狂信右翼と媚米保守との分裂 - 靖国正当化キャンペーンの嵐

c0315619_1352294.jpg新年が始動した今週、マスコミでは靖国正当化のキャンペーンが狂乱の勢いで凄まじい。昨夜(1/8)も、安倍晋三がBSフジの夜の番組に割り込み、猛然と中国に対する罵倒を吐き散らして、靖国参拝は正当だと開き直った。BSフジの番組では、週初から、石破茂(1/6)、菅義偉(1/7)、櫻井よしこ(1/8)をスタジオに総動員し、連日、靖国問題を特集して右翼政権のプロパガンダを視聴者に刷り込んでいる。政府丸抱えのキャンペーン。例年、年が明けた最初の週の報道番組は、今年の経済はどうなるとか、国際情勢はどこに向かうかといった、ジェネラルなテーマでの展望が企画されるものだが、安倍晋三の私設情宣機関の一つであるBSフジは、異例のスクランブル編成で臨み、今週の放送を靖国参拝の教宣洗脳シリーズにシフトした。北朝鮮の公共の電波の使い方そのものだ。テレビだけではない。予想はしていたが、今週の週刊誌(文春新潮)が靖国正当化の過激な扇動工作の花火を打ち上げている。2ちゃんねるの週刊誌版だ。通勤電車の乗客は、安倍晋三の醜悪な顔がデカデカと出た吊り広告を見て、新春から異様で憂鬱な気分にさせられたのではないか。両誌とも、ビッグブラザーである安倍晋三の「果敢な壮挙」をアップの写真で礼賛し、その横に(日本国内では)マイナスシンボルである朴槿恵と習近平を並べ、参拝支持が国民の本当の世論だと強調している。



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。


c0315619_1353162.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2014-01-09 23:30 | Comments(19)
Commented by 旅マン at 2014-01-09 20:18 x
本来、先頭切ってアンチ安倍に驀進せねばならぬ民主党が、都知事選に細川だって。
しかも、その細川に嫌がられたケースは、あの舛添に相乗りしたいんだって(笑)。細川、舛添とも、お調子者で投げやりタイプの政治家ですな。
しかし多分、その細川も『暴落株』の泣き虫万里、秘密保護法案の土壇場採決でもフラフラ民主には、強い期待はしていないだろう。松原仁など、おおよそリベラルとは言えない、いやいや、マッチョ右翼のお仲間さん(笑)、そんな輩が取り仕切る民主党ならではの、わかりやすいリアクション。
これが、私たちを取り巻くリアルな現実だ!
右翼票の共食いによる左派の逃げ切りのためにも左派は現実的な団結を!
Commented by カプリコン at 2014-01-09 21:16 x
A級戦犯も祀り、遊就館などで戦争を美化している靖国を参拝し、中国や韓国だけでなくEU、アメリカ、ロシアからも批判されている政権って何なんですかね。アフリカや中東などでお金バラマキ外交しても、こんな右翼日本の味方になってくれる国はあるわけがありません。

柳田邦男著の「零戦燃ゆ」を読み始めました。この本は、日米両国のパイロットや技術者、軍人の回想や、氏の取材や資料などから太平洋戦争の全体像を時系列に沿って進んでいきます。真珠湾攻撃から零戦の活躍もあり連戦連勝の日本が珊瑚海での戦略的な敗北から続くミッドウェーでの惨敗まで読みました。

それにしても戦闘機を作るにしても人命優先のアメリカ軍と性能重視の日本軍、物資が豊富でパイロットなどの人員も計画的に準備しているアメリカ、人員の補充も十分でいない日本。暗号も解読され使えるレーダーもない日本。連戦連勝で浮かれて的確な判断ができなくなっている大本営や現場の指揮官の姿。

生存された方々の回想では戦場の描写が生々しいです。戦場ではたくさんの人が血を流し肉をえぐられ死ぬんです。だから、やっぱり国民に選ばれた国会議員が靖国神社を参拝するのは間違っています。

Commented by haku at 2014-01-09 22:32 x
「村山談話が日韓関係の基礎」という韓国大統領の言葉はとても中立的な立場から表れていて、韓国からすればむしろ日本に譲歩しているとさえ言えるほどの配慮に思えます。日本にとって無理難題はありません。そもそも日本が閣議決定して現に有効なものだし。最低限、村山談話を尊重するという態度と行動をとればいいだけ。簡単なことのはずだが・・・
Commented by 長坂 at 2014-01-10 15:20 x
周恩来の「戦犯といえども人間であり人格と日本人の習慣を守り、殴打も罵倒もしてはならない」のおかげで、一人の死刑も無期もなく帰国できた撫順監獄の日本人。
寛大な措置に何の恩義も感じず、平気で靖国参拝できるシンゾー達。心底恥ずかしい。

ご挨拶遅くなりました。本年もどうかよろしくお願いいたします。
Commented by 旅マン at 2014-01-10 18:29 x
この論考で最もよかった点、それは日韓基本条約時の韓国側を、独裁体制だったと書き添えている点だと思う。
『できてしまえば法は法』と強弁するのが、はたして正論か?
そもそも今の学生などに、こんな背景すら知る由もなかろうが、無理矢理『とりあえず条約』とねじ込んだことが、民間レベルでの怒りの声の原因である。
ドイツはニュルンベルク裁判の後、自らの手でシャハトをはじめ、あの軍事法廷ですら『無罪』となった者を裁き直し、罪を課した。企業も進んでナチ時代の蛮行を償おうと努めた。
櫻井婆や旧財閥どもの悪辣さをかくも明瞭にあぶり出す事実はない。算盤レベルに次元を下げても奴らの罪深きこと無限大!国賊(笑)。
Commented by よち at 2014-01-11 00:26 x
“ああこんな人がまだいたのか”と思わず昔を懐かしむような立派な共産党員の方から年賀状をいただいた。

70年代前半の頃、共産党員といえばイコール聖人と言っていいほど立派な人が多かった。熱い心、勇気、勤勉な闘士・・・。あれから40年、本当に熱い心を持った立派な人格者の闘士の方々が、どんどんどんどん党を離れるのを見てきた。今、周りの共産党員をみると旅行三昧、カルチャー三昧、裕福さのひけらかしなどなど。この年末年始のやり取りの中に秘密保護法の「ひ」の字も出てこない。挙句の果ては、都知事選に宇都宮健児を担ぐなんて!TVに映る宇都宮氏の顔を見て、胸に手を当てて自分の頭でよく考えてほしい。本当にこれでいいのか!
Commented by ゆたか at 2014-01-11 06:03 x
>マスコミ報道は、完全に舛添要一と細川護煕に注目。この二人のトップ争いの構図を作っている。
>宇都宮健児は田母神俊雄と三番手争いの泡沫だ。


細川さん、近衛の血筋か逆境に陥ればまた投げ出すんでしょうけど、75歳なのにもう一丁やろうってのはそれなりに大したもんだと思います。

かりそめにも人気抜群の総理だった人が都知事選に出るんならその事実は重いですね。
年は年ですが、火星人の爺さんみたいな宇都宮某(ごめんね)などよりハンサムで、男の色気もよっぽどあるし。

これもまた人気者の小泉さんが応援に回ったら、舛添さんなど鎧袖一触でしょうね。
宇都宮さんの得票は舛添さんの2割くらいと予想。趣味の選挙。出ないほうが身のため。

武田氏重臣の子孫なのが自慢の経済再生相が苦し紛れに「殿、ご乱心」とか言ったようですが、熊本藩主細川家の嫡流で五摂家筆頭近衛の血を引く細川さんとではそもそも格が違い過ぎで、可哀想なほど。

森元首相に至っては,原発を争点にするのは卑怯だ、とか言い始めました。
福島事故を経験しながらいまだに「低コストだから」という理由で原発利権の温存をはかるほうがよほど卑怯なのに。
Commented by 梅子 at 2014-01-11 11:03 x
先日テレビで放送された劇場版トリックにこういう話がありました。
火に取り囲まれ絶体絶命になった主人公たちが内側から火をつけ火で火を消して助かるという話です。
今私たちは火に取り囲まれている。
今や極右イデオロギー政党かつカルト政党となった自民党が絶大な権力を持ち近隣諸国に喧嘩を売っている。
ならば常識外れのことをしなければならないのではないか。

私は今までずっと小泉を激しく批判してきました。
支持率80%くらいのときでさえ。
ただ一つ私は小泉が天才であることは認める。
私は今回は細川さんを推します。
日本で有数の名家に生まれ総理大臣までやって悠々自適の隠居生活を送っていた人が齢75歳にして出るからには、相当の思うところがあるのだろう。
安倍は詰めが甘かった。
今の自民党なら安倍が直接人選し頼めばマスゾエなんかじゃなく誰かいたろうに。
油断しカネばら撒きの外遊なんぞやっていい気になっているから。
宇都宮氏は勝手にやればよい、晩節を汚すことになっても同情しない。
Commented by 梅子 at 2014-01-11 11:12 x
記事についてですが、週刊新潮のほうは安倍のFBでのネトウヨぶりなど書いていてかなりマシでした。グラビアページにはゴルフをする安部の社会の窓が開いている写真を載せたり、外食三昧でお腹が出てきた様子を書いたり。それにしても安倍は相当丈夫な胃腸を持っているようで、難病を治した特効薬ってすごいものだったんですねえ。(棒)
文春は酷いものですね。
かつて花田某が編集長をやっていただけあります。
Commented by 黒磯 at 2014-01-11 14:19 x
宇都宮健児は田母神俊雄が出た時点で左端になった。日本のマジョリティは絶対に端っこを選ばない。私は共産党系全教の組合員だが、そんな私が見ても今回の選挙で宇都宮さんが勝てる候補者でないことははっきりわかる。
組織には、宇都宮さんのような人材も必要なのかもしれないが、選挙でトップに選ばれるような人ではない。花がない。話も面白くないし、論理が鮮やかで頭が切れるようにも見えない。選挙なのだからどう見えるかがすべてである。
宇都宮さんは確かにまじめそうには見える。つまり実務を担って欲しいと人々から期待されるタイプの人だ。花のある候補と2人3脚になって初めて存在が光るタイプの人だ。
もちろん若くて魅力的な女性候補を担げれば理想だが、それがだめなら、せめて殿様の細川氏とできるだけ早く連携し、「私がきちんと彼を見張る」というパターンに持ち込み、細川氏が安倍自民党とくっつくことを阻止すべきだ。
今回も負けたら宇都宮さんは二度と浮かび上がれない。万が一にも田母神俊雄にまで負けたら目も当てられない。彼を応援する人たちは本当にそれでいいのか。彼が得難い人材ならこんな負け戦で捨て駒にすべきでない。
Commented by 梅子 at 2014-01-11 15:43 x
黒磯さま
大変失礼ですが、細川陣営ではなるべく政党色を消すようにしていると聞きますので宇都宮先生との連携はありえないでしょう。
あくまで風を吹かせて無党派の票を取ることを考えていると思いますし、バックにいると言われている小泉小沢はそういうことが上手な人たちです。
それと今話題になっている澤藤弁護士、醍醐名誉教授のブログ、それから宇都宮陣営の反論を読みますと、公選法違反の疑いを持たざるをえません。前このコメント欄に書いたのですが昨年の参院選で福岡選挙区で立候補し落選したみんなの党の候補者が逮捕されましたが、疑いは運動員への報酬支払いの約束でした。金額は時給800円あるいは一日一万円です。運動員はアルバイト感覚だったのだろうと想像しますが、それでも違法なのです。
そのような疑いを持たれ、それを完全に払拭していない以上、そういう意味でも他陣営との連携はありえないと思います。
私はずっと宇都宮先生を立派な方と尊敬していただけに残念です。
Commented by よち at 2014-01-12 09:28 x
このブログでカルチャーショックを受けたこと、それは、政治とは力、現実を動かさないと意味がないという迫力だった。左派のぬるま湯にしばらく浸かっていた自分にとっては目から鱗だった。だから現実に政治を動かす力を持った小沢一郎などがターゲットにされるわけだ。力のない左翼末端がどんなに鋭い正論を言っても痛くもかゆくもないから反論さえもない。100じゃなくても1でも2でも動かすほうが重要なことなのだと知った。
少し動かすことで状況が変わる、そのことでまた少し動かせる、その繰り返しではないかと。今の「少し」はやはり狂暴安倍をとめること。そのための名護市長選と都知事選。自分の党がどうとか候補者がどうとかそんなことは二の次、“身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ”だ!身を捨てて統一しよう!!
Commented by 決断次第で勝てるとき at 2014-01-12 13:27 x
1.国内政策は東京からの新エネルギー政策(原発撤退)、2.国外政策は世界に開かれた東京(開かれたオリンピック,国際都市東京,脱靖国)、3.政治姿勢はリベラル情報公開(秘密保護法反対)、そして4.都知事候補は細川護煕、5.小泉純一郎が応援、6.社共は堺市や高槻市とおなじように「不十分だが、都政の正常化のために大同団結、当選後は是々非々でのぞむ」

「これは勝てる」という気がします。

問題は、6が実現しないときですが、そのとき独善左翼がしぼむ。人民戦線から離脱するスターリン。良心的な左翼は細川にいれるでしょう。共産党執行部に合理的な勘定ができれば、自分たちの党利党略で考えても、宇都宮撤退があるのではないか。
a. 都知事選での安倍陥落は、全国に波及して、共産党の議席増につながる。
b.宇都宮からの共産票流出がおこったとき、党執行部の責任が問われる。
c. 共産党の柔軟イメージを印象づけることができる。

あとは説得ですね。
Commented by よち at 2014-01-13 20:24 x
宇都宮健児はいやしくも社共の統一候補である。細川氏からの一本化の申し入れを政策がわからないなどと断ったとのことだが、申し入れの時に検討すべきことではないか。よく吟味もせずに、まずは断ってそれから政策がわからないとは統一候補としての資質に著しく欠けると言わざるを得ない。
分裂を使命として内部に潜り込んでいる者は必ずいるだろうが、どんなことがあっても統一しなければならない!孫崎享氏など調整に動いて頂けないだろうか。

Commented by tombo at 2014-01-13 20:40 x
私は共産党の「政策」を支持している。選挙でも共産党に投票することが多い。しかし共産党の「戦略」には満足していない。
共産党はよく「党名を変えない」ことを誇る。戦前からの「伝統」を誇る。「ぶれない」ことを誇る。党名を変えなくていいし、伝統を誇ればいいし、ぶれてほしくもない。しかし「ぶれない」ということと、現下の情勢でどうするかということは別問題だろう。そこをはき違えているのではないか。
本当に自分の原理原則に自信があるのなら、実際の行動ではケースバイケースで柔軟な戦略があるべきだろう。それなのに、「我が党の主張と戦略は一致しています」と言わんばかりの選挙をやる。
丸山真男が「戦前の共産党の抵抗は確かに英雄的だったが、しかし死んでもラッパを話しませんでしたという木口子平であってはいけなかったのではないか」と書いていたことを、選挙の度に思い出す。
Commented by ゆたか at 2014-01-14 05:29 x
>宇都宮健児の陣営は、細川護煕との一本化を諦めてはいけない。細川護煕に対して、こちらが降りるから秘密保護法反対と集団的自衛権反対を看板にしてくれと、そう要請しないといけない。左派票と交換に、細川護煕の政見・政策を左に寄せないといけない。リベラル統一候補に仕立てないといけない。

まったく同感です。
東京新聞の調査のとおり都民世論の現状が1位舛添、2位細川、3位宇都宮なら、「回天」には2、3位連合で風を吹かせるしかありません。

1956年の自民党総裁選のおり、第一回投票で岸に敗れた石橋湛山が石井光次郎との2、3位連合を組んで決選投票に勝利した故事にならうべきです。

宇都宮さんでいくと思い詰めてらっしゃる方々には分かってもらいたい。

1 ブログ主さんによれば、前回の都知事選での宇都宮さんの得票は96万、猪瀬さんは433万。
反猪瀬の実質的な受け皿が宇都宮さんしかいなかったのにこの成績。
猪瀬さん風情にも勝てなかった候補が、どうして舛添さんに勝てるのでしょう。
Commented by ゆたか at 2014-01-14 05:29 x
2 細川さん出馬の観測で、自民党も民主党も色めき始めました。宇都宮さんの立候補表明ではこんな反応はありませんでした。宇都宮さんは有力な敵だと思われていないという事です。

3 今回は細川さんも反舛添、反自民の受け皿になりますので、宇都宮さんが兵を引かなければ票が散り、舛添、自民に肩入れすることになります。それでいいんですか?

4 宇都宮さんを推す方々の動機は反安倍政権でしょう。したがって敵は舛添さん。
細川さんとどっちが偉いかみたいな議論をして遊んでいる暇などないはずです。

5 キャリアをみれば宇都宮さんが人として細川さんよりも数段上なのは自明。
しかし、選挙に勝つのは、より「サムシング」がある人です。
細川さんにはそれがあり、宇都宮さんにはありません。
Commented by ゆたか at 2014-01-14 05:30 x
6 細川さんが当選すれば反ファシズムへの橋頭堡になる目が出てきます。
その後の政治過程をていねいに扱えることができれば、宏池会と額賀派を党から割らせ、「新自由民主党」でまとめることも夢でなくなります。

「1国民経済の健全な発展など眼中になく、2原発事故などもうありえないと過信し、しかも、3極度に好戦的な安倍政権」を本意でないと少しでもお考えの方は細川さんへの一本化を、なにとぞ。

衷心よりお願いいたします。
Commented by ゆたか at 2014-01-15 03:33 x
むかし、羽仁五郎あたりの本で、「選挙で、一番手の候補を破ろうと思うなら、二番手の候補に票を集中させる事」という旨の文章を読みました。

どんなに優れた人であっても、三番手の候補への投票は死票に終わるということ。

いまの一番手は舛添さん、二番手は細川さん。
宇都宮さんは三番手です。

未だに宇都宮さん支持のスタンスを翻さない方にご再考を願う所以です。


カウンターとメール

最新のコメント

週刊新潮、私も購入。文芸..
by 愛知 at 03:38
(2の2) 豊田真..
by 七平 at 00:02
(1の2) 以前、..
by 七平 at 00:00
>究極のポピュリストで、..
by liberalist at 02:53
自民党の河村元官房長官が..
by ポー at 19:44
twitterに豊田の桜..
by ポー at 15:25
地方在住者で、東京都民で..
by きく at 00:19
橋下徹が安倍内閣に入った..
by エドガーアランポー at 17:57
今度の都議会選挙は小選挙..
by liberalist at 00:03
一番問題なのは、逮捕状ま..
by 私は黙らない at 07:13

Twitter

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング