左翼の政治暴力 - 内ゲバのときに平常者が凶悪な暴徒に変身する

c0315619_1341178.jpg今回の都知事選の政治には、さらに幾つかの見逃せない重要な問題がある。その一つは、宇都宮健児を支持して叫喚した左翼集団による恐ろしい政治暴力だ。一本化を訴える者たちに対するネットでの口汚い罵りと貶めと嘲り、さらに卑劣で狂暴な嫌がらせと誹謗中傷の行為は、投票日が近づくほどに激しくなり、集団的狂気となってエスカレートし、全く歯止めの利かない異常なヒステリー状態に極まっていた。鎌田慧に対しては、著書をゴミ箱に投げ棄てろという焚書運動が起こったが、選挙から2週間が過ぎた今でも、裏切り者の巨魁として糾弾の袋叩きが続いている。私も、無名ながら「一本化論者」の末席にいたらしく、そのため、「一本化」の粉砕と殲滅に燃えるゴロツキ左翼の標的となり、苛烈で執拗な嫌がらせを受ける羽目となった。「死ね」の脅迫を含め、怒濤のようなリンチ攻撃の集中砲火を浴びる日々が続いた。暴行に加わった面々は、匿名の者もいれば実名の者もいる。その手口は、ネット右翼のヘイトスピーチと全く同じであり、ネット右翼の野蛮と狂気の相似形が左翼に出現した感が強い。その一人一人を観察してみると、ネット右翼の特徴として指摘されているように、普段はおとなしい市民であり、正常な理性と良識の持ち主である。精神異常者でもなく、癇性で偏狭な性格の人間でもない。むしろ、左翼一般らしく、弱者の味方に立った正論の主張を唱えている。その者たちが、まるでオウム真理教のように過激な凶徒に化けて次々と襲ってきた。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_14484266.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-02-25 23:30 | Comments(5)
Commented by tokyoletter at 2014-02-25 20:15 x
右にも左にも、歴史教育が必要ですね。歴史の捏造や忘却は右からだけではない。この数十年、何もなかったかのような思想の停滞ぶりが、大事な局面になって顕在化していることにショックを覚えます。

「正しい反抗者」という、左翼党の思想は、同調圧力と無責任という前近代システムを正当化してくれる。これにしがみつきたい後進国では、むしろ自然なのかも。

左翼業界は、左派ばなれの長期傾向と、ソ連と東欧の崩壊という大不況のあと、いまや「新自由主義批判」というバブル景気にわきたつ。脱原発やstop the Abe あるいは、憲政擁護でさえ、「新自由主義批判」というドル箱を失う理由にはならないのだと思います。
Commented by 山田一雄 at 2014-02-25 22:35 x
ファシズムに反対した私に迷惑な記事や漫画が大量生産されるのも
これと同じ狂気ですね
Commented by ろうのう at 2014-02-28 00:39 x
世の中 倒錯思想ばかりになっている気がしますね。
倫理や理性がないと社会問題は解決しないということを肝に命じておくべきです。本田由紀も含めて。
Commented by やより at 2014-03-01 16:18 x
スターリン主義の凶暴さ、根深さへの歴史認識は、今の若い世代には実感としてあまりない。共産などマルクス・レーニン主義の(形だけの?w)信奉者は、そこにつけこんでいる。
最近マルチ商法の被害者が若者の間で激増しているのも、同じく、近くの同僚や友人が連鎖商法で自己破産したり、自殺に追い込まれたり、行方不明になったりしたという経験が、壮年層より少なく免疫が少ないからです。
かつての第二次世界大戦開始までのプロセスにおいて、共産主義がマッチポンプを果たした1920年代以降のコミンテルン史、ソビエト史、スターリン主義の犯罪史を同時に学ばないと、過去の過ちを学んだことにはなりませんねえ。
だいたい、日本の「革新」を自称している輩さんは、15年戦争史観の説明には熱心でも、第二次世界大戦はナチスとソビエト政権のポーランド共同分割で開始されたという当たり前の事実には事実上ノーコメントですからね。特にドイツにおけるナチス台頭のプロセスを説明できる「平和と民主主義」さんは、一体どれだけいるのでしょうか?
私の知り合った有名な米国人学者も、日本共産党の実態を知らせると「オーマイゴッド」も言えず、顔をしかめて考え込んでしまいました。
Commented by やより at 2014-03-13 19:41 x
「中坊公平氏はひとつの目標だ」と述べた宇都宮氏の発言(毎日新聞)に驚いた記憶があります。多くの批判を浴びている人物だからです。
森永ヒ素ミルク中毒事件のブログには、このような意見が書き込まれまました。弁護士を特別視しちゃあいけませんね。
----------------------------
3. ぽんた 2014年03月12日 10:24
「中坊ブーム」後に彼への批判本が出版された。一時大量宣伝された「中坊公平的正義」の虚飾を告発したものだった。中坊公平はいったい何をしたかったのだろう。弁護士が意味もなくもてはやされ、国会議員にも続々立候補していた時期もある。市民の奮闘を事実を歪曲してまで自分個人の手柄にし、加害企業をもてはやし、人の痛みを顧みず、美談を過剰演出して「感動物語の主役は自分だ」とでっち上げるなど言語道断。…(中略)…わが国の法廷での「正義」には大きな限界があり、むしろ、しばしば「幻想」にも等しい結果につながることは、多くの(ほとんどの?)弁護士自身が指摘する現実だ。…(中略)…「世間受けする」正義を気取って売名にうつつをぬかす弁護士は、心して、もっと謙虚になりなさい。


カウンターとメール

最新のコメント

憲法の精神はわかるのです..
by かな at 23:34
東京女子高等師範学校(現..
by 愛知 at 23:15
続)もうひとつ、カズオ・..
by NY金魚 at 11:40
サーロ節子さんの拡張高い..
by NY金魚 at 11:38
100万部とはびっくりで..
by T at 23:48
「君たちは」の醍醐味でも..
by 長坂 at 00:53
報道は中立であるべきなの..
by ワイドショーでも大切に at 14:43
(2の2) 日本の将来..
by 七平 at 02:26
(1の2) 小生は..
by 七平 at 02:25
宮崎駿が次回長編タイトル..
by NY金魚 at 07:08

Twitter

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング