小保方晴子と理研の共同の捏造隠蔽プロジェクト - 「再現実験」とは何か

c0315619_15485114.jpg昨日(6/23)、日経の2面に「幻のSTAP」と題した記事が掲載され、小保方晴子が5月末に理研CDBに姿を現し、「STAP細胞」の「検証実験」に参加したことが書かれていた。この情報については、6/11に毎日が暴露していたが、毎日に続いて日経が紙面記事にしたことで、事実としての信憑性が一段と高まったことになる。毎日の記事は、「理研関係者への取材で」判明したとあり、今月に入ってもずっとCDBに通い続け、「検証実験」に関わり続けている状況が窺える。三木秀夫の説明では、小保方晴子は心身の状態が不安定で、ずっと入院中ということだった。もし、この毎日と日経の記事が事実であり、本人が自分の足で歩いて自宅からCDBに通勤し、「検証実験」に立ち合って関係者に助言をしていたなら、三木秀夫の説明は真っ赤なウソであり、小保方晴子は国民を騙していることになる。この問題は重要で、真偽を糾すべき問題なのだが、マスコミは幾度も三木秀夫と接しながら追及しようとしない。三木秀夫が垂れることを黙ってそのまま拡散しているだけで、三木秀夫と小保方晴子の広報宣伝機関の役割を果たしているだけだ。ウソの垂れ流しに加担している。毎日も、日経も、6/12の自己点検委の会見の質疑で、竹市雅俊にこの件の真偽を確認することをしなかった。また、理研調査委の最終報告書では、小保方晴子から理研に対して医師の診断書も提出されてないと指摘されている。状況的には、この「入院」は明らかに仮病だ。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_15502138.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-06-24 23:30 | Comments(58)
Commented by おぞましい at 2014-06-24 20:15 x
おぞましい未来図とか、言いようがありません。

反吐が出る。
Commented by kuroneko at 2014-06-24 22:19 x
ブログ主さまの分析は毎回素晴らしすぎて・・・しかし、状況の流れが見えるにつけ、暗澹たる気持ちになります。

改革委の「CDB解体」の提言に重ねて、これでもかという決定的なねつ造の証拠も出揃ったところで、野依氏始め、笹井・竹市・相澤・丹羽等にとっては、もはやSTAP細胞の再現が成功したかのような演出や真実の隠蔽で国民をごまかすことにしか、彼らが逃れる道はなくなったことを悟ったということなのですね。

「STAP現象の存在の可能性が示唆された」とかなんとか、曖昧でテキトーな言い訳を考えているのでしょう。

小保方の醜悪なウソ、ねつ造の魂胆を一番良く知り得るはずの彼らが、悪女の黒い隠れ蓑に潜り込み、自己保身しようとしているなど、本当に、気持ちが悪いことこの上ありません。

これで、若山教授や遠藤高帆氏らの正義が踏みにじられるようなことになったら・・・

Commented by 柿右衛門 at 2014-06-24 23:00 x
日本外国人特派員協会のゲストスピーカーに小保方さんを呼んで、STAP問題について弁明する機会をあげよう。言語はもちろん三木弁護士言うところのペラペラの英語で。STAPに詳しい元理研Thomas Knöpfel教授にも同席してもらい質疑応答を。擁護派から見れば、小保方さんは浅田真央にも劣らぬ日本の希望の星なんだから、彼女の偉業を世界に向けて発信するべくぜひ推薦されたし!つまらない都議会の野次を取り上げるより意義あり!

今やSTAP問題は、科学のカテゴリーから政治的なイシューに移ったとみたか、科学者たちは以前のように呟かず、沈黙中。小保方氏の携帯番号を知り、理研の内部告発者とコンタクトを取っていたはずの週刊文春も、理研に出勤というスクープ・ネタを記事にせず。
薬物疑惑の元スポーツ選手の主治医のインタビューなどどうでもいい。彼女の主治医は実在するのか。
彼女がネイチャー論文撤回の同意書を出したことすら知らされなかった三木弁護士は、小保方氏と理研幹部との密議による事態収拾策からは蚊帳の外で、時間稼ぎにマスコミの相手をしているだけのエア弁護士ではないのか。
虚構の筋書きの上に、さらに人為的な虚構がらせん状に積み上げられていく小保方ラビリンス
Commented by 嘘の垂れ流し at 2014-06-24 23:05 x
毎日嬉々として実験をしているのは、本当のことだそうです。元気いっぱいだそうです。なぜ、三木弁護士が嘘を言うのか。マスコミが知らないわけないだろうに。隠している、ということは、何か圧力かかっているのですかね?
Commented by れん at 2014-06-24 23:36 x
この件に怒りを感じている人々は何故、どういうところで怒りを感じているのだろうか。
私はバブル期に社会に出ましたが、女は愛想が良ければよし、言われたことを機嫌よくやってれば良しの時代。上司から会社から女は守られちやほやされ、上司が気を遣う時代だった。しかし時代は変わりバブル崩壊後女であっても仕事のできない、時代の流れに乗らずいつまでもバブル期のような振る舞いをしている人はリストラされてふるいにかけられて今に至っている。
小保方氏はこれほどまでに致命的な問題を引き起こして尚、擁護され、上司から守られているという30年前の組織の中にいると思う。
今の若者はこの時代で生き残るためにどれほどの緊張感を強いられているか。社会に出た瞬間からとてつもない緊張の毎日。データ管理のひとつもできなければOLレベルでもクビ。
という今の社会とは逆行し、税金で仕事をしているという自覚のない理研の甘さが人の怒りを買っているのだと思います。

Commented by れん at 2014-06-24 23:37 x
続きです。長文失礼。

理研は5月に小保方氏の改ざんと捏造を認定し、1か月以内に処分を決定すると言った。
しかし1か月が過ぎ、今度は話をすり替えて「Stap細胞があるかないかの検証」をすると言いだした。
改ざんと捏造だけで理研の規定によれば懲戒処分に該当するはずなのに適用もせず、STAP細胞があるやも知れないなどととぼけたことを言っている。
又、不思議なことに、小保方氏を解雇したら本人による再現実験ができないとか言う。
それは何故なのか納税者に説明する義務があるのではないだろうか。それもないのだから子供だましみたいな、それとも一般人はアホだからそう言っておけば良いなどと言う発想からか逃げまわっいているとしか思えない。
そして、本人による再現実験など必要がない(論文の不正を認めた時点でSTAP細胞が存在すると言えない)はずなのに、理研だけが大昔のバブル絶頂期のような組織であることのいまだ自覚もなく人の税金でのんべんたらりと女を守っているように見える。
これが一般企業であるなら私は特に文句はないのですが・・・・・・
Commented by 猫のしっぽ at 2014-06-24 23:46 x
先ほど、見つけました。
「STAP偽装細胞問題」をテーマにした伊東乾さんの明快で見識ある記事(虚偽学術情報発信によるインサイダー取引の問題)が、JBpressに今日付けでアップされています。
皆さまぜひご一読を↓
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41030
Commented by おぞましい at 2014-06-25 00:16 x
週刊現代かな(<立ち読みなので、うろ覚え)
この流用問題について、切り込んだ記事を書いていました。
裁判沙汰もありうる云々と。

市民団体が、開示請求して、
使途不明金の横領で訴えたらどうか?
というようなことも書かれており、
(1年間に笹井さんと55回の出張で、
その全てが黒塗りなんて、ありえないと明記してありました)

ブログ主さんに倣って、
「署名記事か?」とも思ってチェックしましたが、
未記名だったような・・・?

とりあえず、
皆さんも週刊現代、チェックしてみて下さい!

あまりやりませんが、
応援買いしようかな。。という気になりました。

Commented by BCS at 2014-06-25 00:24 x
ブログ主さまの記述を読んで思ったのですが。

検証実験について、
> 小保方晴子の「STAP細胞」に何らかの「積極的評価」を出させるという意味であり、(以下略)

わずかでも肯定的な評価を出したなら、日本の一般大衆はごまかせても研究者達(外国勢を含む)がだまっておらず、詳細な結果を論文にせよという声が出るのではないでしょうか。
そして、詳細な情報を出すほどにボロが出ると思うのですが。

「STAP現象はなにか別の現象の誤認だった」とでも言えば、偽造でなくて誤認という言い逃れはできるかもしれませんが。
ただこれだと、今さら誤りだったで済ませて良いのかという責任追及は出来る気がします。

あるいは半年でも一年でも時間をかけて検証して「再現できませんでした。引き続き研究続行」と言ってうやむやにするのかもしれません。
全く話にならないほど酷いですね。いつから理研はそんな組織になったのか...

Commented by ぶるぼん at 2014-06-25 01:23 x
手遅れになりそうです。
今週中にも理研は正式に小保方参加を表明します。
こうなると、現在小保方が毎日出勤し自ら実験をしているという、国民を騙し愚弄する行為が既成事実として成り立ってしまいます。
小保方を断罪する大切な材料がまた1つ失われます。

1つにまとまろうにも、こうやってブログにコメントしているだけでは何も起こりません。
我々は本当に非力です。
Commented by はちきん at 2014-06-25 06:36 x
change.orgでの塩村議員への女性差別発言に対する抗議キャンペーンでは半日で一万人の署名が集まったという本人のブログを読みました。
ぶるぼん様の言われるように手遅れなのかもわかりませんが、せめて一矢でも報ってやりたいと思うのです。
どなたか文章力のある方、抗議文を立ち上げていただけないでしょうか?
Commented by 柿右衛門 at 2014-06-25 08:14 x
塩村議員の涙と小保方氏の涙、ソックリだな。二人の行動パターンは似ているような気がする。
なんの実績もない女性議員が、アホな男性議員の失言という敵失にのっかって、悲劇のヒロインに祭り上げられてゆく。これにマスコミと世界のフェミニズムまで味方につけたらもう完璧。この類の女性を一番嫌ってたのが、かつての日本のフェミニストのはずなのだが・・・。

もちろん野次の内容を認めるわけではないが、たとえば、故市川房枝なら、野次を聞いたとたん、相手を名指しで「だまらっしゃい」と一喝。続けて挙手、「議長。ただいまの野次には看過できない男女差別意識があります」と言って緊急動議。自分で問題を拡大して相手を追いつめるわ。
自分の発言、自分のやったことには自分で責任を持つ!肝心の表舞台ではお涙頂戴で、おウチに帰ってから悔しくなって、「そうだ、いつも味方になってくれるおじちゃまたちに相談しよう。困ったときには、いつも何とかしてくれるんだから♡」ではダメ。同じことを男がして成功するか。
成功するなら、森口も、片山もやっている。この手の女性は増えているので、フェミニズムとしては退化してるのでは?上野千鶴子の『小保方現象考察』を期待する
Commented by ノンノ at 2014-06-25 08:38 x
外堀を埋められた感でいっぱいです。経費や捏造やら、これだけいろいろ出てるにもかかわらず何のお咎めもなく、解体なし、管理職そのまま、小保方氏の理研在籍、再実験参加を堂々と発表するなどがまかり通ることがあまりにもおかしすぎる。
ほかのことなら、このようなことは絶対にない。中身は違うが、猪瀬知事のときなどをみても、とことん追いかけて辞任へ追い込んだ。今回も、たとえ経費一つとってみても黒塗りは怪しすぎるので、週刊文春など追いかけるでしょうに、なぜか全てがフリーズとなっている。ましてや巨額の税金なのにである。
笹井や小保方氏の予算が高過ぎて、個人の感覚ではピンと来にくいのだろうか。30万もらって逮捕のどこかの市長のほうがわかりやすいのかもしれない。
Commented by ノンノ at 2014-06-25 09:10 x
続き

あまりにもこの経過はお粗末過ぎる。他の2件の捏造よりも大掛かりだ。さらにまだ捏造の上塗りを企てているのだから何をか況んやだが、世界からみて最低な処理だと思うと、日本人として情けない。
どなたか書かれてたように外圧しかないので、海外メディアからもっと突き上げてもらって、外国人倶楽部に野依、竹市、笹井の三人を招いて貰えばと思います。

再実験すれば悪いことばかりのはずなのに、なぜそんなに再実験に意欲的なのか不思議で仕方がありませんでしたが、ブログ主さんの言われる通り、いい話が出来ているからでしょう。

このままだと、全てが彼らの計画通りです。このようなインサイダーも絡む詐欺事件をこのまま見過ごすのは耐え難いです。ネットで一つにまとまりたいです。
Commented by 旅マン at 2014-06-25 12:05 x
二百回もクリアして、コツがありますと断言したのにね?
とっくの昔になんたら細胞はできまくりだろ?
複数のメディアに隠密参加を暴露されて音沙汰なし。つまり、どんなに控えめに見ても件の細胞ありますと言えない状況にあるわけだ。少しでも良いネタがあれば、鬼の首をとったように宣伝するだろうし(笑)。
こんな話、科学知識以前!
どんな専門用語を並べても証拠出せずではブログ主が憤慨するほど、大衆は納得しないだろ?規制緩和ネタになると口が滑らかになる古舘も、いつも通り、無言でスルーになるのでは?
ウヤムヤにするための調整、公明党の手口と変わらない。


Commented by わたる at 2014-06-25 12:20 x
英知様のご見解に同感です。

公金を湯水のように不正使用していたとしたら、絶対見過ごすわけにはいきません。

ところで、ネット署名を始められた方はいらっしゃいますか。
もしくは開始したところがあれば教えてください。
Commented by 梅子 at 2014-06-25 13:19 x
柿右衛門さま
>それから、小保方氏=ピペドと同一視して同情している擁護派諸氏。
>そんなことしたら日本全国の本物のピペド奴隷が憤死します。
>ここまで事が大きくなっても、身分保障&弁護士までつけられる彼女は貴族階級

まったく仰せのとおり。
私もあの「ピペド」発言には本当に腹が立ちました。
まして本当のピペド、あるいは真面目に頑張ったがアカポスへの道をあきらめざるを得なかった方々にしてみたら、まさに憤死ものでしょう。
小保方はユニットリーダーとして年に何千万もの研究費を好きに使える立場ですよ。
その研究費から月に何万ものタクシー代を使っていたりするまさに貴族です、奴隷などとんでもない。
私は前のスレで小保方を玉藻の前と言いましたが、権力者に女を前面に押し出し媚び魅了して自らも高い地位を得て庶民を苦しめる化け物、小保方はそういう生き物です。
女性全体の地位を高めるどころかむしろ後退させたと思います。
Commented by たほろ at 2014-06-25 13:55 x
理研の中の方々
厳しいお立場であることはわかりますが、今は改革委員の提言への不満をアピールしているときではないですよ!

結果、解体もされないかもしれませんが、小保方復活になりそうですよね。目先のことに慌てふためいて、最悪の結果を導くことになっていませんか?

ここで産まれる疑惑は今後数十年大きな足かせとなって理研の発展を妨げると思います。
まとまる力はありませんか?
まとめられる人はいませんか?
科学者の矜持を捨てないでください。
Commented by 理系専門職の女性 at 2014-06-25 15:45 x
私も皆様同様、今回の件には憤慨しており、自分の払う税金が小保方に浪費されているのかと思うと、日々、仕事をするのが憂鬱です。

>小保方は総額2300万円 、タクシー代5ヶ月で13万円、実験用椅子24万円、ノートパソコン29万円、小保方と笹井副センター長の出張費が11ヶ月で55回496万円。

さらに、ユニットリーダーとして年収800万〜1000万円なのですよ!!

小保方を擁護している大衆は、このことを知っているのでしょうか?

「おぼちゃん可愛いのに、いじめられてかわいそう」などと言うサラリーマンや派遣のOL達は、いい加減な捏造実験をしている小保方が、自分が払う税金から、自分の何倍もの年収を得ることに納得しているのでしょうか?

「スタップ細胞はあるんです!」に対抗して、知性ある美形タレントに協力していただいて、大衆啓蒙フィルムを作成し、然るべきメディア(あるいはネット上)で流すことはできないのでしょうか?

「スタップ細胞はにせものです!」
「私たちの税金は、小保方氏の多額の給与や研究費に流れています!」
「小保方氏は、仮病を使っています!]

小保方信者の妄信を解き、政府の暴走を抑止する世論を形成せねばなりません。



Commented by オウンゴール at 2014-06-25 19:33 x
議員のセクハラ発言が物議を醸している最中だから言うわけでもありませんが、小保方さんを擁護する人たちの心理として、その「擁護」の根本に女性差別があることを認識できていないか、意図的に自分の中の差別意識に盲目になっている様子が見受けられます。

実際、専門職に就いている女性を、その実績や仕事に対する姿勢等で評価するのではなく、「女性」という属性、さらに言うなら「年齢」とか「容姿」とか言ったプロフェッショナリズムとまったく関係のない基準で評価している時点で、女性議員を野次った議員と変わらないというべきでしょう。擁護者本人の認識としては、騎士道精神を発揮したつもりで、ナルシスティックな満足感さえ覚えているのかもしれませんが。

政府や組織ぐるみで小保方さんを「女性だから」「可愛いから」、その不正行為を黙認、隠蔽し、それが日本の科学界だと世界に周知されようとしているのが現状であれば、単純に科学リテラシーのみならず人権意識においても、日本社会、アカデミズム、そして大衆の、世界におけるガラパゴス化が進行していると痛感せざるを得ません。
Commented by 早稲田コピペ博士と同い年 at 2014-06-25 21:00 x
はじめまして。
いつも拝見しております。

この事件は、詐欺と横領で刑事告訴可能ではないでしょうか、素人判断ですが。
大勢の力を合わせて、理研神戸を相手取る!
こんな流れが起こると一挙に状況は変わるでしょうね。
Commented by 現役信者 at 2014-06-25 22:34 x
渡海紀三朗=前文科大臣 早稲田卒

小保方博士のような優秀な高学歴の研究者が有期雇用で報われないのは文科省だから(若干略)なので文部省と科学省に分割すべきだ。by幸福の科学

小保方さんは日本の宝 私が必ず守り育てる。by大川隆法

小保方さんを守った後、大きなご褒美を貰える人がいるのでしょうか。

大川総裁は早稲田が博論を剥奪しそうだから急遽乱入してきたそうですが、早稲田は日本の学術の将来と目の前の多額の献金とどちらを選ぶでしょう。

竹市さんは部下を使ってネットを使って自分はSTAP細胞信じてない朝日新聞に嘘書かれたって拡散はじめてますね。まだ良心が残っていることを信じたい。
Commented by くにまつ at 2014-06-26 14:37 x
小保方擁護の動きには、なにか政治の関与があると確信しつつも、それがなんなのかが私には不透明でしたが、上で
猫のしっぽ
さんの紹介なさった記事でストンと腑に落ちました。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41030

ただ私が迂闊だっただけで、みなさんとっくに想像の範囲内でいらしたことでしょう。現在の政権中枢部にまで、インサイダー取引が具体的に及んでいるのでしょうね。
Commented by ノンノ at 2014-06-26 18:45 x
英知さんが書かれておられるように、署名が集まれば刑事告発ができるのではと思って来ました。

無いものに費やした費用を追うより、研究費の不正使用疑惑のほうが取っ掛かりとしてはいいのではないでしょうか。文春が請求した情報公開資料の黒塗りはおかしいので、その黒塗りをはずさせたものを要求したいです。

竹市センター長が、厳密に監視した中で再実験をして、細胞が出来たら録画してなど言われているようですが、わざと大袈裟な設定により、無いものをあるように思わせる茶番劇にしか思えません。最初の発表となんら変わらないことを繰り返すようでダブります。
Commented by 女人天下 at 2014-06-26 20:57 x
竹市センター長の「録画」発言は奇っ怪としかいいようがない。「録画」で捏造を見破ることができるのすか?この人は何を言っているのだろう。科学者とはとても思えないのですが。よほど何か隠したい不都合な事実があるとしか考えようがない。
Commented by えりり at 2014-06-27 04:20 x
数々の客観的証拠を丸無視し、捏造の徹底的な解明は悉く避けながら、科学者の矜持もかなぐり捨てた「検証実験」、隠蔽以外の目的などあるはずもなく。
だから一度は「再現成功」なる発表がされることでしょうね。あるいは、調査委員会の裁定を覆して「悪意のない勘違いだった」とかかもですが。
「再現に成功した第三者の存在」という小保方発言(←あまりのバカバカしさに、もはや誰も突っ込みませんが)などなかったかのようです。
捏造の当事者が手品で「再現」したものなど、まともな科学者は誰も信じないのに敢えてやるのは、要するに科学コミュニティからどう思われようが隠したいものがあるのでしょう。
CDBの林GDでしたっけ、それまでの実績を無視して解体などといえば、優秀な外国人研究者が来なくなる等発言しておられましたが、今回の理研の対応を見れば、解体されなくても誰も来ませんよ。
むしろ優秀な頭脳の流出のほうを心配されては?
竹市氏は輝かしい業績の最後に汚点を残してキャリアを締めくくられそうですね。
Commented by トモコUK at 2014-06-27 06:21 x
武市センター長は、もしかしたら今回の発言で小保方晴子にギブアップを促そうとしているのでは、とふと思いましたが、希望的観測でしょうか? 科学界、理研の経済面の運用と政治家の間でにっちもさっちもいかなくなって、この頑固で妄想にとりつかれたお嬢さんが目を覚まして捏造を認め、検証実験を自ら降りてくれたなら、理研の体面が(ある程度は)保てると踏んだ? そうなれば彼女の処分は理研の規定通りに出来、検証実験にかかる税金の無駄遣いも抑えられる。何処かのインサイダー取引が破綻しようが、政治家が恥をかこうが自業自得、知ったこっちゃないですし。ブログ主さんの言うとおり、小保方の自供が無いと解決の目処はつきそうにありません…
Commented by えりり at 2014-06-27 07:05 x
トモコUKさん

もしトモコさんの考えておられるとおりなら、目を覚ますべきは竹市氏や周囲の人間だと思いますよ。
O嬢は普通の人々の感覚が通用する相手ではないと思う。
普通の良心を持つ人間であれば、そもそもあれだけのことをでっちあげないし、でっち上げておきながら不服申し立てをして、次々と整合性の取れない嘘を吐き続けないでしょう。
理研も、よもや弁護士4人も立てて不服申し立てをするとは夢にも思わなかったのでは。
彼女は絶対に「目を覚ます」ことはないので、そういう目の覚めない人間を相手にしているということに、いい加減目が覚めなくては、どこまでも振り回されます。

*Martha Stautの「良心をもたない人たち(翻訳邦題)」という本があります(英語原題は敢えて書きません)、未読でしたら是非ご覧ください。どこかで見たようなエピソードがこれでもかと出てきます。
Commented by わたる at 2014-06-27 08:17 x
stap事件は根が深いと改めて思います。

捏造に、国を挙げての隠蔽に、政治がらみのインサイダーに。
底は透けて見えるのになかなか手が届かないようなもどかしさを感じますが、証券取引等監視委員会もじっとタイミング見計らっているんでしょうね。

7月7日夕刻、東大でstap問題の討論会が開催されるようです。
再発防止に向けて積極的な内容を期待します。
Commented by ノンノ at 2014-06-27 08:49 x
英知さん、ありがとうございます。情報公開請求はHPから可能なのですね。
それならそこにも皆が請求するというのはどうでしょうか。
山ほど請求が来て、週刊文春にもそれを知らせれば、文春の先日の記事からの派生だと思って、続編として向こうもまた取り上げるのではないでしょうか?

専門的なことだからよくわからない、という声が多いので、研究費不正使用疑惑解明のため黒塗りをはずしたものを出して!というのは非常にわかりやすく、告発しても調査がしやすいので、やはりここからがいいのではと思いますが。

理研内の方々は、予算のことがあって、敢えて小保方再現実験復帰を我慢せざるを得ないのですね。やっぱり思っていた通りです。全く理不尽な話です。
Commented by 海外から at 2014-06-27 11:16 x
研究者のはしくれです。

この記事に全く同感です。ただ、私の周りの研究者では、日本人以外、あまり騒ぎになっていません。みんな、あきれて、どうでもよいという印象を持っているのが本音だと思います。

本当に再現実験をするなら、小保方さんに、「理研以外」の場所でやってもらえばよいだけの話です。いわゆる第三者機関というところでです。これを提示すると、おそらく、彼女は、長期入院に入るでしょうね。
Commented by みかん at 2014-06-27 11:35 x
この一連の騒動に関して、私が良くわからないことがあります。
私は問題の本質は、stap論文・(捏造)stap細胞がどのように作り出されたのか、それを明らかにする事に尽きるとおもっています。
しかし、現在はこの問題は再現実験による検証で決着を図ると言われていますね。
これまで出ている情報・解析によれば、stapは捏造である事は明らかです。再現試験は茶番であり、する必要性は皆無であると思います。
詳しく在りませんが、例えば刑事事件ならば状況証拠を積み上げて有罪判決が出ることもあると思います。
しかし、ここまで状況証拠が出てきていながらなお、再現実験などと言う妄言がまかり通るのはなぜでしょうか。
再現試験の成否とstap捏造については別問題であるはずです。





Commented by ポチ at 2014-06-27 17:41 x
校費による出張の場合、自宅からではなく、勤務地からの計算になるはずです。理研の言い分はおかしい。通常、報告書が無いと旅費の支給をして貰えませんので、きっと提出していると思います。ただし、本当のことが書いてあるとは限りませんが。
Commented by トモコUK at 2014-06-27 18:34 x
えりりさん、

うーん、そうですよねえ。武市氏の発言に対し、「イジメか」と憤っているブログを見つけまして、そんな状況で実験するなんて嫌、というのが一般的な感覚かな、と思ったのでした。「針のむしろだぞ、前の様には行かないぞ」アピールで自供を促すにしても、あのO嬢に対するには手緩い。

よく考えてみれば私が所属するラボ群にはCCTVが付いているし(意識した事なかった)、機械類はそれぞれ専属PCでログと生データ管理がしてあるので(そういうデザイン、多いです)、武市氏の提案はそう大仰な事でもないと思います。今までの管理と、不正調査委員会の調査の杜撰さが浮き彫りになっただけかと。どっちにしても、えりりさんの言うように、O嬢には蛙の面に水でしょうね。
Commented by 梅子 at 2014-06-28 07:06 x
オウンゴールさまのご意見に同意します。
小保方を擁護している人たちの根底に女性差別があることは私も感じていました。
>その「擁護」の根本に女性差別があることを認識できていないか、意図的に自分の中の差別意識に盲目になっている

まさに私が感じていたことそのままです。
ここでしばしば話題になる某氏のツイッターなどでやたら「女性」「女性」と言っているのを見て却って不快に感じる女性は多いのではないのでしょうか。そこにオウンゴールさまがおっしゃるような差別勘定を感じるからです。
実際の社会では時給で働くパートやアルバイトの女性だって自分に割り振られた仕事はきちんとこなさねばなりません。
女性だからと甘やかされる社会でもないし、またそういう社会を多くの女性は望んでもいないでしょう。
しかし、今だそういう無意識に差別感情を持つ男性がいて、そこを実にうまく利用したのが小保方だと思います。
30歳の男が泣いたり「自分は未熟だから」と言って許されるでしょうか。なぜ小保方だけが特別扱いなのでしょうか。
Commented by えりり at 2014-06-28 09:13 x
>「国際特許申請している場合、捏造だと判明すると逮捕されるからずっと嘘を言い続けなければならない」との噂

英知さん、

これは改革委員会委員の市川先生が、ご本人の見解として提言発表の席でおっしゃったことです。
ただ、会見の中では改革委員の間でもこの点についての意見が分かれたこと、また市川先生も、敢えてこの発言をしたのは、Vacanti へのジャブというかメッセージを送る意図もあることを言い添えておられたと思います。
ちなみにですが、日本の特許法にも罰則規定はあるようです(特許法197条(詐欺の行為の罪))。
Commented by えりり at 2014-06-28 11:17 x
2014-06-28 09:13 の補足です。改革委員会の会見内発言の直接ソースを貼ったほうがいいと思いましたので以下。

https://www.youtube.com/watch?v=toR96dWoQ64
(改革委員会会見 2014-6-12)

市川先生の当該発言は1:14:06あたりから(「逮捕」ではなく「刑事罰」という言葉を使われています)、竹岡弁護士の補足(あくまで市川先生の私見であること)がその後に続きます。

Vacantiジャブ発言、改革委員会の中でも米国特許法の適用について意見に相違があったことは1:44:56あたりからです。

この分野の国内外の法律を専門にしておられる方の意見を伺いたいところです。
Commented by 理系専門職の女性 at 2014-06-28 12:06 x
日本記者クラブで、佐倉統 東京大学大学院情報学環教授 で行った公演
「日本発の研究は信頼回復できるか」が、無料で視聴できます。

http://www.jnpc.or.jp

一時間ほどの講演ですが、雨の週末にご覧になってはいかがでしょうか?
(期間限定の公開のようです。)

STAP 問題を、科学史や、科学と社会の関わりという観点から解説した
とても知的な講演です。


佐倉先生によると、小保方氏による再現実験がナンセンスであるなど、
理研の先生方は科学者として当然、熟知しているはずで、
それなのに、再現実験を行わざるを得ないのは政治的配慮からであり、
科学的判断への政治の介入こそ問題、と警鐘を鳴らしています。

さらに、STAP細胞で改めて浮き彫りにされたのは、
科学者の常識と一般の人々の認識とのギャップの大きさだそうです。

「なら、STAP細胞はあるんですか、ないんですか?」
とメディアに問いつめられた時に、
「あることを裏付ける証拠はないが、ないとは言い切れない」と
科学者の常識で誠実に答えてきたために、
「それなら、あるのでは?」と期待させてしまったのではないか。
Commented by えりり at 2014-06-29 11:52 x
英知さん、

>刑事罰があるから嘘をつき続けなければならないとしたら

個人的には、O嬢その人については多分それは違う気がしています。
彼女の嘘は今回に始まったことでなく、D論から(あるいは更にそれ以前から)捏造と整合性を欠く嘘を繰り返してきた人なので、ことさら刑事罰を恐れて嘘をついているわけではなく、単に彼女がここまで繰り返してきたパターンに過ぎないと感じています。

ただ、ひょっとしたら理研はそうなの「かも」。
彼らが残されたストックの解析に悉く消極的で、またレター論文の調査を一貫して拒否していることからすると、理研とO嬢との間で利害の一致があり、その「弱み」ゆえに、彼女の整合性の取れない嘘を許す余地を与える結果になっているのだろうと感じています。
その利害の一致は広範囲に及ぶと思いますが、例えば特許に関して言えば、出願者はO嬢個人ではなく、理研という組織名です(http://tinyurl.com/oxrpvkj)。
なので、法的解釈の可能性として仮定的な話をすると、仮に特許詐欺罪に問われた場合の被告はO嬢ではなく理研になりますよね。
Commented by えりり at 2014-06-29 12:07 x
連投失礼します。

>トモコさん

今たまたまこれ↓を読んだので貼ります。

http://www.tanteifile.com/diary/2014/06/28_01/

ご記憶でしょうか?
画像を取り違えてしまった、出回っているD論は下書きです、200回以上作っています、第三者も再現していますが名前はいえません、体調不良で入院中です、(遠藤先生・若山先生の提示された科学的証拠をもろともせず)マウスは全て若山研からです・・・(もう多すぎて書ききれません)。

神戸新聞の竹市氏のインタビューを読みましたが、肝心のものを調査しない一方で、こういう人物を「検証実験」なるものにに参加させることの意味を氏はきっちり認識しておられるのか、疑問しか浮かびませんでした。
付け入る隙を与えているだけだとしか思えません。
Commented by 哀れなマウス at 2014-06-29 16:28 x
問題発覚から何ヶ月もたつのに理研の対応をイライラしながら見ています
竹市氏は徹底調査すべきだといいながら小保方に再現実験をさせたいと言う。
矛盾する発言のどちらが本音なのでしょうか
ところで独立行政法人の理研は研究不正の通報があれば調査しなければならないという規約があるんです。理研はこれに違反し続けているわけで、もう見逃すことはできません
法的手段に訴えて、レターや残存サンプルの強制調査をさせないといけません。
ブログ主さんやコメンターの方々で詳しい方はいらっしゃいませんか?
我々庶民ももう黙って見ているだけではいけないと思うんですよ
Commented by トモコUK at 2014-06-30 05:18 x
えりりさん、「探偵ファイル」を興味深く読みました。教えてくださってありがとうございます。本当にサイコパスそのもの! 口からでる言葉だけで、裏付けとなる物証は何一つ出していませんよね。すごく不思議だったんです。メディアがそこに突っ込まないのも不自然ですが。さて、STAP「発見」にて経済的、あるいは政治的な益を受ける筈の人/団体は、彼女に振り回されているのか、はたまた彼女の性癖を熟知した上で今回のフォアマンとして起用し利用し続けているのか… ああ、すごく気になります。O嬢の弁護士達などは、今回の依頼を引き受けた事を密かに後悔しているといいな、と思います(無理か)。ネイチャーが正式に論文撤回を発表した段階でまた、各方面で新たな動きがあるでしょうか。
Commented by ノンノ at 2014-06-30 19:39 x
英知様

そうですね、黒塗りを外したものを出すように請求できさえすれば、ほんとに学会かどうかを調べるのは簡単そうです。
文春が引き継ぎ請求して、なんとしても暴いてくれないかと思うのですが。一般ではなかなか難しく時間もかかりますから。

と、時間がないと思っていたら、先ほど7時のNHKニュースで、明日から小保方さん再現実験参加へというのを見て、ほんとにこの国はおかしいと思いました。
今週にも論文取り下げと出ているのに、何を再実験するのか?と、世界中から笑われてる気がします。
なんとか根底からひっくり返す方法はないでしょうか。

Commented by BCS at 2014-06-30 22:43 x
小保方氏が検証実験に参加するようですが。

TVでこれだけはっきりと「STAP細胞の存在を実証したい」と言っておいて、「すみません。間違いでした。でも全て悪意は無かったので許して」と言って逃れられるものでしょうか。あるいは「再現困難なので研究続行」でしょうか。
いくら笹井氏、竹市氏の剛腕(?)でも言い逃れは難しいのでは...
政治やビジネスのような「口先だけで言い逃れしやすい分野」でなく、元々は「根拠が示されてはじめて納得を得られる」自然科学の中で
起こった騒動だからこそ、これ以上ごまかしはできないと希望的観測をもちたいものです。

外国の研究機関は呆れてもう無視しているようですが。

Commented by BCS at 2014-06-30 22:54 x
研究費返還要求、インサイダー取引で起訴される日が近づいていることを願います。
インサイダー取引に関しては、これほど悪質な事が行われたと、このブログ&リンク先ではじめて知りました。
お礼を申し上げます。

>> ノンノ さま

論文を撤回する、が、再現実験はする、のがおかしな理屈だと思わない視聴者多いんでしょうかね。
「論文の撤回」=「国際的にも、完全に否定されたと認める事」 これは小保方氏自身が4月の会見で言った言葉のはずですが。
さすが、次から次に矛盾した発言をする人...
Commented by れん at 2014-07-01 01:13 x
これだけ多くの国民が論文不正に対する処分が先と言っているのに耳を貸さずに再実験(再とは言わない)をやるというのなら独立行政法人の看板を下ろしてからやるのが筋ではないでしょうか。
私達は捏造、改ざん論文に費やした数年間も税金を無駄にされ、その上11月までも払わされるのかと思うと腹立たしい。
どれだけバカにしたら気が済むのだろうか・・・・・
こんなバカゲタことを止める人は理研内にひとりも居ないの?

Commented by えりり at 2014-07-01 08:23 x
ゲノムに齟齬を生じないESを手品ネタとして仕込んでおいて、「再現成功」を演出するというシナリオが既にあちこちでささやかれていますよね。
これだと当然第三者による再現は不可能ですが、少なくとも彼らの「検証実験」なるものから直接矛盾を突き止めることができなくなります。
今更理研が「検証」するものを科学コミュニティの人間は誰も信じません。
ですが、このシナリオで彼らが動くとすれば、どれだけ科学としてありえなくとも、世論に対してシロの演出ができるということだと思います。
Commented by ノンノ at 2014-07-01 14:15 x
BCS様

インサイダーの件は、いろいろ読んで知れば知るほど、底知れぬ深い闇を感じました。
ほんとにこの件を放ったままにするのかと疑問でなりません。

論文撤回なのに再現実験。この矛盾は?など特に何も思わないというより、中身が専門的で聞いてもわからないからと、世間は皆そう思っているように感じます。
昨日、今朝のテレビでもさらっと放送するだけで、辛坊さんくらいは何かコメントあるかと思ってましたが、何もなし、NHKの大越さんも無し、あるアナウンサーは、ほんとあるといいですね。というコメントでした。

日経サイエンスに、捏造のカラクリが詳しく載ってるようですが、悲しいかな専門の方々しか購入されないのではと思います。

一般大衆を動かして、理研、政権まで切り込むには、やはり経費不正使用からしかないように思います。このまま終わらすのは許しがたいです。
Commented by BCS at 2014-07-03 00:20 x
ノンノさま

小保方氏が出勤して検証がはじまりつつありますが、民放バラエティでも「理研と小保方氏による検証だけでは何の意味もない。どんな場所でも再現できてこそ意味があるのだから」との事で、まともなことを言うコメンテーターもいるな、と思いました。

日経サイエンスの追跡調査に期待しています。古田彩氏に期待したいところです。私も細胞は素人なのでよく分かっていませんが、思ったより巧妙な、仕組まれた偽造かも、という話に少し驚きました。
研究者や科学ジャーナリストによる難解な解説も、時間がたてば分かりやすい記事として一般紙に概要だけでも載せるのではないかと期待しています。
Commented by BCS at 2014-07-03 00:31 x
(続きです)

小保方氏はこれまでもCDBに行って相談事?をしていたと、CDB内部の方からの書き込みがありましたが、よくマスコミに写真も撮られずに
通勤できたものだと正直思います。いくらタクシー通勤でも。
こういう秘密行動こそ暴露されれば国民が最も嫌うものだと思いますが。
Commented by ノンノ at 2014-07-03 08:37 x
るまんど様
そうですね、昨日もタクシーで出勤されていましたね。理研のリーダーは皆さんタクシー出勤なのかと不思議です。ポートライナーという乗り物が三宮からありますので、普通はそれで出勤されているものと思います。
高橋さんのツイッターにも、研究費でタクシー使うなどお客様以外にない、と書かれてました。
きっと、経費も公私の区別ができないのでしょう。

相澤氏の会見を見て驚きました。実験ができる状態にはなっておらず、今日は準備やお茶の用意などと言われていました。そのアットホームな緩いのと、厳重な体制でなどということに違和感があります。
やはり、研究者が監視、ビデオなど、どうも茶番のような気がしてなりません。まえに内部の方が書かれていたように、その体制の中で出来ましたからやはりあります。と、捏造への布石に見えます。
Commented by ノンノ at 2014-07-03 08:52 x
つづき

高橋政代さんのツイッターが、小保方氏出勤と一緒に昨日のニュースになっていました。
やはり影響力があるのは、こうして内部の方々からの声だということだと思います。

同時に、兵庫県議の公費不正使用の記者会見もありました。城崎や東京などに何度も領収書もなく出張し、まだこれから追求されて、返還を求められるかと思います。
金額からすると、小保方、笹井両者のほんの一部でしかないくらいの額です(だからと言って県議がいいはずはありませんが)が、このニュースを見てて、上記両者に対して全くスルーの状態は、やはりおかしいと改めて思いました。

週間文春に、先日の、理研から公開された黒塗り経費の記事のさらなる追求をお願いするメールを編集部に入れさせていただきました。
理研には、公費の情報公開なので、今回の県議と同じで黒塗り無しで出していただかないとと思います。個人では間に合わないので、文春のスクープで世論が動くことを期待しています。
Commented by ノンノ at 2014-07-04 01:08 x
レチナ様

秋はこれがあるのではないでしょうか↓

下村文科相は秋の臨時国会に理化学研究所を特定国立研究開発法人に指定する法案を提出する意向があることを示した。と6月4日付けで出ていました。

この状況においてもまだ指定するのかと思うと、何となくすべての筋書が見えているような気がします。

兵庫県議のように、経費の不正使用疑惑の追及の目をこちらにも向けてほしいです。
Commented by 捏造問題にもっと怒りを at 2014-07-04 22:03 x
文部科学省より「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」案のパブリックコメント(意見公募手続)が本日より実施されています。研究不正について自らの意見を正式な形で表明する良い機会だと思います。8/1締め切りです。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000698&Mode=0
Commented by Lily at 2014-07-06 02:09 x
理研は平成の731部隊に変身する。生物兵器の研究・開発機関となり米国にも御奉仕。

>下村文科相は秋の臨時国会に理化学研究所を特定国立研究開発法人に指定する法案を提出する意向
Commented by 荻原 理 at 2014-07-17 20:43 x
本日をもちまして、早稲田大学は、その「隣のバカ田大学」に吸収合併・名称変更と相成りました。この大学は、約11年前の「集団強姦魔事件」でとっくに終了していたのですねえ・・・。


片瀬久美子氏が、宛先→下村博文文部科学大臣 および 理化学研究所「STAP論文不正問題の真相解明とSTAP細胞検証実験の凍結」(発信者;正しいサイエンスを求める一科学者)の署名キャンペーンが(http://www.change.org)・・・
上で行われていると、twitterで記されていました。関心のお持ちの方は署名を!
Commented by 一息 at 2014-07-18 22:02 x
不正、捏造をした小保方氏に対する処分の甘さにガッカリさせられるばかりです。
早稲田大学、理研、文科省には公正な判断をしていただきたいと思い、私も、STAP論文不正問題の真相解明とSTAP細胞検証実験の凍結,追加『早稲田大学における博士論文の捏造問題の再調査と厳正なる処分』の署名活動に参加しました。
少しでも何かが変ればと思うばかりです。
関心のある方は、一度覗いて下さい。
Commented by 署名、こちらです at 2014-07-19 10:52 x
http://www.change.org/petitions/下村博文文部科学大臣-および-理化学研究所-さらに早稲田大学-stap論文不正問題の真相解明とstap細胞検証実験の凍結-追加-早稲田大学における博士論文の捏造問題の再調査と厳正なる処分?fb_action_ids=10204511952067566&fb_action_types=change-org%3Arecruit&fb_ref=__SdKAwKTJNE


カウンターとメール

最新のコメント

「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01
一部の半島専門家は年初か..
by おにぎり at 10:22
プーチンは「あの戦争(ア..
by 愛知 at 06:12
スノーデンのTWによると..
by 長坂 at 00:05
常識的に考えると、アメリ..
by jdt01101 at 10:56
【続き】内藤氏は、シリア..
by tenten at 20:55
「内戦に勝利目前のアサド..
by tenten at 20:34
実にラディカルな推論に心..
by NY金魚 at 16:51
一旦、軍需産業が発達して..
by 七平 at 11:40

Twitter

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング