事件解決のカギは小保方晴子の自供のみ - 反動側の逆襲が始まった

c0315619_1523338.jpg Blogのコメント欄には、小保方晴子が理研(神戸CDB)に出入りしているという情報が寄せられている。先週のマスコミ報道の中に、小保方晴子は、丹羽仁史ら「STAP細胞」の「検証実験」をしている者たちとの間で頻繁にメール交換をしていると伝えた記事もあった。理研の懲戒委の決定を目前にした先週後半、下村博文は、6/46/6の二度にわたって記者会見し、小保方晴子を「STAP細胞」の検証実験に参加させるよう要求、その意向をマスコミに書かせて念を押した。理研に圧力をかけた形だが、理研を所管する閣僚がここまで明確に言い切って、その人事が覆される図というのは通常考えにくく、すでにシナリオができていて、世間に予告して既成事実を固めた感が強い。すなわち、Nature論文撤回をもって情状酌量とし、懲戒解雇や諭旨免職は避けるという決定だ。下村博文は、処分と実験参加は別次元のものだなどと欺瞞を言っているが、解雇した者を組織が業務に参加させるなどということはあり得ない。解雇は絶縁である。「STAP細胞」の「検証実験」に参加させるということは、職員として身分を保障するという意味であり、理研として雇用契約を続けるということだ。小保方晴子の粘り勝ち、ゴネ得であり、捏造の不正もウヤムヤに始末される可能性が高くなった。もともと、この「決着」の形は、小保方晴子が弁護士を雇って理研に牙を剥く前は、野依良治が落としどころに描いていた図でもあった。 



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1525249.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-06-09 23:30 | Comments(20)
Commented by ちよこ at 2014-06-09 21:36 x
こんな絶望感を味わう位なら、バカはバカらしく小保方氏を擁護していたらどんなに楽だっただろうと思わずにいられません。
世の中には必要悪がある事はわかります。
自分だって清廉潔白な人生を歩んできたわけではありません。
でも、この事件の着地点がこうなるかもしれないなんて、あまりにも酷過ぎる。
小保方氏を擁護してきた人々は、こんな結末でも平気でいられるのでしょうか。
税金の使い道に目を光らせ、政治家のちょっとした失言を執拗に追及し、生活保護を不正受給した芸人を今でも許さないような人達が、小保方氏の擁護派に多く存在するはず。
それなのに、日本政府という後ろ盾を得た理研と小保方氏が新たに提供する「STAP現象の幻影」に歓喜し、その見返りに本来なら最も忌み嫌うはずの天下りだの利権だのインサイダー取引疑惑には目もくれないということなのですね。

悪運強く天に勝つ とはまさに小保方氏の事だと思いました。
小説や映画なら、その後路頭に迷った若山氏に刺されるというオチがありそうなのに。。。
Commented by kaikai at 2014-06-09 22:12 x
右翼が台頭するのと同じ理由が根底にあるのだと気づかされました。
 > 信じた自分を否定できないから、小保方晴子を否定できないのだ。

つまり、多くの日本人が自信をなくしている。アイデンティティが脆弱になっている。だから、哀れなほどに、自己を守ろうとする。失敗や間違いを認めない。認めたら最後、つけ込まれ、負け組となり、立ち直れなくなるのではないかと、びくびくしている。
だから、自己正当化に走り、少しでも批判されるとキレる。排他的で、攻撃的で、暴力的な日本人が増えてしまった。
 > ハリネズミのように妄想の砦に籠城する。

もはや「日本人だ」という以外に自信の根拠がない。それがネトウヨである。
一億層中流時代には、日本は強かった。その時には、だれも、国境線のことなど気にしていなかった。気にする必要がなかったからだ。むろんヘイトスピーチなどなかった。
「弱い犬ほどよく吠える」のである。安倍は正にその典型である。
Commented by CHAKUROBEE at 2014-06-10 01:50 x
いつも深い考察を興味深く読ませて頂きありがとうございます。
戦前・戦後を通じて一貫しているのは小賢しい官僚達の嫌らしい体質なのでしょう。真の「国益」を考えず、自らの利益確保と保身で頭が一杯の権力への迎合主義者達の集まりです。小保方氏の「でっち上げ」としか考えられないSTAP細胞を肯定するような発言の担当大臣には呆れましたが、小保方氏に対して、理研(や学位付与の早大)がどのような結論を下せるのか、内容次第で日本社会の未来が見えてくる気が致します。
Commented by オウンゴール at 2014-06-10 02:11 x
>大衆が小保方晴子を擁護するのは、それが(呪術の)信仰だからである。

日本人の多くは自分を非宗教的な民族だと思っているのかもしれません。
特に一神教に対しては(昨年のイスラム教に対する猪瀬元都知事の発言に見られるように)排他的で不寛容な宗教だとして、多神教民族である日本人の方が理性において優位にある、と思い込んでいるようなふしがありますが、正直言って今の日本人は、いまだに進化論を否定し、地動説を信奉するキリスト教原理主義者と変わりませんね。
Commented by オウンゴール at 2014-06-10 02:15 x
先のコメントを訂正。

× 地動説を信奉
○ 天動説を信奉
Commented by にゃおたろ at 2014-06-10 02:22 x
遺伝子解析でマウスのすり替えが明らかになり、STAP幹細胞が、ES細胞TS細胞であったことは「STAP細胞はそもそも存在せず、小保方は明らかに不正をしている」という意味だ。このデータが公表されたのと同時期に、下村大臣は「小保方リーダーには、ぜひ先頭に立ってSTAPの再現を」と発言した。下村は、なぜ今頃、小保方リーダー?などと呼ぶのか?そもそも、STAP細胞だろうが現象だろうが、小保方の妄想と捏造の産物に対して、なぜ再現実験が必要なのか?国民はもっと怒らないといけない。もっと大切なことに使われるべき税金が、こんなくだらないことに使われるのだから。
Commented by terry at 2014-06-10 03:11 x
>片瀬久美子?

あれは結構胡散臭いですよ。

調査委の石井元委員長を追い落としたのはこの女。
放射能被ばく関連の発言を見れば、原発ムラの一員だとわかる。

原発推進は言うまでもなく安倍側の人間。

この女は信用してはいけない。

Commented by 梅子 at 2014-06-10 10:24 x
るまんどさまのご意見同意いたします。(特に後半部分)
研究者を目指し日々精進し才能もあったが、その道をあきらめざるを得なかった多くの人がいます。小保方擁護している多くの人たちは、そのような人たちのことを何と思っているのでしょうね。おそらくそういう人々がいることに思いを致すこともないのでしょう。
この問題をリトマス試験紙のようなものと言った方がいましたが本当にそうです。左右に関わらず多くの小保方擁護者がいましたが、その時点で私はその人が言うことを信用することができなくなりました。その程度の情報収集力や情報分析力判断力しかない人ということがわかったからです。どのように理屈をこねようが基本的に最近問題になった漫画誌編集長の「美人は嘘をつかないがブスは嘘をつく、だから小保方さんは本当のことを言っている」と同じです。そのような人たちが言うことは信用できません。
Commented by たま at 2014-06-10 18:04 x
日本は常軌を逸している。ほんとにその通りだ。
この国は何かが狂っている。絶望感でいっぱいだ。
Commented by 桜坂 at 2014-06-10 19:50 x
続けてで、すいません。

権力依存もカルト依存もネット依存もスマホ依存も
依存症とかマインドコントロールとか洗脳などという生易しいものではなく
ブログ主さんがおっしゃる通りの「麻薬中毒のような」いったん囚われてしまえば終わり、に近い。
かつてノーベル賞までうけた前頭葉の一部の外科的除去「ロボトミー手術」と同じです。
「思考力の削除」です。

抗っていかなければならないと強く思います。
Commented by ちゅーりっぷ at 2014-06-10 20:42 x
たまさん、私も 今の状態が続くなら たまさんと同じ気持ちです。

正義感、誠実さ、正直であること・・・それらは、日本人の美徳ではなかったのか。真逆の方に進んでいっている・・・

科学的データでもって、証拠もそろえて、真実を伝えようとした若山先生、遠藤上級研究員らが 何か被害にあったり 脅されたりしないかとても心配です。
野依先生に伝えたい。どうか正しい行いをしている人たちの方を守ってください。

不正を働いた人たちには、(例え普段は優秀な方達だったとしても)、 悪いことは悪いことですから きちんと処分を下してほしい。

そうじゃなきゃ、”ねつ造の国ニッポン”と世界中の人たちに笑われてしまう。
Commented by 梅子 at 2014-06-10 21:25 x
アカポスへの道をあきらめた人々については藤沢数希氏も書いていました。普段はあまり考えが合うことが少ないブロガーですが、そのご意見には一言一句違うことなく同意できました。
人は誰もが望む仕事に就き望む人生を送れるものではありません。ピアニストになりたいプロ野球選手になりたいと思っても、いくらでも才能があり努力する人がいるのですから、あきらめなければならないことのほうが多い。研究者も上に上げたような職業ほどではないとは言え、やはり才能があり選ばれた人がなる職業です。あきらめた人も自分に才能や努力が足りなかったと思えばあきらめもつくでしょう。
Commented by 梅子 at 2014-06-10 21:26 x
ところが小保方はどうでしょう。AO入試、杜撰な博士論文査読、理研の情実人事などで全ての関門を巧みにすりぬけ、基本的な力が何もなく、小学生以下のノートしか書けないのに「女子力」とやらと不正捏造で「日本人女性初のノーベル賞候補か」とメディアに脚光を浴びるまでになったのです。またその「女子力」に目がくらんだ人々が熱狂的に支持した。日本のアカデミア界も落ちるところまで落ちたものです。アカポスへの道をあきらめた多くの人々の気持ちはいかばかりであろうか。私はある人が4月に発した「惻隠の情」という言葉がどうしても絶対に許せない。そういうところで使う言葉ではない。どうしても小保方を支援したいのだったら自分たちでファンドを立ち上げてラボを作ればよい。自己責任でどうぞ。
Commented by Lily at 2014-06-11 00:37 x
「SWAP現象」からファッショ現象へ。 昨日まで改革委員長の岸が不正追求を声高に主張していたのが、文科大臣が鶴の一声で不正実行犯を免責し地位安泰させろだと。で、精神疾患のエセ科学者が安倍の「美しい国」の看板スターに? 早晩、この狂った内閣は総辞職するがいい。
Commented by Moi at 2014-06-11 03:38 x
優れた科学者というものは日本の大学受験のペーパーテストや院試の緩い感じだけでは測れない。先生に対してどれほど貢献してくれそうかというところがメインで、教育なんてしないのが現実(してくれるのは幸運、巡り会い)。だって教官も自分の立ち位置保持もしくは野心とそれを満たす政治力で精一杯で教え子どころではないから。現実には大学名や師事している先生方の著名度で評価されるところが多いにあるのが現実です。しかし私は、小保方さんの仕事のやり方には大いに憤慨しております。このような現実にさいしても不器用に真面目に研究に向かい合っている研究者やその卵は沢山いるんです。その方達も同じように見られてしまうことが非常に遺憾です。生き別れた自分の息子だとstap細胞を例えておりましたが、彼女には、母性本能なんて理解していないと思います。科学に携わる者として安易にこのような言い回しを使って欲しくありません。
Commented by T.KUDO at 2014-06-11 07:09 x
“AO入試、杜撰な博士論文査読、理研の情実人事などで全ての関門を巧みにすりぬけ、基本的な力が何もなく、”

梅子様

ご指摘は私も同様に思います。しかし、残念ながら日本の学術界は既に小保方を馬鹿にできないほど堕していると私は感じています。
これは氷山の一角で、管理人様が過去にご指摘のように、同様に一般社会人ほどの良識と素養もないにも関わらず、各界を支配する高齢者達の俗な欲望に取り入り、意味不明なポジションに就いてのうのうと高額な研究費を食んでいる貴族が大勢いると思います。

彼らと話をして共通に感じることは、話と人柄に中身がないことです。本当は研究も学術も技術も、きらいな人達でしかありません。
Commented by 現役信者 at 2014-06-11 11:03 x
小保方さんは絶対に自供はしない。どんなに支離滅裂ないいわけをして理論で論破されても彼女は気にしない。私たちの負けです。そして幸福の科学大学の教授になって一生安泰でしょう。この鋼のメンタルは今の日本人には希有なもの。そのうち国会議員にも立候補するのでは…。
Commented by 山本まこと at 2014-06-13 00:29 x
>小保方さんは絶対に自供はしない。どんなに支離滅裂ないいわけを>して理論で論破されても彼女は気にしない。
>幸福の科学大学の教授になって一生安泰でしょう。

異議なし!
今や、stap偽造99.99%、真っ黒け状態まで追い込まれた小保方さん。
科学者の笹井芳樹さん、丹羽仁史さんを騙くらかして、味方に引き入れた見事な詐欺師ぶり。
でも、科学者が騙されるなんて、己の無能をさらけ出してるだけでしょ?

もともと、幸福の科学自体が厚顔無恥な詐欺師集団(予言が全然当たらないから)なんですが、結局、小保方さんって、佐村河内の100倍、面の皮が厚い、幸福の科学にお似合いの詐欺師なんでしょうね。
Commented at 2014-06-13 02:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 通りがかり at 2014-06-13 09:39 x
STAP細胞には政府の思惑が絡んでいるのは確かですね。
理研改革委員会の委員長である岸輝雄氏はセルシードの関係者ですし、セルシードと安倍政権の結びつきは強いものがあります。
科学技術振興で日本の国威発揚を促したいと図る政府の思惑が透けて見えて、科学と政治の結びつきは仕方が無いとはいえ、怖ろしさも感じます。


カウンターとメール

最新のコメント

冷静に考えて今回の証人喚..
by キヌケン at 16:43
地球の裏から日本のニ..
by 七平  at 10:03
こんにちは。今の世の中の..
by r_tta at 15:29
辺見さんの「こころの時代..
by 長坂 at 10:47
籠池泰典のロンダリングを..
by 愛知 at 03:35
頓馬な稲田朋美の百人斬り..
by 和田啓二 at 15:37
「邦人保護のため、海自艦..
by 愛知 at 02:53
現天皇は ”愛国心は..
by 七平 at 05:37
福島原発事故を当時担当し..
by 愛知 at 03:30
鹿児島の知事も方針転換し..
by 須田 at 22:20

Twitter

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング