フィデル・カストロの死を悼む - 堀田善衛『キューバ紀行』の紹介

c0315619_14161280.jpgカストロの死を悼み、堀田善衛が書いた『キューバ紀行』を読んでいる。初版は1966年。64年に訪問したときの旅行記であり、時期的に考えて、政治宣伝の要素を割り引いて慎重に読まなくてはいけないかなと最初は警戒した。だが、読み進むほどにそうした意識は消え、どんどん中身に没入して行ってしまう。さすがに堀田善衛。この本は古典の価値がある。決して古くない。カストロとキューバ革命をどう評価すればいいか、肯定と否定の両面が交錯し、イデオロギーの座標軸で悩んでいる者は、一度、虚心坦懐に半世紀前の堀田善衛の文章に接してみるといいだろう。第1章にカストロが32歳のときの、1959年10月に行われた演説が抜粋されている。バチスタ政権を倒して10か月後のときだ。長くなるが、煩を厭わず引用しよう。「彼らはキューバの人々を脅し上げようと思っている。一方で、彼らは砂糖の輸入割当てを減らして、キューバの経済を締め上げるぞ、といって、キューバの人々を威かしている。他方で、彼らは新たなテロでキューバの人々をおびやかし、キューバ人に、生命を吹き込むような革命の過程と、わが国に正義を打ち立てようとする努力とを放棄させよう、と考えている(拍手)」(P.48)。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-28 23:30 | Trackback | Comments(2)

共和党と民主党の自由貿易の考え方の違い - TPPの復活はない

c0315619_16592370.jpg11月22日の朝日の2面に、ペルーとチリがRCEPに加入するという記事が出ている。この情報は、夜のテレビ報道では取り上げられた記憶がなく、新聞を購読する価値を再認識させられた。ペルーはAPEC首脳会議の議長国の立場だが、大統領のクチンスキーが注目の記者会見でその方針を明らかにし、会議閉幕の記念写真では前列中央で習近平と並んで撮影、ペルーの中国への接近を世界にアピールしている。さらに、ペルーに続いてチリがRCEP加入の意向を示していることを中国外務省が明らかにした。周知のとおり、RCEPは東アジア地域の包括的経済連携のことで、パートナーとなる諸国は日中韓3カ国とASEAN10カ国と豪州とNZとインドである。南米の国々は構想の中に含まれていない。だが、TPPが潰れたため、TPPに加盟していたペルーとチリが、TPP代替のプラットフォームとしてRCEP入りへと舵を切った。RCEPを推進する主軸は中国だから、RCEPに入ろうとする諸国は中国と接触して意向を伝えることになる。もし、ペルーとチリがRCEPに入れば、TPPはリバースをかけられた形でRCEPに切り替えられ、主役だった米国が外れて中国が主役になるという、恐ろしく劇的な物語が現実になることになる。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-25 23:30 | Trackback(1) | Comments(3)

「ディールの政治」のミスリード - 極右トランプ政権の猛毒のイデオロギー

c0315619_15433318.jpgトランプが大統領になってどのような政治と外交をするか。11月8日の当選から2週間、マスコミに登場した論者たちはほぼ例外なく、「ディールを重視する」と分析と予測を述べてきた。姜尚中(13日)もそう言ったし、中島岳志(18日)もそう言った。「ディール」がキーワードだった。ディールとは取引きという意味である。つまり、持論となる信念や理想などなく、そうした思想信条を政策過程に反映させず、単にそのときそのとき自国の利益獲得が最大になる結果を目指し、従来の関係に拘束されることなく、誰とでも自由に手を結んでWinWinの取引きをするというイメージである。イデオロギー・フリーの政治像、それがトランプの政治の本質的特徴だという言説が繰り返し流され、現在の一般的な通念となっている。こうした言説を論者たちが撒く根拠となっているのは、ロシアのプーチンに対するトランプの賞賛の言葉であり、選挙期間中、オバマよりも優れた指導者だとする評価をテレビで公言してきた。その言葉にプーチンが反応してトランプを持ち上げ、米ロ関係の修復に期待するという経緯があったため、トランプはディールの政治家だとする見方が広まって行った。北朝鮮の金正恩との会談に意欲を示したという件も同列である。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-21 23:30 | Trackback(1) | Comments(1)

極右政権を前に自信喪失の米国マスコミ - 耄碌したウォーラスティン

c0315619_17151276.jpg選挙で新しい大統領が決まり、勝利演説がされた当夜とその翌日に、全米の大都市で新大統領を拒否するデモが爆発した。その一部は暴徒化し、星条旗を燃やすという事態も出現している。このような光景はこれまで見たことがない。本当にこれが米国で起きていることなのか信じられない。まるで、中南米のどこかの政情不安の国のニュースを見ているような気分にさせられる。米国において星条旗は国民統合の神聖な象徴であり、すべての国民が国家の下に結束するシンボルに他ならない。ここ数十年、外から見て、米国の威信を根底から突き崩すような、かかる不穏な場面に遭遇したことは一度もなかった。ベトナム戦争の頃はあったかもしれないが、イラク戦争のときは記憶がない。民主主義のお手本の国とされ、世界の模範となるべき米国で、民主主義が未発達な国で起きるような現実が発生している。このことは、世界の人々に米国に対する認識をあらためさせ、米国を盲目的に信仰する態度から離れさせる契機となるだろう。グローバル資本主義が世界を覆って行ったこの25年間、世界は小さくなりながら、超大国米国が絶対的に君臨支配する一極集中の世界に変わって行った。米国主義のイデオロギーが世界の人々を縛りつけて行った。今、それが変わろうとしている。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-16 23:30 | Trackback(1) | Comments(4)

サンダースなら勝っていた - マイノリティの逆説と理想の共同体

c0315619_15155307.jpgトランプの勝利を目の当たりにして、最初に持った感想は、これは2001年の同時テロ以来の歴史的事件が起きた瞬間で、ここから世界が大きく変わるということだった。次に抱いたのは、トランプは戦争を始めるだろうという予感と不安だった。トランプの資質と政策では、米国は割れるばかりで対立が深まるばかりだ。格差も解消されず、銃乱射事件が多発し、国内は不信と憎悪と暴力が横溢することになるだろう。分断を深める米国を統合へと持って行くためには、外に敵を作って戦争を始めるのが最も手っ取り早い。戦争が始まれば、合衆国の国民は星条旗と大統領の下に一つに結束する。奔放に散乱する多様性が、一夜にして単一化され一色に染まる。そういう生理のメカニズムを持っている。トランプは平気で戦争をやれる人格の持ち主だし、米国は唯一の超大国の軍事力を持っている。トランプは、過激なデモを繰り返す反トランプ勢力に対して強権的なカウンターで臨むはずで、彼らに「反米」のレッテルを貼り、「米国の敵」だと決めつけて弾圧を正当化するだろう。米国社会はオーウェルの『1984年』のようなファシズムの暗黒の世界に沈み込む。第三に着想したのは、サンダースだったら勝てたのではないかということだった。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-15 23:30 | Trackback(1) | Comments(5)

分断と憎悪のアメリカ - 格差は解消されず、トランプは戦争へと暴走する

c0315619_17034512.jpgトランプの当選が決まった後、9日、全米各地で反トランプのデモが発生し、一部で過激な若者が暴徒化する騒ぎが起きていた。ネット上にはポートランドで群衆が星条旗を燃やしている動画も上がっている。これまで、米国でこのような事件が起きたことはなかった。二つの政党の候補が長い選挙戦を争って、投票結果が出て、一方が敗北を受け入れた後は、新しい大統領を全国民の指導者として仰いで結束するというのが米国の政治の姿だった。作法だった。日本のネットでは、反トランプのデモを揶揄し批判する右翼と、反トランプのデモを支持し賞賛する左翼と、二つがTwで挑発と応酬を繰り返しているが、私はただ、これまで見たこともない光景の出現に驚かされ、従来の米国の秩序が崩壊したことを確信させられる。日本のマスコミは、米国の分断の深さという表現で報道しているけれど、その言葉では釣り合わない重さと具合の悪さを感じる。米国の歴史が始まって以来、こんな異常なことがあっただろうか。だが、その異常さというのは、中身としては、当選した新しい大統領の人物と素養の不全であり、反トランプのデモをしている若者や国外追放されるかもしれないヒスパニック系などからすれば、この選挙結果こそが米国の異常であり、信じられない悪夢の進行なのだろう。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-11 23:30 | Trackback(1) | Comments(4)

トランプの勝利と没落白人労働者層の反乱 - 反エスタブリッシュメントの民意

c0315619_17304891.jpg米大統領選の開票を伝えるABCの特別番組を、昨日(11月9日)はずっとテレビで見入った。トランプが注目州のオハイオを制し、長い激戦の末にフロリダを奪って、270人の選挙人を獲得する勝利ラインを固めて行った。今回のトランプの勝利は、ラストベルト(錆びた製造業の地帯)に取り残された、没落した白人労働者層の反乱であり、彼らの悲哀と憤怒が米国政治を動かした「革命」に他ならない。トランプ勝利という衝撃の事態がどうして起きたのかは、11月5日放送のNHKスペシャルが分かりやすく説明していた。オハイオ州北東部にあるヤングスタウンという町にカメラが入り、鉄鋼労働者だった62歳の男がインタビューを受けていた。嘗て作業していた、今は廃屋のようになった工場を案内して説明していたとき、男の目から涙が流れる場面があった。自宅には1人で住んでいて、妻とは離婚、3人の娘は町から出て行き、一家離散の孤独な生活を送っていた。「働くということは金を稼ぐということだけじゃないんだ。一緒に仕事する仲間を守り、家族を守るということなんだ」と、そう言った。8年前には「Change」に期待してオバマに投票したそうだ。おそらく、ずっと民主党に投票してきた典型的な北東部の労働者だったのだろう。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-10 23:30 | Trackback(1) | Comments(5)

呆気なく通りすぎたTPPの強行採決 - 6年間に姿が消えた反対派陣営

c0315619_14175221.jpg昨日(11月4日)、TPPの承認案と関連法案が衆院特別委で強行採決されたが、特に大きな混乱はなかった。強行採決と言うには呆気ないほど軽く、白々とした風景だった。委員会室に詰めかけた野党議員の数が少なく、本気で採決を阻止しようという熱気と迫力が感じられない。委員長席をガードする与党議員の姿がなく、「強行採決の攻防」でイメージするところの激しい肉弾戦がなかった。野党の抵抗が驚くほど小さかったことに拍子抜けさせられる。通常、国会で大きな対決法案が強行採決となったときは、野党の党首は街頭に繰り出して演説をする。有楽町や新宿の駅前に立ち、「国民に直接訴える」絵を作り、それをテレビのニュースで流させる。昨日はその絵もなかった。各局のニュースでは、承認案に反対する論者のコメントの紹介もなかった。国会前や議員会館前では、多少の人数が夜まで反対集会をやっていたようだが、そこに野党の議員や幹部が顔を出して挨拶したという報を聞かない。何と言っても、強行採決はたまたま、山本有二の失言で発生した予定外の事故で、それがなければ合意の上で順当に採決されていたのだ。6年間にわたって論争され、国論を二分してきた重要政策の決着が、こんな軽い形で幕引きされるのかと思うと空しく、無念でならない。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-05 23:30 | Trackback | Comments(6)

自民党と民進党のTPP採決合意の政治 - 山口二郎の民進党弁護に呆れる

c0315619_15280470.jpg昨日(11月1日)の正午ごろ、民進党と自民党がTPP承認案の採決を11月4日で合意したというニュースが速報された。朝日の朝刊1面に、「TPP法案、4日衆院通過」と見出しがあり、いよいよ強行採決かと思っていた矢先、採決合意の報が伝えられて驚かされた。今国会はTPP国会と呼ばれていて、TPP批准が最大の争点であり、与野党が激しく衝突する構図になっていた。夜の報ステの映像を見ると、午前中の特別委で阿部知子が質疑に立ち、まだ審議は全体の10%もされておらず、採決などとんでもないと言って政府を批判している。特別委で民進党の議員が「採決反対、審議継続」を唱えているとき、民進党の山井和則と自民党と自民党の竹下亘が会談し、あっさりと11月4日採決で合意して発表した。おそらく、阿部知子たちは寝耳に水で、何も事前に知らされてなかっただろう。強行採決必至と見られていた対決議案のはずのTPPが、どうして一転して採決合意の顛末となったのか。その理由について、納得できる説明をしているマスコミ報道はない。後藤健次の話では、11月1日の採決を遅らせたことで、今国会会期中の自然成立を阻止したことに意義があり、参院での審議が名目だけのものでなくなったなどと、冗談みたいなことを真顔で言っていた。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-11-02 23:30 | Trackback | Comments(2)

フィリピンにおける左派政権の成立 - 脱米のドゥテルテを支持し期待する

c0315619_16270420.jpgドゥテルテの意味を考えながら、鶴見良行の『バナナと日本人』を読み返した。1982年に出されたこの岩波新書は黄版を代表する名著で、80年代の日本人の教養書として広く愛読された一冊である。大学を出て社会人になった私にとって、その東南アジア論はきわめて新鮮で、魅力的で、『マングローブの沼地で』『マラッカ物語』『ナマコの眼』等々の諸作品を次々と夢中になって貪り読んだ記憶がある。それらの書籍群は、蔵書の中のいわば一等地のところに鎮座していて、この先も地位に変更があるとは思えない。マルクスとウェーバーの方法では東南アジアの島嶼社会は切れないのだと鶴見良行は言っていた。近代主義の方法のこの地への適用では有効な社会科学の成果を得られないから、自分は違う方法を模索するのであり、小舟に揺られ、波間に漂い、海面の低い目線からマングローブの林に接近する視角で対象を考察するのだと言っていた。鶴見俊輔の従弟であり、ベ平連に参加して活動している。またPARCの設立メンバーであり、現在、反TPPで活躍中の内田聖子とPARCの活動の源流を若い人が知る上でも、この本は有意味な情報提供となるだろう。日本の社会科学の古典であり、若い学生には必読文献である。鶴見俊輔は長生きしたが、鶴見良行の方は残念ながら22年前に早死にした。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-31 23:30 | Trackback | Comments(3)

反ヘイト法成立から半年 - 不安な予感、高江をめぐる言論構図への当惑

c0315619_15453325.jpgいわゆる反ヘイト法の成立から5か月経った。法制定を推進した人々にとっては、この半年はそれなりに満足できる成果が上がり、この法が目的とし理想とする方向に日本社会が変わりつつある時間だったのかもしれない。そのことを示唆する事例は幾つもある。そうした現実に対して水を差すわけではないが、私の中には楽観的な気分とは逆の不安な予感の沈殿があり、それを正直に口に出してみようと思う。1994年の5月に北朝鮮の核開発疑惑の報道を契機として、登下校中の朝鮮学校女子生徒のチマチョゴリが切り裂かれるという事件が頻発したことがあった。同じ事件と被害は、1998年のテポドン1号発射や2002年の拉致被害者「8名死亡」報道の際にも発生している。最近は、北朝鮮が核実験をしてもミサイル発射をしても、この種の忌まわしい事件は起きないが、1994年に起きたときは衝撃だった。なぜ衝撃だったかというと、この1994年という時期は、日本と韓国・北朝鮮との関係が、最も前向きで、まさに未来志向的な空気に包まれていた順風満帆期だったからである。ソウル五輪が1988年、日韓W杯が2002年、河野談話が1993年、村山談話が1995年。坂本義和や下村満子が尽力したアジア女性基金の設立が1995年。そのさなかに、この恐ろしい事件が起きた。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-29 23:30 | Trackback | Comments(2)

補選の結果と「野党共闘」 - TPP国会で論戦せず欠席する共産党

c0315619_15420759.jpg10月23日に行われた二つの衆院補選で自民党系の候補が圧勝し、「野党共闘」の候補が惨敗した。その一週間前、新潟の知事選で野党候補が事前の予想を覆して勝利し、反安倍・左翼リベラルの陣営は大いに沸き立ったが、その昂奮はわずか一週間でかき消される政治の展開となった。政局の主導権は再び安倍晋三の手に握り直された感がある。新潟知事選の直後は、ネットの中は「野党と市民の共闘の勝利」のフレーズで溢れ、この勢いで衆院選も「野党共闘」が制するのだと咆哮するTwが充満していたが、今は連合叩きや野田佳彦叩きの憎悪のTwが散乱している。補選を落とした責任のなすりつけに議論が向かい、神津里季生が槍玉に上がっている。不思議なのは、新潟知事選に蓮舫が応援に行ったのも野田佳彦の指示だし、補選敗北後に会見に立って批判を受ける役割を演じているにも野田佳彦で、すべて野田佳彦が決めて党を動かしているにもかかわらず、それを知ってか知らずか、しばき隊を筆頭とする左翼が蓮舫を善玉にし、野田佳彦を悪玉にし、党執行部に善悪二つがあるように見なしていることだ。自分が悪役になることで蓮舫への風当たりを弱めている野田佳彦の世論対策だが、しばき隊は野田佳彦の芝居に乗って騒ぎ、蓮舫を左の救世主のように期待を寄せている。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-26 23:30 | Trackback | Comments(4)

山城博治の勾留決定と再逮捕 - パレスチナ化する沖縄、アラファトとヤシン

c0315619_14271467.jpg先週(10月20日)、山城博治が再逮捕された。容疑は防衛局職員への傷害と公務執行妨害、同時に大和市の牧師(吉田慈)も共犯で逮捕された。沖縄右翼が動画で予告したとおりの結果になった。8月25日にP1裏のテントで起きた事件に関わる容疑で、名簿書類が奪われたとして防衛局側が被害届を出していたものだ。私は、この件での逮捕はないだろうと楽観的な予測を立てていた。その理由は、右翼による動画予告(14日)があった3日後(17日)に、有刺鉄線切断の器物損壊で現行犯逮捕という展開になっていたからである。もし、右翼が予告で言っていたように8月25日の紛争の件で警察が逮捕状を取っていたのであれば、わざわざ別件で現行犯逮捕の手を回して身柄拘束する必要はない。逮捕状を請求して、それを裁判所に蹴られていたから、本人の自供を取るべく別件の逮捕と拘束に出たのだろうと思っていた。右翼の話はブラフでなければ勘違いだろうと甘い見通しを持っていた。だが、どうやらそうではなく、逮捕状も承認・発行されている。園良太のTwによれば、「関東の自宅で逮捕され沖縄に連行される人が出た、家宅捜索も」とある。吉田慈は大和市の自宅で逮捕され、家宅捜索までされている。令状なしにこんな捜査はできない。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-24 23:30 | Trackback | Comments(0)

山城博治逮捕の謀略と戦慄 - 右翼の予告動画から2日後の現行犯逮捕

c0315619_15065819.jpg一昨日(10月17日)の記事を上げた直後、山城博治逮捕の報道があった。急な展開であり、そしてまた、沖縄右翼の予告どおりに本人が逮捕されたことに驚かされた。沖縄右翼の手登根安則が山城博治の逮捕を予告したのが10月14日金曜であり、そこから3日後の、週が明けた10月17日月曜の午後に瞬殺で逮捕されてしまった。すべて計画的に動いている。ただ、逮捕の中身は沖縄右翼の手登根安則が動画で言った話とは違っていて、意表を衝いた現行犯逮捕であり、北部演習場内に張られていた有刺鉄線をペンチで切断したという器物損壊の容疑だった。一報を報じたのは産経で、夜に毎日と時事が続き、深夜には朝日が配信、琉球新報と沖縄タイムスも報道した。琉球新報の記事にはこう書いている。「沖縄県警名護署は17日、米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)内で沖縄防衛局がヘリパッド移設工事現場で使用していた有刺鉄線を切断したとして、沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。山城議長は取り調べに黙秘しているという。接見した金高望弁護士は逮捕手続きに疑義があると指摘し『必要性のない不当な逮捕だ』と話した」。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-19 23:30 | Trackback | Comments(0)

添田充啓の勾留延長 - 攻勢に出た沖縄右翼が流す山城博治逮捕の噂

c0315619_15271453.jpg昨日(10月16日)、琉球新報の社会面で添田充啓の勾留延長の決定が報じられた。14日に検察が再び勾留請求し、26日までの勾留を裁判所が認めている。結局、限度いっぱいの20日間の長期勾留となった。しばき隊の方は、添田充啓の件について誰も何も喋らなくなった。逮捕から2週間になるが、弁護士が誰も名乗りを上げず、担当弁護士が不明のままの異常な状態が続いている。現地で高江の抗議行動の救援をやっている小口幸人は、一度も添田充啓の件についてTwで話題にせず、名護署に接見に出向いた様子もない。東京から弁護士が入ったのは10月7日の一度だけで、きわめてエクスキューズ的でアリバイ的な動きに止まっていて、まともに被疑者を救出する意思がないことが歴然だ。見捨てている。男組のHPも更新がない。5日に「東京と沖縄の2箇所で対応チームを結成し、早期釈放を勝ち取るべく対応を行なっております」と声明を発表したが、実際には何もやっていなかった。添田充啓の勾留の法律論については、刑事司法の専門家である高島弁護士が短く解説している。それに対して、しばき隊側からは何も反論がない。弁護人のなり手がなく、国選弁護人がつく意外な展開になるのではないか。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-17 23:30 | Trackback | Comments(0)

沖縄の非暴力とは無縁な「超圧力」 - 足を引っ張ったしばき隊の暴力主義

c0315619_15591591.jpgしばき隊の添田充啓が逮捕された事件は、7月に高江のヘリパッド工事が強行された後、初めて逮捕状が交付され勾留請求が承認されたケースである。従来、揉み合いの中で公務執行妨害で現行犯逮捕された場合でも、すべて勾留請求が地裁によって却下され、連行された被疑者市民は無事釈放されていた。その意味で、高江の抗議行動全体においてきわめて重大な事態の発生と言える。この逮捕の後、政府側は強硬姿勢に転じ、高江の抗議行動に刑特法を適用して取り締まるぞという脅しに出ていた。その点に着目するなら、言わば転機となる口実と動因を政府側に与えた事件であったことは間違いない。また、もし、これが真に不当逮捕であり不当勾留であったなら、琉球新報と沖縄タイムスが見逃すことなく大きく取り上げ、国家権力による弾圧だと筆誅を加え、警察当局を糾弾する論陣を張って世論に訴えたことだろう。琉球新報と沖縄タイムスは、この国でジャーナリズムの精神と能力を持った最後の砦と言える新聞社であり、無条件で論説を信用できる希有な言論機関である。2紙の論説は、リベラルにとって時事を考える際の、言わば北極星のような基準的存在だ。その沖縄2紙が、添田充啓の逮捕を不当逮捕だと論うキャンペーンに出なかった。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-13 23:30 | Trackback | Comments(1)

逮捕された添田充啓 - 仲間が勾留されたのに沈黙して逃げ腰のしばき隊

c0315619_13161353.jpg先週(10月4日)、沖縄の米軍北部演習場でしばき隊の男が逮捕された。ヘリパッド工事に反対する抗議行動の最中に、防衛局職員を突き飛ばして転倒させ、頭部打撲など2週間のけがを負わせた傷害の容疑である。男の名前は添田充啓(高橋直輝)。しばき隊の戦闘部門である男組の組長を名乗っている。前科三犯。過去3年間、男組の活動中に3度逮捕され、いずれも暴行・脅迫で有罪になっていて、今回で4度目の逮捕となる。このうち、2013年11月に東京で起こして2度目の逮捕となった事件では、傷害罪で懲役10か月・執行猶予3年の判決を受け、現在は執行猶予中の身だった。今回の事件は9月24日に発生、被害届が27日に出され、一週間後の10月4日に逮捕されている。要注意なのは佐藤正久のTwで、事件翌日の25日にすぐに反応して怒りを表明、翌々日の26日には「警察と防衛省と対応協議」したことを報告、違法行為に対してはあらゆる法律を駆使して取り締まる旨を宣告している。このTwから3日後の29日、複数の政府関係者が高江の抗議行動に刑特法を適用すると示唆した事実が琉球新報の1面記事で報道、基地内への不法侵入(刑特法2条)で抗議者を容赦なく逮捕するという政府の強硬姿勢が伝えられた。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-11 23:30 | Trackback | Comments(2)

復権した「戦後民主主義」 - 護憲派を思考停止と侮辱した山口二郎

c0315619_18161436.jpg前回、55年体制の言説について検討を加え、私なりの認識と再評価を問題提起した。政治の一般論議において、現在はネガティブな表象である55年体制の語の歴史的な中身を捉え直し、むしろこれが戦後民主主義が体制化された姿であり、1945年から続いた8.15革命が一つの形になって結実したものという積極的な意味づけを試みた。60年安保という市民革命によって掴み取った政治体制だったから、この体制下での政治は民主主義がよく機能したのであり、日本国憲法で保障された権利が守られ、国会の議論も国民の方を向いていて、野党の牽制が利いて政府は暴走することなく、政策は国民の生活に即したものとなった。55年体制は、格差のない1億総中流の社会を実現した。その政治体制を破壊したのが「政治改革」であり、小選挙区制導入による「二大政党による政権交代システム」である。それを扇動したのは山口二郎で、岩波書店と朝日新聞だった。「政治改革」以降、政党と政府の政策はネオリベ基調にシフトし、1億総中流の社会が失われてミゼラブルな格差社会となる。投票率は下がり、マスコミが政治を操縦してポピュリズム漬け込み、民主主義の形骸化と劣化が歯止めなく進行している状況にある。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-10-04 23:30 | Trackback | Comments(2)

55年体制 - 60年安保の市民革命で定着させた戦後民主主義の政治体制

c0315619_16105792.jpg本屋の店頭を覗くと田中角栄の関連本が多く並んでいる。今年に入ってからずっと田中角栄ブームが続いていて、人々が田中角栄の人物と政治に郷愁を感じ、そのリーダー像に強く惹かれている空気がよく分かる。田中角栄に人気が集まっていることの意味を考えたいが、まず指摘したい点は、田中角栄を懐かしく思い、田中角栄の政治に焦がれる心理が、今の自民党の支持率を高くさせ、民進党など野党の支持率を低いところに置いているという事実だ。田中角栄という政治シンボルは、今の安倍晋三の政治やアベノミクスの政策とは原理的に対立して隔絶したものだが、しかしながら、それは過去の自民党政治の表象と繋がり、そのため、自民党は同じ自民党だから、「頼れるのは自民党」という結論に漂着するのである。田中角栄ブームという現象が否定しているものは、ネオリベの経済政策であることは間違いないけれど、それだけでなく同時に、90年代に出て来た民主党が否定されている。四半世紀やってきて何も成果を出さない、国民の暮らしに何も福利をもたらさない、民進党(民主党)が否定され、民進党を媒介したところの「二大政党による政権交代システム」という考え方が否定されている。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-30 23:30 | Trackback | Comments(2)

映画『君の名は。』の魅力 - 村上春樹を思わせる物語、今の若者の心を代弁

c0315619_16573532.jpg映画『君の名は。』を見てきた。きっかけは、9月20日の報ステの中で小川彩佳が絶賛するのに接したからで、これは見た方がいいかなと感じたからだった。通常、現在上映中の映画を、あれほどテレビの報道番組が激賞することはない。予期せぬ社会現象となり、若者の間で空前のブームが起きているため、報ステが特集して紹介したのに違いなかった。そこから4日後の9月23日、興行収入が封切4週目で100億円を突破したという快挙達成の報道があり、その夜、日テレのZEROでも特集が組まれ、映画に登場する各地がファンの間で「聖地」になっている状況が伝えられた。おそらく、NHKやTBSも続くことになるだろう。興行収入のグラフの伸びだけを見れば、勢いは『アナと雪の女王』を凌駕していて、驚異的な観客動員を短期で実現している。この映画のヒットが異色で画期的なのは、テレビなどマスコミでの宣伝をしておらず、上からのプロモーションがないのに若者の観客を爆発的な勢いで集めたことだ。若者層の共鳴はSNSで口コミで広がったと言われている。リピーターが多い。この事業の成功には脱帽させられる。作品が本物だからであり、若者の心をグリップしたということだ。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-28 23:30 | Trackback | Comments(1)

しばき隊リンチ事件を整理する - 李信恵謝罪文の再検証、謝罪文と被害者M

c0315619_15255606.jpg李信恵はなぜ不起訴処分になったのか。この問題は、しばき隊リンチ事件の最大の謎である。LK、李信恵、Bの3人は、2015年10月29日に同時に書類送検されている。前回の記事で確認したとおり、事件直後の2015年1月19日に加害者側弁護士から送達された示談文書では、責任の順序は、①LK、②李信恵、③Bの並びになっていて、この順番での責任の重さが当事者間で共通認識になっていたことが分かる。事件の捜査で取調べを受けた容疑者は3人で、一緒に送検されており、すなわち明らかに集団による暴行傷害事件である。示談も3人で申し入れた。示談文書によれば、李信恵は「暴力に至る契機となった罵倒や胸ぐらをつかむ等の暴行を行った」とあり、集団での暴行の端緒を開いた事実を加害者側が認め、それゆえ責任が二番目に重いという位置になっている。したがって、もしも司法機関の裁定で、この3人の中で1人だけ刑事責任を免除される者が出るとすれば、順序に従えばBが該当しなくてはならない。そういう論理的想定になる。だが大阪地検は、2016年3月1日の略式命令で、李信恵を不起訴処分にし、LKとBを有罪罰金刑とした。責任の順序が入れ替わっている。①LK、②B、③李信恵の順番に変わってしまった。どうしてこのような責任順位の変化が生じたのか。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-26 23:30 | Trackback | Comments(0)

しばき隊リンチ事件を整理する - 加害者側弁護士文書と責任の順序

c0315619_18524157.jpg事件は2014年12月17日の午前1時前に始まった。北新地のワインバーでしばき隊5人が飲食している席にMが電話で呼び出され、店内に入ると同時に李信恵に一撃を受けている。この場面については、ネットに30秒間の録音が上がっていて、Bらが李信恵と被害者との間に入って取りなしている緊迫した様子が分かる。Mは言葉を発しておらず、双方の間に会話は発生していない。その後、LKがMを店外に連れ出し、1時間にわたって60発の顔面殴打を続けるのだが、その残酷な状況については、高島弁護士がICレコーダーを書き起こして再現した。録音が40分を経過したときに、Mが店外から店内に連れ込まれ、そこで李信恵による「まぁ殺されるんやったら店の中入ったらいいんちゃう」の発言が出る。この経緯は、李信恵が謝罪文で書いている「事実」とは全く異なるものだ。その後、Mは再び店外に連れ出され、LKによる執拗な顔面殴打の後半戦が始まることになる。店外での暴行にはBも加わった。1時間60発の殴打は前半と後半に分かれており、インターバルの時間に店内で李信恵の言葉が発せられている。事件現場となった北新地のワインバーは、雑居ビルの1階にあり、通路を入った奥左に店舗がある。カウンターだけの狭い小さな店だ。午前2時、李信恵がワインの写真をTwに上げている。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-21 23:30 | Trackback | Comments(2)

しばき隊リンチ事件を整理する - 5月の経過を証拠資料と共に振り返る

c0315619_18001069.jpgしばき隊リンチ事件について整理を試みたい。大阪地裁で裁判が始まったが、疾風怒濤の日々だった5月から3か月も時間が経ったため、事件についての輪郭の把握がやや曖昧になっている。5月のネットでの喧騒のあと、7月に鹿砦社から一冊の本が出たが、残念ながら時系列的に事件を整理・要約した記事がなく、事件の概要を理解する上でいまひとつ不足感のある文献資料となっている。裁判の今後の進行をよく見守る見識的主体性を準備するためには、ここでもう一度、ネットに散在している事件の証拠資料を一つ一つ拾い上げ、吟味再読して頭に入れる必要があり、また、事件を時系列的にトレースして年表化する必要があると思われる。本来、その作業をして提示すべきだったのは原告側であり、裁判が始まる前に「決定版」となる資料の構成と提供を図るべきだった。誰もがそれを参照して、事件の概要を知る標準的なガイドブックとなる、決定版のドキュメントを作成するべきで、そのために必要な時間は十分にあったと思われるが、その取り組みがなかった。いつ誰が何をしてという5W1Hの経緯を連ねた簡潔な年表があり、事件に関係した人物相関図と個々のプロフィールがあり、その上で関係者から発信された証拠書類や音声テキストが参考添付されていれば、事件は分かりやすく一般に認識されるところとなっていただろう。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-19 23:30 | Trackback | Comments(2)

しばき隊優勢の意外な序幕となったリンチ事件裁判 - 裁判分離の策略と攻勢

c0315619_17385795.jpgしばき隊リンチ事件の裁判が大阪地裁で始まった。どんな裁判になるか注目していたが、被告側が用意周到に戦略を練って臨んでいて、冒頭の現時点では被告側が裁判の主導権を握った情勢にある。裁判の戦いの火蓋を切るに当たって、被告側は三つの戦略戦術を同時に打ってきた。第一は、9月8日付官報に公告された高島弁護士に対する新潟弁護士会による懲戒戒告処分の衝撃であり、第二は、9月10日に公表された辛淑玉のFBコメントであり、第三に、被告であるLKの所在不明に絡んだ裁判分離の仕掛けである。客観的に評価して、作戦として非常に綿密で大胆で秀逸だ。そして狡猾である。しばき隊らしいマヌーバー。しばき隊は裁判までの時間を無駄にせず、打てる手を考えて計略をめぐらし、八方策を尽くして必勝の態勢で裁判を迎えた。この戦略ミックスの投擲と被弾によってネットの界隈は動揺を起こし、被害者である原告側の勝利を確実視していた空気の雲行きが怪しくなっている。第一の懲戒戒告の件は、今のところ内容が掴めないので論じようがないが、処分と公告のタイミングを裁判直前に合わせてきたことは偶然とは考えにくく、神原元としばき隊を支援する司法関係者の法曹界での権力の大きさをまざまざと見せつけられた格好だ。示威としてこれ以上効果の大きな爆弾はない。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-15 23:30 | Trackback | Comments(0)

党派性に埋没した辛淑玉 - 総括と裁定のステートメントだった辛淑玉文書

c0315619_18435235.jpgしばき隊リンチ事件の第1回口頭弁論が大阪地裁で12日に行われ、その二日前の10日、裁判に合わせるように辛淑玉がFBで声明を発表した。その趣旨は、1年半前に自らが事件に関して書いた辛淑玉文書の所論の否定であり、辛淑玉文書を公開した私に対する非難であり、李信恵らリンチ事件加害者の擁護の強調となっている。2015年1月27日に発行した辛淑玉文書が7枚のページ数だったのに対して、今回は分量が少ない。何より中身がなく、李信恵の裁判を有利にしたいという戦術上の狙いだけが透けて見え、偏狭で内向きな党派性が丸出しになっている。前回の文書は誠実さが伝わって感動的だったが、今回のものはそれとはまさに対照的に落胆させられるもので、辛淑玉の言論人としての評価と信用を落とすものだ。残念である。最初に、私を念頭に置いて書かれたと見られる部分があり、それは悪意のある誹謗中傷なので、反論を加えておく必要があるだろう。こう書いている。「手紙がネットに流されました。それを有料のコラムで紹介した人もいると聞いて、私信をネットに流すだけでも非常識なのに、それで小銭を稼ぐという行為には耳を疑いました」。名前は上げてないが、これは私のことだ。名前を上げてないのは、その必要すらない無名の小物だからという認識と感情からだろう。つまり、侮蔑を示す意図からだ。


More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-13 23:30 | Trackback | Comments(2)

フェイドアウトのディボース - 「駆けつけ警護」の修羅場を前の周到な破綻

c0315619_17542673.jpg「野党共闘」の破綻がどうやら現実のものになった。民進党の代表選に立候補した3人が口を揃えて共産党との連携について消極的な発言をしていて、そのことが繰り返しマスコミで大きく報道されている。「野党共闘」について3人の立場が共通しているのは、「理念や政策の一致が前提となる」という点であり、この意味を裏返せば、参院選と都知事選での共産党との選挙協力は理念・政策の一致を前提としていない野合だったという総括と反省になる。選挙が終われば、民進党がこうした主張を始めるのは自明の理だった。岡田克也が公約のとおりに改憲3分の2を阻止する結果を得ていれば、代表続投となっていただろうが、勝敗ラインを割って責任問題が浮上する以上、引責辞任せざるを得ず、そうなったときは「野党共闘」の継続が見直され、民進党のネイティブな政策路線への回帰が始まるのは当然の成り行きだった。客観的に見れば、この1年間の民進党(民主党)が本来の軌道から離れて左に寄っていたのであり、例外的な取り舵いっぱいの冒険的旋回をしていたと言える。左に寄って売り出した山尾志桜里が、ちゃっかり前原誠司の推薦人になって登壇した絵からも、そのことが確認できるだろう。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-07 23:30 | Trackback | Comments(1)

予定どおり右回帰となった民進党代表選 - 「野党共闘」から離れる国民世論

c0315619_16572935.jpg民進党の代表選挙が行われている。台風の災害の他に大きなニュースがないため、マスコミは毎日取り上げて報道しているが、特に盛り上がっているような様子がない。昨年の夏から長く続いた政治の季節が終わり、人は政治に倦み疲れているように見える。政治への関心から離れ、生活と政治との間の距離感を持とうとしているように見える。眼前で行われている民進党代表選の政策論議は、私が予想したとおりの展開となり、憲法改正と「野党共闘」の見直しが争点となった。立候補した3人は異口同音に憲法改正に前向きな姿勢を示し、衆院選での共産党との協力に消極的な立場を明言している。岡田克也がこの1年間言ってきたような、安倍政権の下での憲法改正に断固反対とか、自民党が憲法草案を撤回しないかぎり憲法審査会の審議には応じられないとか、そうした、護憲にウエイトを置いた左寄りの憲法論を言う候補者がいない。明らかに岡田克也のこれまでの路線から離れ、共産党との共闘から離れ、改憲に積極的な右向きの方向に変わっている。それは、民進党(民主党)という政党のネイティブな体質と軌道への回帰と言える。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-09-05 23:30 | Trackback | Comments(2)

謙虚さと誠実さのないSEALDs - 政治敗北の反省なく国民に説教

c0315619_17272234.jpg日経の最新の世論調査では、安倍内閣の支持率が62%に上昇している。2年ぶりに60%台を記録した。毎月の上下の変動はあるが、移動平均の直線にすると、昨年夏をボトムとして反転上昇し、その傾向が1年間持続したことが分かる。昨年7月末の日経の数字は38%だった。その1年間というのは、SEALDsが登場して野党連合の動きを進め、今年7月の参院選へと至った政治過程である。通常、日本の政治においては、若干の例外を除いて、政権は長期になればなるほど支持率を下落させてゆく。4年目の政権で60%の高さに戻すのは異例のことだ。今回の高い支持率は、リオ五輪閉会式で奇矯な演出をしてウケを取ったとか、そういう瞬間的な契機がもたらしたものではなく、まさしく去年夏からのリバウンドのエネルギーが作用している現象に他ならない。安保法をめぐる政治戦の国民的体験が、その後の政治の気分を逆流的に作っている。去年夏、日頃はあまり政治に関心を持たず、政治のニュースに首を突っ込むことをしない者が、身を乗り出して安保法の政治の渦中に入った。例えば、会社の同僚と昼飯を食ったり夜の居酒屋に行った席で、リスクを賭して、反安倍反安保の持論を切り出した者もいただろう。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-08-31 23:30 | Trackback | Comments(2)

サンデーモーニングのSEALDs讃歌 - 脱力させられる英雄伝説化

c0315619_16065273.jpg朝日の大型連載でマスコミによるSEALDs礼賛企画も終わりかなと思っていたら、今度はTBSのサンデーモーニングが派手な大型花火を打ち上げた。昨日、8月28日の「風をよむ」で、SEALDs美化のプロパガンダを大々的に放送し、SEALDsの「偉大さ」をこれでもかと讃えて意義を強調した。放送終了後にネットで反響を見ると、例によって番組を叩く右翼のツイートが山のように発せられ、少数の左翼が擁護を言ういつものTLの光景があり、どうにも気分が悪く、後味が悪い思いをさせられる。28日にサンデーモーニングがSEALDsの美化を刷り込むということは、ひょっとしたら計画的なものだったかもしれない。否、15日に解散するという日程自体が、28日の宣伝放送を予定として組み込んだ可能性もあると、そういう推測に導かれてしまう。8月21日はリオ五輪のため番組は最初から休みだった。8月30日は、例の国会前デモから1年の記念の日となる。左翼リベラルの側からのSEALDsの意義を顕彰する動きが予想され、28日のサンデーモーニングはその景気づけの助走路として仕込んだのかもしれない。1年前の運動を絶賛する言論を盛り上げ、安保法が成立した9月19日までそれを続け、同時並行で動いている民進党の代表選に影響を及ぼす思惑で。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-08-29 23:30 | Trackback | Comments(0)

不毛な朝日新聞のSEALDs特集 - SEALDsの毀誉褒貶の構造

c0315619_17113196.jpg朝日新聞のSEALDs特集を切り抜いて保存することにした。証拠として残しておくためである。石松恒、藤原慎一の署名のある朝日政治部によるSEALD運動の総括が、果たしてどこまで減価償却に耐えられ、時間的に価値を維持できるか確認するためである。私の予想では、かなり早い時期にこの特集記事は意味を失って腐ってしまう。スターリン著の『ソ連共産党(ボ)小史』のような、評価が転覆して読むに耐えられない、陳腐でうしろめたい代物になり、後から検証の槍玉にあげられて指弾を受ける不面目な政治テキストとなるだろう。朝日新聞だけではないが、左系メディアによる判で押したようなSEALDsの偶像化は、歴史の捏造であり真実を隠蔽する政治工作である。異常な美化と称賛の散りばめであり、正確な実像を客観的にジャーナリズムしたものではない。本来、SEALDsの成り立ちについては、2012年のTAZに触れないわけにはいかないはずで、Wikiにも情報が出ているのだが、朝日の特集ではきれいにオミットされている。しばき隊との関係性を跡づける事実がマスクされている。昨年、SEALDsの紹介本として7万部を売った河出書房新社の『高橋源一郎xSEALDs 民主主義ってなんだ』には、TAZの件が登場する。

More
[PR]
# by yoniumuhibi | 2016-08-25 23:30 | Trackback | Comments(0)


カウンターとメール

最新のコメント

チェ・ゲバラからフィデル..
by NY金魚 at 02:16
なぜ冷笑できるのか!?中..
by 長坂 at 22:11
◆ 新日米不平等条約:ト..
by NY金魚 at 08:54
しばき隊…そういう人たち..
by NB at 02:31
後はヒムラーとリッベント..
by 長坂 at 11:42
>サンダースなら勝ってい..
by ametyan at 11:14
僕自身もヒラリーだと思っ..
by おにぎり at 13:25
いつも、良心ある投稿、あ..
by 私は黙らない at 07:36
illegal migr..
by pico at 22:28
(2の2) 共和党の候..
by 七平 at 08:59

Twitter

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング