集団的自衛権の政局 - 安倍晋三と石破茂の間で暗闘が始まっている

c0315619_1550645.jpg集団的自衛権の問題をめぐって、どうやら安倍晋三と石破茂の間で小さな権力闘争が起きている。明確な断言はできないが、微かな感触が新聞記事の行間から探られる。昨日(5/5)、朝日の3面に、集団的自衛権の行使容認を反映させた関連法の改正について、来春以降に先送りするという石破茂の見解を伝えた記事があった。石破茂がボストンで同行記者団に、「統一地方選で集団的自衛権が争点になるような政治日程にしてはいけない」と言い、関連法の先送りを報道させている。マスコミに書かせて既成事実にした。これに合わせる形で、安倍晋三がリスボンで、憲法解釈を変更する閣議決定の時期について、「与党で一致していくことが重要なので、場合によっては時間を要することもある」と語っている。つまり、公明に配慮して閣議決定の時期を遅らせる意向を示した。今国会会期中と執拗に言っていた閣議決定の日程が、安倍晋三の口から先送りが明言された。一見すると、二人の発言は平仄が合っていて、示し合わせて地球の裏側の別々の地から同じことを発信している。だが、ここで注視しなくてはいけないのは、5/2の朝日1面の記事だ。これは安倍晋三が書かせたもので、集団的自衛権の政局の主導権を握るための強硬論のぶち上げだった。5月中に「政府方針」をまとめて会見で発表する、6/22の会期末までに閣議決定する、という当初戦略の念押しのブラフである。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_15521655.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-05-06 23:30 | Comments(13)
Commented at 2014-05-06 19:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 遠野物語 at 2014-05-06 23:15 x
誤字と脱落の為、再度投稿いたします。日本共産党の唖然とする言設です。以下は日共の「赤旗」3月22日付からの引用。読みにくく何を言いたいのか判りにくい文章ですが、安倍晋三の戦争放火を「後押し」しています。
(以下引用)
中国は尖閣周辺で領海侵犯を繰り返していますが、いずれも日本の海保巡視船に近い性格を持つ公船です。「軍が前面に出ると事態がエスカレートすることを分かっている」(防衛省関係者)からです。「偽装漁船」は当然ながら民間人を装っています。
(中略)
 日本の尖閣諸島の領有は歴史的にも法的にも正当ですが、日本が先に手を出す形になれば、この正当性自体が揺らぎかねません。
(引用終わり)

「赤旗」の記事を換言すれば下記になる。

 日本の尖閣諸島の領有は歴史的にも法的にも正当ですが、中国が先に手を出す形になれば、この正当性自体が揺らぐことはありません。

 盧溝橋事件や柳条湖事件を惹き起こしたのは日本である。冒頭で「後押し」と書いたが、この記事は、安倍晋三の戦争放火を率先して「扇動」している。こんな党が、戦争を止めて、平和を守ることは出来ない。安倍晋三もこんな「責任野党」の存在はさぞ心強く感じているだろう。
Commented by ゆたか at 2014-05-07 04:33 x
まずは選挙まで1年を切った統一地方選ですね。
負け方次第では幹事長の引責が求められる。

「下駄の雪」と揶揄されますが、公明党の選挙協力は自民党にとって大きい。
国政選挙ほどでないにせよ、「友党」が政権から離脱した場合の影響は幹事長にとって考えたくないケースでしょう。

首長選で野党に回られ、議会選挙では対立候補を立てられるもしくは野党への投票がトップダウンで組織に指令される恐れがあります。

また、石破さんが運良く安倍後継に座れても、自公連立に至る小渕さんの苦労を見れば、総裁が代わったからすぐ連立復活ね、というわけにはいかない。

大義名分や面子を含めての根回しがよほど周到にできなければ上手くいかない。
小渕さんはその心労で命を落としました。

国政選挙で公明党の選挙協力がなければ数を減らすのは必定。衆参とも減らすでしょう。

国政選挙で連敗したら、党内外からの責任を問う声を抑えるのは難しい。
石破さん、せっかく首相になれても短命政権では面白くありませんからね。
Commented by かまどがま at 2014-05-07 09:09 x
八重山・宮古10万の安全を切り捨て、尖閣で中国を煽り、一方で辺野古新基地建設を政局の最優先課題とし永遠に基地負担を押し付ける。常に常に沖縄を足蹴にする。
Commented by 熊三 at 2014-05-07 09:58 x
もう八年前になりますが、当時ヨーロッパに骨を埋める決心をしていた従兄が最後の帰国をした時、なぜ君たちはもっと憲法を大切にしないんだ、とくに九条はヨーロッパでも評価が高く日本人としても鼻が高い、といわれたことを思い出します。その頃私は改憲派の論拠を、「現憲法は戦勝国から押し付けられたものだから、日本人で自主憲法を制定しなければならない」、くらいの抽象的なレベルで認識していました。そのことを従兄に言うと、それは違う、特に九条は二度の世界大戦の反省から、人類の知恵が生み出した最高の傑作だ、あれをまもることは日本人の責任だ、と即座に反論されました。
 九条のノーベル平和賞申請は、富士山の世界遺産とおなじくらい、それほど罪はないことかも知れません。ひょっとするとノーベル平和賞くらい受賞できるかもしれない。過去の日本の首相の例もあることだし。しかし、ブランド信仰の弊害は、日本の理研の泥沼にはっきりあらわれています。わが国の暴走首相も、無名戦士の墓への強引なおしかけ献花で、世界中から冷笑・非難されている靖国参拝を必死で偽装しようとしています。これなどもブランド信仰の例と言えなくもないと思います。
Commented by あつい at 2014-05-07 17:35 x
>維新やみんななど、沖縄県知事選の政治戦では何の力にもならない。

これはその通りですね。


穀田恵二の件については、都知事選の時にTwitterなどネット上のあちこちでも指摘されたように、共産党は自民党の補完勢力、
という話を裏付けているだけじゃないですか。

都知事選の時もあいつらは細川陣営の足を引っ張りまくっただけだったじゃないですか。
 
Commented by 茅野 at 2014-05-08 01:17 x
石破にせよ野田にせよ、今現在では自民党があの手この手で公明党や世論にやってる揺さぶりの一貫にしか見えないですね。直接に総裁選立候補とかいう話につながるとは、到底思えず。集団的自衛権も、別にガイドラインに合わせる必要も無いわけだから、官邸が殊更急いでいるようにも見えない。結局公明党との関係が全てで、そこから色んなスケジューリングが出てきてる気がする。
Commented by ゆたか at 2014-05-08 03:48 x
>来年春の統一地方選の後は、自民の総裁選が秋にある。石破茂の動きは1年後を睨んだ布石でもあり、もし集団的自衛権の政局で安倍晋三が大きな失敗をすれば、来年の総裁選は順風な環境ではなくなるだろう。

あと経済の状況ですね。日経平均株価。
次の総裁選は2015年の9月ですから、あと1年と3か月ある。
それまで株価がもつかどうかが鍵と思います。

五輪招致の方便で汚染水はコントロールできているなどと言い、
やらずもがなの靖国参拝で中韓の怒りを買い、
聖域とまで言ったTPPの5品目は骨抜きになりそう

この男の所行はみんなが承知しています。
それでも未だに失脚していないのは、大手新聞の調査での支持率が高いから。
それだけです。
(続く)
Commented by ゆたか at 2014-05-08 03:48 x
支持率が高いのは株価が上がったためです。
株価が高いうちは、貿易赤字が過去最大を記録しても、景気はいいと強弁できる。

しかし、ドルベースで見れば、衆院解散後から昨年末までのTOPIXの上げは、米S&P500の上げにほぼ等しいので、「連れ高」です。

米国の金融緩和は年内に打ち止めのスケジュールですから、この相場も終わりに向かいます。
だましだましの収束をFRBは狙うでしょうが、いずれはひどい事になる。
アベノなんとかの第三の矢の内容が空疎なことで、日本株はもっと悲惨な下げを迎えるでしょう。

安倍さんは地方選、総裁選のために何でもやるはずです。国策で。
が、日経平均が1万円を割ったらすべておしまいです。
Commented at 2014-05-08 12:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あつい at 2014-05-08 18:59 x
>ゆたかさん

そしてその株価つり上げの為の年金128兆投入ですよね。

これ本当に日本経済が崩壊しかねないですね。
Commented by ゆたか at 2014-05-09 03:03 x
>あついさま

まず、GPIFの資産構成の見直しで株価が上がれば結構な話なんですけど、出口は大丈夫なのかという懸念があります、異次元の金融緩和と同様に。
運用に失敗すれば積立金が痛みます。
成功しても、手仕舞いのときに株価が下落します。

また、日本株を買い増ししようとするなら、その原資の確保のため、相当の国債を売却しなければなりません。
国債を暴落させるわけにはいきませんから、ポートフォリオの短期での大規模な変更は難しい。
したがってGPIFによる株の買い増しも、恐る恐るでの限定的なものにならざるを得ません。
市場の期待を上げたすえに大した内容のものが出なければ、その反動が出るでしょう。

そのへんを考えれば、GPIFの資産構成の見直しなどという話も、麻生さんお得意の大道芸で、ブラフにすぎないと思います。
Commented by uyokukei at 2014-05-14 22:26
先ほどコメントさせていただきました。 会員になりましたのでよろしくお願いします。


カウンターとメール

最新のコメント

「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01
一部の半島専門家は年初か..
by おにぎり at 10:22
プーチンは「あの戦争(ア..
by 愛知 at 06:12
スノーデンのTWによると..
by 長坂 at 00:05
常識的に考えると、アメリ..
by jdt01101 at 10:56
【続き】内藤氏は、シリア..
by tenten at 20:55
「内戦に勝利目前のアサド..
by tenten at 20:34
実にラディカルな推論に心..
by NY金魚 at 16:51
一旦、軍需産業が発達して..
by 七平 at 11:40

Twitter

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング