ筋が通るというものでしょう。


カウンターとメール

最新のコメント

続)もうひとつ、カズオ・..
by NY金魚 at 11:40
サーロ節子さんの拡張高い..
by NY金魚 at 11:38
100万部とはびっくりで..
by T at 23:48
「君たちは」の醍醐味でも..
by 長坂 at 00:53
報道は中立であるべきなの..
by ワイドショーでも大切に at 14:43
(2の2) 日本の将来..
by 七平 at 02:26
(1の2) 小生は..
by 七平 at 02:25
宮崎駿が次回長編タイトル..
by NY金魚 at 07:08
ヨニウムさま、どうも始め..
by ふーくん at 17:34
論駁一刀両断、見事なり!..
by 駄夢 at 15:41

Twitter

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング