米国とフィリピンの新軍事協定 - 米軍の駐留経費を負担するのは誰か

c0315619_1423994.jpg朝日の昨日(4/29)の1面トップに、米国とフィリピンが新しい軍事協定に調印した記事が載っている。米国は、海洋進出する中国を牽制するべく、フィリピンに再駐留する決定をした。新協定の骨子を見ると、(1)比軍合意の下、米軍による比軍施設の利用が可能、(2)米軍滞在のための施設建設も比軍敷地内で可能、(3)米軍の派遣場所、規模、頻度は別途協議、などの項目が並んでいる。22年前の1992年にフィリピンから完全撤退した米軍が、再び戻って部隊を駐留させることになった。報道では、海軍のスービック基地と空軍のクラーク基地が拠点として重視されているとある。1986年の民主化革命の後、フィリピンは米軍の撤去一掃を実現し、憲法に外国軍駐留禁止の条項まで書き入れたのに、今回の新協定は何とも残念な事態だ。1995年、沖縄で米兵による少女暴行事件が起きたとき、20年前だが、当時のマスコミは今よりずっと健全で、久米宏のニュースステーションが撤退後の米軍基地跡地の再利用を特集報道していたことがあった。両基地ともにフィリピン政府によって経済特区に指定され、再開発事業が興され、海外からの企業進出を呼び込んで投資と雇用の拡大を実現してきた。沖縄もこうやって発展が可能なのだと、フィリピンを見倣うべきだと、当時のテレ朝やTBSの報道番組はフィリピンを取材してメッセージしていた。時間が経つと何もかも変わる。悪い方向に。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1424321.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-04-30 23:30 | Comments(1)
Commented by ijkl at 2014-04-30 23:58 x
米国の軍産複合体による対応としては、先島諸島から台湾、フィリピン、南沙諸島までのラインで中国を封じ込めるのが基本路線で、それに従った今回の軍事協定であると思います。しかしながら、田中宇氏も指摘しているように、中国が日本に対してそうであるように、米国も中国に対して二手(強行路線と懐柔路線)を使っているように思うのですがいかがでしょうか。

ずぶの素人の目から見れば、米国が中国と本腰でやりあうとは思えません。ただ、問題となるのはこの記事のように日本をどう使うかでしょうか。ブログ主の主張される線で行ったとすると、日本が集団的自衛権での手先にされて、フィリピンまで駐留するとなると、中沙諸島やら南沙諸島まで受け持たなければならなくなります。そのためには、先島諸島から南沙諸島まで、台湾やフィリピンも含めた強固な相互の国の軍事同盟を作る必要があるような気がしますが、そこら辺は必要ないのでしょうか。

70年前、あのクラーク基地まで占拠していたのだから、今度は後ろ盾についてやるから、分担してくれよという意向なのでしょうね。


カウンターとメール

最新のコメント

週刊新潮、私も購入。文芸..
by 愛知 at 03:38
(2の2) 豊田真..
by 七平 at 00:02
(1の2) 以前、..
by 七平 at 00:00
>究極のポピュリストで、..
by liberalist at 02:53
自民党の河村元官房長官が..
by ポー at 19:44
twitterに豊田の桜..
by ポー at 15:25
地方在住者で、東京都民で..
by きく at 00:19
橋下徹が安倍内閣に入った..
by エドガーアランポー at 17:57
今度の都議会選挙は小選挙..
by liberalist at 00:03
一番問題なのは、逮捕状ま..
by 私は黙らない at 07:13

Twitter

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング