宇都宮健児の自宅を訪れて辞退を迫ったのは澤地久枝だった

c0315619_19355351.jpg告示前、宇都宮健児の自宅を深夜に訪れ、立候補を降りるよう迫った人物がいて、それが澤地久枝であったことが明らかとなり、ネットの中が騒然となっている。前回の記事で紹介した、岩上安身が配信しているIWJの動画(0:57:00)の中で、宇都宮健児がこう言っている件がある。宇都宮:「告示前の1/22の夜中にですね、私の自宅まである方が訪ねて来て」、岩上:「ある方って文化人ですか」、宇都宮:「いや、まあ、それは言いませんけど、降りてくれということで、うちのカミさん、びっくりしましたよ」、岩上:「夜中の12時に、夜中の12時に自宅に」、宇都宮:「(その前の夜は)1時間ちょっとしか寝てないんですよ。(中略)それで、やっと夜中に帰って、さあ寝ようかなと思ったら、ピンポーンってきたわけですよね。夜中の12時頃ですよ。(中略)自宅なんてどうして知ったんだろうと思うような..あのぅ..人なんですね」、岩上:「なるほど」、宇都宮:「だから、私はちょっと..それはちょっと異常なんじゃないかなと思ってね。とにかく、告示直前ですよ」、岩上:「うん、うん」、宇都宮:「(中略)そういうことを言って、しかも、私は、一回前に会ったときに、そんなことは考えられないということは話しているはずなのにね」、岩上:「うん、うん」、宇都宮:「そこまで動かれるという人の真意がですね、ちょっと測りかねたですね」、岩上:「なるほど」、宇都宮:「ただ、私としては、本当..嫌がらせ以外の何でもないんですね」。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_19365544.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-02-03 23:30 | Comments(16)
Commented by Stop the Abe at 2014-02-03 20:33 x
澤地氏の今回の行動を聞くだけで、まず私は痛むんですね。そして、それに対する中傷を聞くと、放心状態になってしまいます。
 「市民運動」の長期的運営という目的なんか、私には関係ない。日常的な政治参加なんかまっぴらだ。お前らのコマじゃない。ただ、目の前の戦争をとめたいし、避難者に恥ずかしくない行動をすべきだと思っている。
 「市民運動」のやり口は、ネット右翼のやり口と同じだとわかりました。ネット右翼に言っても無駄なように、「市民運動」に言っても無駄かもしれません。澤地久枝さんの著作などど読んだこともないのでしょう。優先順位なく「サヨク理論」の「言葉」を適当に切り貼りして、澤地氏を非難しつづけるのでしょう。http://tokyoletter.info
Commented by 葛西大樹 at 2014-02-03 21:29 x
ブログ記事、ありがとうございます。
リンクの間違いをご報告させてください。
本文「澤藤統一郎の「おやめなさい」の記事が最初だった。」の「記事」のリンクが「おやめなさい」の「その26」に貼られていますが、正しくは「その29」です。ご確認ください。

「その29」
http://article9.jp/wordpress/?p=1943
Commented by 東東京 at 2014-02-03 22:17 x
澤地久枝さんの記者会見で、私が最も驚いたのは、「(澤地が)恵比寿の駅前でこの人(宇都宮)と一緒に宣伝カーに上ったことなんか覚えていらっしゃらないんですよね」[youtube 細川護熙を応援する有志記者会見1/31 16m25s]という件だ。これでも「宇都宮さんは裏切らない人だ」と信じることができるか? 私には無理だ。細川氏を100%信じることができないとの同じように、宇都宮氏もまた100%は信じることができなくなった。
ならば、当選の可能性が高く、結果的に、安倍の暴走を止める可能性も高い細川氏に投票する。単純な話だ。
Commented by ゆたか at 2014-02-04 04:35 x
どうやら、4月に予定されていたオバマ米大統領の訪日が怪しくなってきたようです。(東京新聞電子版)

もし流れたら、安倍ちゃんの面目丸つぶれですね。
Commented by 津井 得迷 at 2014-02-04 05:37 x
澤地久枝の統一論と行動は全霊を賭けた知識人の行動で、断乎支持します。宇都宮氏は、イコジにフライングした訳もきっと仰る通りでしょうし、何より危機感が無さ過ぎと私には感じられます。戦争にも被ばく問題にも。
      「左翼工作員」がツイッターで暴れ廻ってるそうですが、どこ迄ホン物でしょう。本物の左翼か、バイトでカキコなのか?どうやって区別しましょう??    宇都宮氏の味方の支持者のフリさせて分裂工作させてる出資者がいるでしょう。絶好の機会だと。両者の対立と分裂を工作させているでしょう。だって戦争も再稼動も出来るようになるんですから。
       匿名ツイッターでは、余程の過去ツイ見ない限りその主張がホントかどうかは判りません。複数アカさえあり。
      「左翼」と呼んで遣ると喜ぶやつも中には。“勲章”を授与して仕舞う場合ガあること恐れます。介入による分断、買収分断、、、などが無い訳無いそうで、、、。
        フライングその他等が、それ自体が電力の「でんこちゃん」に激励された感電かとonodekita氏分析されています。私は聞いてビックリしました。
Commented by 安倍泰二 at 2014-02-04 06:11 x
大江健三郎は何をしているのか。村上春樹よ、遠くからメッセージを語れ!
Commented by 梅子 at 2014-02-04 08:37 x
ツイッターで世に倦むさまを恫喝するいくつかの声の中に「元日弁連会長にこんなことをするなんて考えられない」というものがあって、語るに落ちるとはこのことだなと思いました。つまり自分たちサイドが「権力者」であることを認めてしまっているわけです。もちろん政府与党や財界原子力ムラの巨大な権力よりはるかに小さいでしょう。しかし小さくとも何の後ろ盾も無い一般市民に対して権力者であることを無意識に自覚している。でないと、あのような言葉が出てくるはずがない。
彼らは今風前の灯の民主主義をどう考えているのでしょう。マスコミの異様な安倍政権への阿り方をどう考えているのでしょうね。そういうことに関しての危機感を全然感じないのですが。
前も書きましたが、澤地先生も出ていた細川応援の著名人の記者会見で三枝茂彰さんが最初に自分は仕事を失う覚悟でここに来たと言い最後に「NHK最低だ、朝日も最低だ、東京新聞くらいしかねえぞ」と叫んだことのほうがどうしようもない危機感を共有できたと感じました。
Commented by 梅子 at 2014-02-04 11:33 x
NY多層金魚さま
ブログ拝見しました。極小のものの中に宇宙を見る、美しさと悲しさに胸打たれました。護煕氏の面影に細川幽斎公を見ることについては本当にそうだと感心しました。

ところで亀井静香氏がご自分のHPで細川支持を表明しているのですね。
http://www.kamei-shizuka.net/opinion/140130.html
私は前「亀井さんは今でも宇都宮支持」とのツイッターをどこかで見て、郵政民営化のときあのようなことがあったし、今の亀井氏の不遇はそれが大きな原因なので仕方がないかと思っていたのですが、やはり彼は私怨に囚われるような小さな男ではなかったのですね。
私は亀井氏は清濁の濁の部分も大きい人ではあるが、正義感が強く評価できる政治家だと思っていて、菅の後野田ではなく亀井氏が総理大臣になっていれば、今の日本の状況も相当マシだったであろうと今でも思っています。
Commented by カプリコン at 2014-02-04 18:20 x
脱原発と東北にもオリンピックを!被災地にとってもうれしい!

行政としてやらなくてはならない事はたくさんあるでしょう。でも、脱原発にはすぐ取りかからないと未来まで負の遺産は引き継がれていきます。30年かけて脱原発を決めるなんて無責任です。東京都の電気はフクイチから送られてたものですよね。石原都政のときに岩手の震災瓦礫の受け入れをすぐ表明してくれたので、被災地での瓦礫撤去のボランティアに行くと「さすが石原は行動力があるな。どこも嫌がっているのに。」と言う方もいましたが、私は変だと思いました。本当は受け入れるべき瓦礫は福島の瓦礫であり、それができないことのアリバイだと思っていました。福島は放射能汚染のため瓦礫を片付けるどころではないでしょ。

だから、今回、都民の命と健康を守る為にも脱原発を第一に掲げ、福島にも思いやりを示し、東京・東北オリンピックと公約に掲げている細川氏の演説は安倍首相の施政方針演説と違い芯が通っていて温かみがあり素晴らしいです。
震災後、福島に救援物資を届けてたという話もいいですね。実際に政治を動かすことができる方ということで一本化に動いた澤地久枝氏の行動力も素晴らしいと思います。

Commented by カプリコン at 2014-02-04 18:21 x
(続きです)
宇都宮氏とその周りについては、なんて言っていいのやら。選挙で勝つ事が目的でなく、選挙をすることが目的になっているようにしか見えない。
そして、また同じことを言うんですよ「当選する事はできなかったけど、我々の運動は無駄ではなかった。たくさんの市民の理解を得る事ができた。道のりは険しいがまた頑張ろう。」と。誰のために頑張っているんですかね。

岩手から奇跡が起きることを願っています。
Commented by COLUMBITES at 2014-02-04 19:04 x
どす黒い三寸の舌を弄して澤地久枝氏やブログ主を貶める前に,宇都宮陣営に以下の3点をお聞きしたい.

1)日本をどのような方向にもってゆきたいのか?
2)あんたたちだけで,それができるのか?
3)あんたたちが「最後の闘士」の名声を得るかわりに日本が滅びる道と,たとえ無名のまま果てても戦後日本の屋台骨を次代に遺す道では,一体どちらを選ぶのか?

血を吐く思いで『一本化』を叫んでいる方々を嘲る前に,上記の質問に答えていただきたい.
Commented by Stop the Abe at 2014-02-04 22:19 x
「わたしのクレサラ運動だって、三十年かけてやっとグレーゾーン金利を撤廃させた。」
撤廃にいきついたことはほめるとしても、三十年かかってしまったことは残念なことですよね。原発を再び稼働停止するのに、三十年もかかったら。私は待てない。
http://tokyoletter.info/?page_id=460
Commented by ゆたか at 2014-02-05 05:47 x
>共産党が政権取るなんて、何十年先の話だよ。廃炉より長いよ

古くは、全共闘運動のときでさえ民青が足をひっぱりました。
大事なときほどこの党は「独自の戦い」をする。
結果、敵の本丸を落とせないことになる。
この党は戦前戦中の弾圧の経験で、誇りと防衛本能が高くなりすぎてしまったと思います。
そのへんの体質を変えることができなければ、政権なんて夢のまた夢。
ま、野党暮らしのぬる湯で陶然としていられる方々に言っても無駄でしょうが。
Commented by おおた at 2014-02-05 11:31 x
根が深いですね。勉強させてもらっています。色々情報入ってきているのかもしれませんが、きちっとフォローしていくことが大切で、ご努力に敬服します。ある意味、選挙後のほうが重要ですね。仰るとおり、例の会見は選挙後を睨んだものでしょう。

徐々に、色々事実も明らかになるでしょうし、宇都宮陣営はもとより、細川陣営も細川小泉はともかく、擁立した人たちの誰が、どういう思惑を持っていたのかは重要です。結いの党や維新の一部の動きをみると、野党再編の動きとの重なりは明らかなようですが、右バネが働きかねない萌芽もあるし、リベラルはどういう軸を立てていくかが重要になりそうです。
Commented by NY多層金魚 at 2014-02-05 13:50 x
梅子さま
拙ブログ、読んでいただいてありがとうございます。世に倦む日日さんにはいつも「生っちょろい」と叱咤激励されていますが、ニューヨークでデモのよくあるユニオンスクエアのガンジー像を観ていたら、最後には無抵抗主義が勝利する、と確信してしまうのです。仲間が分裂してはどうしようもない。「脱原発都知事選候補に統一を呼びかける会」の真摯な叫びを、選挙の素人がなにをいうか、と誹謗する人まで出てきて「東京も末」いや「日本も末」かと嘆いています。マスゾエ支持は決して積極的なものではない、切り崩せる、という人がいて、目下東京の知人に電話攻勢で呼びかけています。最後までがんばりましょう。
Commented by at 2014-02-05 15:11 x
以前、宇都宮氏が講演に来られた時のこと。講演のテーマは憲法についてだったのに、自身が敗れた都知事選のことばかり話されて、大変失望したことを思い出しました。私は、田舎だからまともに講演してもらえないのかな、と思っていましたが。そうではなく、常に彼の頭の中は都知事選のことでいっぱいだったのですね。情けない。
昔、東京で生活した者として、遠い地方からではありますが、都知事選、注目しております。


カウンターとメール

最新のコメント

「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01
一部の半島専門家は年初か..
by おにぎり at 10:22
プーチンは「あの戦争(ア..
by 愛知 at 06:12
スノーデンのTWによると..
by 長坂 at 00:05
常識的に考えると、アメリ..
by jdt01101 at 10:56
【続き】内藤氏は、シリア..
by tenten at 20:55
「内戦に勝利目前のアサド..
by tenten at 20:34
実にラディカルな推論に心..
by NY金魚 at 16:51
一旦、軍需産業が発達して..
by 七平 at 11:40

Twitter

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング