集団的自衛権の政局で野党がやるべきこと - 共・社・生は党首会談を

c0315619_1728148.jpg安倍晋三が集団的自衛権の行使容認の政府方針を会見で発表した2日後、5/17の朝日の1面に、創価学会が解釈改憲に反対する見解を示した記事が出た。今週から始まる自公協議に大きな影響を及ぼすだろうとある。週末のテレビ報道とネットの議論は、この話題で持ちきりとなった。これは朝日の取材に学会が文書で回答したもので、この後、学会は広報室コメントを発表、マスコミ各社が記事を上げた。創価学会がこのような国の重要な政策問題に意見を出し、賛否の立場を明らかにするのは異例のことだ。しかも、自公協議がまだ始まらない出発点の時期に、安倍晋三が集団的自衛権の解釈改憲の政局に打って出た直後に、出鼻を挫くように反論を上げ、公明党に釘を刺したことは、実に大きな政治的事件と言える。公明党の組織全体に衝撃が走り、連立離脱も一つの選択肢として考えざるを得なくなった。安倍晋三は、マスコミの飼育記者に解散風を吹かせ、公明党をブラフで脅す作戦に出ていたが、こうして学会が態度を明確にしたことで、俄に解散が現実味を帯びる政局の空気感となった。週末のテレビ討論では、石破茂は解散を臭わす発言を捲き、維新とみんなの2党は涎を垂らして連立組み替えにハアハアする様子を見せていた。いずれにせよ、半年後にはこの政局は決着している。解釈改憲が閣議決定されて安倍晋三が勝利するか、それとも先送りされるか、11月には結果は出ている。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_17291965.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-05-19 23:30 | Comments(3)
Commented by 旅マン at 2014-05-19 20:28 x
護るべきモノとは何か?平和憲法を愛しているなら、安倍内閣の解釈『壊憲』を本気で叩き潰したいのなら、理屈抜きにアクションあるのみ!
せっかく、いかな底意があるにせよ、球は創価から投げられたのだ。
私もかねてより、九条堅持のためなら大作の靴にキスする覚悟を持てと述べてきた。社民党などは『今しかないっ』をうんと昔から叫んでいたが、正に今でしょ?
星一徹ではないが『男が一念を貫く時、かっこよさなんぞ糞喰らえ。なりふり構う暇はないっ』であろう。
邪推かも知れないが、山口党首は選挙区前任者との絡みもあり、婦人部に人気があるのでは?
マスコミも騒がせるしか極右の野望は倒せぬ。blog主に大賛成だ!
Commented at 2014-05-20 12:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KIKI at 2014-05-20 22:04 x
 創価学会のみなさまへ。
 解釈改憲反対の声明を発表されたことに心より敬意を表します。
 さすがは平和を愛する池田さんの創価学会ですね。私は声明文を読みながら、今までに個人的に出会った学会の方のことを思い出し、やはり聡明な方だったなあとの思いを深くしております。
 公明党が与党であることで実現できた平和への貢献があったことはよく知っています。連立の一員でいることで、自民党の暴走を食い止めていることもよくわかっているつもりです。
 しかし、やはり安倍晋三とは袂を分かつべきです。
 「好戦争主義者」の政権は、公明党が連立を組むに足る相手ではない。そのことは、学会の皆さんがよくわかっていらっしゃるはずです。そして、共同通信の世論調査を見ても、国民の多くは公明党の見解を支持しています。
 繰り返しになりますが、安倍晋三など、さっさと見捨てればいいではありませんか。もっとまともな政権を実現させる力が、皆さんにはあるはずです。なぜなら、創価学会の応援なしには、安倍は選挙に勝ないのですから。
 解釈改憲に反対の立場をつらぬく皆さんは、選挙を恐れる必要などありません。応援しています。


カウンターとメール

最新のコメント

左派が、前原をほめるなど..
by 前原より小池 at 21:21
続き: ◆ 視点をアメリ..
by NY金魚 at 12:35
数カ月前の当ブログに「慰..
by NY金魚 at 04:11
細野氏の三島後援会の会長..
by 一読者 at 19:15
優れた日本型システム ..
by 優秀な日本型システム at 16:12
本当に仰る通りだと思いま..
by liberalist at 00:12
そうでした。「民主」と言..
by 長坂 at 23:45
私たちの世代(60代)に..
by ametyan at 11:04
稲田が辞任しましたね。晋..
by ロシナンテ at 13:19
TWされている通りだと思..
by 長坂 at 11:47

Twitter

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング