仮病を使う小保方晴子 - 「STAP細胞」と「STAP幹細胞」のトリック

c0315619_1634081.jpg前回の記事のコメント欄に、理研CDB内部の者を名乗る匿名の読者から投稿があり、今回の事件の隠蔽工作を主導しているとして、CDBセンター長の竹市雅俊に対して厳しい糾弾の声が上げられた。関連して、同じ者からかどうか、昨日(6/18)の朝、2ch生物板に内部告発を思わせる書き込みがあり、頻繁にコピペされて回し読みされ続けている。下品な文章なので引用に躊躇するが、こういう内容だ。「810 名無しゲノムのクローンさん 2014/06/18(水) 08:24:02.20 世に倦む日々の人、竹市のこと信用してたのね。御愁傷様。竹市は本件をここまで深刻にした張本人です。CDBの小保方擁護筆頭、未だに現実を受け入れられない。今日も相澤研までわざわざ小保方に会いにいっちゃったりもうホント馬鹿じゃないかと。で、細胞の調査をすることには絶対反対ね。認めてもしぶしぶ。CDBは5月末になってやっと細胞の調査を始めたけれど、若山にプライマーの配列聞いてたから、一瞬で元のESが同定(略)。もっと早くやってればCDBこんなことにならなくて済んだんだよ。(略)小保方が引っ越しのどさくさに若山の所から盗んだ細胞が箱ごと発見されたことも公表しろよ。丹羽のTSもたくさん出てきただろ。相澤も小保方さんを励ましてあげようなんて言ってるんじゃねーよ。お前、監視役として検証チームを組織したんじゃなかったのか?(以下略)



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1651287.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-06-19 23:30 | Comments(41)
Commented by ホログラム at 2014-06-19 20:26 x
今回の小保方の反論コメントには状況が苦しいことを反映してか最初から破綻している点があります。若山氏が出所不明と述べた細胞(小保方の冷蔵庫のESと解析結果が一致した細胞)は、若山氏の研究室のマウス由来でないことも若山氏が作ったES細胞でないことも明らかだからこそ出所不明と言ったわけで、これを若山研由来だと主張するのは初めから無理があります。おそらくCDBの有志はCDB内にある様々なES細胞の検査に着手するはずで、そこでその出所不明と言われた細胞=小保方冷蔵庫の細胞と一致するESが見つかればすぐに嘘が露呈します。

それとは別に小保方がCDBに通う姿が撮影されることで、大衆に広がる小保方神話が崩れ去るかもしれませんが。
Commented by ホログラム at 2014-06-19 20:26 x
STAP幹細胞の解析結果をもとにした捏造の証拠が突きつけられると、「STAP幹細胞の担当は若山氏だから若山氏の側で手違いが起こったはず」と責任を転嫁するのが小保方の常套手段となっていますが、一方でSTAP細胞そのものの解析結果からは逃げ回っています。小保方の捏造を決定付けるもう一つの証拠として、遠藤氏の解析によって得られたSTAP細胞の8番トリソミーの件がありますが、こちらに対しては小保方は口をつぐんだままです。黙っていればやり過ごせると考える小保方の作戦でしょうが、同様の解析結果は東大なども発表する予定なのでここは逃げ切らせないようにしてもらいたいです。
Commented by merzgeranium at 2014-06-19 21:52
小保方問題が何だったのか、振り返って検証する作業がいろいろ始まってきたようです。中でもこのブログは、その俯瞰する視点の高さ、権力構造への焦点のあて方、緻密な仕事ぶりなどから、他の小保方の精神性を分析する記事とは一線を画します。最後に、小保方を「狂気のカルト・ファシズムの政権と戦争と破滅の時代、そのシンボリックな寵姫たるに相応しい。」と結論づけられましたが、小保方のポジションを言い得て妙です。男を狂わせ、世を乱し、政権の転覆を導き、最後は失意のうちに命を落とす、乱世に現れたいわゆる歴史上の『美女』たちも、こんな感じだったのだろうかと想像します。
Commented by 梅子 at 2014-06-19 21:53 x
2ちゃんのあのリーク情報は私もリアルタイムで見ました。あれは本当でしょう。なぜなら、あれが本当だとすれば、今までの数ヶ月ずっと違和感を感じ続け不思議でたまらなかったことの全てが理解できるからです。それこそ「謎は全て解けた」
いくらメディアや世論が小保方に騙され同情的だとしても、ああいう理研の対応はありえない、どうしてあんなことになっているのだろうか、ということが全部説明できる。5月から小保方のCDBでの目撃情報も今となってはわかる。
そしてなぜ改革委員会が「解体」というこれ以上ない厳しい処分に言及したかも理解できる。CDBは芯まで腐りきっているからです。
Commented by 梅子 at 2014-06-19 21:53 x
小保方は現代の「玉藻の前」であろう。
天竺に於いては班足太子の愛妾賀陽夫人となり、中国では殷の紂王の愛妾妲己となり、本朝に於いて鳥羽院の寵愛を受け玉藻の前となった化生のもの九尾の狐は、栄耀栄華を誇り悪逆非道の限りを尽くしたという。
その伝説を思い出す。
まあネット界を見ても縁者でもないし会ってもいず何の得もないのに、熱狂的に支持している爺さんがけっこう見かけられるので、実際会えば何かの物凄い「魔力」があるのであろう。
驚くべきリーク情報であったが、半永久的に語り継がれ竹市始めCDB幹部の名前も不名誉な形で語られていく。
今になって思えば、笹井が「オレだけが悪いのではない」と言うのも当然で、笹井は竹市に「小保方を助けてやれ」と命令されて論文を手伝ったのだから、そう思うのは当然。その後笹井もやられたようではあるが。
Commented by kaikai at 2014-06-19 22:24 x
安倍ファシズム政権を容認する多くの日本人が、小保方をも容認する。
>狂気のカルト・ファシズムの政権と戦争と破滅の時代、そのシンボリックな寵姫たるに相応しい。
まさにブログ主さんの言葉通りであり、この点にこそ問題の本質が在る。
思想や文化、文明の発展・向上は、一般にバネのような螺旋構造に喩えられる。真上から見るとぐるぐると同じ場所を回っているだけのようだが、横から見るとジグザグに上昇しているのだと。
20世紀型の近代西洋自然科学的合理主義は、頭脳を身体よりも高度なものとし、理論を優先させ、同時に効率を優先させた。善と悪を絶対的なものとして単純化したし、自我に基づく個人主義が優勢となった。(続く)

Commented by kaikai at 2014-06-19 22:25 x
(続き)
21世紀の今の脱構築や身体論、ポストモダーンは、それに対する反省として生まれたのだと思う。
脳も身体の一部であるし、人間も自然の一部であるし、自我は所属する共同体によってその都度変わるものであり、何が正しいか間違っているかも相対的なものとなった。
しかし、しかし、である。
それはあくまでも、20世紀の合理主義、まともな論理的整合性を下敷きにした上に成り立つものであって、前近代に後戻りしてしまっては、お話しにならない。ただのオカルトである。
小保方に騙され続けるなど、オレオレ詐欺に引っかかるに等しい。だから安倍にも騙される。(長文ですみません)
Commented by 通りすがり at 2014-06-19 22:48 x
野依氏も下村文科大臣や安倍総理の意向を受けてか、解雇すると実験に参加させられないと言い始めました。
恐ろしいことです。自浄作用のない理研。三大捏造事件としては、政府絡みの捏造として、後世に伝わってしまうことでしょう。暗闇の時代に起こった忌まわしい科学事件です。
Commented by 桜坂 at 2014-06-20 07:30 x
若山教授の会見で、若山教授がどの時点でSTAP細胞の存在に会議を持ったのか、それが「あのSTAP細胞お披露目の会見の時」の「STAP細胞は簡単にできます」という言葉だったことを知りました。
もしかしたら笹井氏はもしかしたら・・・もう少し早い段階(お披露目会見以前)において、もしかしたらですが僅かな不安のようなものがあったのではないか、と詮索してしまいました。
だから若山教授が早々と論文撤回を口にしたことで「あんたが一抜けた!なんて言うなよ!」という焦りから、その後の会見で笹井&小保方口を合わせて若山教授の名前を連呼し続けているのではないかと思ってしまいます。
ハーバードの教授の右腕、理研の金の卵、秘密の隠し玉・・・誰が誰に命令されたやらされたということではなく、日本を代表する科学者たちが単に「目が眩んだ」だけで起こったねつ造事件だったなら、あまりにも愚劣過ぎる。

2chのリークが真実なら、今後も内部からとんでもリークが続けばこれはもう、地位と名声で武装した上層部と政治家達の撃沈も遠からず可能だと思います。
「内部の方達」には知的に鮮烈に頑張って頂きたいです。
Commented by ともこUK at 2014-06-20 08:01 x
小保方の名前が入った論文はもう、どこの雑誌も載せないでしょうし、これからの理研発の類似した研究結果も警戒される筈です。雑誌に発表できないという事は、どんな成果も業績として認められないという事。CDBをそのままにして、将来絶対に実績を作れない小保方を飼い続ける事は、科学界においては悪影響ばかりでメリットはゼロ。どう考えても政治、媚、面子と馴れ合いが今回の醜態の元であると納得しました。そうとわかっている筈のお偉いさん方が開き直っているさまは恐ろしく滑稽ですが…笑えません。生物系の科学者の一人として憤慨しております。理研で当り前に真面目に研究している皆様には同情を禁じえません。
Commented by natsunoizumi at 2014-06-20 10:11
決着がつかないから実験させるなんて、詭弁にすぎない。決着がつかないのは、理研が確固とした態度をとれないから。事実を明らかにし、
小保方を懲戒解雇にすればそれで決着はつく。
これで、研究者に限らず、本当に優秀な若者は、日本を見限って他へ出ていってしまうことになるだろう。目先の利に走る理研は、ついに錬金術研究所と化し、日本も徐々に凋落していく。
下村の本が、小保方に続き、幸福の科学から出版されている。書店でそれを見たとき、目を疑った。思えば、オームが政治家と癒着していなくて本当に良かった。
安部の言う「美しい国日本」とは、オカルトファシズム国家のことだったのだ。
Commented by 延子 at 2014-06-20 12:03 x
大隅典子氏がTwitterで、この記事を紹介して、「より大きな構図から見るべき事件ですね」というコメントを入れていらっしゃいます。だんだん暗澹たる気持ちになってきました。なんとかして日本の良心を結集して、この国に生まれてよかったと思える結果が出るよう祈るしかありません。
Commented by ノンノ at 2014-06-20 12:36 x
若山先生の記者会見と小保方冷凍庫内の調査を心待ちにしており、この動かせない事実が表に出てスッキリした気持ちになりました。

黒塗りの経費を情報公開だと言って出してくる辺りは納得行かず、小保方、笹井両氏の独立採算でない部分も気にはなっていましたが、どちらにせよ、もはやこれまでだからと思っていました。

が、即座に小保方氏が若山研のマウスだと反論をし、また、自分が作ってみせるなどという強気の発言が謎でした。
前回のCCCさんのご発言でその謎が一気に解けました。
センター長自らが捏造してでもと言われているのなら、すべては納得いくことばかりです。

その上、文部科学大臣、兵庫県知事までもが変に擁護的なことを言い出し、明らかに怪しい限りです。
特に県知事は、これからも支援して行きたいなどと、政治的絡みか、何にも中身を知らずからかわかりませんが、県民として怒りを覚えます。

三銃士の方々を更迭などあってはならないことだと思います。
解体して外部の管理者を入れ、小保方氏また、管理職すべてに厳しい処分を願います。
Commented by えりり at 2014-06-20 12:51 x
今日朝日に出ている竹市氏のインタビューは正気の沙汰ではなく、2chのリークに信憑性を感じさせるに十分なものでした。
ここでの問題は、「O嬢がNature 論文で主張したところの」STAP細胞が、「論文に記述されたとおりに」存在「した」のかどうか、そしてその嫌疑を理研が適切かつ徹底的に調査し公表したのか、であって、「STAP細胞(に類似する現象)が存在するかどうか」ではないはずです。
そして前者についてはとっくに結論は出ている。
しかし、朝日のインタビューでの竹市氏は、問題を後者にすり替え、悪魔の証明を設定した挙句「結論を出すのはまだ早い」と。
この期に及んで組織のトップがこのざま。
CDB解体が提言された理由が非常に良くわかります。
Commented by ijkl at 2014-06-20 15:22 x
これは、2chで有名な、オホホポエムの作者の人から派生した、似非オホホポエムの人なんじゃないでしょうか。どちらにせよ、理研の中の人には違いないという推測がされています。

オホホポエムを読むと、小保方氏がどのような「手口」でマウスを手に入れて捏造したのかの過程がつぶさにわかるような気がします。

詐欺師はやはり時の右翼権力にすがりつく、時の右翼権力は詐欺師頼みにするというのが、昔からの定石なのでしょうか。
Commented by ノンノ at 2014-06-20 19:10 x
続きです。

さらに捏造をし、解体せずそのままのポジションで生き残ろうなど、本当に腐っています。

もうCCCさんにすべての真実を表にに出していただくしかないと切に願います。

残念ながら、中で起きている真実はどうしても外部の者にはわかりません。またもや国民は騙されてしまうと危惧しています。

早速、今日のニュースで竹井センター長が、解体しない、スタップの有無の結論はまだ早い、小保方さんの再現実験参加などを朝日新聞の取材を受けた形で出しています。
それに加えて、兵庫県知事からの、これからも神戸で再生医療の研究を引き続きして欲しいという要請を受けた文科副大臣が、解体ないように協力すると発言されています。

中におられるCCCさん方の忸怩たる思いは察するに余りあるものがあります。
すべてを表に出して、小保方氏の嘘とセンター長達管理者の隠蔽を暴いて、いろんな言い訳や手口で対抗さえ出来ないようにする一番いい方法はないものでしょうか。
この、あまりにも科学をバカにした血税を使った詐欺事件に、研究者方の反撃を心より応援しています。
Commented by 柿右衛門 at 2014-06-21 00:09 x
「世に倦む日日」は、アンチ小保方ブログとしては、一貫してその姿勢がブレなかった戦時中の共産党のようなブログである(笑)マスコミのstap大勝利!の大本営発表に始まり、国民がstap一色に染まる中で、反小保方の声を上げた。狂信的な大衆からは「非国民」扱いされながら、倫理と正義を求めて有志が集う場であった。

すでに、戦局は悪化の一途をたどり、甚大な被害を国民に与えようとしているのに(公金詐取と倫理崩壊)、まだ上層部は真実を覆い隠して、破滅に向かって進んでいる状態である。実際に太平洋戦争の南方作戦では、陸軍上層部の愚劣な作戦に抗議して身をひいた司令官が現れたが、若山教授はそのような存在だろう。上層部は、「神風がふく」と言っているが、神風(=再捏造)など許してはいけない。

しかし、「小保方晴子氏がやらないと決着がつかないと思っている」野依理事長とは、近衛文麿のような存在になるのであろうか。
Commented by 一息 at 2014-06-21 00:22 x
下村文科相「小保方氏抜きで検証不可能」「小保方さんを活用して細胞の証明を」というコメントを読むと政治家生命をかけて発言しているのか?

理化学研究所の野依良治理事長「小保方さんがやらないと決着がつかないんじゃないかと思っている」「(小保方氏が)例えば懲戒解雇になれば(再現実験に)参加できない」というコメントを読むと例の細胞がこの世に誕生すると思っているのか?

検証実験をして『STAP細胞が作成に成功!』と発表されても理研CDB全体での不正・捏造によって無いものを有るようにしているのではないかとさえ疑ってしまいます。

もし、万が一成功した場合は、例の細胞を第三者の方々にあらゆる角度から検証していただき、STAP細胞であるのか?ないのか?を世間に公表してほしいと思います。

しかし、小保方氏の論文等の不正・捏造の件においては、例の細胞が有る無しに関わらず厳重な処分(懲戒解雇)をお願いしたいと思います。また、関係者等の厳重な処分もお願いしたいと思います。

もし、この処分がなされないのであれば、「理研CDB全体が不正・捏造に加担しているのだ!」と考えております。
Commented by 柿右衛門 at 2014-06-21 00:36 x
kaho氏のブログにある言葉に、暗闇の中の一条の光を見出すほかはない。
「残念ながら政治的には勝てそうにありません.
しかしここを読んだ人に誤解していただきたくないのは,私が孤独な戦いをしているというわけではないということです.むしろ話をした方々は全て私に賛同し応援してもらっており,数の上では私の方が圧倒的なマジョリティだと思っています.」
理研や科学界の良識派のみならず、悪夢から醒めた我々も全力で彼らを応援したいものである。

ブログ氏は、格調高い文章を書かれるので、小保方氏を「寵姫」などと表現されるが、これは、本人が自分を神格化・伝説化する勘違いを生む。ずっと勘違いで突っ走ってきた人間なのだ。「平成の日本科学界に咲いた徒花」と思ったが、やはり、新種のモンスターとしか言いようがない。彼女を美女とは全く思わないが、理研の爺さんたちだけでなく、なぜか団塊のジジイたちのウケがよいのは一考察に値する。

関由行氏について指摘されていた方がいたが
関由行×八代嘉美×東浩紀「STAP現象は本当にあったのか――再生医学が見る夢、見させられる夢」
この対談は必見。東氏も一貫してアンチ小保方。そして擁護派から迫害されたヒトである。
Commented by cccさんかわいそう at 2014-06-21 03:26 x
私もリークは事実に近いとおもいますが
とくに
「竹市センター長の隠蔽体質がひどく、竹市、小保方、検証するべき相澤、が依存しあってる
小保方さんが若山教授引っ越し時のES細胞を箱ごと盗んだのがでてきた…と
丹羽さんラボのTS細胞もたくさんあっただろ
公表しろ」
これはここだけ切り取ってツイッターでまわしてもいいと思うほどですが(事実でない可能性のある情報だとしてもです。捏造でなくミスだと思っている方にはイメージで訴えないと…誰かまわしてほしいですけれども。拾ってくれると思うけど)
でもESとTSって小保方さんの実験内容では材料として持っていても当然では?ともおもっています。
実験材料のやりとりがラボ間で横行していて「あ、ふつうにいただいたものです」って言いのがれできるでしょうし。
ただ、改革委員会の提言内容と進捗状況をくらべれば、隠蔽されつづけ、トップと小保方さんが組んでいると考えるのが一番妥当ですよね…

Commented by cccさんかわいそう 2 at 2014-06-21 03:31 x
自分がNHKにいたら、複数の証言をなんとかとって(2人でも複数です)「複数の証言があることがわかりました」とそれだけでニュースにさせるんだけどなあ。

NHKの記者の方が、なぜか「科学的にのみ」解決させようとしている気がしてならない。悪意とイメージコントロールで世論を道具に戦ってきている相手に対して、科学的誠実さで立ち向かっても、負けるよ…。さらに上質の悪意とイメージコントロールを使って、あるいは犯罪、詐欺、心理学をあつかってる部署と専門知識で立ち向かって不正を表に出すのが公共メディアのやるべきことで、そっちのほうが本当の正義ではないのでしょうか。いまこの時点でそっちの科学方面の専門家のコメントがすべて排除されてるのって異常事態でしょう。
中山さんの表情と意見には何の説得力もない。三木弁護士の言論統制(人権、女性バッシング、女性からの嫉妬、科学的思考の情緒排除の4つでぜんぶオッケー)にかんたんに負けてるでしょう。



Commented by cccさんかわいそう 3 at 2014-06-21 03:32 x
これ、じぶんには科学の不正事件じゃなく、国民を相手どった歴史的な劇場型の詐欺事件にしかみえないのですが。しかも現在進行形の。みんなが参加させられて、しかもあと1年かかり最終的に負けそうな。

何のために科学だけで戦うつもりなの?聖域でたたかうと格好いいの?それって正義なの、科学部藤原さん。あと科学関係のジャーナリストの方も。身内で証明させて終わりなのかなあ?科学の場が巧妙に借りられてるだけで、本質は「詐欺」でしょう。

どうしてまだ誰も詐欺って言葉つかわないの?「未遂におわっているが成功していれば刑事罰にあたり、保身に走っている人物像」って構図がダイレクトに伝わってないの?
今年一番のニュースの疑惑の中心人物の人物像をだれも報道しない。最も話題になった会見の映像をだれも検証できない。おかしいと思わないのかな?
私は「実は私は幹細胞の樹立が苦手で」と文脈無視して唐突にうれしそうに言った時点で、あ、ここ台本だ、この人なにか企んでると思ったけれど。


Commented by cccさんかわいそう4 at 2014-06-21 03:33 x
藤原さん、適切にまわりに力借りてくださいよ。稲垣さん、何のために最初に質問まわしてもらったの?責任果たしたの?岸委員長の発言と振る舞いには本意がたくさんあったと思うけれど、会見を本意とともに報道していたでしょうか?科学的にこうです、ってわからない人にはわからないんです。わからせる言葉と技術が必要なんです。証明じゃなくて伝えることが下手。そこを見抜かれてイメージだけで小保方さんサイドに負けてる。


Commented by T.KUDO at 2014-06-21 08:44 x
科学研究の現場、もしくは近い立場の方々は「科学のための正義の闘い」に意気が上がっているかと思います。
しかし、私はむしろ一般の人々が既に冷めていることを深刻に受け止めたほうが良いと思っています。

あまりにも時間がかかり過ぎている。早稲田大学も理研も不誠実な対応しかしていない。その結果、大衆に広まっている感覚はすなわち、
「科学研究などと言ったところで、結局はコネが全て。権力を持った者にうまく取り入りさえすれば、アホでも出世できて巨額の金を転がせる。」
「それどころか、実体のない研究成果ですらまるであるかのように、京大とかで教授やった人が平気で嘘をつき、ごまかしてくれる。」
「レベルの差はあっても、どうせ他の教授とかも小保方みたいな女をはべらせて好き放題やってんでしょ。そんなに女が欲しけりゃ自分の金で吉原か堀之内にでも行けよ。税金返せ!」

いずれも私が周囲から聞かされた言葉です。そして、科学に携わった私も反論が出来ません。一面の事実でしょう。かつての大蔵省官僚の威信がいまや跡形もないのと同様、これは日本の科学者や大学教授の虚像の終わりの始まりと捉えたほうが良いと思います。
Commented by れん at 2014-06-21 09:21 x
再実験とは、一体何をもとにして実験するのだろうか?
既に論文は破綻していて、しかも若山氏が作らされたキメラマウスは別のマウスだったという結果が出ている中実験を行うというのは、なにもかも一からやるということであって、それはもう再実験とは呼ばないのではないか。
意味のない実験をいつまでもやらせて税金を払わされることに皆怒りを感じないの?

全ての遺伝子解析をする。これで話は終わるはずでしょう?

そもそも再実験の「再」とは論文の通りに再び事件することを言うのでは?
そうでなければ「新実験」
O氏のやった実験、論文とは無関係の実験を行って得られた結果はもはやSTAP細胞とは呼ばない別の新たな細胞ではないか?
その実験に彼女の立ち合いなど必要あるのでしょうか?

「再実験を求める世論を利用した誤魔化し」だと思うのは私だけでしょうか。

Commented by れん at 2014-06-21 09:55 x
一点タイプミスがありました。

そもそも再実験の「再」とは論文の通りに再び事件すること ✕
そもそも再実験の「再」とは論文の通りに再び実験すること 〇

お目汚し失礼しました。
Commented by そまびと at 2014-06-21 12:32 x
3月下旬に若山さんがマウスすり替え疑惑を公表したとき、「STAP幹細胞の切り分け」作戦が発動したと記憶しています。そのときは、「こんな悪知恵、笹井あたりが黒幕かな」と考えたのですが、このブログのようにしっかり整理していただくと、そもそも小保方が若山さんに取り入った時点で、すでに織り込んであった、すなわち小保方本人のアイディアという可能性が高いことがよくわかりました。稀代の詐欺師ですね。
それにしても、この怪しい巻き返しは、文科大臣が阿呆というよりも、政権全体のごり押しを感じます。小生は明らかに右寄りなんで、集団的自衛権を行使することに賛成なのですが、それを改憲もせずに進める筋の悪さには呆れています。この検証の結果や理研、小保方の処分等も、同様にひどい結末になりそうですね。
Commented by 桜坂 at 2014-06-21 14:25 x
ブログ主さんのツィートに、このブログへのアクセスが膨大になっていることが呟かれています。
文系ばばぁの私(おそらくブログ主と同年)が恥知らずにコメントすることはこれで最後にします。

科学(医学)に2人の子供の命を救われた親の一人として
こちらにコメントなさった内部の方と思われるCCCさん、cccさん、るまんどさん、ほわいとろりーたさん、そして後に続こうと思っている内部の皆さんには、是非、未来の為に頑張って頂きたいです。
Commented by オウンゴール at 2014-06-21 14:49 x
小保方さんを救済する方向でこの「STAP騒動」を決着させたとしても、日本の科学界、ことに理研という組織に対する世界からの信頼はそれによって地に墜ちるのは明らかです。

どう考えても甚大な不利益をもたらす、誰も得をしない(まぁ小保方さんは別でしょうが)方向に突き進んでいるわけですが、その場しのぎで上層部が小保方さんと自分らの権益を守ることに成功したとしても、正直僕は遠からず理研は自壊を免れないんじゃないかと思います。

今の状況ではもしかしたら、政治的には最悪の結果を迎えないとも限りませんが、理研内部からのリークは止まらないでしょうし、止めるべきでもないと思います。
多くの誠実な研究者の方々が、沈む船と運命を共にする義理はさらさらありません。
Commented by 現役信者 at 2014-06-21 14:56 x
霊言集が出たことで宮○駿もダ○イ・○マも引退したしetc.教えられています。野依さんの守護霊は立派だと私は拝読しましたが、三次元の野依さんはスタンスが変わってきました。私たちは守護霊は2階から見通している程度ですべてを知っているわけではないと教えられていますので小保方さんの守護霊がSTAPあるといっても何の根拠にもなりません。教えを誹謗中傷すると死後無限地獄に墜ちることになっていますがもういいです(呆)。推測ですが三木と娘がコメントで耳目を集めている間、親は早稲田を脅迫しているのでは。なぜ博士だけ剽窃盗用で剥奪になるのか、修士は学士は調査はってやられて全部剥奪したら卒業生数人になったりして。少なくても下書きだったという博論はバイトさんが完成させて早稲田の倉庫で発見待ちでしょうね、これだけ時間あれば。
Commented by 正義とは at 2014-06-22 00:33 x
理研改革委員会の会見で小保方モンスターの処遇が見えて納得したところ、野依さんのコメントでまた再び驚いた。
懲戒解雇と小保方の実験参加は全く次元が違う問題である。

ここまで状況がすべて真っ黒でも嘘つきOがあくまで「stapありまあす」ES細胞すり替えは他人のせいという主張するから、やれるんならどうぞ再現してみたらどうかという状況。

世界三大不正とみなされるほどの悪意に満ち溢れた不正。
実験参加前に懲戒解雇、博士号についても処分がされるべきが筋あると思う。


Commented by 研究所秘書 at 2014-06-22 10:01 x
小保方さんは、研究者としての素質ではなく、プレゼン力と女子力を生かして、理系研究の世界で上手く上り詰めてしまいました。普通ならすぐに自分が悪かったと折れるところを、いつまでも自分は正しいと粘るから、事態はどんどん大きくなっていますね。

小保方さんが責められるのは当然ですが、日本の研究機関に問題が多いことを暴露してくれた点については、非常に面白い存在になってくれたと感謝すべきかもしれません。

研究費の使い道についても、暴露されてしまいましたね。笹井研のように、パソコンを何台も買うなど、贅沢過ぎる場合もあります。必要以上に出張に行き、出張先で羽を伸ばしている研究者も多いのが現状です。

「何をしているのかわからない」と言われる研究者の世界で、予算だけたっぷり貰ってエア実験をしていた人もいた、という現実を一般人に知られてしまいました。これからは、全ての研究機関が厳しい目で見られ、「夏の一般公開」では、一般人だけではなく、多くの報道機関がチェックに入ることでしょう。

余っている予算で、複数の秘書を雇い、暇をしている秘書もたくさんいます。私もその一人ですけどね。
Commented by 元医学部秘書 at 2014-06-23 18:11 x
私がいた京大医学部では ほんとに一分一秒を競って研究に没頭していました。 とてもおんぼろな建物で こんな所で世界最先端の研究ができるのか!!って思うほど。  それでも 一秒でも早い結果が競われる。 世界中から情報が入る、 そして こちらからも頻繁に発信する。  研究室は 教授以下 ピーンと張りつめていて とても小保方さんの居るような場所はない。
    この研究室にいるような真面目な研究者が あんな嘘論文の、 もう不正 捏造の確定している実験の再現のため その能力 時間を使わなくてはならない、としたら 本当に気の毒だ。 日本にとって 大きな損失だ。  そんなことをしているうちにも 他の国ではどんどん研究が進んでいる。  そういう現実を文科大臣は知っているんだろうか。
Commented by るまんど at 2014-06-24 00:10 x
研究所秘書様

あなたは本物のプレゼンをみたことがないのだと思われます。
まるで映画を見ているような異分野にもかかわらず時間を忘れてのめり込んでしまう本物のプレゼンを。

最初の記者発表での小保方のプレゼンを見る限り、学生に毛が生えたようなお粗末なものでした。
見ているものに拒絶反応を起こさせる情報詰め込み型のパワーポイント資料の作り、「考えております」「目指していけるのではないかと」など退屈でありきたりな言い回しの連発。
明らかにド素人でした。

研究所秘書様を非難しているのではありません。
ただ、小保方にあたかもプレゼン力があったかのような書き込みをされると、一般人が勘違いをして小保方を過大評価してしまいます。

改めて言います。
小保方にプレゼン能力など全くありません!!
女子力も一般の女子に比べたらピラミッドの底辺です。
Commented by やっぱりな at 2014-06-24 00:15 x
小保方は、論文悪意をもった捏造作成の不正が認定されたにも関わらず、いまだに検証実験に参加することで、理研にとどまる執念を燃やす。昔から論文捏造コピペ、画像加工イカサマトリックしてる経歴や思い通りにならないと空想や願望を現実と思いこむ過剰な自意識、異例の採用の原因となったのはスタップ細胞の成果があると見なされ、それのみを買われたことを考慮すると、理研に居続けるためには、犯罪行為(詐欺やかっぱらったつまり窃盗)をしたって構わないという犯罪の動機としては充分にあるな。小保方が最初の会見から怪しいと感じたのは全てにおいて演技ぽいからである。
Commented by えりり(上でレスした者です) at 2014-06-25 00:37 x
竹市氏は「朝日の記事は記者のバイアスが入っている、あれは自分の真意ではないと拡散してほしい」などとおっしゃっているようです。
全く信用できません。
世界三大不正と称されるに至った捏造の「検証実験」を、センター長がどう位置づけているかという重要事項、それを仮に報道機関にでっち上げられたのなら一大事です。
それをSNSなどで「広めてもらいたい」とはどういうことなのか。
氏の主張が事実なら、即座に広報を通じ朝日に正式な抗議を入れるべきではありませんか。
また、氏は「STAP(小保方)擁護派」であることを否定しているようですが、もしそうなら、延々と保存サンプルの解析を拒み続けていた理由を、筋が通るように説明いただきたいものです。
「STAP細胞は、ありまぁ~す」と同じで、口で言うだけならいくらでも言えるのです。
氏が実際に「されてきたこと(されてこなかったこと)」を見れば、「擁護派」とはいわずとも、「隠蔽派」であると判断せざるを得ません。

ちなみに、本日の相沢顧問の産経での発言と竹市氏の朝日での発言のベクトルは全く同じ方向を向いています。
それは検証委員会の提言とは間逆の方向。
理研には自浄作用は全くありません。
Commented by えりり at 2014-06-25 05:10 x
2014-06-25 00:37 にて

>検証委員会

と書きましたのは、「改革委員会」の間違いです。失礼しました。
Commented by トモコUK at 2014-06-25 07:36 x
小保方晴子のニュースを追っていて、オウム真理教元幹部である上祐史浩の追っかけ、上祐ギャルを思い出しました。起訴こそされませんでしたが、殺人カルトのスポークスマンだった彼は、自信に満ち溢れて詭弁を繰り返していました(辻褄合わなくなると「定説です!」、何年もたってから嘘をついていた事を認めましたね)。地下鉄サリン事件直後に彼を熱狂的に追いかけ、賛美する信者でもない無数の女性たちが、向けられたマイクに発した言葉は…「だって上祐さん、かっこいいもん!」。目が点になりました。彼女たちの頭の中、どうなってるの?!

「(根拠は無いけど)STAP細胞はありまあす。」「だってオボちゃん、かわいいもん。あるって言ってるもん。」 MEDIA露出の多い人たちが言い募るだけにタチが悪い。彼らだって上祐ギャルの事は冷やかに見てたのでしょうが、今回は小保方だけでなく、同じ集団心理を利用する更に上の爺たちにも喜んで操られている。愚かとしか言いようがない。

ところで、私は子供の頃から海外で、科学者を目指した時から理研には漠然とした憧れを持っていました。残念です。本当に残念です。
Commented by justice at 2014-06-26 14:31 x
stapの疑義には未調査の項目が数多く残っているのにもかかわらず、
精査前に当の小保方氏に検証実験を行わせる理研の方針に失望しました。
インサイダー取引の疑惑も囁かれながらも、表面化しない現状にも恐怖心を抱きます。
純粋な科学が宗教や政治に変質していく様を目の当たりにした印象です。
今後、理研で捏造やハラスメント等の不正が生じても、正当な告発をした職員・研究者の方が守られることはないのでは…と心配しています。
当初は弱い立場にいる若手研究者の雇用の視点でセンターの解体には反対でしたが、
病巣は全て摘出しなければ、日本の科学の未来には斜陽しか待っていないと思います。
Commented by マスコミは大和を取り上げろ at 2014-07-13 04:46 x
捏造を主導したのは、東京女子医大の大和。

ES細胞とTS細胞の混合物を小保方に渡し、STAPと称して若山に提供させた。

背景にあるのはセルシード株価操作、STAP論文はそれに利用された。

東京女子医大の岡野と大和、インサイダーの刑事犯だ。
Commented by 反応が遅くなってしまったが at 2014-09-28 12:21 x
投稿内容の原版はみていませんが諸状況から殆んど総てが事実と解釈している読者です。
この投稿者は正義感から投稿していると判断されます。
所謂企業ガバナンスの支柱としての内部通報者保護の対象となるべき要素が非常に強いものと考えられます。
成果主義には過度の行き過ぎも当然予想されるので内部通報制度は必須事項と思いますが、きっとCDBや理研にはそれが機能していないと考えられる投稿内容です。
CDBを解体するのは今の状況では簡単に行えるでしょうが、関係のない真面目な研究者が不遇を受ける結果になるかと思われるのでこれは是非避けるべき要素と強く思います。
小保方晴子と笹井芳樹の所業を徹底的に暴き、公開し、断罪することが再発防止の最大の抑止力になると考えています。
最少の犠牲で多くの効果を得られるようにすべきと考えます。


カウンターとメール

最新のコメント

週刊新潮、私も購入。文芸..
by 愛知 at 03:38
(2の2) 豊田真..
by 七平 at 00:02
(1の2) 以前、..
by 七平 at 00:00
>究極のポピュリストで、..
by liberalist at 02:53
自民党の河村元官房長官が..
by ポー at 19:44
twitterに豊田の桜..
by ポー at 15:25
地方在住者で、東京都民で..
by きく at 00:19
橋下徹が安倍内閣に入った..
by エドガーアランポー at 17:57
今度の都議会選挙は小選挙..
by liberalist at 00:03
一番問題なのは、逮捕状ま..
by 私は黙らない at 07:13

Twitter

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング