崩壊が始まった「STAP細胞」の神話と幻想 - 岸輝雄と野依良治の権力闘争

c0315619_1612399.jpg小保方晴子をめぐる事件が急展開している。今日(6/4)の朝、PCを立ち上げたら、小保方晴子がNature誌に投稿した主要論文の撤回に同意したという一報があった。Nature誌に採択・掲載されたSTAP論文はArticleとLetterの2本あり、このうちLetter論文の方は、5/28にすでに取り下げに同意していた。このときの小保方晴子の言い分は、Letterの責任著者は自分ではなく若山照彦で、実験も全て若山照彦によるものであり、自分は責任著者ではないから撤回しても構わないのだという説明だった。三木秀夫を通じて、「もう1本の論文は撤回する意向はない」とあらためて述べ、「STAP細胞の存在を明らかにした主論文が大切で、(Letterは)発展型にすぎない」と言っている。今回、主要論文(Article)の撤回に同意して署名したことは、1週間前の発言を翻すものだ。ここで、4/9の小保方晴子の記者会見の場面を思い出さなくてはいけないが、論文を撤回する意思はないのかとの質問にこう答えている。「論文の撤回は、その結論が完全に間違いであったと著者が国際的に発表することになる。結論が正しい以上、撤回は正しい行為ではない」。こう強気で言い返して、頑固に撤回を拒んでいた。2ヶ月前のことだ。小保方晴子の言葉に即せば、、自らArticleを撤回したということは、「STAP細胞の存在を明らかにした」という結論が「完全に間違いであった」と「国際的に発表」したことに他ならない。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_16134070.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-06-04 23:30 | Comments(27)
Commented by 荻原 理 at 2014-06-04 18:20 x
ヤン・ヘンドリック・シェーンの、論文捏造の話が偶然か今夜放送の「ザ!世界仰天ニュ一ス」で放送されます。この時期に何故・・・。
Commented by 柿右衛門 at 2014-06-04 21:09 x
次は、理研の小保方氏に対する処分内容や、早稲田大学が博士号を剥奪するか否かに焦点が当てられるだろうが、もうひとつ。

ヒステリックなまでに頑強だった小保方擁護派たちが、どのように身を処すかが見もの。自己保身のために自己の言説を翻すか、知らんぷりを決め込むか。

これによって、上質な人間か、下卑た人間かがわかるリトマス試験紙のような機会なので、じっくり人間ウォッチングをさせてもらおうと思う。
潔く非を認めれば、人間としての評価は下がらないのであるが、似たもの同士という言葉どおり、本人以上に往生際が悪い態度を取るような気がする。少なくとも、山中教授を罵倒したT氏は謝罪するべき。
Commented by ホログラム at 2014-06-05 01:38 x
このSTAP問題は小保方の不正行為であると同時に理研にとっても掘り下げられたくない恥部であって、地位保全という点では両者は対立しているものの、細かい調査はされたくないという点では両者の利害が一致してるのですが、小保方が理研に対する斜め上の反撃に出たことでそこを見落とす人が少なくありません。

また小保方を検証に参加させるのは非常に危険で、捏造・不正の常習犯かつその行為に対する罪悪感を持ち合わせていないため結果を取り繕うために再び捏造を行う可能性が高く、24時間つねに監視の目を光らせておくぐらいでないと不正が防げない可能性があります。逆に参加させたうえで不正を完全にシャットアウトすることに成功すれば、インチキであるSTAPなど再現はされようもないので小保方に傾くワイドショー世論を一掃する効果も得られるかもしれませんが、無類の泣き落とし技術を持つ小保方ですから、それを駆使して同情だけは引き続けそうで頭が痛くなります。
Commented by 猫公爵 at 2014-06-05 15:02 x
わざと検証実験に参加させて、見事に失敗させて、その後で確信犯的詐欺を組織の名の下に行ったとして小保方を懲戒解雇し、丹羽・笹井らインチキ一派も一蓮托生で葬り去ろうとしているというのは買いかぶりすぎですかね? だとしても、ただの権力闘争ではなくて、そうあってもらいたいものです。
Commented by 柿右衛門 at 2014-06-05 15:06 x
往生際が悪いと言えば・・・↓は正気だろうか

下村文部科学大臣は国会内で記者団に対し、「研究の不正が指摘され理化学研究所も事実だという確証を得られないなかで、論文の取り下げは適切な判断だと思う。今後は小保方さんが先頭に立って理化学研究所の中で再検証をし、再実証することで、1日も早くSTAP細胞があるということをみずから証明することを期待したい」と述べました。

また山中教授を罵倒したY氏にいたっては、この期に及んでも、小保方バッシング派に対して大批判を展開。その根拠は何回読んでも意味不明。柄谷行人やら小林秀雄やら、もっともらしく出しているが、これを読んで理解できる人は日本に何人いるか。ヒマな人は読んでほしい。もはや団塊の世代の居直り感覚にはうんざり。老害の一種

最近100万人に一人の確率で発症する難病の人と話す機会があった。ありとあらゆる病院、医師を渡り歩いたが、手術も薬剤もなんら治療法がない状態のなか、やはりiPS細胞だけが、唯一残された希望である。小保方氏は、科学を冒涜したのみならず、このような絶望と闘っている人々の心情をも冒涜したのである。
Commented by 押田 at 2014-06-05 19:22 x
色々出てきている、採用時の話もスキャンダラスですよね。そもそもポスドクの就職というのは社会問題ですが、その中で、こんな人事が行われていたとしたら。他にも横行しているのではないかという疑惑も。
Commented by Lily at 2014-06-05 21:44 x
>わざと検証実験に参加させて、見事に失敗させて

当サイトで指摘されているよう、論文主旨は「STAP細胞」作製の成功であったのに、いつのまにか低俗な「STAP細胞はある?ない?」に誤魔化され、あげく、「STAP現象は最有力仮説」(笹井)にスリかえられたため、検証実験のハードルは低い。 小保方晴子が再現して見せればいいのは、「青光り、陽性! よかった~」、晴子ちゃん実験に成功! むろんこんな茶番劇は日本村ならではの催しですが。

論文撤回を頑固に否定していたバカンティーが、5月30日、賛成の旨をネイチャーに伝えたのは、その前日、若山教授が海外インタビューに応じてSTAP細胞の存在を否定したため、いつまでも山師でいられなくなったからでは? 彼は4月1日、ボストンでSTAP細胞の講演をする予定でしたが、理研の報道発表を受けて急遽当日、講演をドタキャンし、すでに自国の科学者からは笑い者。

Commented by Lily at 2014-06-05 21:46 x
続き
近々期待される若山教授の記者会見で、STAP細胞の検証実験は必要なし、の方向に向うことを望みます。小保方晴子は早々懲戒されるがよし。

下村大臣らが小保方晴子をヨイショして、理研を官僚支配することがないよう。 健全な理研再建に必要なのは、ワイドショー染みた小保方リーダーの再検証実験でなく、その賑やかさに隠れた不正の解明です。
Commented by BCS at 2014-06-06 01:29 x
久しぶりに書きます。

小保方氏が検証実験に参加したとして、
「既存の細胞(例えばMuse細胞?)に関する新現象を1つ見つけました。私の定義では、これが「STAP細胞」なんです」

とかいうオチだったら少しは面白い?かも。
これなら小さな論文にはなるかもしれないが、医療の役には立たないで
しょうね。

現実的には、小保方氏が検証実験に参加して何か貢献できるのか。
またなにか偽造工作するのを防ぐために常に監視しておかねば、
という意見もあるぐらいだから意味はないでしょう。

小保方氏ならではの実験技術があるのでは、という意見がいまだに
ネット上で見られるのも困ったものです。
そんな小保方氏一人の手に依存するような実験技法など、万が一あったとしても何も役には立たない。多くの人が使えるようになってはじめて
役に立つのだから。
Commented by ちゅーりっぷ at 2014-06-06 08:43 x
はじめまして。”物質、材料研究機構”の特別顧問が、セルシード社に関係の深い岡野光夫氏で、そこの名誉顧問が、2012年4月から 岸輝雄氏のようです。

岡野氏と岸氏は、懇意なのではないでしょうか。

岡野光夫氏(セルシード)、大和雅之氏(セルシード)、小保方晴子氏(大和氏に師事)、笹井芳樹氏、丹羽仁史氏
(+ バカンティー氏、コジマ某・・・)

この人たちが、計画、立案、実行者たちですか?

これは、知的犯罪(株価の操作、公金横領等)にあたらないのでしょうか。

もし岸氏が岡野氏サイドの人であるなら 何か信用がおけません。

また 初めからないstap細胞の検証実験など 本当に茶番で時間と
お金の無駄だと思います。
Commented by 桜坂 at 2014-06-06 08:43 x
大人のアスペルガーも、目が点になるような嘘を平気でつきます。

例えば必要があって、住んでいる家の正確な間取り図を書かせる。
その間取り図を信じ計画を立ていざ現場を確かめる、間取り図にしか存在しない部屋がいくつもあるので「この部屋はどこに?」と尋ねると
本人は「ちゃんとありますよ。これから作るんです。だからちゃんとある部屋です。」と真顔でいい切り、間取り図を書かせた理由からこれでは困ると指摘すると、逆切れされます。

過保護で育った高学歴の人に結構多く、ほいほい持ちあげてくれる相手には、とても従順に好意的にに対応し、為を思って苦言や注意をしてくる相手には、手のひらを返したように敵対意識を持ったりもします。

結局彼女のようなタイプにぞっこんになるのは、ぞっこんになる側にも同じような傾向が見られると思います。
彼女を採用し指導した理研の先生方も似たもの同士、ということなのかもしれません。
Commented by オンブズマン at 2014-06-06 12:54 x
「stap細胞」の捏造がこれだけ明白になったにもかかわらず、理研が小保方晴子の懲戒解雇を遅らせている理由は何か?
彼女が望んでいる検証実験に参加させると、彼女の不正がうやむやになり、いつの間にか免責されてしまうのではないかという懸念は誰にでもあるだろう。
小保方の処分を絶対先送りしてはならない!
24時間監視体制で小保方を検証実験に参加させて何の意味があるのか!
もともと、小保方には何の能力も無かったということを専門家はまだ見抜いていないのか!
そもそも彼女を理研に採用した段階で大きな間違いだったことを関係者達は悟るべきだ!
Commented by 山ちゃん at 2014-06-06 20:46 x
私の友人から『あの顔は悪事を働く顔でない。 だから彼女はシロなんだ』と、小保方晴子を擁護すする手紙か゜送られて来ました。

【顔で判断する】間違いは一杯あります。 この友人に『美女には悪女が多い』。 『これは自分の経験から、はっきり言えます』と、返信しました。

下村文部科学大臣も、美女には、やはり弱いのでないですか。

Commented by オウンゴール at 2014-06-06 23:37 x
「30歳の美人女性天才科学者」というのはナショナリズム高揚のサクセス・ストーリーにおいて、偶像としての格好の素材ではあったと思います。

単なる偶然であったのかどうかはおくにしても、安倍首相が憲法解釈で集団的自衛権行使を通そうとしている時期に平行して、小保方さんを日本科学界の偶像に祭り上げようとする動きが起こったことについては、相乗効果で国内のナショナリズムを活発化することに確かに成功した、という印象です。
対外的な脅威を煽るのと同時に、国内の業績を(場合によっては誇張や粉飾を交えてでも)大々的に宣伝する、というファシズム国家の手法ですね。

まぁ、こういうことを言うと陰謀論扱いされるでしょうから自重しますが。
Commented by にゃおたろ at 2014-06-07 00:20 x
捏造・不正の常習者、小保方晴子に再現実験に加われとは、岸輝雄は、本当に科学者なのかと耳を疑っていた。が、政治闘争や個人的趣味を理由に考えると合点がいく。
公正かつ冷静に考えれば、インチキをするような人間を、ラボに出入りさせることなど、出来ないはず。岸には何かしら意図があると感じます。改革委から、理事全員の辞任要求も出されたとの情報もあり、この改革委員会も、何かピントがズレていて、どこかおかしい。
小保方を支持する人間は、彼女と同じく、「軽微な」不正や嘘をつく傾向にあるのでは、と思う。
Commented by にゃおたろ at 2014-06-07 00:36 x
4月9日の小保方会見では、若山照彦が保管していたSTAP幹細胞が、別系統のマウスだったことに反論して、「まず第一に、隔地間でなく同一ラボでのマウスのやり取りだ」と言っていたのだが、何の意味か不明だった。しかし、その後の小保方の発言を見ると、始めから「若山がマウスをすり替えた、真犯人は若山」と、罪をなすりつけるつもりだったのだ、と、今頃気がついた。
これほどまでに、凄まじい捏造をしたり、なんの躊躇いもなく平然と人を陥れるような嘘をつく人間を「再現実験に加えろ」という岸輝雄も、どこかおかしいか、何か意図があるのではないか。
Commented by Anonymous at 2014-06-07 02:14 x
岸と岡野は繋がってますよ。早稲田側の人間です。
物質・材料研究機構で共に顧問(岸は理事長に昇任)です。
http://www.nims.go.jp/nims/advisors.html
最初から信じていません。同じ所で顧問は偶然でまったく左右されない、ということは考えにくい。
ただ野依との対立はまだ見えません。
理事長を残し他を退陣させる意味不明な人事刷新を行うと発表して、それはただの官僚に対する何かやってるよのポーズに見えるからです。野依を裸にさせるか?というとそうでもなさそうです。
Commented by 柿右衛門 at 2014-06-07 16:34 x
いかなる病名診断かは知らないが、病院からあれやこれやと弁護士に支持を出してマスコミ操作をすることができる人間が、一般人なら強制退院させられるご時世に、長期入院できるVIP待遇とは何なのだろう。
弁護士は弁護士で、メッセンジャーボーイよろしく、クライアントのワガママ放題の泣き言を伝書鳩のごとく伝え、なんとか世間の同情をひこうと必死である。しかし、さすがに、小保方フィーバーなる狂想曲も最終章にさしかかり、なんとでも誤魔化せるとナメられてきた一般大衆も、「これは違うんじゃないか」と疑念をふくらませ始めている。

科学者の一部では、これ以上彼女が日本で害悪をまき散らさぬよう、外国の研究所でもバカンティ・ラボでもどこでも行ってくれという意見が出ていたが、例の実験ノートの公表によって、引き取り手がなくなった。残るは、新設の「〇〇の科学大学」の理系ポストと言われているが、歴史上カルトと科学が一体化してロクなことが起こったためしがない。なんちゃって理論のようなものを、自己満足で講義するぐらいですめばいいのだが。それでも学生に害は及ぶが。
Commented by BCS at 2014-06-07 22:05 x
柿右衛門 さま

> 新設の「〇〇の科学大学」の理系ポスト

↑の記事は私も読みました。学部長の椅子を用意するだろうか、など。
ここまでデタラメな人間の講義を受けて満足するような学生はさすがにいないと思います...
というか、そろそろ博士号は剥奪されないんでしょうか。博士号を剥奪された人間を教授に採用するなど聞いたこともないですが。

Commented by anonymous at 2014-06-08 11:23 x
今後の予想なのですが、すでに若山氏や遠藤氏による検証で、STAP細胞は存在しないものと新聞にリークされていて、海外でもKnophler氏やNature blogにSTAP細胞は存在しないと言われています。もはや検証実験の必要性すら否定されています。しかしそのタイミングで下村大臣は、不正をした本人を加えて検証実験をしろと発言し、翌日も同じ発言を繰り返しています。また理研内部からの情報によると、論文撤回を小保方本人がしたというニュースの翌日には、「出勤していた」目撃情報が寄せられています。本人は、論文撤回し、検証実験に参加すれば懲戒解雇が免れるとの談でしたが撤回は本意では無いとのこと。入院中と言われて病名も明らかにされていませんが、三木弁護士は再現実験に参加すれば「病気も治るかも」などと言っていますが、その「取引」を示唆する発言の翌日、論文撤回同意の翌日にすでにCDBに出勤しているとすれば、すでに内々に検証実験に参加しているでしょう。(続)
Commented by anonymous at 2014-06-08 11:24 x
(続)また、不正認定されたのにもかかわらず(その他多くの不正も調査しないと言い張る理研も一貫してます)、裁判になると2点しか不正認定しなかったし(その他の不正も調べないことになっているので)負けるとの判断で、傍筋からの情報では、あと1年雇用継続し、任期切れを待つとのことです。その情報を裏付けるような出勤情報です。また、STAP現象を否定するのに十分な、若山氏の細胞株の解析。この解析結果の記者会見を、理研の理事会に呼び出されストップさせられたとの情報も複数筋からあります。解析を依頼した第三者機関にも圧力が加えられていると聞きます。山梨大も文科省の下にありますから逆らえないとのこと。信じられないことが起きています。
Commented by 元ポスドク at 2014-06-10 02:13 x
いつも舌鋒鋭い文章に共感しています。
ただ、ブログ主様がtwiterで書かれているように、小保方本人が自供すればこの問題は終わりますが、自供する可能性は極めて小さいと考えます。
であるならば、この騒動に一般人の多くも納得が行く形で決着を付けるには、本人が参加した再現実験をしてもらうのが、結局は一番早いと考えます(多くの科学者は、TCR再構成の再現実験が他のラボでできていないという時点で、もう終わった話だと思っていますが)。

(つづきます)
Commented by 元ポスドク at 2014-06-10 02:13 x
もちろん、下村文科相のように
「今後は小保方さんが先頭に立って理化学研究所の中で再検証をし、再実証することで、1日も早くSTAP細胞があるということをみずから証明することを期待したい」
www3.nhk.or.jp/news/html/20140604/k10014960891000.html
と願っているわけでは全くなく、本人による再現実験を行うことによって、
「『コツがあるので他の人はできないかもしれない』というようなことを記者会見で言いましたが、実は私自身がやっても【できない】のです」
という結果が白日の下に晒され、この問題に終止符を打つことができる、と考えるからです。

ブログ主様は、
>小保方晴子が理研の「検証実験」に出てきたら、必ず新しい捏造をするか、捏造だったことを誰かの仕業だと言って責任を押しつける細工をする。

という点を、本人による再現実験をするべきでない理由として挙げられていると思いますので、それについての私の考えを述べます。

小保方本人による再現実験は幾多のステップを踏まなければなりません。
1) Oct4-GFPの発現
2) TCR再構成
3) テラトーマ
4) キメラマウス
論理展開の都合上、3)からいきます。
(つづきます)
Commented by 元ポスドク at 2014-06-10 02:14 x
Nature論文に書いた実験は、実験ノートの原則に則って記録されていないことから実験のトレースができないため、『テラトーマの画像は捏造』と理研の調査委員会に判断されました。
www3.riken.jp/stap/j/i2document2.pdf

逆に言えば、実験ノートの原則に則った形で記録しながら実験を行い、【もしも】テラトーマを作製できたのであれば、小保方本人の言動にどんなに怪しげなところがあるとしても、それは科学の世界では『捏造』と言われることはありません。
よって、小保方弁護団がに提出した「不服申立書」の通り、テラトーマの写真が単なる取り違えだった(→具体的には、脾臓由来として掲載すべき画像を骨髄由来の画像と取り違えた)という主張が本当で、実験そのものは架空のものではないのであれば、再現実験においては撮られた写真がきちんと1対1対応で保管され第三者のサインが毎日なされる実験ノートに記録される、などの手順を踏んだ上で、テラトーマができあがる可能性はあります。
4)のキメラマウスに関する実験は、もともと若山氏に委ねられていたのでここの再現実験を行うのは、小保方本人の範疇ではありませんから割愛します。

(つづきます)
Commented by 元ポスドク at 2014-06-10 02:15 x
さて、1)はどうでしょうか。これは小保方本人が「200回以上成功した」と主張しているものである(もしかすると小保方本人がいうところの「STAP細胞」とはOct4-GFPの発現が見られたもの、と思い込んでいるとも言われていますが...)ことと、他のラボでも成功例は報告されているので、この再現のハードルは低いかと思います。コツというほどのものは不要でしょう。

そして本題の2)です。これがクリアーできなければ当然3)に進むことはあり得ません。
このハードルは相当高いです。これまで理研内でも小保方本人以外に成功した人はおらず(成功した人がいるというのは1)のみのはず)、3/5の理研の改変プロトコール発表で、「Of eight clones examined, none contained the rearranged TCR allele」と発表しているわけですから。
(つづきます)
Commented by 元ポスドク at 2014-06-10 02:16 x
いずれにしても、「4/9の記者会見で、記者の「それ(STAP細胞があること)を全く素人の私たちが、何をもって信用したらいいんでしょうか。」という質問に対して、
「何をもったら。やはり、STAP現象が各地で再現できるようになるべきですね。そのためには、やはり先ほども申しましたように、今回の論文は現象論を示したものであって最適条件を示したものではないので、さらに、私自身はたくさんのコツやある種のレシピのようなものが存在しているんですけれども、やはりそれはまた新たな研究論文として発表できたらと考えております。」
と答えた小保方本人には、自らが実験したことになっている3)まではコツがわかっていて自分はやり通せる自信があるはずなのだから、やってもらえばよいのです。
そしてもし万一、ブログ主様が危惧するような、新たな捏造をしたとしても、少なくともこの次はトレースのしようがない実験ノートではなく、通常の実験ノートがあるはずですから、捏造の有無の検証ははるかに容易になると考えます。
(長々と失礼しました)
Commented by 現役信者 at 2014-06-13 19:59 x
博士号がなくても幸福の科学は小保方さんを教授にでも学部長にでもすると思います。幼小中高には教員免許が必要ですが大学は免許ないのでどんな学歴や来し方の人であってもエルカンターレが選んだかたなら信者は誰も気にしないと思います。自らの非行で屍を累々と築いてもなお平然としている異常性をもって迫害に屈しなかった前世がだれそれって霊言集をだすんではないでしょうか。。笹井さんと遊興した6億円も幸福の科学なら利子付けて7億円にして現金で払うでしょう。そしたらプライドの高い小保方さんも幸福の科学にしぶしぶいらしてくださるかもしれない。どんなに無駄遣いしても信者は国民と違って文句言わないから研究者の楽園になることでしょう。


カウンターとメール

最新のコメント

こんにちは。今の世の中の..
by r_tta at 15:29
辺見さんの「こころの時代..
by 長坂 at 10:47
籠池泰典のロンダリングを..
by 愛知 at 03:35
頓馬な稲田朋美の百人斬り..
by 和田啓二 at 15:37
「邦人保護のため、海自艦..
by 愛知 at 02:53
現天皇は ”愛国心は..
by 七平 at 05:37
福島原発事故を当時担当し..
by 愛知 at 03:30
鹿児島の知事も方針転換し..
by 須田 at 22:20
日本でも大きく報道さ..
by 七平 at 13:44
 アベ政治があと10年続..
by 風邪小僧 at 12:38

Twitter

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング